5123Ju314zL._SL500_



1: 世界@名無史さん 2019/05/02(木) 20:50:27.95 0
中国史、モンゴル史に詳しい方もどうぞお立ち寄りください








531: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 15:34:50.38 0
10世紀の前半は、中国が五代十国の分裂時代
このとき、高麗とベトナムが、中華王朝からの歴史的な独立を実現した

532: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 15:42:01.60 0
とはいっても、唐も8世紀からは弱体化しており、新羅の服属は形式的なものにすぎなかったが

533: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 16:35:08.68 0
ベトナムは独立したけど高麗は違うだろ。
ベトナムは独自の暦を制定してるけど、高麗は中国が混乱し過ぎて宗主国を決められない
みたいな例外的時期以外を除いて、普通に中国の暦使ってるじゃん。

534: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 16:51:31.68 0
独立してたから
宋史や遼史でも日本と同じ東夷カテゴリーに分類されてるわけだが

535: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 16:58:57.53 0
別に正朔を奉じてても伝は立つだろ
正朔を奉ず
〔白居易「驃国楽」より。古代中国で、王の統治に服する者は、その王の制定した暦法を守ったことから〕統治に服する。臣下・属国となる。

536: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 18:23:01.47 0
宋史だと「列伝第二百四十六外国三」が高麗伝で丸まる一巻使って記述されてる
一方日本は「列伝第二百五十外国七」に流求、定安、渤海、党項と並んで併記されていて単独の伝が立てられてない

遼史だと列伝第四十五二国外記、金史は列伝第七十三外国下といづれも高麗が「外国」として扱われている
ちなみに両史には日本は伝すらたてられていない

537: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 18:24:15.43 0
正朔を奉ずるというのは致命傷ですわな。あれは毎年貰いに行くもので、そうしないと国内で暦を頒布できないわけだから。

「高麗が契丹を撃退した」なる神話は、かなり悪質だと思う。
結局、高麗は契丹に詫びを入れて朝貢隷属国になることで手打ちとなった。
撃退したわけでも何でもない。
ただ、試合が終わってからズルズルと工作を仕掛けるという、新羅とそっくりの悪癖をやってるけどな。

高麗は契丹に隷属した、という事実を認めないと、その先の李朝の異常な慕明事大主義も理解できないことになる。
隣に北宋があって中原が漢族政権なのに、高麗は北方への契丹への隷属を呑まざるを得なかった。
この、「北アジア勢にイヤイヤ隷属する」という高麗の経験が、李朝の異常な明崇拝の事大主義、そして三田渡碑への伏線になる(結局同じことをのむ羽目になる)

540: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 19:26:26.21 0
契丹は急速に高麗との国境まで版図を広げ、さらに993年から大規模な侵入を行った。高麗はこれに屈し、契丹の属国となる事を誓って赦され、994年から連年朝貢した。

1009年に高麗で王が弑逆される政変が起きると、1010年、契丹は不義を正すという名目で介入し、北部諸州を征服した後、首都開城へ迫った。
高麗朝廷は将軍・姜邯賛の策により開城を放棄して羅州へ立て篭もるも、契丹軍が1011年1月に開城を攻略すると和を乞うて降伏、契丹軍は開城を焼き払い撤退した。
高麗が再び盟約に違反した為、契丹は1013年から1015年まで継続して侵入し、高麗軍は度々破れ大きな損失を被っている。
契丹はその年のうちに再再度侵攻した。1016年、高麗が再び宋の藩属国に戻って契丹に背くと、1018年、蕭排押率いる10万の契丹軍が高麗へ攻め込むが、姜邯賛率いる高麗軍20万は、契丹軍の分隊を鴨緑江支流河岸にある亀城で迎え撃ち撃退した。

