51i9KIvZCIL._SL500_ (2)



1: 世界@名無史さん 2012/07/15(日) 08:41:13.52 0
あらあら、あそこの人が記憶喪失になっているみたいですよ。
どこかで見た顔のような・・・・?歴史上の人物のような気が・・・・?
さあ皆さん、質問をして得られた回答を元にその人が誰かを推理して下さい。
そうすればその人の記憶喪失は多分すぐに治ります(笑)。
記憶の戻った方はその御礼に、あなたの名前を尋ねられると思うので、是非、名乗ってください・・・・もし記憶がはっきりしているものならば。
もし記憶喪失になっていたら、他の人に助けを求めましょう。 








831: 829 ◆.ayzF.ma4o0j 2012/09/09(日) 10:18:12.95 0
一体、私は誰なんだ?

832: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 11:37:39.87 P
記憶喪失、それもまたアッラーの思し召し。

・・・といえば、納得できる?

そんな!!
アッラーがこんな残酷なことをするなんて、私には信じられない。

833: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 11:46:40.36 0
ロックミュージックってどんなものか知ってる?

いや、知らない。

835: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 12:04:17.64 0
十字軍って知ってる?
参加したことある?

知ってるけど、参加したことはないねぇ。

836: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 12:21:16.79 0
信徒の長カリフはバクダードにおわしますか?

いや、バグダードにはいないよ。

838: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 16:06:07.13 0
コンスタンティノープルと呼ばれた都市はキリスト教徒の皇帝のものか、あるいはオスマンのスルタンのものでしょうか?

あそこはキリスト教徒の皇帝が領有してるはずだよ。

840: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 20:48:45.52 0
モンゴルが来たぞー!

841: 829 ◆.ayzF.ma4o0j 2012/09/09(日) 21:26:12.77 0
>>840
だから、何?
モンゴルって言っても色々いるから、それだけじゃ何とも言えないなぁ。

842: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 23:32:18.31 0
バクダードにカリフは居ないということは、モンゴルのフラグに攻め滅ぼされたということでいいんですね?

あぁ、そういうことになるね。
全く。酷いことをするやつもいるものだ。

844: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 23:42:24.28 0
>アッラーがこんな残酷なことをするなんて、私には信じられない。

イスラームに疑問を覚えていらっしゃいます?

いや、私がイスラームに疑問を持つなどありえない。
先ほどの発言は、私がアッラーの慈悲を信じてるからこそ出た言葉だ。
私は敬虔なムスリムだよ。

845: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 23:42:36.70 0
オスマン帝国ってどう思う?

何それ?

847: 世界@名無史さん 2012/09/09(日) 23:59:43.71 0
あなたが今いる国にカリフがいる?

いや、ここにカリフはいないよ。

849: 世界@名無史さん 2012/09/10(月) 00:15:21.28 0
得意な分野は何でしょう?
政治家?詩人?軍人?

政治家兼軍人ってところになるね。

850: 世界@名無史さん 2012/09/10(月) 01:54:51.29 O
現在、シリアにいらっしゃる?

いや、いないよ。

852: 世界@名無史さん 2012/09/10(月) 23:35:51.29 0
フラグ(フレグ)や彼に仕える異教徒どもと直接戦ったことがありますか?

あぁ、あるよ。

854: 世界@名無史さん 2012/09/11(火) 00:42:48.07 0
エジプトを収めているのは、隻眼のスルタンですか?

あぁ、そうだよ。

856: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 08:33:20.23 0
貴方自身はマムルークですか(でしたか)?

いや、違うよ。

858: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 18:10:53.16 0
イベリア半島の同胞たちの苦境は他人事?

他人事だね。
遠くの地で自分たちと同じムスリムが苦しんでることに心が痛まなくはないけど、遠くのことなので、正直そんなに深く関われるほどの余裕はないよ。

860: 世界@名無史さん 2012/09/14(金) 19:02:49.05 0
バイバルスとは敵対していますか?
 
いや、敵ではないよ。

862: 世界@名無史さん 2012/09/14(金) 23:20:58.98 0
フラグの糞野郎はまだ生きてる?

あの糞野郎ならもう死んでるよ。
バグダードを破壊するなんてとんでもない男だね、あいつは。

864: 世界@名無史さん 2012/09/15(土) 00:34:25.27 0
あなたのいる国の国家元首はなに人?
 
