1: 人気者 ★ 2019/11/19(火) 12:27:17.72 ID:+sUSduPY9
2019年11月15日 15時42分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/k10012178361000.html

滋賀県の神社に伝わってきた洋剣がある。フェンシングで使われるような細身の剣に華麗な装飾が施された、「レイピア」と呼ばれる剣だ。
およそ400年前にヨーロッパから伝わった伝来品だと考えられてきたが、科学的調査で意外な結果が明らかに。
日本で確認されている唯一のレイピア。いったい誰が何のために作ったのだろうか。
(大津放送局記者 川上寛尚)

(略)

◆ほかのレイピアとは違う!
6年に及ぶ調査の中で、小林さんたちが驚いたのはCTスキャンをかけたときだった。

内部構造に、ヨーロッパのほかのレイピアと違う点が見つかったのだ。

つかと剣をつなぐ部分。ヨーロッパのものは剣を深く刺し、突き出た部分を上からたたくことで頑丈に固定する。
一方、水口レイピアは、ここに「ネジ」が使われていた。

小林さんも「見たときは驚いた。当時ネジは鉄砲鍛冶が使っていた技術。こういった刀剣にあるということは予想していなかった」と話す。
戦国時代に日本に伝来し、戦いを大きく変えた火縄銃は、筒の後方部分にネジが使われている。
鉄砲の製作で鍛冶職人が身につけた技術が、水口レイピアには応用されていたのだ。

◆伝来品ではなく日本製
大きな手がかりを得た研究チーム。さらに剣の内部に迫ろうと、兵庫県にある世界最大規模の放射光施設「SPring-8」でも調査を実施。ここでも思わぬ結果が明らかになる。
「鍛造のしかたが“日本刀”に酷似している」
剣の内部にある元素を透視した画像を見てほしい。

こま切れに何層も線が入り、ミルフィーユ状になっているのが分かる。これは刃を鍛造するときの製法に由来している。

鉄を何度も折り重ねて打つことで、刃の炭素を均一化したり、不純物をなくしたりする「折り返し鍛錬」。日本刀独特の製法に見られる特徴が、水口レイピアにも現れていたのだ。

さらに調査を重ねると、剣は「甘い作り」で、実戦向きではない可能性も高まった。

見た目はヨーロッパのレイピアそのもの。しかし製作には日本特有の技術が使われ、実戦には適さないー。
「およそ400年前の日本の職人たちが、当時伝来した本物のレイピアを参考に、見よう見まねで模造した“日本製”だ」
多角的な研究によって、水口レイピアの意外な事実が見えてきた。

◆新たな疑問を解いてみる
水口レイピアが「国産の模造品」だったとなると、新たな疑問が湧いてくる。
・誰が何のために作ったのか、あるいは鍛冶職人などに作らせたのか。
・モデルとなったレイピアは、どこから来たのか。
ここからは仮説を重ねることになってしまうが、歴史は謎を議論してこそ面白い。
【以下略】

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191115/K10012178361_1911151259_1911151357_01_10.jpg








2: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:29:11.85 ID:yYjX30MkO
ちょっと前に犬NKでやってたな
せっせと鉄砲コピーしてたぐらいだから不思議じゃない

6: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:30:49.02 ID:NZMFwkzk0
レイピア自体が実戦向きじゃないやん

22: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:39:52.05 ID:NCuABFtv0
>>6
あれは決闘用だからな。お互いに間合いだけの距離を取って対峙し、剣技と体術のみで闘う。
降伏するか足を使った移動を行うまで続けられ、我慢強すぎると命を落とす。生きていられても
上半身はもとより顔面も傷だらけ。それが歴戦の勇者の証でもあった。

11: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:33:55.47 ID:WEG1ciTw0
>>1
実戦に適さないって……
レイピアなんてそもそも半分飾りで、実際の戦争で乱暴にガリガリ使う目的で作られてないでしょ?

