510i5CbBNdL



1: 世界@名無史さん 04/01/15 21:52
かつて天空に城を築き高度な文明を誇ったラピュタ。
その凄さは地上のあらゆる文明をも凌駕してると言って良いでしょう。
ところがラピュタの詳しい実態については不明のままです。
いったいどこから来た民族なのか? 言葉は? 文字は?
ここはその神秘に満ちたラピュタの謎を解くスレッドです。

煽りやネタレスはやめてください。
学術板らしいまじめなレスのみ受けつけます。








10: 世界@名無史さん 04/01/16 11:42
文字は楔形文字に見える。
5a4563ed


14: 世界@名無史さん 04/01/18 21:56
>>10
文字は楔形文字と断定した場合、「画数」の多さを
「シュメール語の楔形文字」「バビロニア語&アッシリア語の楔形文字」「古代ペルシア語の楔形文字」
と分類すると
「古代ペルシア語の楔形文字」に一番ちかいみたい。

16: 世界@名無史さん 04/01/18 23:07
>14
現代の科学力でも、あれだけの巨大な物を空中に常時浮かせることはできんだろう。
その上、核兵器並の破壊力を持つ武器まであるし。(レーザーを集中させる兵器みたいなやつ)
旧約聖書の「メギドの火」、ラーマヤーナに登場する「インドラの矢」のモデルでもあるとムスカ大佐は言っていた。
民族的には、ヒッタイト系と思われ。
ヒッタイトは突然現れ、鉄器を発明して大暴れ。当時、オリエント最大の大国エジプトを散々苦しめた国。
ラピュタ王国が滅びた後、地上に降りたラピュタ人が原始的な鉄器を使って、地上で最も豊かなエジプトを攻めようとしたのでは?

24: 世界@名無史さん 04/01/19 23:57
>>16
そーいえば、天空の城には鉄器がなかったよね?

26: 世界@名無史さん 04/01/27 17:12
>>24
でも金属か粘土か分からない材質を使っている。

30: 世界@名無史さん 04/02/01 04:55
シータなんて名前つけてるぐらいだからインドの影響が強いことは確か。
そして鉄器が無いことからオリエントでは無い、もしくは鉄器時代以前に滅んだ。
ペルシア風楔型文字の使用から古代インド文明の影響を強く受けたペルシアの民族ではなかろうか?

31: 世界@名無史さん 04/02/03 00:17
「ラーマヤーナでは「インドラのイカヅチ」とも呼ばれているがね・・・

・・・見ろ!人がゴミのようだ!」

32: 山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM 04/02/03 00:20
インドラはかつては西アジア一帯で広く信仰されていたそうで、ヒッタイトの遺跡から出土した粘土板にもその名があったとか。
そうなると上に出ていたヒッタイト説にも一理あるかも。

34: 世界@名無史さん 04/02/03 01:13
地上の鉱山町についてはイギリスのウェールズをモデルにしたと宮崎監督が話していたっけね。

産業革命、スウィフト、ウェールズ・・・地上についてはだいぶ絞れてきたかも

43: 世界@名無史さん 04/02/22 20:57
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ
ウルはラピュタ語で「王」、トエルは「真」、とムスカはいっている
そしてそのムスカの本当の名前は
ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ
トエルが「真」ならパロはなんだろうな

48: 世界@名無史さん 04/03/28 01:59
>>43
接頭辞para-,paro-「擬似、~もどき」か?

109: 世界@名無史さん 04/07/05 17:19
>>48の説(接頭辞paro,para)を採ると、ギリシア語のパラには「並ぶ」「傍ら」という意味もあるので、「王に並ぶ者」「王の傍らにいる者」という解釈も可能だ。女系の祭祀王(女王)の王統と、統治機構を支える男性の副王の家系(男系女系の別は不明)があったと想像できる。
あるいは、カリフとスルタンの関係か?

107: 貝塚マニア 04/07/03 01:18
>>43
パロ=ファラオ
ファラオがエジプトの言葉で王様を意味するから。

世界ネズミ帝国謹製の映画アトランティスはそれのパクリとも言われている。
そこで出てくるアトランティス語というのがシュメール語だかエジプト語だかの基礎語だとして出ているから。

109: 世界@名無史さん 04/07/05 17:19
>>107がいうように、パロ=ファラオ(聖書でもこうだな)だとすると、「パロ・ウル」はオスマン朝の「シャー・ハン」みたいな感じの称号になる。

