51PsjrtImWL._SL500_



1: 世界@名無史さん 2017/06/04(日) 06:12:52.82 0
ナポレオン・ボナパルト(1769年8月15日 - 1821年5月5日)は、革命期のフランスの軍人・政治家である。
ナポレオン1世(在位:1804年 - 1814年、1815年)として、フランス第一帝政の皇帝にも即位した。
フランス革命後の混乱を収拾して、軍事独裁政権を樹立した。
また、戦勝と婚姻政策によって、イギリス、ロシアとオスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いた(これら一連の経過をナポレオン戦争という)が、最終的に敗北して失脚した。
日本において世界史上最も有名な人物の一人である。








523: 世界@名無史さん 2019/03/04(月) 01:58:03.22 0
ナポレオンが出る前から戦争はやってたし向こうから売られた喧嘩を買っただけのことも多い
弱腰を見せれば国民の支持を失いかねない
ナポレオンはどこでどう落とし所を見つけるのがベストだったのか

524: 世界@名無史さん 2019/03/04(月) 08:43:05.70 0
ロシア遠征すると終わりだから大陸封鎖令解除
ということはエゲレスと和解するしかねえな
スペインからも手を引く

526: 世界@名無史さん 2019/03/07(木) 02:52:25.23 0
>>524
封鎖令は維持でいいでしょ
問題はモスクワまで行った事

北側はサンクトペテルブルクまで抑えて終わりでいいと思うんだよ
それでロシアと和解の道を探る

527: 世界@名無史さん 2019/03/07(木) 08:08:10.13 0
>>526
サンクトペテルブルクもモスクワ同様に寒いのですがそれは

532: 世界@名無史さん 2019/03/07(木) 22:18:19.62 0
>>527
そんでもまだバルト海で補給線が繋がる

モスクワへの補給線って東からは河川で繋がり易いけどポーランド経由で西からだと陸路多めになって冬の影響モロに受け易い

サンクトペテルブルク抑えてれば冬場使い難いアルハンゲリスク側にイギリス向け交易を半減させることが出来るので封鎖令的にもかなり効果はある

533: 世界@名無史さん 2019/03/07(木) 22:34:41.62 0
イギリスと海戦になったらどうせまた負けるだろ

534: 世界@名無史さん 2019/03/07(木) 22:50:27.13 0
いくらイギリス海軍が強くてもベルトやエーレスンドぶった切ってバルト海侵入してフランス軍の補給阻害ってできるもんかね

537: 世界@名無史さん 2019/03/09(土) 00:42:27.12 0
そもそもロシア遠征してた頃ってロイヤルネイビーに海上封鎖されてなかった?

538: 世界@名無史さん 2019/03/09(土) 02:01:41.47 0
海上封鎖しようとはしてたけど完全にはされてなかった
制海権は取られてたけど封鎖って程にイギリス海軍が圧倒してたわけでもない
フランス海軍及びフランス私掠船は世界の海上、植民地港湾なんかで暴れてたし

イギリスの制海権ってイギリス海峡からビスケー湾、そこに接続する大西洋はガッツリしてたけど地中海、バルト海側は相当微妙

539: 世界@名無史さん 2019/03/09(土) 08:39:14.81 0
それだとフランス本国から増援・補給を送れないから同じことだよ。

542: 世界@名無史さん 2019/03/10(日) 00:21:06.13 0
>>539
バルト海内部での運輸に問題なければいい

フランスからライン同盟経由でメクレンブルクまで陸路
メクレンブルクからバルト海へ出れば十分でしょ?

