41-kPFi1k-L



1: 樽悶 ★ 2019/10/11(金) 19:01:22.09 ID:WfJZY3fQ9
■たった一つの武器の誕生が、日本の歴史を大きく変えた!

※省略

今回は、蒙古襲来の折、モンゴル軍が鎌倉武士を苦しめた「てつはう」をご紹介します。

■「てつはう」に殺傷能力はあったのか

「てつはう」を、漢字で書けば「鉄炮」となる。だが、モンゴル軍が使ったのは火縄銃などの弾丸を発射する火器ではない。現在でいうところの、手榴弾に近い武器だ。

文永の役の戦いの様子を写した『蒙古襲来絵詞』という絵巻物には、肥後(現在の熊本県)の御家人・竹崎季長が単騎でモンゴル軍に突撃するそばで、「てつはう」がさく裂している光景が描かれている。

また、鎌倉時代後期から末期にかけて成立したとされる、八幡神の霊験を説いた寺社縁起『八幡愚童訓』にも、「てつはう」についての短い記述がある。

ただ、「てつはう」に関する記録は、このふたつ以外にほとんど残されていない。

形状としては、鉄製または陶器製の丸い容器に火薬をつめ、導火線に火をつけて使用したと考えられていた。

しかし、中国にも実物がひとつも残っていなかったため、実際に殺傷力があったのか、それとも爆発する音と煙や光で周囲の敵を脅すだけの武器だったのかは長らく謎とされてきた。

ところが21世紀になって、長崎県の鷹島海底遺跡から元の軍船が見つかり、「てつはう」の実物が3つ発見された。

この「てつはう」は陶器製であり、鉄サビの痕跡もあった。

容器の中に鉄片を入れ、爆発する際に鉄片が飛び散るしかけになっていたためと考えられる。

もしそうだとすれば、それなりの殺傷力はあったと推測される。

■長弓 vs. てつはう

実物の「てつはう」が見つかっても、まだこの武器に関する謎は残されている。その謎のなかでも最大のものは、どのようにして投擲(投げること)をしたのかということだ。

鷹島海底から引き上げられた「てつはう」は4キログラムほどの重量であった。これを手で投げる場合、どんなに腕力に自信がある者でも20メートルほどしか飛ばすことができない。この程度の射程では、鎌倉武士たちが主力武器とする長弓に対抗できるはずもない。そもそも、日本の兵にまったく近づくことができないからだ。

攻城兵器としてモンゴル軍が使った投石機などで発射した可能性もある。

だが、巨大な投石器を船で輸送するのはかなり困難であるし、蒙古襲来でモンゴル軍が投石器を使用した記録も残されていない。このように、「てつはう」の実態については、まだわかっていないことのほうが多いのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00010000-php_r-pol 







2: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:01:55.15 ID:RywkLkwz0
馬が出血している

400: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 20:39:31.23 ID:kplrQ0Yb0
>>2
no title

コレてつはうじゃなくて矢にやられて倒れかけなんだな 
てつはうダメかもしれんね

6: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:03:36.65 ID:9sisOdFj0
よく教科書にも載っている画像の部分だけ見ると日本が大敗しているように見えるけど、絵巻全体を見ると普通に戦争している構図なんだよな

44: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:15:08.53 ID:duqoIorj0
>>6
このモンゴル人三人は、誰かが後世に描き足した者モノであることが分かっている

54: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:18:16.94 ID:64BGbn5R0
>>44
竹崎季長は普通に苦戦しているのにこの3人がいなかったら、他の蒙古兵は逃げ腰なのに竹崎季長が何に苦戦しているのか分からないじゃん

74: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:24:43.39 ID:duqoIorj0
>>54
苦戦したことと、描き足し事は関係無いだろ

91: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:29:04.14 ID:nIY8fMhR0
>>74
書き足された兵を除くと逃げてる兵しか居ないぞ。
竹崎季長は騎馬で一方的に敵を蹴散らしてる図だ。

548: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 21:22:11.11 ID:K7hRnvvq0
>>44
良く見ると線の強さとか全然違うな

174: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:45:31.64 ID:30UIpezn0
>>6
そもそも竹崎なる御家人が自分の功績を幕府に示すために多分な演出込みの創作モリモリで書かせた絵だから
史実資料としては大分差し引いて考えないといかん

9: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:04:38.05 ID:X475EEGP0
スリリングショットってやつだろ?