58: 世界@名無史さん 04/06/10 22:45
「トゥエル」=「まこと」≒「トゥルー」なので意外と印欧系かも。

60: 世界@名無史さん 04/06/11 12:21
リュ・シータ
ロ・ムスカ
正式な名前の最初に付いているのが冠詞だとすると、ラテン系っぽい感じもする。

117: 世界@名無史さん 04/07/06 02:43
ラピュタ語って、流音の多さと語尾の_sの多さからからするにグレコローマン系に近いとかと仮定した場合、 
リテ(命令形の時の接頭辞?) ラトバリタ(助ける、の命令形) ウルス(私の対格形;(王族であるところの私という意味か)) 
アリアロス(光) バル(前の言葉に付いて命令文を定義する?) ネトリール(よみがえる) 
とか考えてみたけど、そもそも監督の言語感覚による創造だとしたらと思うと、もういいや

119: 世界@名無史さん 04/07/06 08:05
>>117 
バルス(閉じよ)は、 
バル(前の言葉に付いて命令文を定義する)+ス(閉じる)ということか。 
成る程。

76: 世界@名無史さん 04/06/13 00:59
ラピュタの舞台ってどの辺?

77: 世界@名無史さん 04/06/13 10:11
>>76
地上は19世紀後半のイギリス。
ん、パズーが働いているから工場法が出来る前かも知れん(夢のない話しだな。
そういえば電気って出てきてたっけ。
ゴリアテって今の技術でも建造できるん?
飛行船であれだけ重装備って可能なのか?
さらにハエみたいな飛行機械は・・・。
空想非科学をみた限りでは上下運動が激しすぎて乗りこなせないと思うんだが。

面倒臭いから『産業革命時のイギリス』ってことでいいや。

ラピュタは多分上空2,000メートルくらいかな。
これ以上高いと息がつまる。
しかし温度は相当低いはずなのに何故に熱帯雨林?

これも面倒臭いから『そらの上』でいいや。
そういえば飛行石は砦からどっちの法学を指したんだっけ。

105: 世界@名無史さん 04/06/27 03:11
ところで、ラピュタが滅んだのが700年前って結構最近だよな。
地上への干渉や目撃情報が途絶えてから結構時間あるがその間何をやってたんだ?

108: 世界@名無史さん 04/07/04 16:51
>>105
封印した上で放棄したようだからもともと戻る気がなかったんじゃないのか?
飛行石を動作させるための言葉が伝えられてきたのはただのしきたりみたいなもので

110: 105 04/07/05 21:41
なんか文章が変だったみたいだ。
>>105は、ラピュタが地上への干渉をやめ空へと姿を消したのは遅くともBC.500年以前、
(プラトンが生きたBC400頃には既に伝説の存在になってたから)
滅亡は、ムスカ大佐が「700年前~」と言ったのが19世紀末として、AD1200前後。
その間千数百年もの間、雲間に篭ってラピュタ人達は何やってたんだろって意味。
長い間には色んな人間が権力の座に就いたはず。
力があれば使ってみたくなるのが人間の性。全地上を支配できる程なら尚更。
あるいは、下部の半球区域は地上に関わらなくなった時点で既に封印されてたのか。

111: 貝塚マニア 04/07/05 22:52
>>110
西暦1200年頃って、何があったんだっけ?
本物の世界史上でなんか重大事件とかなかったのかな?

112: 世界@名無史さん 04/07/05 23:13
>>111
フフフ
もちろんモンゴル帝国にやられたに決まってるじゃないですか。

120: 貝塚マニア 04/07/09 01:13
>>112
大蒙古帝国って空飛ぶ乗物とかあったの?
せいぜい「てつはう」じゃないの?
「てつはう」であのラピュタの雷に対抗したんだあ。

115: 世界@名無史さん 04/07/05 23:57
元寇の時に神風が吹いたのはラピュタのおかげだ!!
幕府とラピュタは密かに同盟を結んでいたのだっ!!

134: 山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM 04/08/04 10:59
>>115
そういえば、『ガリバー旅行記』では日本とも関わりがあるように書かれていましたね。

124: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 04/07/11 07:43
ラピュタのファンサイト行ったら面白い情報が。ラピュタは1870年代の話らしい。
パズーの父親がラピュタを撮った写真に「1868年7月」と書かれてる。

133: 世界@名無史さん 04/08/03 22:10
タッチパネルの文字が楔形文字みたいだがあれは一体?

135: 貝塚マニアとラピュタ帝国 04/08/17 02:57
>>133
多分、シュメール文明の親とでも言いたいんだろう。

163: 世界@名無史さん 04/10/21 01:06:08
シータはやはりラーマヤーナのシータ姫から?
「ラーマヤーナではインドラのいかづちとも呼ばれるがね」ってなくだりもあったし。

164: 世界@名無史さん 04/10/23 16:52:38
多分そうかと思われ。
一方の「パズー」はまるで見当つかん・・・

170: 世界@名無史さん 04/10/31 20:49:43
もしや、ラピュタ = ラフテル?

