41-kPFi1k-L (1)



1: 首都圏の虎 ★ 2020/01/06(月) 09:27:15.75 ID:teG/00wC9
日本の鎌倉時代に中国を支配していたモンゴル帝国(元)による日本侵攻は「元寇」と呼ばれる。1回目の侵攻は1274年の文永の役であり、2回目は1281年の弘安の役に当たるが、いずれも失敗に終わっている。

日本が元寇を退けることができた重要な要因の1つに「神風」が挙げられるが、中国メディアの捜狐はこのほど、中国の歴史上で唯一、日本を征服しようとした元による試みが失敗した理由について考察する記事を掲載し、「神風が日本を救ったのか、それとも元軍が愚かだったのか」と疑問を投げかけた。

(略)

「神風が元寇を退けたというのは語弊がある表現であり、元軍側のミスと日本側の激しい抵抗、そして暴風雨という3つの要素が重なった結果である」と主張した。(編集担当:村山健二)

全文は
http://news.searchina.net/id/1685690?page=1








4: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:29:12.83 ID:Zn/S2hYV0
ミスじゃないぞ
単に一度も橋頭堡を維持できなかっただけだぞ

822: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:52:15.14 ID:elh7P5Ek0
>>4
なんか日本側がとことん劣勢で、かろうじて台風に救われたみたいな印象で教えられるけど、実は日本側がの抵抗が頑強で橋頭保を確保できないうちに、暴風雨で元が撤退を余儀なくされたってことらしいな。

なんで、こう、変わってくるんだろうな。

866: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:56:21.12 ID:4y8bn9ST0
>>822
日本武将が
自分の名を叫ぶ→敵人呼ぶ→斬り合う

これだったの
だから初期上陸は劣勢は確か

882: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:58:19.03 ID:nlnyH99B0
>>866
それは教科書の影響で実際はそうではなかったというのが最近の定説
実際義経なんてそんな正攻な戦してないからおかしいとは思ってたけどな

977: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 11:07:23.53 ID:VHNsl5Y30
>>866
相手が寝静まってる時に夜襲かけたりしてるのに、そんな悠長なことしないって

6: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:29:29.59 ID:EobPaNfx0
遠征の難しさよ

8: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:30:04.70 ID:e5SO/wNw0
日本軍の抵抗なんて当たり前だろ
順調に進軍し日本側はつぎつぎに撃破されたが、唯一つ、神風によって逃げていったなんて説はねぇぞ

40: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:37:34.93 ID:+w5X5bNR0
>>8
そらそうだ
陸に上がって拠点を確保してしまえば、台風に遭おうが大した被害にはならない
そうならなかったのは拠点を確保できなかったから

18: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:32:53.10 ID:wlnsqWW30
20万って関ヶ原の東西両軍に匹敵する人数じゃん
それに一月抵抗出来たって本当なの?w

24: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:34:16.72 ID:yb5ay1QR0
>>18
蒙漢軍と高麗軍と遅れた江南軍合わせても14、5万
20万は多いな

23: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:34:10.26 ID:YHeAMV+O0
醍醐天皇が心を込めて「敵國降伏」と筆で書いた御蔭

31: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:36:24.81 ID:mHiH61990
造船、操船技術のノウハウがなかったからだよ。
遊牧民族で馬上戦闘のプロとして大陸は席巻したけど。
日本遠征の船は朝鮮人に作らせて操船もさせてたものだからね。
専門外の技術に頼らざるを得なかった島国かつ荒れる日本海という
日本の地の利が生きただけ。勇猛果敢なモンゴル人も馬に乗ってなきゃただの人だ。

240: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:01:21.35 ID:Ws3aGz400
>>31
当時の朝鮮人にまともな船なんて造れなかっただろう。
朝鮮人は昔から海が苦手。

265: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:03:54.27 ID:GBXDphwC0
>>240
外洋船の技術がなかった
だから河川用の船や、沿岸用の船しか用意できず、外海用の船はなかった

南宋の方は技術あったんだけど降伏が最近だったので用意できなかった

446: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:19:45.07 ID:Tkzb5+xR0
>>265
外海用の船はあったよ
だから日本まで来てるわけで

ただ、船は攻撃を警戒して寄り集まっていたため、荒天で船同士の衝突が起きて損傷、浸水して沈んだ
1隻だけが浮かんでる状況なら台風に耐えられても、他の船と衝突したら流石に壊れる

43: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:37:49.99 ID:PqFmX1KF0
高麗は度重なる元軍の侵攻に取った取られたを長年繰り返していて決して練度が低いわけがないはずなんだけどな
地の利は完全に日本側にあったし、元軍が本気で日本を武力で制圧する気があったのか疑問
少なすぎる、交渉で従属させる気だったか?

