512fCXn45NL



1: 日本@名無史さん 2010/09/19(日) 19:17:56
坂本龍馬、中岡慎太郎、板垣退助、幸徳秋水、岩崎弥太郎、武市半平太など高知は偉人の宝庫








2: 日本@名無史さん 2010/09/19(日) 19:42:36
幕末やないけど、長曽我部元親や吉田茂も偉人だ。

10: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 01:06:20
>>2
吉田茂って高知出身なんだ?
初めて知った

11: 日本@名無史さん 2010/09/20(月) 16:18:20
>>10
親が高知出身なだけで本人は横浜

15: 日本@名無史さん 2010/09/21(火) 23:55:15
>>11
そうなのか

親は何がきっかけで横浜に出てきたんだろう

4: 日本@名無史さん 2010/09/19(日) 20:07:19
薩摩、長州、土佐は偉人多いよ、地味だが肥前も侮れない。

5: 日本@名無史さん 2010/09/19(日) 21:08:22
高知といえば浜口雄幸だろ

16: 日本@名無史さん 2010/09/22(水) 23:31:52
中江兆民、植木枝盛、幸徳秋水などは、天皇主義者からみれば、偉人どころか反逆者だろ。

18: 日本@名無史さん 2010/09/23(木) 23:14:42
やっぱ、進駐軍に押さえつけられていたからじゃないか。
天下をひっくり返すチャンスだと思ったんじゃないか。

19: 日本@名無史さん 2010/09/24(金) 07:31:00
でも板垣や後藤のように上士からも人材は出ているネ

20: 日本@名無史さん 2010/09/24(金) 14:16:07
山内容堂、板垣退助、土方久元、後藤象二郎、吉田東洋はかなり実力のあった偉人だな
国を変えるために真剣に議論したし、上士下士など意見が違うものはいれどもその意見はすべて幕藩体制から合議制民主主義へと直結する国体の変化を望んでいた。今の政治家とはまるでレベルが違うよ

22: 日本@名無史さん 2010/09/25(土) 04:54:50
>>20
土佐派が民選議院設立に動いたのは民主主義のためではないぞ
薩長主導の政府内で主流派になれなかったからだ
だから議会を設立しそこへ自派の勢力を多数送り込んで主導権を握りたいというのが目的

その証拠に選挙の度に自派の運動員(ヤクザや書生)に火縄銃や刀を持たせ投票所に行かせていり
投票所にやってきた投票者を武器で「分かってるな?」と脅し自派に投票させようとしていた
自由党と進歩党の候補が競う選挙区では運動員同士の銃撃戦や刀争が起き警察が仲裁に入る事件が何件も起きている

21: 名無し募集中。。。 2010/09/25(土) 03:39:31
直どんこと金子直吉もおるな
200px-Kaneko_Naokichi


金子 直吉(かねこ なおきち、慶応2年6月13日(1866年7月24日) - 昭和19年(1944年)2月27日)は、日本の実業家。丁稚奉公から身を起こし、鈴木商店の「大番頭」として大正時代には三井財閥、住友財閥、三菱財閥をしのぐ規模の企業グループに拡大させ財界のナポレオンともいわれた。


24: 日本@名無史さん 2010/09/25(土) 15:24:16
>>1
権力のドーナツ化現象かもしれない。中央の京都ではお互い殺し合いしたので優秀な人材がいなくなりやがてドーナツの輪が薩長土肥という僻地まで到達したのではないか?天皇をうんだ田布施町も山口県の陸の孤島(僻地だし)
そんなこといったら戦国時代に京都に近い浅井家がなぜ天下とれなかったかというと京都に近すぎて無茶苦茶政治利用されてもみくちゃにされぐちゃぐちゃの戦に巻き込まれたからでは? 

25: 日本@名無史さん 2010/09/25(土) 15:38:48
水戸藩のように内部テロが激しすぎて明治時代まで生き残った人間が皆無だという凄い藩があるしなあ。
土佐藩の特に下級武士団って内部テロみたいな間抜けな行為が少なかったんじゃないの?
武市瑞山なんかは内部テロの死者だろうけど全滅する水戸藩って異常だ。100年後に群馬県の山の中で連合赤軍がすっかり似た様な内部テロで崩壊したのも何かの縁。

28: 第二の静岡県 愛のエメラルド 2010/10/03(日) 21:59:44
静岡県民の血が入ることによって土佐の血が活性化しました。
藩士は静岡県。郷士は土佐土着民。

29: 日本@名無史さん 2010/10/11(月) 19:49:18
>>28
確かに幕末の時点で土佐人は高知と静岡の混血になってたからな。てことは俺にも静岡のDNAが入ってるかも。