172: 世界@名無史さん 04/11/16 23:04:52
ラピュ-タ帝国はイスラム教国だと思う。神殿が城の最上層部にあるんだけどそこに4つのミナレットがあったため。
高い科学力もあったし、モデルはイスラム帝国かオスマン帝国かな・・・。

199: 世界@名無史さん 05/01/17 02:54:42
ラピュタはアンコールワットとマチュピチュをモデルにしてると当時の雑誌で読んだ記憶がある

そういえばアンコールの仏像が樹に覆われてるのはロボットが覆われてるのに似てる

212: 世界@名無史さん 05/01/19 12:09:46 0
ラピュタの庭園ってイギリスの第1回万国博覧会に似てない?

それとラーマーヤナだったかマハーバラタにシータ姫を助ける話ってのがあったような・・・

227: 世界@名無史さん 05/03/12 13:02:22 0
ラピュタの建造物は様式で分析するとどうだろう?
外側はローマ風、しかし内部の機関区は・・・まさかメソアメリカ?

228: 世界@名無史さん 2005/03/26(土) 22:55:01 0
商・周の雷文アルヨ
ラピュタは山海経の度朔山のことアルネ

229: 世界@名無史さん 2005/03/27(日) 17:23:39 0
あの巨樹は桃の木だったのかw

231: 世界@名無史さん 2005/04/09(土) 22:05:23 0
思い出した。映画の中盤でシータが昔おかあさんから教わった「元気が出るおまじない」
をつぶやくシーンがあったろ。

「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・?ル・エト・リーヌ」

なんかスペイン語っぽくね?

234: 貝塚マニア 2005/05/02(月) 00:08:58 0
>>231
リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・メトリール

ウルスは現代蒙古語で「国」を指すみたい。

バル…
バアルという言葉がメソポタミアかバビロニアでバアル神の名前とリンクしそうなのだが。

235: 世界@名無史さん 2005/05/04(水) 01:21:49 0
「リテ・ラトバリタ・ウルス、アリアロス・バル・ネトリール」のようで。
 (我を助けよ)       (光よ甦れ)

Nausicaa.net(http://www.nausicaa.net/)によると、
「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ」は、
Lusheeta Toelle Ul Laputa

「リーテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」は、
Leete Latobarita Uruth Ariaroth Bal Netoreel

と表記されるようで。ただし異綴もあり一定してもいないみたいです。
綴りを見るにカタカナ日本語のローマ字表記そのまんまの観がありますが・・・

236: 世界@名無史さん 2005/05/04(水) 01:30:49 0
ちなみに英語版DVDでの字幕表記は:

「バルス」=Balus
「リテ・ラトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール」 =「Leetay latuparita ulus arialos balu netoreel」

多少>>235とも異なっています。恐らくカタカナから適当に音写したスペルと思われ。

237: 貝塚マニア 2005/05/31(火) 02:04:57 O
ここで見ると、ラテン語のような錯覚に陥りそうだ。

245: 世界@名無史さん 2005/07/14(木) 17:03:10 0
どうでもいいけど、シータの名前はギリシア文字のθからで、ラーマーヤナのシータでは無い、と前に監督が言ってたよ。
ナウシカはギリシア神話だから、勘違いしてる香具師多そうだが。

247: 世界@名無史さん 2005/07/23(土) 04:54:58 0
>>245
>シータの名前はギリシア文字のθからで、ラーマーヤナのシータでは無い、と前に監督が言ってたよ。

ムスカが「ラーマーヤナでは、インドラの矢とも伝えているがね」
なんて言ったりするからよけい誤解されるんだよな。
シータという名前は最初、監督が大学時代に作った、精神病院を舞台にした物語のヒロインにつけた名前だったとか。
どんな話だったのかすごく気になる。

258: 世界@名無史さん 2005/10/01(土) 11:59:20 0
ポリネシア人の外洋航海では
「入道雲の下に陸地存在の可能性あり」という知識が伝わっていた。
ニュージーランドのマオリ語名「アオテアロア」=「白くたなびく雲の下」も発見当時、島影より先に雲を見つけ、雲を頼りに航海した結果到達できたゆえの命名だそうな。



・・・そこで「竜の巣」ですよ(笑)
 
283: 世界@名無史さん 2006/05/03(水) 02:09:32 0
ケルト神話あたりで「空に浮かぶ島」のような物語がなかったっけ?
もとは海上の蜃気楼が誇張されたものらしいけど。

287: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2006/05/21(日) 23:44:04 0
>283
空飛ぶ船や、そこから船員が下りて来たという話はアイルランド周辺に史実として伝承されていましたね。

292: 世界@名無史さん 2006/10/24(火) 01:43:29 0
age

293: 世界@名無史さん 2006/11/08(水) 19:48:22 0
もう浮いてるだろ

引用元: ・■「ラピュタびと」の民族系統■



小説 天空の城ラピュタ〈前篇〉 (アニメージュ文庫)
亀岡 修 宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 45,749