62: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 13:16:43.34 ID:kLQCL9A00
>>11
決闘で使うことがある。

そもそも実戦って言っても16世紀には既に火砲があるので、長剣での叩き合いみたいなことはほとんどないし、実際に剣で戦うのは軍と軍の戦いよりは個人間の争いな訳で、そこで役に立つかどうかが問題。

12: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:34:35.52 ID:xWN8AVUI0
日本で作られたレプリカやったんか

これには驚愕

20: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:39:09.66 ID:EAD+ijzx0
これどうやって持つんだ?

72: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 13:25:54.88 ID:uY2Icwvp0
>>20
片手でもって相手を刺す。

重い鎧を着ている相手にも金属板のつなぎ目の隙間を刺せれば致命傷を与えられるはずということで、スキーのストックのような小型の槍を両手で持って突き刺すということがなされていた。

しかし、火縄銃が実用化されると、鈍重な重い鎧を着た兵士は銃でやられるので、軽装になった。

で、両手持ちの突き刺す剣を片手で持てる小型軽量なものにして、飾りとかつけたのがレイピア。
基本的に護身用。

134: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 15:56:12.63 ID:xgqNH11W0
>>20
利き手で持って半身に構える
フェンシングはレイピアでの戦いを元にスポーツ化した物
ただし実戦でのレイピアでは空いている方の手にブロックダガーと言う短剣を持つ事も
受けに使ったり組み合った時に脇や背を刺すのに使う

135: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 15:59:52.91 ID:NZMFwkzk0
>>134
相手の武器種が限定され、かつ1vs1前提のものを実戦言われましても
バールのようなものを構えた相手にマインゴーシュでなにするの?

143: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 16:19:03.24 ID:IQ7DsXff0
>>135
マインゴーシュは相手の攻撃に当ててを逸らす為のものだよ
相手の獲物がレイピアでも刀でもバールでも
俗に言うソードブレイカーってのは受けて折る為の溝が付いた物
折れるのはレイピアの様な細い獲物だけだろうけど
溝に引っ掛かる獲物なら巻き技の要領で無効化し易いだろうけど

26: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:43:08.34 ID:pC70lycT0
使えませぬ、飾りかと

114: ペリカン文書 2019/11/19(火) 14:44:02.53 ID:gnlD0h9F0
>>26
シグルイ

31: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:46:12.70 ID:jvgs66uw0
実戦では使えないけどせっかく作ったんだから奉納って感じか
日本人のせっかくだから精神の賜物だな

81: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 13:33:25.98 ID:nZQBBnnA0
>>31
逆じゃね
奉納のために作ったから実戦むきじゃない

36: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:51:56.58 ID:JglbXifG0
レイピアはそもそもが、実戦で使うというよりは護身用、権威の象徴として常に持っておくものだからなあ
アラブ人の男が腰に差してるジャンビーヤみたいなもん

37: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 12:52:35.60 ID:CriM5yCQ0
折り返し鍛造してんならほぼ日本刀作成の技術で間違いないだろうな
普通のレイピアだって大した実戦性無いと思うんだが違うんかねこの書き方だと

84: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 13:34:37.99 ID:+sUSduPY0
>>37
甘い造りってのが何を指すのかがちょっとよくわからんのよね

73: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 13:26:14.23 ID:/4puHAmi0
400年前はホントなの?
40年前に近所の町工場のおっさんが趣味で作ったんじゃないの

113: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 14:41:52.93 ID:BwO/xgZ20
>>73
戦国時代なら外国人も来てたしレイピアが手に入ってもおかしくなかろう

200: 名無しさん@1周年 2019/11/19(火) 21:04:39.83 ID:xdQz43MG0
>>1
意外な事実で面白いな
年代測定とかはしてるんだろうか

引用元: ・【刀剣】400年前の洋剣”水口レイピア”謎解きを進めてみれば「ねじ留め構造」「折り返し鍛錬」 滋賀