510yfv+yQNL (1)







7: 世界@名無史さん 2019/09/02(月) 20:30:30.47 0
ヨーロッパの王侯貴族で一番の名門は?

8: 世界@名無史さん 2019/09/02(月) 20:45:15.65 0
>>7
ハプスブルク家

19: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 03:03:50.34 0
>>8
ハプスブルク家はフランツ・シュテファン以降格が落ちる。
現在も現役のスペイン国王として残ってるブルボン家が名門。

21: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 07:05:35.30 0
>>19
なんでフランツ・シュテファン以降だと格が落ちるの?

23: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 07:31:40.83 0
>>21
フランツ・シュテファン以降のハプスブルク家は実質ロレーヌ家だから。

34: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 10:30:30.36 0
>>23
ロレーヌ家だって単独スレが立つくらい名門だぞ!

24: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 07:56:46.85 0
ブルボン家(カペー家)、ハプスブルク家、ロレーヌ家のいずれも家門としては古くからある。

家門としては同じくらい古いにしても、どの家門が早くから君主位を獲得し、維持してきたかとすると、
ブルボン家>ハプスブルク家>ロレーヌ家か。

ただし、とロレーヌ家は嫡流に近いけど(純粋なハプスブルク家は現存せず)、ブルボン家はカペー家嫡流からかなり早くに分かれた分家、その分家も断絶してそのまた分家が君主(アンリ4世)に。
その君主家も断絶して、現存するブルボン家はさらにその断絶した君主家(フランス王家)の分家(フェリペ5世系もオルレアン系も)。

31: 世界@名無史さん 2019/09/03(火) 10:25:02.52 0
>>24
ロレーヌ家も一応早くからロレーヌ公だったけどね

63: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 00:15:01.45 0
インドのブルボン家って何?

64: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 06:15:31.26 0
インドのボーパールには、フランスからインドに渡ったという、ジャン・フィリップ・ド・ブルボンの後裔を称する「ブルボン家」が存在している。
ボーパール藩王国では富裕な一門であり、バルタザール・ブルボン=シャサド・マシは藩王国の宰相を務めている。1882年にルイ・ルッスレが表した旅行記にもその存在が書かれている。
現在の家長はバルタザール・ナポレオン4世・ド・ブルボン。2007年にはミシェル・ド・グレースが小説『Le Raja de Bourbon』において主題として取り上げている。
ド・グレースはこの本の中で、ボーパールのブルボン家の先祖はアンリ4世の甥だとし、「証拠はないが、そう信じている」と述べている[4]。

71: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 13:01:00.59 0
ttps://www.value-press.com/pressrelease/227358
クリス・フォン・ハプスブルク氏が日本の医療ベンチャーの海外戦略事業開発顧問に就任の記事
本人のツイッターはやや胡散臭いが、ドン・ファン・デ・アウストリアの男系子孫と推察さてる
男系でルドルフ1世やグントラム金満公に行き着くので日本みたいに庶系でも男系優先なら彼の一族が宗家だった

73: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 14:10:50.59 0
ヨーロッパの帝王家を相手に「庶系でも男系優先なら~」という仮定は無意味では
いやそら確かにピンチの際に庶子を認める例もあるけどさ

74: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 14:34:56.99 0
ハプスブルク家庶流(自称)のwebサイト
https://www.house-of-habsburg.org/

75: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 17:05:01.94 0
仮に事実としても何で庶流のクリス氏がハプスブルク姓を名乗ってるんだ?
Princeを名乗ってるが一体どういう由来で名乗ってるのかよく分からない
企業は末裔と紹介してるが真偽が不明なのに公式に書くのはどうかと思う

83: 世界@名無史さん 2019/09/05(木) 04:42:51.68 0
>>75
ハプスブルク家は庶系に“ハプスブルク”の名乗りを許さないな。
(許し無く勝手に名乗るのを強引に引っ込めさせることができるのかどうかは知らんが)

そのへん、フランスは庶流も“ヴァロワ”“ブルボン”を名乗っているな。
ルイ16世の頃も“ヴァロワ”をふつうに名乗る貴族がいて、「ん?ヴァロワ家は断絶したんじゃ?」と
思ったらアンリ2世の庶子の系統だったり。

庶流を含む男系といえば、英国のプランタジネット家の男系のボーフォート公サマセット家なんかが。

89: 世界@名無史さん 2019/09/05(木) 14:23:58.03 0
>>75
ハプスブルクならPrinceじゃなくArchdukeじゃないか。
庶流だからArchdukeというかErzherzogを名乗れないということなのだろうか。

90: 世界@名無史さん 2019/09/05(木) 15:05:12.12 0
合法化されたと主張しているからスペイン系の王子という意味じゃないかね?