661: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 21:55:03.50 ID:2yHjGMQb0
>>9
スリングな日本語にすると投石紐
スリングショットはいわゆるパチンコ
この2つは名前が似てるだけの全く別物だぞ
あとリが1個多い

728: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 22:13:09.03 ID:SaCypBC30
>>661
いつ暴発するか分からないからスリリングでいいんじゃないのか?
…となんとなく思った(笑)

11: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:04:49.90 ID:P6pcFMSD0
弓の民族なんだから弓で飛ばすだろ

551: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 21:23:13.11 ID:dvx9a88U0
>>11
モンゴル軍は低威力で連射速度重視の短弓がメインだろ。
4kgもある球を遠くまで飛ばせるとは思えないが。

12: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:05:27.94 ID:1phUt67l0
馬に付けて特攻させたんじゃね?

13: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:06:40.20 ID:/jnhrfcY0
鎖が付いてて、ぐるぐる回して投げるんじゃね?

14: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:06:59.49 ID:mIpyy8VN0
手榴弾だとすると、相手のところで爆発するようにタイミングとるのはどうやったんだろうな

16: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:07:34.66 ID:h7ENHyEu0
殺傷力があるかないかでいえばあるだろうが、主な効果は音と炸裂による威嚇でしょ

17: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:07:48.39 ID:aXiDEMjd0
人は記憶型と思考型に大別できる

持ち運びも大変だし
費用対効果を考えると今一ってとこなんだろうな

23: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:09:29.65 ID:awyoXq800
直撃しなければ怪我はしなかったね
馬が音にびっくりするぐらいだったよ

430: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 20:45:40.75 ID:SSYe2Y7j0
>>23
集団で密になっている敵に投げつけるなら効果あったけど
鎌倉武士のような騎馬武者とその郎党従者程度の集まりだと
そいつらのそばに投擲するのがムズイから実戦では効果なかっただろw

24: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:09:45.14 ID:h7ENHyEu0
馬とかは気が小さいからこういうのは結構効く

26: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:09:57.80 ID:UaDuDX4R0
逃げるとき使ったんじゃね

82: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:26:29.84 ID:nIY8fMhR0
>>26
絵巻を見る限りそういう感じだな。

28: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:10:45.69 ID:64BGbn5R0
中国の側に記録はないのかね
ないなら後世の書き足しかも

31: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:12:33.41 ID:0lQBUBfN0
威力があったら、捕らえた捕虜に作らせて新兵器になってる。

39: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:13:45.39 ID:q+bANgJv0
殺傷能力はあったかも知れないがそれほど優秀な武器とは言えなかったのではないの?
もしそんなに優れた武器であるなら、元の後の明にも継承されても良さそうなものだが
明は使わなかったのだろ?
それを考えると、そんなに有効な武器ではなかったのではないかと思う
まあ、明の時代には大砲が十五世紀ごろから使われだしたっていうからな
それにとってかわられたのかも知れないが

58: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:19:23.98 ID:UoWe3O6/0
スリング式に投げるには4kgは重いなあ
騎馬兵だから馬上で火をつけてポイっとなしか無さそうだが距離が詰められないよな
モンゴル平原でカーチェイスしながらなら地雷みたいに後ろに落とせば良いけどさ

78: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:25:38.66 ID:Lug5OYBY0
>>58
装甲擲弾兵でも4kgはちょっとねぇ…
ライフルや擲弾筒があるわきゃないし

バリスタかカタパルトかな
射手が鎌倉武士に狙撃されるだろうけど、盾があればなんとか

87: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:27:33.47 ID:rrhYja100
>>78
バリスタは弓だから…

107: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:32:12.45 ID:q+bANgJv0
>>78
カタパルトは元はもっていたと思うよ
欧州の記録だが、元軍の装備は、占領地の武器で使えそうなのを片っ端から使っていたそうだ
欧州に攻め込んだ時には、中東の装備まで持っていたとか
そういう、ある意味、柔軟な発想が、これまた騎馬民族らしくあったのだろうな
古代中国でも紀元前から投石器は用いられていたが
その他の国の投石器も鹵獲して用いていたとしても不思議はない

