51nQx4fKErL



1: 日本@名無史さん 2012/04/05(木) 20:07:07.76
桀紂やネロ、カリギュラみたいな統治者って日本史にはいないね。








2: 日本@名無史さん 2012/04/05(木) 20:13:56.99
>>1
武烈天皇でググってみ

362: 日本@名無史さん 2014/07/16(水) 14:17:08.24
>>2
まあ、武烈天皇の暴君神話は実態としては夏の桀王と殷の紂王の神話を剽窃した創作物だと思うが、元ネタである桀王紂王の暴君神話そのものも創作物にすぎず、事実ではなさそうだしな

暴君モドキとして、陽成天皇とかも暴れた話が作られてたっけな

3: 日本@名無史さん 2012/04/05(木) 21:43:06.16
信長みたいに殺されて終わるから

5: 日本@名無史さん 2012/04/05(木) 22:56:01.19
いないこともないんだけど
お隣の中国の例みちゃうと大した事ないと思えちゃうから不思議

19: 日本@名無史さん 2012/04/08(日) 00:03:57.77
秀吉は十分暴君だろ。

22: 日本@名無史さん 2012/04/08(日) 08:19:13.99
信長が暴君なら曹操だって暴君になるし。徐州侵攻した時は住民の大量殺戮もしている。
でも奸雄とは言われても暴君とは呼ばれない。
中国にはもっと酷いのがいくらでもいるから。

25: 日本@名無史さん 2012/04/08(日) 10:54:59.29
暴君って自国民(自領民)に対する姿勢により評価されるんだろ。
信長が残虐行為を行ったのは敵対勢力に対してだから、残虐な侵略者とはいえるけど暴君(狂主)とはいえないな、
やっぱり暴君といえば秀吉でしょう。

26: 日本@名無史さん 2012/04/08(日) 11:14:30.29
日本の董卓みたいなイメージを持たれているのは蘇我入鹿だろ
(実像には諸説あるが)。

37: 日本@名無史さん 2012/04/09(月) 13:39:30.67
地方大名レベルなら武田信虎なんか暴君では。

44: 日本@名無史さん 2012/04/13(金) 14:38:12.90
秀吉は暴君型だな。理不尽な粛清、重税、外征、土木工事。
おおよそ暴君の所業とされていることをまとめてやった、この意味でも日本史上稀有な人物。

45: 日本@名無史さん 2012/04/13(金) 19:39:18.33
秀吉は太閤検地はやったけど重税というほどではない
続く徳川時代のほうが庶民の締め付けはきつかった
土木工事も徳川時代のほうが酷いでしょ

49: 日本@名無史さん 2012/04/13(金) 20:31:34.28
>>45
江戸期と比べても重税だが。本年貢だけで二公一民。
つまり江戸期でいえば、表高と実高の違いを誤魔化すためにもっとも負担が重かった地域がデフォルト状態。
土木工事も同じく。

53: 日本@名無史さん 2012/04/14(土) 14:12:07.04
秀吉の晩年はいただけない。
秀次事件の連座というのもむちゃくちゃなとばっちり広げた虐殺やら、失敗した対外侵略やら、重税かけての奢侈やら。
これらは単なる愚行ってだけじゃなくて子飼い武将の対立呼んでしまったあたりもまずい。
英雄も権力の毒に酔ったらここまで堕ちるという好例だな。

65: 日本@名無史さん 2012/04/16(月) 18:41:40.39
徳川綱吉がまだ出てないな
生類憐みの令だけでも十分、暴君と呼ぶに値すると思うんだが

107: 日本@名無史さん 2012/05/05(土) 09:49:20.70
後醍醐天皇は?
専制的な失政はしたけど暴虐って程ではないか

109: 日本@名無史さん 2012/05/06(日) 14:02:13.64
>>107
暴君と呼ぶには非戦闘要員である女子供を大量殺戮したとかじゃないとな
政治の失敗というだけでは暴君とはいわない

110: 日本@名無史さん 2012/05/07(月) 04:06:02.09
後醍醐帝は暗君かどうかは別として政局は混乱させたよね

南北朝はgdgdしすぎて

115: 日本@名無史さん 2012/05/11(金) 22:32:25.30
>>110
北条執権時代は民の為に食事を減らし、倉を開いて炊き出しを行わせたという逸話もある名君だったんだけどなあ