93: 世界@名無史さん 2019/09/05(木) 15:26:57.05 0
「the Royal House of Habsburg and the Imperial House of Habsburg-Lorraine」という一文がある
ハプスブルク=ロートリンゲン家が(オーストリア)帝室だと認めつつ自分たちも(スペイン)王室だと
おそらくブルボン家にスペイン王位を譲ったけどスペイン・ハプスブルク家の正当な生き残りとしてスペイン王子の称号を名乗るくらいいだろ的な

77: 世界@名無史さん 2019/09/04(水) 18:10:55.12 0
カール大公はどう思われてるのだろうか
自分こそ正統な家長だと言わないだけ偉いと思うが

100: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 07:30:01.06 0
クリス・フォン・ハプスブルク氏の話どれぐらい信憑性あると思う?
子孫と言う割に系譜とか全く示してないのは少し不可解な気がする

103: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 09:11:48.43 0
>>100
ぶっちゃけ詐称かなと思ってる

102: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 08:26:09.35 0
タイの王室って、日本の皇室みたいに自分たちの祖先は神だとする神話作ってないのか?

104: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 09:34:00.15 0
>>102
タイ国王は仏教王だしヒンズー教の神々を身に宿してもいるから王朝神話は不要でしょ

105: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 09:47:03.02 0
タイ王は正法(ダルマ)に従って統治する仏教王すなわち転輪聖王でありそれが事実上神話の代替物になっているのでは

121: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 14:35:10.46 0
チャクリー王朝の男系子孫は数万人いるらしい。

127: 世界@名無史さん 2019/09/06(金) 23:49:04.05 0
全く関係ないけどジンバブエのムガベ大統領が死去したようだな
一時期はエリザベス英女王を抜いて現役最年長の国家元首だった
剥奪されたけどバス勲章受賞者でもあったな

128: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 00:31:30.86 0
>>127
クーデターのショックであっけなく逝ってしまわれたのか

186: 世界@名無史さん 2019/09/11(水) 21:01:03.88 0
>>127
そのムガベ前大統領がジンバ地区というところの伝統的首長の称号を保有していたという報道
リビアのカダフィ大佐の「アフリカ諸王の王」みたいな感じかな?
ttps://royalty.charapedia.org/20190909d1/
ttps://news.yahoo.com/relatives-fly-singapore-bring-mugabe-home-082401844.html

189: 世界@名無史さん 2019/09/12(木) 22:42:23.53 0
>>186
ヨーロッパの王様が、皇帝とか王とか立派な肩書のオマケみたいに、ナンチャラ公とかナントカ侯とか、小国の君主号まで帯びてたようなものだろ

190: 世界@名無史さん 2019/09/12(木) 22:45:29.26 0
>>189
基本的に東洋のように皇帝だから王より公より偉いってわけじゃないからな
そもそも翻訳として正確じゃない

195: 世界@名無史さん 2019/09/13(金) 15:17:46.67 0
>>190
そうなるのは17世紀の中頃からだけどな。

それまでは、相応の国力とか周辺国の承認も無しにそれまでナントカ公だったものがナントカ王と称したりしたら、忽ち、戦争の口実にされてしまう。

136: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:21:53.10 0
世界中から大々的に賓客を招いての戴冠式っていまや皇室とイギリス王室くらいか?
今年5月にやってたタイの戴冠式あたりも海外からのゲスト招かなかったし

137: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:35:01.31 0
>>136
トンガも海外から賓客を招いて豪華な戴冠式をやってる

139: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:40:57.46 0
>>137
決して大々的ではないと思う…

140: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:44:10.66 0
>>139
イギリス王室とかに比べたら小規模だろうけどかなり華美ではあったよ

138: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:39:26.20 0
スウェーデンも現王カール16世グスタフから戴冠式やめたと記憶している

141: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 12:50:05.26 0
トンガの戴冠式はカール大公兄弟も参列してたし当時の皇太子夫妻も参列してたな

142: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 13:14:24.10 0
戴冠式というか、即位式はスペインやベルギー並に簡素でいいと思ってる
例えばスペインは王冠や王笏は単なる置物であって国王が身に着けることは基本的にない
海外から賓客は招かない、出席するのは王族や首相を含む政府関係者以外は一部の文化人といった程度
2014年に行われたスペインの即位式は新国王が宣誓を行い、下院議長が新国王の名前と即位を宣言、出席者からの歓呼と国歌演奏を経てから新国王の即位演説を行って終了という流れ
内容としてはこの程度で十分

148: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 15:31:21.03 0
そういえばトンガの戴冠式の晩さん会では国王の隣が今上夫妻で王妃の隣がハプスブルク兄弟とかなり好待遇だったんだよな
かなり近い距離にいたから会話程度は行っていたと思われる

149: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 15:51:26.79 0
高待遇というか今上とハプスブルク兄弟とホーエンベルク公女のほかに外国王室から誰かトンガに行ったの?