遼の聖宗は、蕭排押の敗戦を受けて本格的な高麗征伐を準備していたが、高麗からの「藩属国となり毎年朝貢を怠らない」旨の謝罪を受け容れ、1020年降伏による和睦を許した。
1022年以降、高麗は契丹の年号を用いて朝貢の義務を果たし、契丹が高麗の江東6州領有を許した事で、高麗は鴨緑江沿いの女真族の土地を占領した。

541: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 19:32:24.65 0
なぜか、半島の王朝は、この失敗を何度も繰り返す。
契丹にも、モンゴルにも、清にも、同じ態度を取り続けた。

つまり、攻め込まれたら負けて、土下座して朝貢を約束する。
侵攻軍が引き揚げたら、アッサリと盟約をホゴにして何もなかったような顔をするので、怒りを買って、また攻め込まれる。

この繰り返しで、契丹・モンゴル・清とも、半島政権を最終的に屈服させるまで、いずれも5~6度に渡って侵攻し続ける必要があった。

このような歴史を見ると、たったの2回で朝鮮征伐を中止した豊臣秀吉の日本は、話にならないほど諦めが早すぎたということが分かる。

543: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 19:47:03.28 0
高麗が、国境付近で契丹軍を撃退した件は、韓国では「亀州大捷」と呼ばれて有名だ。
この高麗の圧勝により、契丹軍は「十万の兵のうち、遼に帰れたのは数千人」というほどの壊滅的な打撃を受けたとされている。

でも、ここが不思議なところなのだが、それほどの大敗を喫したばかりの契丹は、すぐに次の侵攻の準備を始め、それに対して高麗は、戦わずして全面降伏した。

この件に限らず、半島の歴史には謎が多い。

544: 世界@名無史さん 2019/06/02(日) 19:52:13.04 0
>「高麗が契丹を撃退した」なる神話は、かなり悪質だと思う。

相手側史料の「遼史」にも高麗に勝てずに軍を撤退させました
敵の策略にハマって滅茶苦茶人死んだので帰りますとちゃんと書かれてるのにそれは無理あるやろ

蕭合卓等攻高麗興化軍不克,還師。(開泰六年九月乙)
蕭排押等與高麗戰於茶、陀二河,遼軍失利,天雲、右皮室二軍沒溺者衆,(開泰七年十二月丁酉)

海という防波堤がある日本と違って地続きで直で攻め込んでくる騎馬民族の大軍を相手するのはしんどすぎたのと軍馬の購入を女真族に依存しているという懐事情があって結局は冊封されたけど高麗遠征自体は遼の負けだよ

567: 世界@名無史さん 2019/06/03(月) 18:26:07.33 0
遼の聖宗は、蕭排押の敗戦を受けて本格的な高麗征伐を準備していたが、高麗からの「藩属国となり毎年朝貢を怠らない」旨の謝罪を受け容れ、1020年降伏による和睦を許した。
1022年以降、高麗は契丹の年号を用いて朝貢の義務を果たし、契丹が高麗の江東6州領有を許した事で、高麗は鴨緑江沿いの女真族の土地を占領した。

その後、北東地域では女真との戦いが続いた。女真が居住していた江東6州への侵略に際して女真族の抵抗に遭った為、1033年から1044年にかけて北部に半島を横断する長城を築いて報復に備えた。
1037年に女真水軍が長城の及ばない鴨緑江を侵したが、この後はおおむね安定を取り戻した。

この後の女真の台頭は著しく、1104年の反撃では女真軍に敗れ略奪を受けている。女真は1115年に金を建て、1125年に高麗の宗主国である遼を滅ぼした。
そのため高麗は金へ服属し、翌1126年に朝貢した。

587: 世界@名無史さん 2019/06/04(火) 19:44:34.48 0
朝鮮が満州に進出できた機会は2度あった1度目は恭愍王の治世
元からの支配脱却を目指し1356年に双城総管府を攻撃しこれを下す
1362年には元の太尉である納哈出が三撤、忽面に侵入するもこれを撃退
翌1363年に再び元兵1万が襲来するが鴨緑江で殲滅
1370年には李吾魯帖木児を破り東寧府を占拠し余勢をかって遼東城も落とす
1384年には合蘭府を陥落させ満州を掌握する勢いを見せるが元の旧領を返還しろという明からの圧力を巡って対立
結局新明派の李成桂がクーデターにより即位し遼東の地も明側に明け渡される

