51FpjbLlhwL



1: 世界@名無史さん 2011/09/28(水) 21:34:53.22 0
フードをかぶった旧石器時代のビーナス像から、現代のファッション百花繚乱に至るまで幅広く語りましょう。

個人的にはヨーロッパでストライプ柄がアウトローの象徴として扱われていたルーツに興味があって。囚人服・道化・異教徒…一体どこから?








4: 世界@名無史さん 2011/09/29(木) 21:52:43.44 0
中東は縦ストライプの服が多いので、欧州からすると異教徒のイメージだったのかな。

5: 世界@名無史さん 2011/09/30(金) 20:52:14.47 0
インドもムガール細密画とか見るとシマシマ着た高官が多い。
イスラムつながりだろうか。

9: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 22:42:27.15 0
>>5
これなんか確かに多いな。
シャー・ジャハーン帝と家臣たち


no title

103: 世界@名無史さん 2013/10/16(水) 10:54:59.74 0
>>9
今更だけどアラブ系以外に白人東洋人黒人と人種揃ってるのがすごい

6: 世界@名無史さん 2011/10/01(土) 13:53:13.81 0
意外にも縞柄の起源はスイス。
バチカンのスイス傭兵隊のコスチュームも縞柄。

1280px-Swiss_guard_swearing_in

10: 世界@名無史さん 2011/10/03(月) 04:32:02.24 O
スイス傭兵の服をデザインしたのはミケランジェロ

11: 世界@名無史さん 2011/10/05(水) 00:16:06.03 0
日本のセーラー服の襟
関西襟・関東襟・名古屋襟・札幌襟
この違いは、どこから発生したのだろうか?
紀行の違い?
近隣の先発導入校の追随?

12: 世界@名無史さん 2011/10/11(火) 22:55:45.82 0
イートンとかの制服を導入しなかったのはなぜだろう?

16: 世界@名無史さん 2011/12/12(月) 12:44:05.11 0
>>12
海外王室と皇室の交流で王族男子のセーラー服が伝わって、他に普段着る物がない上流の女子の洋装になって、それが広まって制服と化したんでは
男子は詰め襟でいいんだし

17: 世界@名無史さん 2011/12/13(火) 00:31:29.53 0
>>16
王族とか関係ねっての!

近代の日本は富国強兵の名の元、国民皆兵制度により幼少時から国民を軍人に仕立てる必要性があった。
従って

女子学生は海兵をイメージしてセーラー
男子学生は陸兵をイメージして詰襟

となった。

19: 世界@名無史さん 2011/12/13(火) 10:43:59.40 0
>>17
何の根拠もない説だな
水兵服を気に入ったヴィクトリア女王が、自分の子女や娘の嫁ぎ先にセーラー服を誂えさせて与えたのが1841年で高級子供服のモデルになった
それと前後してパリで女性のファッションとしてセーラー服が流行しておりモードとして欧州・アメリカへ伝わっている
女子生徒の制服となったのも欧州が初
日本のセーラーは英国留学していたアメリカ人エリザベス・リーが自身が学長をしていた福岡英和女学校の運動服として採用したのが初
全国に広まった理由が海軍だからとか何の証言も証拠もない説

21: 世界@名無史さん 2012/01/28(土) 21:10:16.83 0
ヴィクトリア女王絡みですがクリノリンのドレスが大好き
ウェディングドレスに着て見たいw
300px-Crinoline_era3


クリノリン
(crinoline)は、1850年代後半にスカートを膨らませるために発明された鯨ひげや針金を輪状にして重ねた骨組みの下着である(後に材質は変化)。1860年代に入るとクリノリンはその形を変化させ、さまざまなバリエーションが生まれた。

22: 世界@名無史さん 2012/01/28(土) 21:15:37.85 0
現代に残るクリノリンは、ウェディングドレスだけですからね。
よくある中世のお姫様のドレスのイメージが結構、18世紀から19世紀のドレスであることが多い。この時代のデザインが現代にも通用することからきているのかもしれないけど。

29: 世界@名無史さん 2012/02/25(土) 11:02:14.15 0
21です

こんなドレス着てみたいな・・・



31: 世界@名無史さん 2012/03/01(木) 22:53:26.94 0
>>29
クリノリンは、お姫様のドレスのイメージだからね。

33: 世界@名無史さん 2012/03/07(水) 00:11:42.13 0
wikiも充実してきた。
ストマッカーでも検索できるようになったし。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Stomacher
絵と分からなかったけど、こうして分けてくれるとわかりやすい。

35: 世界@名無史さん 2012/05/14(月) 23:00:04.79 0
かなり高度な服を作る技術がないと温帯以北には住めない(冬に耐えられない)と思うんだが、人類って体毛がふさふさしている時代に服を発明したのだろうか?

