31h8QirR-pL



1: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:21:25 ID:Xoj
追撃した4武将 井伊直政 本多忠勝、松平忠吉(家康の息子)、福島正則
そのうち 井伊直政に致命傷を与え松平忠吉に重傷を負わせ本多忠勝を落馬させた。
追撃戦の戦死者 東軍 2000人 島津軍1240人

どっちが追撃されてんだよ(白目)








3: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:22:00 ID:Xoj
忠吉もそ島津の狙撃のケガで病死

7: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:22:29 ID:Xoj
忠勝も愛馬を狙撃されて死なせたしな

まじでこええわあの蛮族

9: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:22:55 ID:zwa
重傷負ったのに島津と徳川の和平に奔走する井伊直政すこ

14: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:23:34 ID:Xoj
>>9
直政「俺にここまでのケガをおわせるなんて大したやつだ!!」

17: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:24:25 ID:9BN
>>14
江戸時代ってこういうノリの付き合いが多かったらしいな

24: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:25:43 ID:Xoj
>>17
津軽藩と南部藩なんて戦国時代のいざこざで幕末まで戦争してるしな

21: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:25:04 ID:zwa
>>14
直政は常に最前線で戦ってるからいつも重傷定期

25: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:26:02 ID:Xoj
>>21
傷だらけで家康が泣いてその傷の説明するレベルやしな

16: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:24:22 ID:T6L
薩摩藩とかいう脳筋集団すき

18: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:24:49 ID:d3z
言うてよ
島津好きだが島津評価高すぎよな
実際に本土のガチの遠征には本隊到着したらボロクソに負けたわけやし
それ以前に九州の戦いでも結構負けてるし

22: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:25:14 ID:Xoj
>>18
自軍の兵数が多いとてんでダメよな彼ら

19: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:24:51 ID:Xoj
まあ一番ドン引きしたのは二代将軍秀忠で

何十回も上洛要求しても色んな理由で断られて挙句兵力も維持されて根負けして所領安堵やからな。

20: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:25:00 ID:vXE
島津側しか記述ないから真偽不明
東軍側の資料ではそもそも最初から長宗我部と一緒ら辺に布陣していたって書いてある奴もあるし

30: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:27:48 ID:M9q
追い込まれると強い島津
普段はむしろ弱い

38: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:30:08 ID:Xoj
>>30
高屋城の戦いとか目も当てられない

なお朝鮮と耳川では無双する

32: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:28:05 ID:zwa
そもそも鳥居元忠が島津追い払ってたら伏見城で討ち死してたで
更に言うと水野勝成が大垣城二の丸に放火してなければ鬼島津は城に入城していたという事実
運が良いような悪いような

35: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:28:57 ID:Xoj
>>32
運がいいだろ鳥居がもし伏見に入れてたら全員死んでたろうな

33: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:28:05 ID:d3z
島津兵士が最強!みたいな風潮どこから来たんやろな
確かに強いけどそこまでか?

64: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:50:00 ID:KCp
まるで島津豊久が井伊を撃ったみたいな扱いやけど撃ったの別の隊やなかったけ?

65: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:51:09 ID:Xoj
>>64
豊久が狙撃なんて流石に迷信だろうが、まあ彼は島津のナンバー2になれるはずだったのによく死役務めたよな。

67: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:52:10 ID:KCp
>>65
死んだことで跡継ぎとか揉めんかったんかな
よく知らんけど

69: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:53:56 ID:Xoj
>>67
そこは義弘がなんとか体制保ったで

ただ豊久の母親がぶちギレたけどな

70: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:55:16 ID:WDt
>>69
忠直嫌いやからよかったわ

72: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)22:56:33 ID:Xoj
>>70
福井藩の礎作ったし許してやれやあと幸村討ち取ったし

77: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)23:00:47 ID:h5H
島津忠恒の交渉力が全てや
徹底的に伯父が勝手にやっただけ島津本家としては参戦容認してない理論で徳川ねじ伏せて所領安堵決定させたのすごい
あれが暗君扱いされる意味が分からんわ
ただ畜生なだけや

80: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)23:02:23 ID:Xoj
>>77
真田信繁を上げたのもあいつだしな

忠恒「知らん知らん全部義弘の老害のせいあいつの首1つでよければいくらでも差し出す」

家康「えぇ・・・(ドン引き)」

81: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)23:03:11 ID:Xoj
忠恒「嫁が死んだわ~この涙は嫁が死んだことによる涙ではないと思うよ~ww」とかいう詩を残すマジキチ
島津 忠恒(しまづ ただつね) / 島津 家久(しまづ いえひさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期の武将、外様大名。薩摩藩初代藩主。

正妻である亀寿とは不仲であった。彼女が亡くなったおりに、亀寿付きの奥女中宛に以下のような和歌を送っている。

「あたし世の 雲かくれ行(いく) 神無月 しくるる袖の いつはりもかな」

(意訳:はかない世の中よ、亀寿はこの神無月に亡くなってしまった。涙で袖が濡れるほどか、といわれるとそこまでではないが)



90: ■忍【LV10,キラークラブ,GX】 20/03/21(土)23:29:06 ID:fSY
龍造寺四天王すこ

91: 名無しさん@おーぷん 20/03/21(土)23:33:29 ID:Dwf
九州とかいう戦闘民族の国

引用元: ・東軍「島津のド田舎侍とか適当に追撃すればええやろ」→結果



島津四兄弟の九州統一戦 (星海社新書)
新名 一仁, 宮下 英樹
講談社 (2017-11-25)
売り上げランキング: 320,032