544: 世界@名無史さん 2019/03/10(日) 09:13:43.60 0
>>542
当時の輸送手段で陸送する距離が長いと目的地に着くまでのロスが酷い。
とはいえ史実よりましにはなるだろう。

545: 世界@名無史さん 2019/03/10(日) 19:29:55.53 0
>>544
史実はほぼ全部陸路やからなぁ

546: 世界@名無史さん 2019/03/11(月) 17:04:58.95 0
>>545
アッコン攻撃の時にイギリス海軍を舐めて重砲を奪われてるからな
だからこちらの制海権が確立できない限り海は使えない

547: 世界@名無史さん 2019/03/11(月) 18:17:23.98 0
ロシア遠征の時点ではもうネルソンおらんしワンチャン行けるかも

558: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 09:31:21.95 0
ハプスブルクの精鋭っていつもナポレオンに負かされてるイメージしかない

559: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 16:47:35.87 0
オーストリア・ハプスブルク家って、窮地になるとハンガリー・プロイセン・ポーランドに泣きつくイメージしか無いが

560: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 17:23:24.55 0
少なくともこの頃はどれもあんまり頼りにならんだろ
ハンガリーは合体してるしプロイセンは脳筋だしポーランドは分割されて消滅したし

561: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 19:09:54.22 0
毎回ナポにボロ負けしては復活する執念と体力はすごいと思いましたまる

562: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 20:58:34.53 0
>>561
戦役で勝ったのは1813年と1814年戦役のみ
それも対仏同盟軍で依って集ってやっと
1815年戦役ではナポレオン軍に会戦レベルでの最後の勝利を与えているし・・・
でも、戦後はどや顔で色々とかっ攫ってる

563: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 22:26:51.96 0
オーストリアでそれを言うとどこも戦勝国面はできなくなるだろうがな

564: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 10:00:19.33 0
イギリス「俺は結構勝ってるぞ」

565: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 10:49:33.56 0
勝ってないよ
そもそも弱小陸軍しか持ってないでしょ
海軍以外は自慢できるレベルじゃない
少なくともオーストリアやプロイセンやロシアとは肩を並べるだけで1段上に位置するような感じとは言えない

566: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 13:09:19.47 0
半島戦役は自慢出来ると思うけど・・・
>イギリス
ワーテルロー戦役は過剰評価かな?
てか、ブリュヒャーのプロシア軍が過小評価されてるの方が近いかも?

569: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 19:34:43.99 0
名将マッセナやスールトをスペインで叩きのめしているんだからそれだけでOK

570: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 19:47:09.51 0
半島戦争の主力はスペイン軍でイギリス軍の10倍くらいの戦力がある
死者もイギリス軍の10倍くらい出しててイギリス軍任せにして戦ってたわけでもない

572: 世界@名無史さん 2019/03/20(水) 21:40:02.81 0
>>570
現地で味方勢力を募って、その現地軍を主勢力として戦わせる。
英国の常套手段だわな。

573: 世界@名無史さん 2019/03/21(木) 03:51:39.32 0
ナポレオンのオスマン制服を阻止したのもイギリス
デンマーク帝国を崩壊させたのもイギリス
イギリス上陸を阻止したのもイギリス
セントヘレナへの船を出したのもイギリスだ

574: 世界@名無史さん 2019/03/22(金) 12:07:48.05 0
「平時には神に祈り、戦時には海軍に祈れ」が伝統の国だからね

594: 世界@名無史さん 2019/05/17(金) 22:53:48.72 0
ナポレオンって本当に英雄だったのですか?

595: 世界@名無史さん 2019/05/17(金) 22:57:58.61 0
英雄という言葉自体が社会的に病的な概念

597: 世界@名無史さん 2019/05/18(土) 23:12:01.78 0
自分が皇帝になったらあかん

598: 世界@名無史さん 2019/05/18(土) 23:13:47.34 0
じゃあ誰を皇帝に据えるべきだったんだろ?
皇帝なしではどうもならなかっただろう


601: 世界@名無史さん 2019/05/19(日) 21:49:19.67 0
フランス革命がやがて軍事的専制者の支配に陥ることはバークが予言したことでもあった。

602: 世界@名無史さん 2019/05/19(日) 22:09:10.10 O
革命の輸出なんかしたら…そら…周りの国は反発するだろう…

603: 世界@名無史さん 2019/05/20(月) 18:03:31.34 0
革命の輸出といいながら侵略戦争なんかしたら…そら…攻められた国は激怒するだろう…