ロベスピエールやクロムウェルもそうだけど、政権を取るまでが華だね

111: 日本@名無史さん 2012/05/07(月) 13:56:38.66
島原の乱の原因作った大名は?
松浦とかって親子

113: 日本@名無史さん 2012/05/08(火) 00:19:31.07
綏靖天皇 食人天皇
雄略天皇 兄弟姉妹皆殺し
武烈天皇 やばい

133: 日本@名無史さん 2012/06/20(水) 07:09:29.16
>>113
どーも古代史の天皇家って島国ばなれしてるんだよなあ
武烈までは大陸からの征服王朝だったっていう説を信じないとしても

135: 日本@名無史さん 2012/06/20(水) 10:17:01.68
>>133
綏靖と武烈は実話の可能性低いだろ
兄弟で争って一番強いやつが大王になったという雄略は実話だと思うが

130: 日本@名無史さん 2012/06/18(月) 23:38:52.12
犬闘に夢中になった北条高時で暴君認定レベル。
海外なら目が点になる、なんでそんなことくらいでの、その当時普通に流行った遊びに過ぎない。 

131: 日本@名無史さん 2012/06/19(火) 22:45:50.77
称徳女帝
人にキタナマロだのマドヒだのクナタブレだの聞くに堪えない仇名をつけていじめを流行らせた。

141: 日本@名無史さん 2012/06/21(木) 02:46:05.46

日本の家畜文化には、去勢と搾乳が無いからな

159: 日本@名無史さん 2012/06/24(日) 15:32:58.10
松平忠直は暴君じゃねえのか
足利義教も

167: 日本@名無史さん 2012/06/25(月) 16:30:31.17
>>159
忠直の暴挙は真偽不明
義教は日本屈指の暴君なのに知名度不足だな

195: 日本@名無史さん 2012/07/12(木) 22:25:54.19
江戸時代だと暴君になる前に、側近たちが「殿ご乱心」ということで幽門してしまう

194: 日本@名無史さん 2012/07/12(木) 02:58:22.26
民族血統が違うとこで起こるな松前対アイヌ、島津対奄美とか。

210: 日本@名無史さん 2012/07/26(木) 14:09:08.09
宮廷内の権謀術数にのみ心を砕き、ひたすら国土を荒廃させた良房あたりはどういう評価?

212: 日本@名無史さん 2012/07/29(日) 11:56:20.06
陽成天皇は藤原氏に除かれる
源頼家は好き放題やって北条や関東御家人により出家させられる
足利義教は赤松氏により暗殺
斎藤龍興は竹中半兵衛により酒乱を諫められる

213: 日本@名無史さん 2012/07/31(火) 02:12:26.78
覇業を始めたいわば創業の暴君は多少無理しなきゃいけないからまだわかる気がする
二代目以降の守成の暴君はいないし、いてもすぐ排除されてるね
絶対的な権力が成立しにくい環境なんだろう

218: 日本@名無史さん 2013/01/17(木) 13:06:26.82
>>213
家光や綱吉はどうだろう
世界レベルじゃそれほど暴君というほどではないが
権力機構の確立した後継者としては好き放題してる方じゃね

219: 日本@名無史さん 2013/04/07(日) 23:15:56.86
綱吉はネロと結構かぶる。
エピソード先行でわがままな暴君のようにレッテル貼られているところとか
母親に頭が上がらなかったところとか。

222: 日本@名無史さん 2013/06/18(火) 10:48:01.14
>>219
その辺は似てるね
ローマ皇帝の持病「人間不信」で色々やらかしたネロと
家臣が自分の考えを理解する物と何の疑いもなく考えて結果として生命の尊重という高い理想の生類哀れみの令を小役人の点数稼ぎの庶民虐めにしてしまった綱吉は正反対だけど

220: 日本@名無史さん 2013/04/07(日) 23:35:22.89
日本は異民族によって支配された歴史がないから。
おそらく最初は少数民族の集まりだったんだろうが、倭という一つの民族として成立したあと異民族に侵入され支配されたことがない。

224: 日本@名無史さん 2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>220
同じ戦乱でも
中国史の五胡十六国とかは桁違いだもんな

冉閔とかに比べると信長信玄なんて優しいもんやで

221: 日本@名無史さん 2013/04/07(日) 23:46:47.30
権力の二重構造どころか四重五重は当たり前になったからじゃない
暴君の素質があっても統治機構がある程度補正かける