モンゴル人だよ。

866: 世界@名無史さん 2012/09/15(土) 19:20:50.81 0
フラグの息子があなたの国の君主ですか?

いや、違うよ。

868: 世界@名無史さん 2012/09/16(日) 10:23:08.02 0
イスラム教徒はイスラム教徒でもちょっと信仰のあり方が違う、シーア派の人ですか?

いや、スンニ派だよ。

870: 世界@名無史さん 2012/09/17(月) 13:10:49.82 0
あなた自身の母語は何語ですか?

モンゴル語だよ。

872: 世界@名無史さん 2012/09/17(月) 15:59:53.76 0
あなたはチンギス・ハーンの男系子孫ですか?

うん、そうだよ。

874: 世界@名無史さん 2012/09/17(月) 23:45:42.62 0
キプチャク・ハン国(ジュチ・ウルス)の王族ですか?

うん、その通りだよ。

876: 世界@名無史さん 2012/09/18(火) 09:32:01.16 0
あなたが住んでるところはタブリーズですか?

いや、違うよ。

878: 世界@名無史さん 2012/09/18(火) 18:53:45.34 0
では、あなたの本拠地は、サマルカンド?
 
いや、違うよ。

880: 世界@名無史さん 2012/09/19(水) 02:23:58.76 0
バトゥとは直系(親子、祖父と孫、曽祖父と曾孫)の関係にありますか?

バトゥは私の兄だから直系の親族とは言えないね。

881: 世界@名無史さん 2012/09/19(水) 12:44:54.10 0
ジョチ・ウルスのハン、ベルケですか?
 

あぁ、そうだった。私はジョチ・ウルス(キプチャク・ハン国)のハン、ベルケだ。
敬虔なムスリムであり、イル・ハン国のフレグとはしばしば対立したものだった。
君には名前を思い出させてくれたお礼がしたいね。君の名前を教えてくれ。

ベルケ(Berke, ? - 1266年?)は、バトゥの弟で、ジョチ・ウルスの実質の第5代君主(在位:1257年-1266年)。ジョチの三男で、母はスルターン・ハトゥン(エミン部族)。

ベルケはモンゴル王族においてイスラム教徒(ムスリム)であったことが確認できる最も早い人物のひとりである。彼の生涯は『集史』などではあまり詳しく記載されていないが、奴隷王朝の君主イルトゥトゥミシュに仕えた同時代人である歴史家ジューズジャーニーは、その主著『タバカーテ・ナースィリー』(1259-60年完成)において、ベルケの出自について述べている。

それによると、ジョチがブルガール方面へ遠征したときに生まれ、ジョチはそのわが子をムスリムにすることを望んで、へその緒を切る役も乳母もムスリムの人物に託したという。また、幼少時代からムスリムとしての教育を信頼に足るムスリムの学者に任せ、コーランの知識をマー・ワラー・アンナフルの都市ホジェンドで敬虔なムスリムから教授されたといい、適齢期には割礼も行い、成長してジョチ家で軍民を統率する立場を得ると、ジョチ・ウルス麾下のムスリム部隊の全てが彼の指揮下に置かれた、と伝えている。


883: 881 ◆3qVo4xYo5E 2012/09/19(水) 17:01:48.35 0
なるほど、モンゴル王族きっての敬虔なアッラーの信徒たるベルケ・ハンであれば、バグダードの破壊に憤慨するのも当然だ。

改めて名乗り交わしたいところだが、困ったことに私も自分の名前を思い出せなくなってしまった。
誰か私の名前を教えてくれないか。

884: 世界@名無史さん 2012/09/19(水) 17:38:16.70 0
火薬って知っている?知っていたらどんな用途に使うかも教えて。

さっぱり聞き覚えがないが、それは薬の名前かね?

886: 世界@名無史さん 2012/09/19(水) 18:35:04.93 0
ギリシャ語かラテン語の読み書きはできる?

そんな言語は知らないな

887: 世界@名無史さん 2012/09/19(水) 21:17:54.45 0
十字軍ってご存知?

聞いたこともない

888: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 02:38:08.31 0
主な機動力は馬ですか?

そのとおり

889: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 06:38:04.89 0
履物は何?
それを脱ぐのはどういうシチュエーション?

