41UNfQ6DC9L



1: 名無し 03/06/07 11:35
ローマ帝国はどうなっていたのか詳しく考えてくれ








3: 世界@名無史さん 03/06/07 16:58
どうもならない。
カエサルがエジプト侵略を断行し、エジプトの滅亡が実際より少し早まるだけ。
「紀元前30年プトレマイオス朝エジプト滅亡」
この「30」という二桁の数字が、少し変わるだけのこと。
パスカルが言ったような「世界史の1頁が大きく変わる」ようなことにはならない。
アラビア数字2文字が変わるだけ。


4: 世界@名無史さん 03/06/07 17:11
つーか高かったのか?

6: 世界@名無史さん 03/06/07 18:00
彼女はじつはあまり美人ではなく、それぞれ異なる外国語をいくつも話せる秀才で知的ではあり、顔よりも「お香」や「話のうまさ」や「雰囲気作り」のうまさで男にもてていたという。

こういったクレオパトラはあまり美人でなかったという説は本当?

7: 世界@名無史さん 03/06/07 18:28
クレオパトラがブスだったら、という仮定は、カエサルよりもアントニウスを相手に考えた方が意味があると思う。

10: 世界@名無史さん 03/06/09 00:38
美人説を最初に唱えたのは、たぶんディオン・カッシオス。
彼女の死から200年後くらい。
美人説は信憑性が薄いが、個人的には超美人と思いたい。

14: 世界@名無史さん 03/06/20 22:50
というか欧米では「鼻が高い」ってのは褒め言葉じゃないらしいのだが。
でもこれ言ったのってパスカルだよな。

15: ぼっぱると 03/06/24 06:35
正確には「低い」ではなく「短い」だか「小さい」だかだ、と読んだことがある。
欧米の場合、日本人みたいに鼻を高い低いで評価しないとも。

16: 世界@名無史さん 03/06/24 07:31
たしかに原文はLe nez de Cléopatre: s'il eût été plus court, toute la face de la terre aurait changé.というのだが、nez courtといえばやはり「低い鼻」の意味である。
文字通りには訳さないのが普通。
参考クレオパトラの鼻がもう少し低かったら...


18: 世界@名無史さん 03/07/07 23:30
低いとも短いとも言える鼻って、研ナオコみたいな鼻かな。
クレオパトラの鼻が研ナオコの鼻だったら、確かに地表のすべては変わってたかも。

20: 世界@名無史さん 03/07/16 22:53
>>18
変わらない。
たとえカエサルやアントニウスがクレオパトラに惚れなかったとしても、歴史はほとんど変わらない。
カエサルがエジプト侵略を断行し、エジプトの滅亡が実際より少し早まるだけ。
「紀元前30年プトレマイオス朝エジプト滅亡」
この「30」という二桁の数字が、少し変わるだけのこと。
パスカルが言ったような「世界史の1頁が大きく変わる」ようなことにはならない。
アラビア数字2文字が変わるだけ。

23: 世界@名無史さん 03/08/10 13:13
ローマ帝国は、クレオパトラ以前からプトレマイオス朝エジプトを属州化する気まんまんだったんですかね?
少なくとも表層的には、アウグストゥス(オクタヴィアヌス)によるアントニウス退治の口実として血祭りに挙げられたように見えるんだが・・・・・・・・・・・・。

40: 世界@名無史さん 04/02/23 16:53
>>23
当時のエジプトは世界有数の穀倉地帯。商業帝国ローマの胃袋は結局エジプトに依存しつづけた。なにしろ土地あたり生産力で当時のエジプトはイタリアの15~40倍だったというから話にならない。
ようするにローマ帝国があの版図を維持するにはエジプトが不可欠なんだから、当然エジプトはいずれ攻撃すれただろう。

33: 世界@名無史さん 04/02/01 01:30
クレオパトラの鼻が低かったら、アントニウスは彼女に対して、鼻以外の美点を見いだそうとしただろう。
だって惚れちゃったんだから。





という意味のことを芥川龍之介が書いていた。

37: 世界@名無史さん 04/02/04 22:16
本当に鼻が高かったのか?
名前は忘れたけど、古代文献には、器量はそれほどでもなかったが、頭が良くて話が上手だったと書いてあった気がする。

41: 世界@名無史さん 04/02/23 19:28
>>37
オクタヴィアヌスの姉の方が美しかったとも聞いたな。
まあ、歴史にその名を残す女王は、美しくなければサマにならないわけで。
武則天もそんなには美しくは無かった、と聞いたよ。
後宮に入れる程度には美しかったわけだが、後宮の中で抜きん出て美しかった、というわけではなかったって。

38: ( ^▽^) 04/02/04 22:26
パスカルは、クレオパトラの鼻がもう少し低ければ、具体的には歴史がどう変わったと推測したの?