39: 日本@名無史さん 2010/11/02(火) 17:19:30
>>29
静岡県民だけど高知県民に親近感沸いたわ

95: 日本@名無史さん 2011/12/02(金) 22:16:43.89
>>28>>29>>39
山内家はもともとは静岡じゃないから、
掛川時代に新規現地採用した一部の人間を除いてはたぶんほとんど別のところの人(尾張・美濃・近江あたり?)だろう。

ちなみに上士(山内)と郷士(長宗我部)がいがみあってたイメージがあるが、武市に暗殺された幕末の参政・吉田東洋は長宗我部家臣の家柄なんだねえ。
吉田東洋の義理の甥・後藤象二郎も長宗我部系ともいえるな。

96: 日本@名無史さん 2011/12/02(金) 23:15:49.84
>>95
吉田は山内と縁戚でもあるからな
武市らと交流し、坂本中岡暗殺後に駆け付けた上士の谷干城も長曽我部の重臣の子孫だな
谷は西南戦争の熊本城で薩摩士族を退ける訳だから、
ある意味300年越しで島津に報いたとも言えるw

36: 日本@名無史さん 2010/10/17(日) 23:15:50
中江兆民
植木枝盛
小野梓
馬場辰猪

明治の民権思想家も土佐出身者が多いよ

37: 日本@名無史さん 2010/10/20(水) 18:54:03
新政府ができるまでは吉田松蔭の影響で長州に明晰な理想の将来展望を持つ者が多かったが
薩摩長州閥政府ができるとやっかみも手伝って土佐から民権運動に走る人多かったね
板垣退助は格好つけのポーズかもしれんが華族制度は批判したのは偉い

38: 日本@名無史さん 2010/10/20(水) 23:21:59
板垣らは土佐藩内で農民や商人も参加できる藩内議会を作ったからねえ
廃藩置県後の独自の地方議会(土佐州会)では普通選挙を採用した

45: 日本@名無史さん 2010/12/01(水) 22:53:51
高知って森林面積日本一なんだな

76: 日本@名無史さん 2011/02/01(火) 05:08:28
>>45
森林『率』だ。
さすがに単純な森林面積は都道府県の面積が広いとこにはかなわない。
当然、可住地率は最低な。

84: 日本@名無史さん 2011/03/03(木) 21:55:48.32
>>45
山地率も日本一
山国日本ということもあるが、高知はなんと約90%が山地です。
平地だって言えるとこなんて高知市や南国市の中心街くらいだよ

雨も1~3位の常連。晴天の日もトップあたりの常連。
風は強いか無風か、雨だって降れば強いのばかりの極端な気候w

昔は一般人にとっては四国山脈によって外との関係が絶たれているようなもんだし
独特ななんかがあるのかもね。そういや高知人は話してるとすぐ分かるな

50: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 01:10:00
シンガポールを陥落させたマレーの虎
山下奉文陸軍大将

51: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 01:17:27
婦人参政権も高知が最初かな

楠瀬 喜多(くすのせ きた、天保7年9月9日〈1836年10月18日〉 - 大正9年〈1920年〉10月18日)は日本の婦人運動家。

高知県(当時の土佐藩)生まれ。戸主として納税しているにもかかわらず、1878年の高知県区会議員選挙では女性であることを理由に投票が認められなかった。当時の府県会規則には「選挙資格は、満20歳以上の男子で、その郡区内に本籍を定め、地租5円以上を納める者(同法第14条)」と定められていたものの、府県会の下部組織である区町村会については郡区町村編制法に全国的な統一基準が設けられていなかったためである。

これに対し、楠瀬は女性であるだけで選挙権が認められないことに抗議して税金を滞納したところ、高知県から督促状が届いたため、「納税しているのに、女だからという理由で投票できないのはおかしい。権利と義務は両立するはず。投票できないなら税金も納めない。」とする抗議文を高知県庁へ提出した。だが高知県側が楠瀬の要求の受け入れを拒否したため、楠瀬は内務省にまで意見書を提出した。

結果的にこの選挙での投票はかなわなかったものの、1880年9月20日に政府より区町村会法が発布され、区町村会選挙規則制定権が各区町村会で認められた。これにより、上町町議会では日本で初めて、戸主に限って女性参政権が正式に認められるに至った。


52: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 02:46:44
高知から有力な政治家や軍人が出たのは日本史上でも幕末~明治期限定だよね。
その後はパッタリなんじゃないの?