2度目は成化三年の役で明の許可を得て建州三衛を襲撃し建州衛酋長であった李満住を殺害
その後も建州の占領を目論むがまたもや明側の圧力を受けて撤兵

その後も親朝鮮派の女真酋長を属臣として冊封したり満州進出の機会をうかがっていたが
その都度明からの妨害にあって結局うまくいかなかった

590: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 06:56:52.25 0
>>587
そもそも、李成桂からして女真人(モンゴル軍閥という説もある)
李 成桂(1335年10月27日 - 1408年6月18日)は、朝鮮王朝(李氏朝鮮)の第1代国王。在位は1392年から1398年である。

国号がまだ高麗の時である1392年7月17日に国王に即位して、明から権知高麗国事に、1393年には権知朝鮮国事に冊され、李氏朝鮮の創始者となった。死後の1401年に明に朝鮮国王と冊封された太宗によって、初代李氏朝鮮国王の称号が送られ、大韓帝国期に太祖高皇帝の称号を送られた。

591: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 07:48:26.35 0
>>590
「『李成桂は女真人』説」は実証されてないし、そもそも主流説でもないよ

592: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 08:11:53.11 0
>>591
最近は「モンゴル軍閥説」もある

593: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 08:50:25.83 0
>>592
それも未実証の傍流説でしょ?

588: 世界@名無史さん 2019/06/04(火) 20:23:12.25 0
李成桂も実は内心では満州進出を目論んでいた形跡がある
1395年に女真族を内地に酋長ごと移動させると共に強制的に朝鮮人と結婚させて習俗を改め編戸の民とするという同化政策が行われた
この時に移動させられた諸部族は斡朶里、火兒阿、托温、哈闌、參散、移闌、海洋、阿都哥
實眼春、甲州、洪肯、海通、禿魯兀、幹合、兀兒忽里阿沙、紉出闊失、吾籠所、土門、阿木剌、兀良哈、嫌眞兀狄哈、南突兀狄哈、闊兒看兀狄哈

これだけ移住させた満州はしばらくの間すっからかんになったことだろう

ヌルハチが後金建国時の八旗軍は壮丁300人で1ニル、5ニルで1ジャラン、5ジャランで1グサ(旗)であり
8旗総計しても6万であり400年前の金朝時代の3分の1にしかならない
金元代に多くの女親族が中原に移住して漢化したこともあるが李朝の行った大規模な同化政策の影響も大きかったと思われる

614: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 23:04:13.21 0
高麗といえば、青磁だろう

「韓国」っていったら、「文化果つる僻地」というイメージがどうしても強いと思うんだけど、高麗青磁は別格の文化遺産

掛け値なしに素晴らしい

611: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 22:59:22.01 0
高麗青磁とは、朝鮮半島にあった王朝「高麗」の時代に作られた磁器です。9世紀から10世紀頃に、中国にある呉越の越州窯から影響を受け生まれました。

この青磁は、高麗以外の場所で作られることは無く、独自の文化を築いています。12世紀に翡色青磁が生まれたあたりから、高麗独自の手法が増えていきました。

優れた装飾技術が注目されていましたが、高麗青磁の時代も終わりを迎えています。末期には作風自体が変わり、高麗青磁から粉青沙器へと移り変わっていったのです。

no title

612: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 22:59:43.52 0
象嵌青磁
磁器の表面を刻み模様の土台をつくります。そこに、白土や赤土を入れ込み、釉を掛けて焼きあげる技法です。