605: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 06:23:23.98 0
フランス革命を終わらせて退いていたら本当の英雄だったのにね

607: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 19:39:15.49 0
まあワシントンもそれなりのところで隠居してるからな
ナポレオンは身を引くには若すぎた

608: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 19:58:04.89 0
>>607
ライプチヒの後のメッテルニヒ案、ライン、ピレネー、アルプスの自然国境を受け入れてれば、だが。

610: 世界@名無史さん 2019/05/23(木) 06:34:43.07 0
ベルギーをオランダが併合する案のどこが自然国境なんだよ

620: 世界@名無史さん 2019/05/25(土) 22:50:33.91 0
ワーテルロー敗戦はやっぱグルーシーが戦犯だわ

250px-EMMANUEL_DE_GROUCHY(1766-1847)


第2代グルーシー侯爵エマニュエル・ド・グルーシー(1766年10月23日 - 1847年5月29日)は、フランス革命戦争・ナポレオン戦争期の軍人。帝国元帥。ナポレオン1世が任命した26人の元帥のうち最後に任命された一人で、それも1815年の百日天下においてだった。

ワーテルローの戦いではナポレオンの命令に固執して敗因を作ったとされている。ワーテルローの戦いでは、その2日前のリニーの戦いで破ったブリュッヘル率いるプロイセン軍を、騎兵35000人をもって追撃するようナポレオンから命じられていたものの、プロイセン軍に追いつき打撃を与えることが出来なかった。

その後、ワーテルロー近くで砲声が聞こえ、エティエンヌ・モーリス・ジェラール将軍などから砲声の方向に進むよう求められたにもかかわらず、それを拒否してワーブルへの進軍を続いた。このため、プロイセン軍はワーテルローの主戦場において初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー率いるイギリス軍に有力な援軍として参戦する結果となってしまい、夕方まで優勢だったはずのフランス軍は敗北してしまった。


629: 世界@名無史さん 2019/05/26(日) 19:22:52.52 0
>>620
元帥任命はグルーシーよりラップの方が相応しかったのでは?

少々脳筋に見られがちだがナポレオンの信頼も厚く、ダヴーに劣らぬほどの采配や判断力に長けていたと思う。

グルーシーは生真面目過ぎる性格が仇になった。

632: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 01:08:06.27 0
>>629
序列を無視してワーテルローに参加した将軍クラスでも良いなら、ラップ、ケレルマン(息子)、ヴァンダム辺りは、砲声が聞こえたら速攻ナポレオンの元に戻るわな。
つーか、大半の司令官なら戻ると思うわ。
グルーシーの行動は取りようによっては敵前逃亡だもん。

633: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 05:14:19.08 O
>>629
ド・グルーシー侯爵が元帥に任命された理由は、忠誠心の高さと経歴から絶対に王党派に転ばないからだったとか

634: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 06:29:42.99 0
騎兵将校出身だったから追撃を優先したのかな?
それとも忠誠心の高さが災したか・・・
とは言え、砲声への転進?で有名なマレンゴでのドゼーもナポレオンからの伝令に従った結果だし
伝令に備えて途中に道案内を配置する等の配慮は怠らなかったけど

636: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 09:51:35.21 O
>>634
忠誠心の高さと愚直さが災いしたといっていい
ド・グルーシー侯爵にとってナポレオンの命令は絶対に守らないといけないものだった
あれだけナポレオンにボロくそに言われたのに、遺体の帰還に真っ先に駆けつけたんだから、もう崇拝者レベルの高さだよ

635: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 09:19:33.60 0
>砲声が聞こえたら速攻ナポレオンの元に戻るわな。

安物のゲーム盤じゃないんだから 昼に砲声を聞いたグルーシーの位置からでは、いくら急いでもワーテルローの戦場には間に合わない。
早朝からワーテルローに向かったプロイセン軍でもようやく夕方到着したのに。

637: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 11:07:22.10 0
>>635
グルーシーが非難されるとしたらワーテルローに向かわなかった事では無く、プロシア軍のワーテルローへの移動を阻止出来なかった事かと
確かにワーブル付近では善戦したけど・・・