履くとしたら皮革で作った靴……かな?
屋内外を裸足で歩き回ることも多いと思うが
(この時代、この地域の履物文化については自信がありません)

891: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 13:14:44.06 0
あなたの周囲の社会は文字を使っていますか?
(もし文字を使ってないなら、誰かがこれを代読してるのかもしれませんね)
もし使っているのなら、それは「ものごとそれぞれ」を表すしるしですか?
それとも、「その音」だけを表すしるしですか?


我が国独自の言語を使ってる
表音文字だ

893: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 16:28:14.28 0
あなたが知っている「海の動物」のうち、鰭と鱗があるもの以外では、例えば何が挙げられますか?
3種類ほど挙げてみてください。

この天地の彼方に「海」なる巨大な湖が存在することは聞き及んでいるが詳しいことはわからないな

895: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 19:49:13.80 0
可汗って言葉御存じですか?

草原の遊牧民の王が使う称号だな

896: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 20:24:49.85 0
太陽があなたの天頂真上に輝くことはありますか?

太陽が昼間もっとも頭上高く輝く位置は、季節によって変化するものではないのかね?

897: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 21:09:45.70 0
ソグド人、ウイグル人、チベット人に関して、あなたの周囲ではどのようなことが知られてますか?

私自身がチベット人だ

898: 世界@名無史さん 2012/09/20(木) 21:13:21.82 0
運送手段に車輪を使うことはありますか?

「ある」か「ない」かと問われれば、「ある」だろうな

900: 世界@名無史さん 2012/09/21(金) 15:38:46.46 0
ソンツェン・ガムポ王をご存知ですか?

それと、チベットの伝統的交通手段としては、通常、車輪は使われないのでは?

ソンツェン・ガンポ!? おお、それこそが私の名前じゃないか!
名前を思い出させてくれてありがとう。
ついでに、私が作り上げた吐蕃がその後どうなったのか教えて欲しいのだが……
まずは貴殿の名前を伺おうか?


(「車輪」の発想そのものが無かったインカなどと違い、中国と交流のあったチベットが運搬手段としての荷車を全く使わなかったとは思えないので「ある」と判断しました。もちろん彼の地では歩荷が基本ですけどね)
ソンツェン・ガンポ(581年? - 649年もしくは650年)は、古代チベットの王(在位593年 - 638年、643年 - 649年もしくは650年)。

チベット初の統一王国(吐蕃)を樹立し、チベットに初めて仏教を導入した人物として知られる。宰相のガル・トンツェン(ガル・トンツェンユルスン)の補佐を受けてチベット高原の大部分を支配下に置き、吐谷渾・パイラン(白蘭)・タングートなどの周辺の部族に勝利を収める。640年ごろまでに吐蕃は、北東はツァイダム地方、東は松州、西はラダック、南はヒマラヤ山脈に支配領域を広げた。

904: 世界@名無史さん 2012/09/21(金) 20:41:18.62 0
>>901
ソンツェン・ガンポ王さま、まずはお名前を思い出され、安心いたしました。
吐蕃のお国と王家の皆様のその後につきましては・・・その、いろいろなことがありまして、一言で申し上げることが非常に難しいものでして・・・。
たいへん申し訳ございません。

さてそれで、私の名前なのですが・・・
はて、何と名乗っていたものでしょうか?

906: 世界@名無史さん 2012/09/21(金) 22:02:27.76 0
汝は皇帝の敵か味方か

私たち自身の公式見解としては「味方」ですが、異なる立場の人からは、完全に「敵」だと映っていることも多いでしょう。
そのあたりの評価は、後世の人々にお任せします。

907: 世界@名無史さん 2012/09/21(金) 22:04:45.44 0
新聞って読んだことありますか?

それはどういうものですか?

908: 世界@名無史さん 2012/09/21(金) 22:38:17.48 0
火薬って知ってるかい?

はっきりとは覚えていませんが、そういうものをどこかで見聞きしたことは、ひょっとするとあったかもしれません。

909: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 00:00:10.50 P
アッラーアクバル?

外国語ですね。
私はその言葉をあまり知りません。
ひょっとすると、場所によっては耳にしたことがある言葉かもしれませんが。

910: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 00:45:40.06 0
新大陸ってご存知?

それはどこのことですか?

912: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 04:05:40.55 0
選帝侯という言葉は御存じですか?