熱帯なら服はいらないし、不思議だ。

66: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 10:33:09.88 O
>>35
人類の被服の着用は、頭虱と毛虱が分化した後、つまり毛が抜けてから、被服をまとった。との説がある。

36: 世界@名無史さん 2012/05/15(火) 00:33:45.82 0
アフリカ大地溝帯で狩猟のとき長距離走ってたんで発汗冷却のため体毛なくす方向で進化したってことだから、紅海わたる時点で既にツルンツルンだったんじゃねーの

39: 世界@名無史さん 2012/07/01(日) 16:38:31.42 0
人類学の先生が身を飾るために服を着始めたと言ってた
暑さ寒さを凌ぐなどの機能性はそれより後じゃないかな

40: 世界@名無史さん 2012/07/01(日) 22:45:20.16 0
アウトドア派からみると転んだりしたときの怪我防止だと思うけどね>衣服

昨今は全く聞こえてこないが日本でも近年迄破傷風があったし
俺が子供の頃田舎へ帰ったときに野山で怪我した際に親族の「消毒しろ」の大合唱が煩かったこと…

45: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 20:32:58.49 0
>>40
怪我防止のため、短パン・半ズボン・半袖禁止とか制限があるところはあるしね。

43: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 09:13:36.27 0
衣服の発生の理由を一つに絞ろうとするのが無茶な気がするなあ
とりあえず生殖器を守る目的、というのはいくつかある中の一つで、その中でも特に根源的なものだと思う
それこそスレタイにあるようにコテカがそれなわけだし

47: 世界@名無史さん 2012/10/01(月) 21:18:56.89 0
和服=直線裁ち、洋服=曲線裁ち、のイメージが強かったが、19世紀アメリカの農夫や奴隷の服を見たら四角いパーツの組み合わせで意外に感じたのを覚えてる。

貴重な生地を無駄なく使わねばならない環境では東西を問わずそうなるのかもね…
と思ったが、実際はどうなんだろうか。

48: 世界@名無史さん 2012/10/02(火) 00:09:21.62 0
直線立ちの方が簡単に作れるから
…でしょ?

曲線裁ちだとサイズを合わせて、型紙を作って…という手間がいる。
直線立ちだと作るのも簡単だしサイズもフレキシブル。

49: 世界@名無史さん 2012/10/02(火) 21:27:41.43 0
宝石をドレスに縫い付けるて、具体的にどうするんだ。
宝石に穴を開けてボタンみたいにするのか?

52: 世界@名無史さん 2012/10/05(金) 21:31:58.12 0
>>49
表現しづらいが、宝石の周りを糸で何重にも囲んでふちどってた記憶が。

54: 世界@名無史さん 2012/10/07(日) 20:53:38.98 0
>52
ミラー刺繍みたいな感じかな

70: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 15:21:54.63 O
>>52>>54
七八年前ドレスデン展で見たがミラー刺繍状で宝石なので盛り上がった感じだった。
男性貴族用衣装だったが豪華だった。
宝石はルビー・サファイア・エメラルドの色石でカットは悪い(光らない)が大きかった。
ダイヤモンドは産業革命以降照明が格段に明くなってから、夜会時ギラギラ光るので人気がでたそうだ。
16世紀は大きさ勝負
17世紀はギラギラ勝負と言うことか。

73: 世界@名無史さん 2012/11/28(水) 21:29:18.19 0
>>70
産業革命の頃に照明ってそんなに明るくなったの?
電気の灯が本格的に普及したのは20世紀に入ってからのことだし
それまでは蝋燭とか良くてガス灯程度で、たいして変わってないんじゃない?

74: 世界@名無史さん 2012/11/28(水) 23:09:57.50 0
ろうそくとガス灯では明るさは格段に違う。

75: 世界@名無史さん 2012/11/29(木) 14:23:07.62 O
ガス灯は街灯以外にも使われるのかい?