84: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:42:57.79 ID:+w5X5bNR0
>>43
ほぼ皆殺しにしてごく少数残した被害者を侵攻先に送り込み、被害の甚大さを伝えてビビらせて降伏させる
西方へ侵攻した時よく使った手を対馬壱岐でも使っただけ

誤算は侵攻先が気位の高い戦闘狂揃いかつ海の民だったので、西方で通用したプロパガンダが逆効果だった事

135: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:49:14.22 ID:RijD9C0V0
>>84
元は敗北してそれを逆に日本でやられた。
日本で捕まった捕虜は唐とだけは交流があったので 殺さずにあとは全部皆殺した。
大量虐殺レベル。 あの当時の日本は戦国時代の武将にも凶暴であった 。
元も裸足で逃げ出すぐらい。

148: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:50:35.27 ID:yb5ay1QR0
>>135
南宋ね
でも元の記録だとなんか日本は彼らを唐人と呼んだらしいな

50: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:38:40.70 ID:AsvhWfrx0
元寇の9割は朝鮮人

85: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:42:58.59 ID:yb5ay1QR0
>>50
そこまで多くない
総合すると最も多いのは江南軍十万だろうしし
ただ南宋征服は一回目の文永の役後だから弘安の役からの参加で、しかも合流が遅れて先に蒙・漢・高麗軍が武士団との戦闘に入ってやっと江南軍もきた合流したと思ったら台風にやられてさらに将軍が残った船に乗って兵士は見捨てられたという悲惨っぷり

61: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:39:51.52 ID:/d/+Wb6n0
橋頭堡も築けない状況で20万もの大軍の兵站線が1ヶ月も維持できるのか?

66: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:40:25.42 ID:dtZpbj6p0
いかに大軍でも揚陸戦というのは難しい
しかも海の中道のような狭いところでは展開できない
博多湾を封鎖して入れんようにしたのも効いている

110: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:46:11.28 ID:x0P582js0
>>66
近代的な軍隊でも完全防衛された場所への揚陸戦はしんどいからな
要するに自ら退路がない状態で完全防衛のところに突っ込むというかなり無謀な作戦だもの(例:ノルマンディー上陸作戦)
まぁアメリカさんは沖縄戦では艦砲射撃&空爆で拠点ごと更地にして対応したがね…

190: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:55:52.47 ID:mHiH61990
>>110
揚陸戦の難しさが全く分かってなかったということだね。
相手が組織的な防御網を築いていないような僻地ならもちろん別だが日本は戦にかけてはノウハウが蓄積されていたから到底無理だったんだよ。
本質的に無謀な作戦の当然の失敗というそれだけの事象なのにそれなんとかがこうしたとかああしたとか瑣末なことで理由付けしようとするのは危険極まりない発想だ。ただ単に「無理筋だった」というだけ。

ちなみに昔から半ば神話化されてる戦の「大勝利」の類も緻密な研究、考証が
進むと外的要因が大きかったというのが大多数なんだよ。日本の有名なあれとかもね。

454: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:20:27.82 ID:+0aORr3S0
>>190
日本侵攻だけでなく、同じ「揚陸戦」のベトナムとジャワ島でも失敗してるからね。
まあ、ジャワ島のは半分モンゴル人が騙されたっていうか、詐欺にあったようなもんだけど。

88: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:43:10.91 ID:gX+pSU5m0
辺境地での戦いは難しいものよ
ベトナム陳朝しかりマムルーク朝しかり

93: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:43:50.41 ID:lvJwIJzK0
一時的に九州北部は占領できても 結局、維持はできなかったと思う。
まして細長い本州を延々行くとか無理だわ

96: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:43:56.35 ID:RHAmtruO0
神風と言うより 
海だな海があるおかげ 
あと武士 

233: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:00:50.35 ID:6FaqPEQE0
>>96
平安時代だったら確実に負けてたな。そもそも平安時代って謎だわ、勝手に荘園作って農奴化して遊び呆けて。よく西日本を平定出来てたと思う。

266: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 10:04:04.49 ID:MyNqw/o30
>>233
36回にわたる新羅の来寇を完全防衛しきってるんだが
刀伊の入寇も防いだぞ道長との対立で有名な伊周の弟の隆家が

109: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:46:02.23 ID:1DfLda2L0
モンゴルと日本との国土の違いが一番かな。勝手知ってる方が、普通は強い
騎馬とか機車とか、地盤が軟弱な日本の浜では、役立たず

118: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:46:51.09 ID:V8ton+l00
河野通有と河野水軍。

かっこよく書かれている書物もあるけど真夜中に沖に停泊していた元軍の船にふんどしに刀挿してスィ~と泳いで近づいて忍び寄り首を刈ってた。

水軍っていうが実際は海賊みたいなもんだったとか。

137: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:49:17.39 ID:yb5ay1QR0
>>118
ってか昔は水軍と海賊、それに海の商人の境が曖昧なんだよな
二足三足の草鞋を履くこともあるあるだし

122: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:47:29.66 ID:Fg6RMhaU0
日本は次男坊や下級武士が土地をもらうために必死だったとか

126: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:47:58.03 ID:ipspmc3h0
元寇であまりに日本側が有利に勝ちすぎてこのままじゃ褒賞金貰えても少ないな・・・
せや!大袈裟に上に報告したろ!
見たいなのを前になんかで見た気がする

158: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:52:02.92 ID:cTRdz5mk0
仮に九州の一部を制圧できたとしても
どこまで行っても山ばかりの日本じゃ困っただろな

169: 名無しさん@1周年 2020/01/06(月) 09:53:38.80 ID:tDeHuGRL0
地図もない時代に、敵軍が健在な土地に上陸して橋頭堡を築いて維持するとか、簡単な
ことじゃないだろう。

引用元: ・【歴史】「元寇」はなぜ失敗した? 神風が日本を救ったのか、それとも元軍が愚かだったのか=中国



蒙古襲来と神風 - 中世の対外戦争の真実 (中公新書)
服部 英雄
中央公論新社
売り上げランキング: 104,224