青磁鉄絵
磁器の表面に鉄絵で模様を描き、釉を掛けて焼き上げます。

青磁辰砂
銅系の彩料を使用して磁器を彩る技法です。

613: 世界@名無史さん 2019/06/05(水) 23:01:08.78 0
高麗青磁の特徴はやはり美しい模様。描かれているのは、美しい風景が多いです。山や木、花、鳥や魚などの生き物含め、自然界から取り入れたモチーフを組み合わせています。形状も、伝統的な挑戦の衣装のラインが反映されているようです。

もう一つ特徴的なのが、表面に見られる細かなひび。これは、美しい模様をはっきりと見せるべく、釉を極限まで薄く掛けているため生まれます。
青磁に使用される釉はもともと脆いので、薄く掛けるとなればなおのこと。焼き上げる際どうしてもひびが生まれます。

しかし、そのおかげで釉の透明度が高く仕上がり、凝った模様を美しく引き出しています。ひびは特徴の1つとして評価され、
現代でも、そのひびを再現しようとあえてもろい釉を使用する陶芸家もいるようです。

no title

621: 世界@名無史さん 2019/06/06(木) 11:17:50.87 0
朝鮮の白磁は、高麗に比べて明らかに技術が劣化している。とくに後期

明清の中国や、江戸時代の日本の陶磁器がどんどんカラフルになり、造形も多様化していくのとは鋭く好対照

「文化は常に進歩するものではない。ときには退歩することもある」という例

622: 世界@名無史さん 2019/06/06(木) 11:20:59.19 0
>>621
美意識が変わっただけ。
アートは人の意識によって変化する。

627: 世界@名無史さん 2019/06/06(木) 16:18:44.17 0
>>622
いや、そんなことないって

白磁といっても、朝鮮前期は透き通った純白みたいな作品もあるのだが、後期になるほどくすんだ灰色みたいになっていく

朝鮮人は極彩色を好む派手好きな国民性であり、好き好んでそうなったわけではない

707: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 19:24:07.40 0
論題
 
「五代十国~宋と、初中期高麗と、平安末~鎌倉初期の日本の商工業・貨幣経済発達と交通網拡充の相互影響」

711: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 19:46:32.91 0
>>707
高麗は銅資源に乏しいから鉄銭を流通させようとしたが、貨幣経済よりも物々交換交換を好んだ農民と政府による経済統制を嫌った貴族層の反発で貨幣経済は発達しなかった。
一方我が国においては平氏政権以降、保守的な朝廷や幕府が貨幣流通を制限時間しようとしても、貨幣流通の勢いは衰えなかった。

714: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 20:04:22.27 0
>>711
ちょいまち
日本で平氏政権が孤立したのは貨幣経済に不慣れで農産品現物取引が慣例だった社会一般層が物価高騰に反発したのが大きな要因の一つじゃなかったか
高麗はむしろ商工業重視の傾向があったぞ

717: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 21:26:51.42 0
>>714
14世紀には高麗の貨幣経済は終焉状態。

720: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 21:47:03.86 0
>>717
元末明初の大陸の混乱と、明代初期の重農主義政策の波及が大きく影響してるのではないか?
日本も、貨幣経済が室町中期以降に定着するまでには、宋銭・明銭の輸入と使用が長かった
永楽通宝などは日本でも有名な通貨だろう

721: 世界@名無史さん 2019/06/07(金) 21:52:33.05 0
>>717
あと、元末の大陸は紙幣の濫発で大インフレが起こって通貨そのものがまともに機能しなくなってた事情もあるし

722: 世界@名無史さん 2019/06/08(土) 07:41:52.57 0
高麗は貧し過ぎて元朝の税制の適用外になったほどだから、大した国力ないだろ

723: 世界@名無史さん 2019/06/08(土) 08:18:57.20 0
>>722
どの時期にどの程度の免税が施行されていたかはっきり説明が無いと何とも言えない
そもそも高麗は元と長年に亘って戦争状態にあった
離反の恐れを抱える元側としては放置できなかっただろう