いえ、知りません。

913: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 06:21:43.77 0
海を見た事はありますか?

はっきり覚えてないですが・・・多分ありますね。

914: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 07:24:19.14 0
文字を書くときに使用するインクの原料はなんですか?

主原料は煤ですね。

916: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 11:00:21.52 0
チンギス・ハーンという名前に聞き覚えはありますか?

いえ、無いですね。

917: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 11:09:37.03 0
あなたの地方でゲテモノ料理というとなんですか?

そうですね・・・。
蛇や蛙といった類のものを食べることは、普通は無いですね。

918: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 11:11:30.96 0
石炭ってどういうときに使いますか?

そういったものを使うことは、あまり一般的ではないですね。

920: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 11:44:37.35 0
神様はただ一人?それともたくさんいる?

私たちが一般的に信ずるところの教えでは、神様は大勢いらっしゃると考えられてます。

922: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 11:57:37.66 0
文字は縦書きですか?

一般的には縦書きです。
ただし、場合によっては横書きです。

924: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 13:24:20.48 0
皇帝を名乗る人間は一人だけですか?

天子と呼ばれるかたは、この世に複数名いらっしゃいますね。
天下あまねくそのことを認めるかどうかはともかくも。
私がお仕えしているかたは、もちろんそのうちお一人だけですが。

926: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 14:08:48.04 0
契丹についてどう思う?

我が国に何度も攻め込んできた勢力で、関係は極めて悪かったです。

928: 世界@名無史さん 2012/09/22(土) 15:28:18.62 0
女真があなたの国に攻めてきて、大幅に領土を奪っていったことはありますか。

女真との戦いは夥しくありました。
辺境の支配領域をめぐってわが国と女真の紛争が起こったことも実際たびたびありましたが、私が仕える朝廷が創建されて以来のわが国の領土については、これを女真に対して恒久的に大規模割譲するに至ったことまでは無かったはずです。

930: 世界@名無史さん 2012/09/23(日) 02:49:18.53 0
国姓は趙? 王? それとも李?

わがきみの姓は「王」でいらっしゃいます。

932: 世界@名無史さん 2012/09/23(日) 10:32:54.53 0
詩を書いたことはありますか?
 
どうでしたかねえ。
書こうと思えば書けなくもないかもしれませんが、どちらかというと、そういう方向にはあまり関心が無いほうですし、ほかの用事が忙しいもんで。
少なくとも、世間様で私の詠んだ詩なるものが大々的に広まってるようなことは無いですね。

934: 世界@名無史さん 2012/09/23(日) 13:02:04.84 0
後唐について一言。

あのころの時代の政権というのは、本当に不安定だったようですね。

937: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 03:04:25.73 0
中央アジア一帯で騎馬遊牧民族が統合されて、領土拡張に乗り出しているという話を聞いたことはありますか?

それは契丹か女真についての話でしょうか?

938: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 03:20:53.17 0
高麗の国土の北限は鴨緑江に達していますか?

達していますね。

940: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 21:23:47.36 0
軍を率いて戦った経験はありますか?

あります。

944: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 21:39:11.94 0
武臣として国の実権を握ってますか?

私自身が国の最高実力者であるというほどのことは無いですが、私は武臣ではあります。

950: 世界@名無史さん 2012/09/26(水) 21:01:43.43 0
>>945での回答によると、あなた自身は権力を握ってないようですが、
現在、高麗は武臣政権の世の中になってますか?

はい。

946: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 22:05:34.15 0
女真は金という王朝を建ててますか?

はい。

948: 世界@名無史さん 2012/09/24(月) 23:54:16.54 0
今は仁宗の治世?

いいえ。

952: 世界@名無史さん 2012/09/27(木) 10:27:35.31 0
国政の実権を握っているのは崔忠献の一族?
 
そういう一族が我が国の実権を握っているというようなことは、ありませんよ。

954: 世界@名無史さん 2012/09/27(木) 22:49:04.78 0
李高ですか?

いえ、人違いですよ。

956: 世界@名無史さん 2012/09/28(金) 00:14:04.83 0
今は明宗の治世?

そのようなお名前の天子さまは存じません。

958: 世界@名無史さん 2012/09/29(土) 14:51:28.82 0
金甫当について一言。

もしも金甫當らを放置していたら、天下が乱れたことでしょう。

960: 世界@名無史さん 2012/09/29(土) 22:20:08.32 0
李義方さんですか?