231: 日本@名無史さん 2013/09/22(日) 23:52:13.15
源頼家
豊臣秀次

232: 日本@名無史さん 2013/09/23(月) 00:32:19.87
>>231
捏造くさいけどな

238: 日本@名無史さん 2014/05/03(土) 22:45:03.98
日本の統治システムだと、暴君が権力を維持し続けるのは難しいね

268: 日本@名無史さん 2014/07/06(日) 23:08:59.43
日本だとスターリン、毛沢東、ポルポトレベルは出てこないな
そういったことをやろうとしても、日本の権力構造だと徹底した中央集権の独裁国家は出てこないわな
古代国家も中国にかぶれて、ああいった中央集権国家を目指していたのに、行政コストがかかりすぎて、平安朝以降諦めたし、後醍醐天皇も中華皇帝を目指していたのかもしれないが、あのざまだし、足利義満もひょっとして明王朝的なものを目指していたのかもしれないが、日本はああいった、徹底的な独裁、中央集権権力構造は、共産党や公明党レベルの規模でないと無理なのかもしれない。

276: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 01:12:26.38
枢軸国でも
ドイツ=ヒットラー
イタリア=ムッソリーニ
とパッと出てくるのに対し
日本は個人が出てこないからな。
東条英機は便宜上上記の二人と並べるために出してるだけという感じだし。

282: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 13:40:06.96
>>276
ヒットラーもムッソリーニも選挙で選ばれた
大統領制のところは大統領個人の権限が強いからだよ
日本は議院内閣制で総理大臣の権限が弱い
日本も大統領制ならば違っていたと思う

277: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 02:30:09.06
戦国武将全員が暴君だからだろww

279: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 10:33:05.30
戦国武将ってむしろ凄く権力が弱いから暴君どころか周りに気遣いまくりなんだが

280: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 12:01:41.88
不満あったら
武田信虎みたいに国人や家臣から追放されるしな。

283: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 20:43:20.35
>>280
座敷牢押込めもあるしな。
志村のバカ殿様の中でご家老が「これだけ馬鹿だと座敷牢も考えないと」
と言ってるが、コントの中だけじゃなくて現実に。

284: 日本@名無史さん 2014/07/08(火) 21:25:14.54
武田信虎のケースだと
一族、有力国人弱らせて甲斐統一
家臣の城下への強制移住までして
これだけやっても、まだ権力弱くて追放されるんだから

戦国時代の中央集権て難しいな

288: 日本@名無史さん 2014/07/09(水) 08:44:11.65
家臣に押し込められた藩主では、丸岡藩主本多重益の例もある

1689年(元禄2年)、丸岡藩主本多重益が暗愚だったため、家臣の太田又八の一派によって、病気ということにされて押し込められた が、4年後の1693年(元禄6年)、太田の政敵の本多織部の一派が、重益の病気は全快したということにして復帰させ、実権を握り、太田一派に報復を行った
まあそんな調子だから藩政はすっかり混乱
結局、そのドタバタが幕府に知れて、1695年(元禄8年)に丸岡藩本多家は改易されましたとさ

289: 日本@名無史さん 2014/07/09(水) 17:55:10.58
徳川宗春も押込められたのかな?
家臣団と幕府が合意すれば殿様でもどうしようもない。

310: 日本@名無史さん 2014/07/11(金) 00:46:38.21
平時に政敵と関係者を大量虐殺しないと、暴君とは言われないわな。

311: 日本@名無史さん 2014/07/11(金) 08:09:57.89
>>310
そう、荒れそうな話題だけど
そこがヒトラーやスターリンと東条ら旧日本軍を同一視することが無理なところだな。

312: 日本@名無史さん 2014/07/11(金) 17:45:50.45
>>310の観点で
日本史上で一番の暴君というと誰かな。

320: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 02:32:37.57
中国のように、国をくさらせ亡ぼすほどの官僚もいないし
まー、大英雄もいないけど暴君もいないのが、日本史。

中国の官僚に近いのが平安貴族だろうけど、勝手に没落して、武家に寄生してわずかに生き残っただけだしな。
だいたい平清盛や足利義教ぐらいで、暴君ですよ。

324: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 20:56:51.90
>>320
傾城もいないしな>日本史

325: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 21:18:07.11
>>324
せいぜい日野富子と淀君ぐらいかな?
ただ、日野富子の場合は亭主がアレすぎるからな
淀君にしても、女子供相手にここまでやるか?のレベルだし