724: 世界@名無史さん 2019/06/08(土) 22:23:29.13 0
>>723
元は高麗よりも国主が駙馬の属国では、ウイグルの方が遥かに上のランクとしての待遇だろ。
元にとっては、ウイグルは重要だが、高麗なんか疲弊して住民が全滅しても、知ったことじゃない位にしか考えてない。

725: 世界@名無史さん 2019/06/08(土) 22:53:39.77 0
「モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島」 (世界史リブレット)って本では高麗とウイグルは同格ってことになってたがな

726: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 00:52:01.72 0
高麗は西域との貿易路にあたる要衝のウィグルと同格
元朝にとっても大きな存在だった
高麗の国王は蒙古人と結婚していたため、ネ○○ヨの類は高麗王を蒙古の蛮族だと大げさに言っているが、元朝の皇帝アユル・バルワダやトゴン・テムルもまた高麗人を妻としていた。
高麗王家は元朝皇室にとっだ有力で大切な姻族であったわけだ。

731: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 10:13:50.33 0
>>726
歴代の高麗国王は皆、モンゴルから王妃を迎えたため、子供は半分モンゴル人のハーフ、孫は4分の3モンゴル人のクォーター
・・・という調子で、代を経るごとにモンゴル人の血が濃くなり、次第にモンゴル人そのものと化していった

しかも、母子とも人質に取られて北京生活が長いから、しまいには、現職の国王でありながら、「故郷に帰る」と言って北京に行幸したまま戻ってこない王も出るありさまだった

737: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 11:50:09.64 0
それはともかく、高麗がどれくらいのレベルで「自治国」だったかは、征東行省をどう見るかによる↓

征東行省が臨時機関から常設組織へと変質した1287年以降は、政治・軍事に加え行政も征東行省によって処理されるようになり、高官以下行政官の人事権も征東行省が握り、賦税も元の朝廷へ収めるよう変更されるなど、旧高麗は直接統治下(羈縻支配体制であり、他の行省ほど集権的ではなく、一定の自治権を残していたと考えられている)に組み込まれていった。

イルハン朝で編纂された『集史』には「(高麗王)はクビライに寵愛され王と称してはいたが、実際には王では無かった」とある。
高麗王が官制をモンゴル式から高麗風に改めようとした事もあるが、元の役人から反感を買って廃され、達成されることは無かった。

743: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 14:30:08.22 0
>>737
>イルハン朝で編纂された『集史』には「(高麗王)はクビライに寵愛され王と称してはいたが、実際には王では無かった」とある。 
 
これ誤訳じゃね?
ラシードの記憶違いの可能性もあるが「元史」108巻の諸王表だと
「駙馬高麗國王 王諶,至元十一年封。」
王諶(忠烈王)が至元十一年に駙馬國王として冊封されたことが書かれている
また卷二百八 列傳第九十五では忠烈王の父の元宗も中統元年四月に「王印及虎符賜之。」と王印を与えられてるので元朝のお墨付きが与えられているので「集史」の記述が本当にその通りだとしたら不可解

征東行省は長官は忠烈王以降は高麗王の代々世襲なので実質的に高麗王朝と同一機関とみて良い
なぜそのような煩雑なことになっているかはこれを参照して欲しい

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/33298/1/14(1)_P123-167.pdf

745: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 14:51:08.31 0
地位としては王でも、人事権や税収を元の役人に握られてる状態を、「王だけど王じゃなかった」と表現されるのは別に不可解にも感じないが

746: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 15:10:24.74 0
第一章で、高麗の対元付属期に設置されていた征東行省について説明したが、要するに、元は高麗王を征東行省長官という形で把握し、その高麗王をして高麗の統治に当たらせていたのであり、一方高麗王はそのような形で元の庇護を受けることによって、国内での支配者としての地位を保持していたのである。