76: 世界@名無史さん 2012/11/30(金) 02:39:26.07 O
室内ガス灯はあった、ぎらぎらが17世紀は早い。
エリザベート后の星の髪飾りは、理想カットまではいかないが、けっこう光ってた。
19世紀後半には、キラキラがあったといことだ。
実用電球はもっと後だったと思う。

いずれにしても17世紀は誤り。

51: 世界@名無史さん 2012/10/04(木) 05:30:50.20 0
19世紀より前の花嫁衣裳は純白ではない色付きが主流だったって本当?

57: 世界@名無史さん 2012/10/13(土) 18:27:44.10 0
>>51
普通に考えればそうだろうね。色によって染料の価格が違う、むらがない均一に染めるのも難しい。
純白=純血のイメージよりも、高価な色=富の誇示だし。

58: 世界@名無史さん 2012/10/30(火) 23:30:08.67 0
質問です。
戦前の日本が輸出した生糸は主にストッキングになっていたそうですが、なぜストッキングに絹だったのでしょうか。化学繊維はそれほど普及していないにせよ、絹がストッキングに向いている理由、他の繊維ではダメだった理由を教えてください。

59: 世界@名無史さん 2012/10/31(水) 00:10:05.65 0
「絹の靴下」と言えば高級品。
絹のストッキングをはいているのは富裕層。
現在のナイロンストッキングみたいなものを想像しちゃダメ。

60: 世界@名無史さん 2012/11/05(月) 22:36:56.33 0
絹のストッキングとか靴下とかが流行していたから。
履き心地と光沢は他を寄せ付けない。

71: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 21:06:23.98 0
ワイシャツは、昔は襟とカフスが取り外し可能だったけど、分離するメリットがないような気がするけど。
これって、本体は洗濯しないで襟・カフスだけ洗うため?

72: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 22:27:11.66 0
>>71
わざわざ分離したんじゃなくて、襟やカフスは装飾的なもので、服を着るときにフレキシブルにつけたりはずしたりするものを作った…
というところから始まってるんじゃないの。

時代が下るにしたがって着脱が簡単なように一体化したものを作った。

78: 世界@名無史さん 2012/12/20(木) 07:33:02.46 0

半纏・浴衣・丹前あたりはあまり人前で着るものじゃない(本来は) 親しい人や目下の相手の前ならともかく浴衣もちょっと近場に出るぐらいならいいが、戦前はあれを着て公共交通機関を利用する若者は非常識扱いされた

79: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 03:03:12.25 0
Tシャツやキャミソールが街着になるのと同じ流れだよね。
下着・部屋着が外出着に昇格する。
シャネルがジャージー素材をファッション化したのが契機なのかな。

89: 世界@名無史さん 2013/04/10(水) 21:25:09.97 0
>>79
Yシャツももとは下着。ゆえにベストが必要で、ベスト無しでYシャツのみは普通はあり得なかったらしいね。

80: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 05:26:21.44 0
今でも浴衣なんぞで電車には乗らんだろ。
下着の外出を容認するなんて厳罰化でもした方が良い。

81: 世界@名無史さん 2013/01/06(日) 06:19:08.08 0
>今でも浴衣なんぞで電車には乗らんだろ。

花火大会のときはたくさんいるぞ。

90: 世界@名無史さん 2013/04/11(木) 19:28:11.52 0
北方民族は魚の皮で下着をつくっていたと聞いたんですが、皮と皮の継ぎ目はどうしたんでしょうか?
普通に糸で縫ったんですか?

91: 世界@名無史さん 2013/04/11(木) 23:26:33.82 0
http://www.chinacrafts.org/jp/Chinese_handicrafts_category/HTML/10165.html
魚皮糸を魚骨の針に通して魚皮を縫うんだって。なるほどねえ

94: 世界@名無史さん 2013/10/08(火) 14:17:51.43 O
袖の膨らんだ男性シャツの名前を教えて下さい。
例をあげると、(フィクションだけど)三銃士の主人公とか、異国迷路のクロワーゼで男の子が着ているようなやつなので、18、19世紀のフランス庶民の服なのかなーと思ってるんですが。
袖自体はビショップスリーブとかペザントスリーブと言うらしいんですが、それで画像検索してもレディースしか出てきません。
中世の農民服も違う印象をうけます。
イラストの作画資料が欲しいのですが、あのシャツは何と言うのでしょうか