331: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 13:36:16.84
>>324
日本には呂后、則天武后、西太后クラスの悪女は本当にいないな
せいぜい、日野富子、淀殿、阿野廉子、藤原薬子だからな
冗談抜きでワイドショーのお家騒動ネタレベルだよな

337: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 20:33:45.96
>>331
為政者への影響力で政治を混乱させた女性、という意味では、桂昌院(綱吉の母)も日本の悪女に加えたい
もちろん、スケールの点で中国の悪女たちにはとうてい及ばないのは同じだけどね

321: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 04:00:24.92
日本で平時の虐殺というと、秀吉や江戸初期のキリシタン弾圧かな
まあ、虐殺といっても、1596年の26人、1619年の京都で64人、1622年の長崎で55人、
1624年の秋田藩で32人、程度の規模だが
(島原・天草の乱は平時ではないので除外)

323: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 15:53:08.74
>>321
まあキリスト教徒虐殺で悪名高い古代ローマのネロ帝も実際に殺した数はその程度だよ。

328: 日本@名無史さん 2014/07/12(土) 23:31:36.47
権力を握るまでの戦いでたくさん殺しても暴君ではないのかな
権力をにぎった後の政治で暴君かどうか決まるのかな

329: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 02:23:41.10
戦いで沢山殺しても暴君ではないだろう。
信長の荒木の家臣たちの家族まで皆殺しとかぐらいまでしなければ。

330: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 11:56:25.02
暴君認定されるにはエピソードも必要だな。

332: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 13:50:05.63
不思議なのは武烈天皇とか大昔には悪行の内容が中国の古典からの丸写したと思える暴君が(恐らく)創作されているのに、悪女にはそういうのすらいないこと。
呂后なんていかにもパクられそうなキャラなのに。

333: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 17:24:11.48
呂后の残虐行為もかなり誇張されてると思う。
ならず者に犯させた上に目を潰し、のどを潰し、手足を切断して、まだ息があるのに便所
にぶち込んだと言うのは、大げさに書いたような気がする。
せいぜいならず者に犯させて、ぶっ殺して、手足を切断した上に便所にぶち込んだくらいじゃないの?
まあ、それでもすごいと思うのだが。

338: 日本@名無史さん 2014/07/13(日) 20:50:13.60
呂后と則天武后は女の分際で政治にしゃしゃり出たことが非難されてるだけで政治家としての判断そのものは的確だったとも認められている。
日本で言えば北条政子だろう。

341: 日本@名無史さん 2014/07/14(月) 02:15:10.12
>>338
冷静に考えれば北条政子って悪女だよな。
プライベートにおいては。
海音寺潮五郎も『悪人列伝』に入れてる。

343: 日本@名無史さん 2014/07/14(月) 12:49:24.71
>>341
夫の妾の家を壊させたぐらいじゃ、悪女ってほどじゃないなぁ
せめてその妾を惨殺させるぐらいでないと

344: 日本@名無史さん 2014/07/14(月) 16:11:16.07
>>343
間接的にとはいえ自分の子供を殺したってことが悪女じゃないの?
父親が自分の子供を殺したケースは結構思いつくが
母親がってのは伊達政宗のケース(未遂に終わったが)ぐらいしか思いつかない。

358: 日本@名無史さん 2014/07/16(水) 01:04:32.88
中国とローマ帝国の暴君のレベルが高すぎるんだよw

363: 日本@名無史さん 2014/07/16(水) 15:25:09.54
紂王とかをモデルにした割には、やってる悪事のスケールが小さい気がする
生爪剥いで芋ほりさせるとか、木に登らせたやつを弓で射殺すとか、確かに嫌だけど、炮烙とか酒池肉林とかに比べると、たいして金や人手のかからないことやっていて暴君としての壮大な感じがしない

364: 日本@名無史さん 2014/07/16(水) 17:59:18.86
桀紂みたいな中国の暴君伝説自体もかなり誇張が入ってるだろうがな

365: 日本@名無史さん 2014/07/16(水) 21:48:05.66
中国の場合、次の王朝の正当性を証明するためにその打倒した皇帝を物凄く悪く描いたりもするから

引用元: ・なぜ日本史には酷い暴君がいないのか?



世界史 暴君大事典 (徳間文庫カレッジ)
島崎 晋
徳間書店 (2016-08-05)
売り上げランキング: 542,486