825: 世界@名無史さん 2019/06/13(木) 22:16:52.92 0
高麗の建築があればいいけど、さすがにもう無いだろうな

832: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 08:05:41.32 0
>>825
韓国政府の実効統治領域側だと、寺院建築や客舎門といったものに高麗期の建築物で現存するものがあるようだね

833: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 09:39:37.30 0
現存する最古の建造物 (高麗末期)

1376
浮石寺 無量寿殿(国宝第18号)

1280px-Muryangsujeon2
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%AE%E7%9F%B3%E5%AF%BA


修徳寺の大雄殿(国宝第49号)、鳳停寺の極楽殿(国宝第15号)と共に韓国最古の木造建築の一つとされている。

330px-Sudeoksa_02
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%AE%E5%BE%B3%E5%AF%BA

Korea-Andong-Bongjeongsa_3040-06_Geungnakjeon
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B3%E5%81%9C%E5%AF%BA

扁額は恭愍王(在位1351年 - 1374年)の親筆である。1916年の解体補修のさい、1358年(恭愍王7年)に盗賊によって建物が燃やされ、1376年(禑王2年)に再建したと書かれた墨書銘が発見された。

834: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 10:12:42.79 0
>>833
そのレスの内容、違うと思う

そのレスは何の出典から引用したのか知らないけど、韓国側で現存最古の高麗時代木造建築物は、修徳寺の大雄殿であるとされてる
(大雄殿とは、中国や朝鮮半島の禅宗系寺院でいう本殿のこと)
修徳寺の大雄殿は1308年建立

https://ja.wikipedia.org/wiki/修徳寺

836: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 10:59:30.83 0
>>834
どれも、建立年代に関して確実な証拠は無いんだよ

だから、この3つをまとめて「韓国最古の建物」と言っている

838: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 12:06:52.58 0
>>837
そうだな

「韓国最古の木造建築」といえば、通常は上の3つがセットで挙がるんだけど、人によっては浮石寺の無量寿殿を「最古」から外す人もいる

835: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 10:56:52.33 0
鳳停寺(ほうていじ)は、 慶尚北道安東市にある仏教寺院である。
韓国仏教の最大勢力である曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)の第16教区本寺である孤雲寺の末寺にあたる。
韓国で最古の木造建築の一つとされる極楽殿(国宝第15号)で知られている。

1625年(仁祖3年)の上梁文には、1363年(恭愍王12年)に屋根を修理したことが記録されており、少なくとも高麗中期にあたる1363年以前に極楽殿が建てられたことがわかった。
建立年代に関する確実な資料はないが、現在鳳停寺極楽殿が韓国最古の木造建物の一つといわれている根拠はこの上梁文によるものである。

839: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 19:43:05.89 0
あとは、高麗といえば高麗仏画だな

高麗仏画は高麗時代描かれた仏画である。独特で精巧な図様と、細密で華麗な装飾文様を備えた豊かな絵画表現を持ち、
韓国美術史にとどまらず東アジア美術史においても優れた芸術的価値を持つ作品群である。

現存する高麗仏画は、世界で約160点あるが、そのうち約130点が日本にあり、欧米に17点あり、韓国国内にはたったの13点しかない。

843: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 20:53:14.73 0
しかしやはり残っている建築は高麗末期のものだけか

844: 世界@名無史さん 2019/06/14(金) 21:50:24.37 0
>>843
もともと東アジアの古典建築物は基本的に木造が大多数のうえに、激しい戦が多い時代も実際に経ているから、そのあたり已むを得ない事情はあるな

846: 世界@名無史さん 2019/06/15(土) 15:05:26.85 0
李氏朝鮮時代は仏教が衰えていたのも大きいだろうな
イスラム教やキリスト教になった訳じゃないから積極的に破壊したわけでもないかもしれないが、
忘れ去られて朽ち果てた文化財は無数にありそう

引用元: ・高麗時代史専用スレ