ワーテルローからの退却戦では自らの分遺隊の損害を押さえつつナポレオンの本隊の殿を上手く勤めてる
そのおかげでパリ防衛軍に纏まった戦力を与える事が出来た
革命戦争では一時期参謀将校として勤務していたし、ナポレオン戦争の前半戦では竜騎兵師団の師団長として活躍してる
決して無能では無いと思うけど、忠誠心が災したか、ナポレオンの失策を押し付けられたのか

638: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 12:16:05.65 0
>>637
グルーシーは早くプロイセン軍を追撃すべきだと言ったが、ナポレオンの決断が遅く結局は手遅れになった。
プロイセンは戦意を失って敗走中という勝手な誤認、それを追わせる決断の逡巡はいずれもナポレオンの失敗なのに、ただ任務を忠実に果たしたグルーシーに敗戦の責を負わせるナポレオン。まあオレも昔はグルーシーが敗戦の責任者という通俗本の説明を鵜呑みにしていたが・・・今となれば赤面だ。

641: 世界@名無史さん 2019/05/27(月) 15:56:11.86 0
>>638
自分もグルーシーは必要以上に責めを負わされていると思いますね
ワーテルロー戦役では無いけれどベルナドットもグルーシーはナポレオンの崇拝者故(同種の人間としてはサヴァリも)、ベルナドットは元ライバル故、それぞれ体良く押し付けられた?
探せばこの手の人間と出来事は出て来るかも

642: 世界@名無史さん 2019/05/28(火) 00:50:29.36 0
11時のワーテルロー開戦時、グルーシー軍はナポ本軍から20km離れてた。
当時の行軍速度は強行軍で時速4km。当日の泥濘状態を勘案し騎兵歩兵は時速3kmで行軍したとして(砲兵は更に遅れるだろうが)、それでも砲声聴いて直ぐに行軍開始すればの18時にはワーテルローに到着可能。
一方無傷のプロイセン軍の第4軍団は16時にワーテルロー到着だが、リニー戦で損害受けた第1、第2軍団は軍を再編しながらの行軍で速度が遅く18時到着。
フランス軍総崩れ前にはグルーシー軍はワーテルロー到着可能だったかもと思うわ
まぁ何にせよ、英蘭軍との主決戦前に、ナポ本軍から20kmも離れて遊軍になる事自体馬鹿だわ

643: 世界@名無史さん 2019/05/28(火) 06:34:58.03 0
>>642
まず平坦な道幅のある街道と、農民が普段使う細道では軍隊の行軍速度はまるで違うね。早起きしたプロイセン軍も精一杯急いだが、街道を行くような速度では移動できなかった。
移動距離はほぼ同じだから、グルーシーのフランス軍が半日かけ夕方にワーテルローに到着できるイージーモードの世界なら、プロイセン軍も半日すなわち昼間に戦場に到着できて兵数でフランス軍を圧倒、夕方にはナポレオンは敗走済みということになる。

644: 世界@名無史さん 2019/05/28(火) 07:09:08.39 0
>ナポ本軍から20kmも離れて遊軍になる事自体馬鹿だわ

馬鹿とかいうレベルの話をするなら、そういう遊軍を作ってしまったナポレオンの指揮ぶりが拙かったという話にならざるを得ない。
グルーシーにプロイセン軍追撃を命じた時点でナポレオンはプロイセン軍の撤退方向をナミュール方面と読み違えていて、(そう思いたいという願望が戦況の判断に影響するほど能力的に衰えていたとも考えられるが)その読み通りにグルーシーが軍を移動させていたなら、さらにワーテルローから離れることになっていたろう。

645: 世界@名無史さん 2019/05/28(火) 14:35:30.63 0
まープロイセン軍を撃滅できてれば(少なくともその日のうちに再結集できなければ)仕事はしてたわけだが、見事に無力化されてしまっただけなのが悲しいところ

引用元: ・【英雄】ナポレオン・ボナパルト【皇帝】