それは・・・私の名ではないですね。

962: 世界@名無史さん 2012/09/29(土) 22:53:26.44 0
あなたは大将軍ですか?

大将軍の経歴・・・もありますね。

966: 世界@名無史さん 2012/09/29(土) 23:41:15.79 0
杜景升?

・・・いや、それも・・・私の名前ではありませんね。

968: 世界@名無史さん 2012/09/29(土) 23:54:51.34 0
李紹膺さん?

いえ、違います。

970: 世界@名無史さん 2012/09/30(日) 00:20:33.64 0

鄭仲夫についてはどう思う?

毀誉褒貶が激しい結果になったかたではありますが、あのかたがいらっしゃらなければ、武臣の世は来なかったかもしれませんね。
庚寅の年の当時、中堅・若手の武臣だけでは、大義名分や影響力が弱まってしまったでしょうから、おそらく動くに動けなかったでしょう。

しかし、いかんせん、晩節を汚してしまわれたようですね。

972: 世界@名無史さん 2012/10/01(月) 18:24:11.38 0
外国を相手に戦って、史書に残るような軍功を立てたことはありますか?

いえ、私についてそうした記録が大きく残るようなことは・・・おそらく無いですね。

974: 世界@名無史さん 2012/10/03(水) 12:23:15.67 0
後世の記録には悪名が残ることになりそうですか?

最低最悪ってほどには書かれない・・・かもしれませんけど、私たちが朝廷で力を持つに至った経緯や、その際にあおりを食った人たちと立場を同じくする人たちの解釈とかで観れば、あまり良くは書かない人もいるかもしれませんね。
まあそのあたり含めて、後世の評価に委ねましょうか。

977: 世界@名無史さん 2012/10/04(木) 10:13:27.92 0
貴方の地位・財産・生命の安全を脅かすような政敵の名前が、具体的に思い浮かぶようでしたら教えて下さい
 
庚寅よりも後の時期で、私自身にとって最も危険な人物になったのは、曹元正でしたね。
へたをすると生命に関わるところでしたが、なんとかうまくかわせて、幸運でした。

979: 世界@名無史さん 2012/10/05(金) 19:14:18.84 0
慶大升は存命ですか?

慶大升は亡くなりました。

981: 世界@名無史さん 2012/10/08(月) 10:09:48.65 0
金光立さんですか?

・・・いえ、その名前も・・・私ではないですね。

983: 世界@名無史さん 2012/10/09(火) 14:55:13.34 0
再婚したことありますか?

その点についても記憶が定かではありませんが・・・、
再婚したことは無かったかもしれません。

985: 世界@名無史さん 2012/10/10(水) 15:58:50.97 0
李義?(日+文)に対して忠誠心は抱いてますか?

記憶がはっきりしませんが、李義[日文]どの自身に対する個人的忠誠心、というのは、私自身にはあまり無い・・・かもしれないですね。
まあ、世間に広く知られるほどあの人と真っ向から敵対してるようなことも、特に無いですし。

987: 世界@名無史さん 2012/10/11(木) 02:28:19.28 0
三別抄の評判、最近はどんな感じですか?
 
それは何のことですか?

989: 世界@名無史さん 2012/10/11(木) 03:37:26.56 0
三国史記の編纂作業は、もう完了したのですか?

それは金富軾どのが編纂を取り仕切った史書のことですか?
それでしたら、とうの昔に完成しています。

ただ、金富軾どのの息子に、我々武臣にとっては思い出したくもない者がいました。
もちろん、あのようなやからばかりが幅を利かせる時代など、庚寅の年で終わりました。

991: 世界@名無史さん 2012/10/11(木) 17:40:35.58 0
数代前の先祖は中国・宋の出身?

いえ、特にそのようなことは無いはずです。
19: 世界@名無史さん 2012/10/13(土) 23:28:06.65 0
武臣として大将軍の地位を得たのは、自らの武功あってのこと? 
それとも、縁故とか、賄賂とか、他人の尻馬に乗っかったとか?