95: 世界@名無史さん 2013/10/08(火) 15:01:54.88 0
1630年代以後のプールポアンpourpoint
それ以前は詰め物で膨らませていた。

97: 世界@名無史さん 2013/10/12(土) 14:49:53.71 0
古代エジプトやギリシア・ローマって文明が発達していたのに、なんで半裸に近い格好してたの?
紀元前の中国は、きちんとした服装してたのに。

98: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 08:29:32.45 0
服装だけなら、中国のほうが文明国っぽく見えるよね。

99: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 09:54:00.94 0
見えるも何も当時の中国は文明国やん

101: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 14:05:34.36 0
ギリシャ・ローマって建築とか土木には凝ってたくせに、服飾とかには無頓着だったんだな。

102: 世界@名無史さん 2013/10/13(日) 14:06:10.49 0
古代ギリシャよりローマの方が布が大きい。
ローマでも身分が高くなるほど布地のが大きくなる。
裁断したり、縛ったりすると、布地が小さく見えてしまうので、裁断したり、縛ったりすることが発展しない。

104: 世界@名無史さん 2013/10/17(木) 13:56:50.98 0
古代ローマとか、元老院専用のトガとか喪服用のトガとかいろいろあるんだけど。

125: 世界@名無史さん 2014/10/25(土) 21:14:30.75 0
古代ギリシア人は、鍛え上げられた肉体に優る美しいものはない
という真理を悟っていた。

126: 世界@名無史さん 2014/10/25(土) 22:37:05.09 0
だからオリンピアではフルチンなんだな。
日ごろ鍛えてきた肉体美を神々にいわば照覧いただくという感じか。

相撲のふんどし姿が見苦しいと言う欧米人に説明するにはギリシャのオリンピアを引き合いに出すとすんなり理解してもらえそうかも。

118: 世界@名無史さん 2014/07/23(水) 01:40:35.37 0
質問です。
元代の肖像画ではモンゴル人は着物風の(襟を斜めに打ち合わせる)形式の衣服を着ているのに(チンギスやフビライの有名な絵がそうですよね)、近代あたりになると、現在朝青龍らが着ているデール(旗袍に似たあれね)一色になってしまう。

いったいいつごろから入れ替わったのでしょうか。そういや明代のモンゴル人の姿を描いた絵って見かけないですよね。
清代に満州族の服制に従ったため…とか?

119: 世界@名無史さん 2014/07/23(水) 02:54:17.53 0
Wikiに出てくる北元の大ハーンの挿絵、描かれたのがいつかは分からんが参考になるかな?
○は着物的襟、×はそうじゃないもの



○1433-1452 トクトア・ブハ 
no title


○1453-1453 アクバルジ 
no title


○1475-1479 マンドゥールン 
no title


×1524-1547 ボディ・アラク 
no title


○1548-1557 ダライスン・ゴデン
 no title


×1558-1592 トゥメン・ジャサクト
 no title


×1593-1603 ブヤン・セチェン 
no title

×1603-1634 リンダン 
Ligden_hutagt_khaan


・・・というわけで、おそらく1500年前後に何らかの変化が生じはじめたんではないかと

120: 118 2014/07/23(水) 22:11:12.31 0
うおお、絵入りの詳しいお答えありがとうございます。 壮観だ…

121: 世界@名無史さん 2014/07/23(水) 22:46:43.79 0
まー、あくまで参考程度にね
色が綺麗なのとタッチが全部似てるってことで、近代になってから書かれたもんかもしれんしね
そうなると、時代考証がどこまでしっかりできてるか分からんし

123: 世界@名無史さん 2014/10/20(月) 00:16:56.87 0
北海道アイヌの衣装が着物風なのは太古からああなんだろうか?
それとも途中から和人の影響か、あるいは>>119みたいな遊牧民の服がアムール経由で広まったのか、それともその他?
女性の肌着のモウルはもともと前を縫い塞いでいたそうだけど。

124: 世界@名無史さん 2014/10/20(月) 00:34:47.37 0
蝦夷錦は沿海州の民族との交易でアイヌにまで流れてきたチャイナ産衣服ということを考えれば、チャイニーズ・デザインが及んでいるのかもしれんし、あるいは和装の影響なのかもしれん

引用元: ・【コテカから】衣服・装身具の歴史【モードまで】



ジュエリーの歴史―ヨーロッパの宝飾770年
ジョーン エヴァンズ
八坂書房
売り上げランキング: 441,268