53: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 02:50:06
>>52
吉田茂

57: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 18:39:16
片岡直輝 直温兄弟


59: 日本@名無史さん 2010/12/19(日) 23:57:30
土佐は流刑地だったので反骨精神の輩が集まったという説がある

60: 日本@名無史さん 2010/12/20(月) 00:51:05
反骨精神は
進駐軍vs土着民な上士下士関係のせいでないかい

63: 日本@名無史さん 2010/12/20(月) 23:29:01
今より交通、情報が遥かに届きにくい時代の土佐でよく時代についていったな

67: 日本@名無史さん 2010/12/21(火) 21:38:31
>>63
西日本は陸路だけでなくて船便があったからな。東日本より情報流通は早かっただろう。

64: 日本@名無史さん 2010/12/21(火) 00:17:02
山内容堂、ジョン万次郎、武市半平太、坂本龍馬、自由民権運動グループ…
見事にバラバラだが無駄にやる気だけはありそうな面子だ

69: 日本@名無史さん 2010/12/23(木) 09:44:23
江戸後期だと、お茶運び人形で有名な機巧圖彙(きこうずい)を書いた、からくり半蔵がいる
以外と土佐にも技術者?が居た

79: おてんば私立学院総長 ◆gqBBZUnUPk 2011/02/04(金) 07:21:05
お、そうそう。

南村梅軒(なむら ばいけん)や谷時中(たに じちゅう)らの「土佐南学」が存在したように、やはり徳川時代を通して、土佐では反徳川の思想が伏線的に存在しておったようで。

ちなみに高知市薊野(あぞうの)には「掛川神社」があって、こちらは無論のこと山内を支える側の神社であった。

81: 日本@名無史さん 2011/02/06(日) 12:37:26
薩摩長州は作家芸術家を排出してるけど土佐はその方面に人材が出てないね
・薩摩 黒田清輝、藤島武二、和田英作、東郷青児、有島武郎、海音寺潮五郎
・長州 狩野芳崖、松本清張、国木田独歩、宇野千代、金子みすず、中原中也、種田山頭火 
・土佐 三浦朱門、安岡章太郎

91: 日本@名無史さん 2011/05/15(日) 13:24:52.77
>>81
高知出身の寺田寅彦が抜けているな

106: 日本@名無史さん 2012/01/09(月) 00:14:00.06
幕末あんまり詳しくないけど
知名度、人気面で坂本龍馬が飛びぬけすぎてて他が相対的に小粒に見えるよね
薩長同盟の裏書きを龍馬ではなく中岡慎太郎が書いてたら違った結果になってたかもって書いてた人いたな 

109: 日本@名無史さん 2012/03/09(金) 19:30:55.75
土佐で明治期に出世した家といえば、岩村家だろ。縁戚関係が豪華。
吉田茂と小松製作所の兄弟も出してるし。  

111: 日本@名無史さん 2012/03/09(金) 22:11:23.96
高知代表は板垣退助だと思いますよ。

なんで受験生や一般の人が戦国・幕末だけに興味を示すのか分かりません。
自由民権のころが一番ダイナミックだと思うけど。
中江兆民とか。

114: 日本@名無史さん 2012/06/18(月) 06:39:37.15
優秀な人が暇だったからだよ
普通の国は優秀な人には仕事があるからね

115: 日本@名無史さん 2012/06/19(火) 12:39:50.18
>>114
別に暇ではないだろ
幕末~明治の偉人はほとんど武士階級の藩士出身なんだから

116: 日本@名無史さん 2012/06/21(木) 09:19:49.56
郷士ごとき百姓を、武士階級の内に混ぜるでない!

123: 日本@名無史さん 2012/09/23(日) 00:43:22.99
西日本の藩ほど教育や留学に力を入れてたところ多いからでない?薩摩に限らず密貿易とか
やりまくりだったのでカネがある藩も多かった。ただし高知は密貿易なんかしてた形跡が無い。

125: 日本@名無史さん 2012/12/05(水) 21:54:25.15
安岡章太郎が、著書とかで言ってるんだが、高知と言う土地は、厳しい荒波と、険しい山々に囲まれた独特の土地だそうで、竜馬は海洋的、中岡は山岳的と言った感じのことを言っていた。
上記の自然的条件とか、上士、下士というカーストが独特の人間味と、向学心なんかを生んだんじゃないか?
後みんな知ってると思うけど、土州の志士というのは、他国の志士と違って、藩の保護をほとんど受けてないらしいし、弾圧の対象にもなった。
どうも特別なんだろなここは…

引用元: ・何故幕末から明治に高知県から多くの偉人が出たの?



土佐藩 (シリーズ藩物語)
宅間 一之
現代書館
売り上げランキング: 366,322