1: ばーど ★ 2020/01/15(水) 15:04:15.12 ID:kUPzPJDf9
前半生が謎とされる戦国武将明智光秀の出生地について、滋賀県多賀町中央部の「佐目」と明記した1672(寛文12)年編さんの古文書「江侍聞伝録(ごうじもんでんろく)(禄)」が、県立図書館(大津市)で確認された。同様の記述は、同一著者とみられる貞享年間(1684~88年)の「淡海温故録(おうみおんころく)」にもあるが、江侍聞伝録はそれより古く、調査をした県教育委員会の専門家は「成立年代がはっきり分かり、光秀の出生地を記した最も古い史料」と指摘している。

著者は木村重要(生没年不詳)で、佐目から十数キロ南西部に位置する近江国神崎郡(現在の滋賀県彦根、東近江市辺り)の人物とみられるという。江侍聞伝録は全2冊で、中世の近江国の土豪・地頭の家系を地域ごとに記している。
 
自筆とみられ、1冊目に、明智十左衛門という侍が濃州(美濃国)から佐目の里に逃れて来て2、3代が住み、出生年は不明ながら「光秀」が生まれたと書かれている。信仰すれば千人を従える大将になれるという大黒天を、千人では物足りないと捨てた野心家の一面をうかがわせるエピソードもある。その後に完成した温故録のベースになったとみられ、織田信長を討った本能寺の変(1582年)後、豊臣秀吉と戦った山崎の戦いで多くの近江の人々の加勢を得られた理由については、「江州生国」(近江で生まれた)とする。
 
(以下略)

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00223555-kyt-l25
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200115-00223555-kyt-000-view.jpg








4: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:06:29.57 ID:4JLLEzKg0
なんかいつも大河ドラマに合わせて発見があるよな

36: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:27:14.89 ID:5iDSBLjo0
>>4
こういう時じゃないと調べる予算が出ないんでない?

162: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 22:20:03.39 ID:Bf0RuXx80
>>4
その方がマスコミが取り上げやすい
普段だと地方紙の隅っこで終わる

15: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:14:36.38 ID:wHv0IgRH0
滋賀だと三成明智の2大嫌われ武将の聖地で地元も困惑しねぇかな

32: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:24:58.41 ID:ioJAS3QD0
>>15
出生がどうあれ
明智光秀の本拠地が坂本=滋賀大津市なのは既知の事実だから
困惑はしないよ

76: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:54:05.59 ID:ml7sTEhP0
>>15
三成嫌われてないし地元では愛されてる
こないだやってた好きな武将10位だし

古いのでは?

180: 名無しさん@1周年 2020/01/16(木) 05:22:28.86 ID:6hqfRdvq0
>>76
領民にとっては、大変いい殿様だったようだな。
これは明智光秀もそうだったようだが。

18: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:17:06.76 ID:QqfW914M0
滋賀と岐阜って何気に歴史の宝庫だよなぁ

26: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:21:14.25 ID:6UxG349U0
>>18 
滋賀はともかく、岐阜の歴史が全国的な注目を受けるのは、ほとんど戦国オンリーになっちゃうけどな。

ただ、戦国人気が高いから、注目度が高くなってしまう。

19: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:17:06.87 ID:kUtqy4Zp0
>>1
1672(寛文12)年編さんの古文書「江侍聞伝録(ごうじもんでんろく)

光秀の死の90年後の古文書か。

21: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:18:14.63 ID:2N3APeRA0
NHKのニュースでは、光秀は医者だったという説もでてきて
早速大河の時代考証がおかしいことになってる

24: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:20:28.64 ID:xGexi0r70
>>21
大河は医者説でやるんだろ?

25: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:20:29.85 ID:uP2ys0Vy0
何人か居た説

73: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 15:47:07.26 ID:kV2hfF750
>>1
>信仰すれば千人を従える大将になれるという
>大黒天を、千人では物足りないと捨てた野心家の
>一面をうかがわせるエピソードもある。
こういう罰当たりな事したから
あんな最期になる訳か

94: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 16:09:09.04 ID:XK8/BlmN0
この手の文書は自治体や大学の図書館に寄託されたままで整理されていない。それを偶然学芸員や研究者が資料探してる途中で見つけると「新発見」になる。

113: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:08:46.69 ID:F9rXnMUq0
本能寺の変の数ヶ月前に信長に仕えて自分は幸せだという書状も見つかってるから長年の恨み説は否定されてるんだよな。
本能寺の変の直前に何があったのかが謎。

115: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:14:05.58 ID:1/Py4VBT0
重臣なのにどこの出身かもわからないなんて、適当だなあ

128: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:29:24.82 ID:n++qTDgz0
父親の名も確定できない奴が、
名ばかり実権がない存在とはいえ足利将軍のそば近くに仕えていたというのも
変な話だよな。
土岐氏のそこそこ直系に近い血が流れてないとありえない話だとは思うのだけど。

160: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 21:11:48.36 ID:VYkxwfKN0
>>128
>名ばかり実権がない存在とはいえ足利将軍

になる前の話だから
兄将軍が暗殺されて自分も殺されるのは嫌じゃーと越前に逃亡した将軍家の血筋という立ち位置の頃
しかもそのころ側に仕えていたというのは大げさで、配下のリストの最下層の中に名前がギリギリあるレベル

178: 名無しさん@1周年 2020/01/16(木) 04:40:57.22 ID:eNu5mG2F0
>>128
元々細川藤孝家に仕えた居た中間だと言われているからな光秀は。
明智家は数代前に美濃から流れ着いて来た家だとも言われている。
三好と松永に義輝を攻め殺されて領地を失った藤孝が義昭を担ぎ出し信長に助力を求める使者として赴いて家臣になったってのが始まりらしい。
藤孝が光秀に味方しなかった訳だわ、光秀って野心家で間違いないわ。

130: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:30:38.06 ID:wHv0IgRH0
光秀は浪人時代というか転々としてた関係でよく分からん時期が多いのは確か
史上稀に見るうっかりさん

135: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:36:46.15 ID:ZXkXGeMR0
明智荘とはなんの関係もないのか?

145: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 17:56:52.57 ID:G/vQunAb0
こういう時は、えてして岐阜でも滋賀でもない所

148: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 18:10:27.08 ID:vMR1w64W0
近江でも美濃でも、本貫は美濃で土岐の支流って大筋は変わらないのな。
これならどっちを採用してもあまり影響がなさそう。

154: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 20:27:51.62 ID:6si05RXm0
土岐氏の出かどうかも怪しいんだろ

165: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 23:35:03.84 ID:jdLGYGQ60
不明だった光秀の前半生もようやく色々繋がってきたね

わかってるだけでも
・祖父の代に美濃から流れてきた近江出身者
・足利将軍家に足軽として仕官していた
・近江田中城籠城戦に医師として参加していた

167: 名無しさん@1周年 2020/01/15(水) 23:43:18.66 ID:ZAe3YiV00
>>165
ほとんどがあくまで後世にそう書かれた史料もある程度であって判明したとは到底言い難いぞ

193: 名無しさん@1周年 2020/01/16(木) 10:27:43.60 ID:3iaiaese0
柴田勝家だって父親の名前すらあやふや

引用元: ・【戦国武将】前半生が謎…明智光秀出生地に新説、岐阜でなく滋賀?新たな古文書発見