関係ないけど、もしもピラトが過ぎ越し祭りの恩赦に、バラバでなくイエスを助命していたら、イエスも十字架で死なず、ただの笑い者として寂しく天寿を全うし。キリスト教も存在しなかっただろうなーと。

43: 世界@名無史さん 04/03/16 16:35
高いとかは日本の誤訳で長いとか短いが正しいと何かで聞いたが…

54: 世界@名無史さん 04/06/10 09:08
クレオパトラが美人だって話、どこにも書いてないんだって? パスカルがこう言い出したのが最初と読んだ記憶がある。それよりもギリシャ人のクレオパトラがどうしてエジプトの女王になるのかこれが分らん。

55: 世界@名無史さん 04/06/10 09:47
>>54
マケドニア人アレクサンダーの帝国の部将プトレマイオスの子孫

56: 世界@名無史さん 04/06/10 10:16
>>55の言うようにプトレマイオス朝エジプトは少数ギリシア人による多数エジプト人の支配。その支配階層属していたクレオパトラ7世はもちろんギリシア人。 

もしもクレオパトラの鼻が低かったらじゃなくて、もしもクレオパトラがエジプト人だったら歴史は変わっていたかもしれない。

68: 世界@名無史さん 05/02/10 12:02:32 0
プトレマイオス王朝代々の王・女王と違い、エジプト語が喋れることで直接国民相手に話しかけてその支持を取り付けられたという話もあったな。
衣装もマケドニア風ではなくエジプト風にしていたとか。

72: 世界@名無史さん 2005/03/27(日) 06:54:12 0
エジプトの科学力(?)でたいへん若さを保っていたらしい
・・・と某番組では言っていた(信憑性は知らんが)。
では、「トシで容色が衰えていたから誘惑が効かなかった」説は説得力が無くなる。

89: 世界@名無史さん 2005/06/01(水) 02:43:11 0
たぶん俺も>>80と同じ番組を見た。

何でも金糸を肌に縫いこむらしい、
ロシアでその技術を使って若さを保っている20代後半に見える中年女性が出てた。

ただ相手がロシアなので信用は・・

74: 世界@名無史さん 2005/04/06(水) 03:11:44 0
クエオパトラの鼻が低かったらってのは、アントニウスがクレオパトラたん萌えしなくて反乱しなかったらってことなのかな。
時代は大して変わらなかったんじゃないかな。
330px-Kleopatra-VII.-Altes-Museum-Berlin1

75: 世界@名無史さん 2005/04/09(土) 19:08:42 0
「ベルリンの至宝」展にクレオパトラ像が出ている。
彼女の像としてはきれいなほうだがやはり鷲鼻気味で口元がいかつい。

78: 世界@名無史さん 2005/04/10(日) 06:09:53 0
>>75
像を見る限りクレオパトラのルックスはそんなにいいのという感じですね
クレオパトラが二人の王に愛されたのは、美貌ではなく、その雰囲気や言葉遣い、性格といった要素ではないかといわれています

よってクレオパトラの鼻が低くても、彼女の魅力は変わらず歴史も変わらず

82: 世界@名無史さん 2005/04/12(火) 15:59:01 0
角川から出た小説「クレオパオトラ」では、「美貌」ではなくて雰囲気やおしゃれ込みでの美しさとして描いていた、
これは妥当なセンだろう。

83: 世界@名無史さん 2005/04/27(水) 02:10:19 0
鼻が多少高かろうと低かろうと、クレオパトラは人心を収攬するのに天才的な才能を持っていた。

プトレマイオス王家はギリシャ語を用いていたらしいのに、エジプト語を話し、エジプト風の衣装をまとってエジプト人の人心をつかみ、贈物の絨毯の中に隠れてカエサルの前に現れるとかいった、並外れた自己演出力。

オクタヴィアヌスがローマで散々「ナイルの魔女」の悪評を聞いていたのでなかったら彼も籠絡されていたかもしれない。

引用元: ・もしもクレオパトラの鼻が低かったら



クレオパトラ
クレオパトラ
posted with amazlet at 20.02.12
ステイシー シフ
早川書房
売り上げランキング: 480,068