1: ごまカンパチ ★ 2019/11/23(土) 13:11:06.16 ID:w45mUbJP9
 
福岡県行橋市長井の海岸砂丘地にある長井遺跡から、弥生時代の箱式石棺墓29基が出土したことが分かった。
2基から人骨の一部、1基からは副葬品の管玉が見つかった。
約180平方メートルの中に密集し、市歴史資料館は「北部九州でいち早く集団墓を作り始めたことが分かる重要な遺跡」とする。
14日は小田富士雄・福岡大名誉教授(86)が視察し「この辺りに石棺墓があることは分かっていたが、初めて実態を確認できた。興味深い」と語った。

市教育委員会などによると、遺跡は弥生前期ごろから終末期ごろとみられる。
石棺は長さ約70センチから約2メートル80センチと大小さまざまで、10個前後から数十個の石で四方や上部を囲んでいる。
人骨は頭蓋骨や大腿(だいたい)骨の一部が残っていた。棺の周辺では土器片が100点以上見つかっている。

(以下略) 

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00010013-nishinpc-sctch








4: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 13:13:47.30 ID:TYv4S+LZ0
いつか公開されるかな?楽しみ

11: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 14:12:19.31 ID:Bz/CS00V0
年代が知りたいな。

12: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 14:14:18.43 ID:Bz/CS00V0
三つに仕切りがあったからって拘ることじゃ無いだろうにな。
単に子供用なだけだわな。

16: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 15:01:57.57 ID:fne8PJ+j0
>>12
過去に類例のないものが見つかったのにこうに違いないと即断定するのは愚か

21: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 15:31:26.96 ID:6y7BdVSa0
桃の種とカエルの骨はまだか

27: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 16:44:10.52 ID:OcB2RSDi0
九州説論者は末期でないと困るけど
箱式石棺の導入は早かったと思うわ

38: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 19:14:28.60 ID:psARzfgz0
俺が調べた限りでは箱式石棺墓は縄文人が使っていた墓で関東地方に1番多く出土して
近畿以外の西日本地域でも良く出土すると書いてあったな

42: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 20:07:53.70 ID:psARzfgz0
近畿地方では箱式石棺墓も甕棺墓も出土しない、方形周溝墓のみ
関東地方は方形周溝墓と箱式石棺墓
九州地方は総ての種類の墓が見つかっている。

47: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 20:20:05.27 ID:S4601OF90
縄文時代は、むき身で穴に放り込んで土葬していたの?
石棺でも木棺でも、棺桶の起源っていつごろからなの?

49: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 20:44:37.05 ID:PlcSyNoe0
>>47
穴掘って埋めたり貝塚に捨てられていたり色々

48: 名無しさん@1周年 2019/11/23(土) 20:21:34.22 ID:WWptTgmx0
行橋あたりにそんなものがあるのは聞いていたが
歴史的や地理的にそんな形式の石棺を使う必要があったとすると
結構面白い背景が見つかるかもしれんね

引用元: ・【考古学】「重要な遺跡」弥生時代の箱式石棺墓29基 福岡の長井遺跡で出土 箱式石棺墓内に仕切り 新たな埋葬法か