69: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:23:16.25 ID:ad0cDRcB0
調整破片弾頭とかこの頃からあったんだね
この時代のシナは進んでるよな

70: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:23:29.71 ID:5PUNtwdS0
撤退時に追いかけてくる騎兵の進路に投げて炸裂させる、馬を驚かせて足止めとかそんな感じの使い方じゃないかなあ
絵巻的にもこれが一番近いと思う

75: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:24:54.12 ID:nIY8fMhR0
着発信管が無いんだし、タイミング良く爆発させられんから、大した脅威じゃなかったろ。

84: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:26:48.01 ID:ad0cDRcB0
>>75
殺傷力よりも馬のコントロールを奪うのが目的なんではないだろうか?

94: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:29:41.91 ID:muZ2mV8d0
>>1
これは俺の中でも長い間の疑問だった
効果は実際の負傷者以上に絶大だったと思うが投擲手段が分からない
実物も絵もないんだよねー、日本にだけじゃなく
丸太を組んだ投石器で岸に寄せた小舟から発射したと思うんだが

118: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:34:37.52 ID:gZvBxDel0
しかし、その後火薬を使った武器って、16世紀の種子島の鉄砲伝来までないからなあ。16世紀は日本が戦国時代だったこともあるが、伝来してあっと言う間に大量生産して関ヶ原までには、日本が世界最大の銃保有国になってる。
てつはうは、それに比べるといずれにせよあんま使えそうな物ではなかったっぽいな。

150: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:41:04.35 ID:phl9tDfR0
>>118
驚異ならもっと詳細な記録として残っているはずだしね

121: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:35:26.85 ID:Jta1XyUP0
当時の鎌倉武士が馬に乗って白兵戦やってたとは考えにくいから馬をびびらすとかあんま効果ないような
沿岸防衛戦だしな

124: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:36:36.61 ID:kF+OTWjK0
戦争ばっかしとるんだから
ある程度効果有りじゃないと
わざわざ船に積んでまで持ってこんやろ

132: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:38:01.56 ID:j4v40s5B0
紐付けてぶん回してたとか(´・ω・`)

161: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:42:53.27 ID:KVZjctKv0
竹崎が自分の手柄を鎌倉に認めてもらうために作った絵巻物だからな
多少は盛ってるだろ

164: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:43:53.97 ID:1d0nyWGJ0
当時の技術力だと、不発しまくったり、空中で爆発したり、自陣で爆発したりしまくってたんだろうな
攻城兵器としては使えたかも知れない
量産するのも難しかっただろうしなぁ

169: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:44:32.19 ID:Vl3nYz7k0
日本はなぜこの武器を以降の国内の戦争で用いなかったんだろうか
それは大した威力がなく無用だと判断されたのだろう

173: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:45:08.53 ID:/n0K6Yjw0
>>169
仮に有効な兵器だったとしても火薬を作る技術がない

190: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:49:45.58 ID:eruZWllu0
>>169
明時代までの中国は経済科学軍事とあらゆる面で他を圧倒する最強国家だし、真似したくても日本には無理だったのでは。
基礎技術とかなさそうだし。

172: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:45:03.99 ID:ad0cDRcB0
まぁよくわからねんね
ミニカタパルト見たいのを持ってきてなげたのかも知れないし
防御線で固定で運用したのかもしれない
でも絵の通りだと飛んでるんだよな

199: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:52:17.97 ID:cYjt1Nd80
>>172
地面に置いて指向性地雷のようにして破裂させているようにも見える

196: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:51:20.39 ID:bz7y65Qu0
地面に転がして使ったんじゃないか?騎馬軍団なら器用によけたりできないし

203: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 19:53:04.70 ID:mNmLeT8/0
これ、日本戦以外では使ってないの?
モンゴル軍って、ヨーロッパでも戦争してポーランドかドイツ辺りまで領土にしたんでしょ?

233: 名無しさん@1周年 2019/10/11(金) 20:01:11.09 ID:B4SaVXLW0
大量生産してないだろうし殺傷能力より脅し目的やろね

引用元: ・【元寇】モンゴル軍が用いた「てつはう」に殺傷能力はあったのか



蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実 (中公新書)
服部 英雄
中央公論新社
売り上げランキング: 113,136