1: チミル ★ 2020/03/16(月) 04:11:37.89 ID:aXbhuaPO9
キジが尾羽を広げたような扇形の赤いオーロラを聖徳太子が見たかも―。国立極地研究所、国文学研究資料館などのチームが15日までに、飛鳥時代に現れたオーロラを歴史書「日本書紀」が記録していたとする分析を発表した。日本で最も古い天文現象の記述として知られるが、彗星との解釈もあって決着がついていなかったという。

片岡龍峰・極地研准教授(宇宙空間物理学)は「巨大で明るい扇形オーロラは真夜中前に現れることが多い。驚いた人々が天の使いともされるキジの美しい尾羽に例えたのだろう」としている。

https://rd.kyodo-d.info/np/2020031501001799?c=39546741839462401








6: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:14:06.28 ID:kmitF5Xz0
オーロラも彗星も見たとしても不思議ではないな

9: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:17:57.12 ID:KNew8TPh0
>>6
彗星は不思議じゃないけどオーロラは低緯度だと見れないじゃん

11: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:21:57.52 ID:TghLLCek0
>>9
太陽からのアレが強いと低緯度でも見られることがあるし極地付近と違って色も赤くなる

23: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:40:59.60 ID:KNew8TPh0
>>11
低緯度って言ってもせいぜい北海道ぐらいだろ

32: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:51:48.92 ID:O5icDle00
>>23
極稀だけど関西地方でも見られるよ
一生分の運を使いきるくらいのレア度だけど

26: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:44:06.93 ID:Ap46j6jl0
>>11
藤原定家も見たって記事があったな

25: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 04:43:34.01 ID:p3ZVwNCl0
昔は、電気がなかったから夜は綺麗にみえていたからありうるな

38: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:08:01.84 ID:1wzC9LAg0
赤気だな

46: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:17:04.83 ID:XA0DOQDXO
虹じゃないのかな

47: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:17:48.80 ID:BaGmCIe40
大気の発光のオーロラだから 古代日本でも もしも、見れてたなら 空気もキレイな夜空だったんだろね

虹は 昼間 見えるけど沖縄のほうとかは、古代では 虹は2色のことだったそうだよ?
たしか、赤と黒2つしかなかった

116: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 07:41:42.01 ID:zvCLv0NC0
>>47
それは色の表現力が弱かっただけ
だから二色としか認識できない

実際は無限に色が変化してる

49: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:20:04.34 ID:5WJffhgL0
京都では何度も目撃されてるから、奈良で見えても不思議じゃない。

51: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:23:30.94 ID:lRTB4Vuf0
平安時代だかに超新星爆発も観測されていたんだしオーロラあっても不思議じゃない

59: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:33:24.03 ID:Bshrmwlz0
地磁気が弱まってたんじゃない?
もしくは、太陽活動が非常に活発だった。

63: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 05:46:03.14 ID:iVUIjDzK0
中国の史書にも出てれば蓋然性高いがどうなんだろう。
あちらさん暦学発達してるし、天人相関説からなんかあれば記録されると思うが。

72: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 06:27:07.88 ID:jSHjHsBt0
今ならオーロラってわかるけど、
当時の人が見たらそうとうたまげただろうね

95: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 07:15:21.20 ID:Irxg6gQ00
昔は光害がないから微かな光でも目につくんだろうな
黄道光とかもはっきり見えただろう

129: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 08:25:53.00 ID:k/TAdUsf0
>>95
オーロラは秋田岩手以北で観測すれば数年に1回くらい見えるし
黄道光も3.11の被災地みたいな僻地では見えると言うね

147: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 09:02:11.67 ID:DtexC9q90
>>95
黄道光は、今だって田舎に行けばわかるよ。
天体観測の時じゃま。

105: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 07:28:59.86 ID:Do5TZ04s0
1859年9月2日、歴史的な磁気嵐とオーロラの大活動が始まった。
オーロラはほとんど全地球上に現れたといってもいい。
ハワイでの報告が北半球での南限であったが、日本では和歌山でオーロラが見られたと『日本気象史料』に記されている。

111: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 07:35:19.25 ID:PK/kSn/M0
今と違ってすっげー夜空澄んでただろうな

138: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 08:38:37.32 ID:XQTnM4VuO
>>111
しかも光害ゼロだしな。

119: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 08:04:49.85 ID:97mUXK6I0
>>1
全く内容がないニュースだな。
>オーロラを歴史書「日本書紀」が記録していたとする分析
>日本で最も古い天文現象の記述として知られるが、彗星との解釈もあって決着がついていなかったという

既知の記載をどう解釈したかが全然書かれていない。

141: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 08:50:25.13 ID:Ge6GFEmw0
>>119
リンク先をみると18世紀の江戸時代に京都からみえたオーロラの絵図がある
それは赤い扇状に描かれている

彗星なのかオーロラなのかの解釈の部分で後代のものだが絵図を参考に雉が尾羽を広げた扇状の赤いという記述は日本書紀の雉の尾羽にたとえたオーロラではないのか?という推論の記事だろうよ

146: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 09:00:41.27 ID:DtexC9q90
「赤気(せっき)」だろ、それはそうとう以前から中緯度地帯で見えるオーロラが定説だったよ。太陽活動との関係で。記録自体はかなりの数があると記憶する。
あと、宮沢賢治にそれらしき現象を見たという記述があったな。

194: 名無しさん@1周年 2020/03/16(月) 10:10:01.07 ID:fEKLY7TY0
オーロラだったら異常気象よね

引用元: ・【飛鳥時代】聖徳太子がオーロラを見ていた!?『日本書紀』の“天文現象”記述はどうやらオーロラのことっぽい