150: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 16:20:02.94 0
>>149
サモアの元首とかは来てたけど他の王室からは来てなかった気がする

152: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 19:51:06.96 0
オランダのウィレム・アレキサンダー国王の即位式はニュースで観たな
スーツに王冠なしでマントだけ豪華だった
戴冠式は行わないと言ってて時代の流れだなーと思った

208: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 18:05:17.11 0
マレーシアの前国王が離婚したらしい
王位を捨ててまで選んだ結婚だったのに…

211: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 20:04:11.44 0
>>208
そりゃ王様であることが魅力だっんだんだからそれ辞めちゃね

213: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 21:31:52.79 0
>>211
王位は失ったけど州のスルタンとしては現役のままなんだが

215: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 22:01:18.70 0
今の君主制国家には貴族制度が現存しない国の方が多いな
貴族制度が法的に明確に存在しているのはトンガやスペイン以外はイギリスとベルギーくらいか?

217: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 23:31:00.16 0
>>215
オランダ、ルクセンブルク、デンマーク

216: 世界@名無史さん 2019/09/14(土) 22:17:31.78 0
王侯など旧家の資産は文化資産として継承していくための維持管理にかなりの手間と費用を要する。
また家格として継承している祭事式典など、利益になるというより負担になることの方が多い。
近代階級闘争史観的見地から、ブルジョワ的に寝そべって左うちわ、という認識は一面的すぎる。
王侯の家が減っているというのは、継承の負担に耐えられずに絶える、というのが現状だろう。

228: 世界@名無史さん 2019/09/18(水) 15:43:36.83 0
そういえば、ベルギー憲法では継承資格のあるものがいなくなった際、議会の同意を必須条件に国王が推定継承人を指定できるそうだ
こういう制度があれば安心なんだよな

229: 世界@名無史さん 2019/09/18(水) 16:21:22.69 0
>>228
フラマン領域がワロン領域を切り捨てて独立に走ったりするかもしれんな。
ベルギーとオランダって王様は近い親戚だったけ?
王様が必要なら、別段、絶えるベルギーに居残る必要無い、言葉も国情も文明水準も文化も経済状況も大体似ている
オランダになった方が得だ、という具合に、一旦独立して、オランダに編入してくれ、って言いに行くかもな。

239: 世界@名無史さん 2019/09/19(木) 11:50:32.25 0
>>229
ベルギーの歴史的に見てそれは有り得ない
ベルギーはオランダ王家の成員の国王を禁止してる程

240: 世界@名無史さん 2019/09/21(土) 02:08:55.37 0
フランダースの犬がベルギーで人気が無いのは「フラマン人はこんな畜生揃いじゃねえ!」って理由で、隣国オランダでは「ベルギー人ならさもありなん」と大人気
なんてジョークを聞いたことがある

オランダとフラマンって実はそんなに仲良く無いんじゃないか

253: 世界@名無史さん 2019/09/22(日) 13:28:25.45 0
そういやポーランドみたいに選挙王制で外国人が国王に選出されて位に就いた場合、国内に「王領」ってあるのか?
国王自由選挙は、ポーランド・リトアニア共和国において実施されていた、国王を血統上の権利ではなく個人的資格によって選ぶための選挙制度。1572年から1791年まで行われていたが、5月3日憲法の成立とともに廃止された。

254: 世界@名無史さん 2019/09/22(日) 14:27:07.43 0
ポーランド知識ゼロで言うけどワルシャワ王宮の付近はさすがに王冠領みたいな感じで王直轄じゃないの知らんけど

256: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 05:36:22.62 0
当時のポーランドの王領というか王冠領というのがちょっとイメージがわかない。
現在の日本の地方自治体の公有地みたいな感じかね?

258: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 10:18:44.11 0
逆だろ。王冠領を獲ったら王様なんだろ

259: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 12:54:00.38 0
>>258
選挙王政で、国内に権力基盤を持たない王にとっての王冠領の話をしてるの

獲るも獲らないもないんだよ

260: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 13:16:34.15 0
選挙って所謂選挙なん?
今のヤツみたいに有権者一人一票で買収や脅迫やらはダメよの世界なんかの?

261: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 14:38:38.82 0
>>260
公職選挙法なんか無いので、買収もアリだし、武力で脅迫して自分(もしくは自分の支持する候補)に投票させるという荒業もアリ。

263: 世界@名無史さん 2019/09/23(月) 17:10:23.44 0
>>260
当時は公職選挙法なんかないからバンバン買収するし軍事力で脅しもする。
カール5世の時なんかアメリカ大陸で採れた金をこれでもかと買収に使った。

277: 世界@名無史さん 2019/09/24(火) 06:09:04.86 0
>>263
もしフランソワ1世が当選していたら
それこそ帝国内に領地の無い皇帝だった?

288: 世界@名無史さん 2019/09/25(水) 08:02:42.87 0
>>277
フランスも含めた帝国になったんじゃね?

292: 世界@名無史さん 2019/09/25(水) 16:42:52.12 0
>>288
それはないだろ。
帝国の域内だと帝国の他のところからゴチャゴチャ口出されるじゃん。

ハプスブルク家も皇帝やってた時だって、オーストリアとボヘミアは帝国の内にしていたけれど、地続のハンガリーとかダルマチアとかは帝国の決定が及ばないようにしてたじゃん

引用元: ・世界における王制・君主制 Part.15



現代世界の陛下たち:デモクラシーと王室・皇室

ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 511,604