私が大将軍の地位を得られたのは、もちろん庚寅の年以降の情勢にも或る程度関連があってのことですが、あの頃のことを思い返しますと、 
直接的な「武功あって」というのとは、おそらく少し事情が異なるかもしれません。 

かと言って、 
「縁故」だけでどうにでもできるほどの強力な人脈がもともとあったというわけではないですし、「賄賂」も、もともとはそんな大げさなことができるほど裕福ではありませんでしたし、「他人の尻馬に乗っかった」というのとも、やや違いますかね。 

まあ、考えてみますと、(自分で言うのは少々おこがましいかもしれませんが、)「任された仕事を頑張ったから」ってところなんでしょうか、おそらくは。

21: 世界@名無史さん 2012/10/15(月) 16:27:18.88 0
武人政権成立後は、政治面にも関わる必要が生じたのではないかと思いますが、文官系の役職には就かれたことがありますか?
 
ええ、あります。

25: 世界@名無史さん 2012/10/16(火) 11:18:47.75 0
官職の名前を思い出せるのであれば教えていただきたいが、思い出せなければ、司法や徴税、治水事業など、携わった仕事の分野を教えて下さい。

兵部尚書、枢密院使、中書侍郎平章事、参知政事といったところですね。


27: 世界@名無史さん 2012/10/17(水) 16:01:11.66 0
梁淑さんですか?

・・・いえ、それも・・・私の名前ではありませんね。

31: 世界@名無史さん 2012/10/17(水) 20:10:33.69 0
あなたの身内で、一番高位になられた方の役職ってなんでしょう?

私が覚えている限り、たぶん私自身の職階ではなかったでしょうか。 
正二品の、中書侍郎平章事になりましたので。

33: 世界@名無史さん 2012/10/19(金) 09:19:16.44 0
「莫逆の友」といった表現が似合いそうな無二の親友はいますか?

どうでしたかねえ。いたかもしれませんし・・・。 
でも、互いにそういう仲であっても、世間に広く知られるようなことは無かったと思いますよ。

35: 世界@名無史さん 2012/10/20(土) 07:33:23.61 0
一番最近の戦というと、何を覚えていますか?

近年、各地で民衆の叛乱が多いです。 
私自身が慰撫や鎮圧に赴くといったことは特にありませんが、朝廷は落ち着かないですね。 

私自身にとっては、それよりもやはり、曹元正が叛乱を起こしたときのほうが危うかったです。 
あのときは、一つ間違えば命を落とすところでした。

37: 世界@名無史さん 2012/10/20(土) 13:34:31.14 0
あなたが生まれたのはどこですか?

すみませんが、はっきり覚えてませんね・・・。 
「ええとこのぼんぼん」ではありませんし。

40: 世界@名無史さん 2012/10/20(土) 20:44:31.59 0
李靖恭さんですか

いえ・・・違いますね。

42: 世界@名無史さん 2012/10/20(土) 22:02:23.87 0
趣味は何を?

いえ、・・・私の個人的趣味が世間に知れ渡ってるようなことは・・・特に無いはずです。

47: 世界@名無史さん 2012/10/21(日) 02:50:32.62 0
崔忠獻をどう思いますか?

最近頭角を現してきた武官の一人のようですね。 
ひょっとすると、この先、李義[日文]どのと対立するようなことも起こるかもしれません。

49: 世界@名無史さん 2012/10/24(水) 11:41:00.97 0
(これはもう、正解者ナシの難問として打ち切っちゃった方が良いんじゃない?)


・・・皆さん、私のことを気に掛けてくださって、本当にありがとうございます。 
実は、先ほど、記憶を取り戻しました。 

私の姓名は、朴純弼。 
高麗人で、武官から身を興した者です。 

御心配をお掛けいたしましたが、もうだいじょうぶです。 
ありがとうございました。

53: 52 ◆tsBGJKqiXQ 2012/10/25(木) 21:39:54.36 0
21世紀の日本の者ですが、12世紀の高麗の朴純弼さんから、皆さんによろしくと、ごあいさつをことづかりました。 

私のほうでも朴純弼さんについて調べてみたところ、 
実は、「高麗史」に、朴純弼さんのプロフィールが比較的詳しく載っています。 
「高麗史 巻一百  列伝 巻第十三」 
を読んでみてください。 
朴純弼さんご本人についての項目があります。

引用元: ・ここはどこ?わたしはだれ?~二十六日目~

引用元: ・ここはどこ?わたしはだれ?~二十五日目~