31i0LtAvzVL._SL500_



1: 世界@名無史さん 2019/05/15(水) 01:46:03.93 0
アメリカ史上最大の戦死傷者を数える南北戦争について語りましょう








2: 世界@名無史さん 2019/05/15(水) 01:48:16.77 0
保護貿易と自由貿易の戦い
もし連合国が勝っていればラテンアメリカと同様に欧州の経済植民地になっていただろう

6: 世界@名無史さん 2019/05/15(水) 12:49:17.11 0
英語版Wikipediaのキングコットンの記事がなかなか面白い
連合国が独立した背景には南部が原料を供給しなければ北部工業地帯はすぐに機能不全になるという風説があったらしい

31: 佐久本和広 2019/05/22(水) 21:53:21.49 0
>>6
北部は主食である気候上「麦」が育たない、北部が工業化していたのはその為
だから北部にとって南部は「食糧庫」の意味合いもあるが

8: 世界@名無史さん 2019/05/15(水) 14:21:53.74 O
でも、結果的にアメリカ産低価格農産物がイギリス貴族の所領農場を壊滅に追いやったわけよね…イギリスはキチンと関税掛けてなかったのかなぁ…
NHKでやってたアメリカンプリンセスで…この時生まれた成金の娘がイギリス貴族に持参金付きで嫁いだとか?その子孫の一人にウィンストンチャーチルも…

9: 世界@名無史さん 2019/05/15(水) 15:34:18.58 0
仮に南部が勝っても北米に新しい国ができるだけだと思う
その後のアメリカ一人勝ち時代にはならないだろうけど

12: 世界@名無史さん 2019/05/17(金) 20:32:03.60 0
連合国が勝った場合、ナチスと手を組み世界征服戦争に乗り出し、日本にも攻撃をかけて打倒してしまう。そんな景気がいい見方もあるみたいですね。
『CSA~南北戦争で南軍が勝ってたら?~』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=B8BjExtHYTE

14: 世界@名無史さん 2019/05/18(土) 23:54:59.58 0
南北戦争からWW2まで80年あるからIF年表作るのは難しいだろうが
連合国存続を映画にするならそこまでやってほしいところ

20: 世界@名無史さん 2019/05/21(火) 07:46:28.69 0
南部が勝ったら奴隷制が続くから奴隷を輸入し続けてアメリカは黒人が多数派の国になったはず
北部の方が人種差別者が多く黒人だらけになるのが嫌で北部は奴隷制を廃止した
アメリカは南北戦争までは英語圏出身者が移民の大部分だったけど南北戦争後に黒人奴隷に代わる労働力として非英語圏からの移民を大規模に受け入れるようになった
東欧系ユダヤ人やイタリア人の移民を受け入れてアメリカはイギリス人の国から白人の国になった

23: 世界@名無史さん 2019/05/21(火) 16:18:36.24 0
南北戦争以前に奴隷輸入は既に廃止されている。

25: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 07:17:30.50 0
>>23
奴隷貿易が廃止されて半世紀が過ぎた1858年に至ってもまだ南部では奴隷の輸入が行われていた。
https://www.history.com/news/the-last-american-slave-ship
南北戦争で南軍が勝てば大手を振って奴隷船が復活しただろう。

42: 世界@名無史さん 2019/06/30(日) 07:49:16.76 0
>>25
米国最後の奴隷船は1860年に沈んだ「クロティルダ号」だという話もある。
最近ニュースになっていた。

米国最後の奴隷船、残骸を発見か アラバマ州
https://www.cnn.co.jp/fringe/35113708.html

27: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 11:38:48.72 0
リンカーンの奴隷解放宣言は、南北戦争の最中に行われた
つまりそれ以前は奴隷制が続いていたっていうこと
奴隷関係でも州法は州ごとにまるでバラバラ

28: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 14:36:26.53 0
そもそも北部に残った州でも奴隷制敷いてたところあるしな

29: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 15:34:21.94 0
インディアンはフレンチ・インディアン戦争でもアメリカ独立革命でもそのたびごとに両陣営のどちらかに部族ごと加担したり、部族が割れて両陣営に与していたが、そんな複雑な加担も南北戦争が最後

この時代になるとインディアンもすっかり無力化され西部に強制移住させられるような部族も相次いで部族による参戦というよりアメリカ市民としての徴兵に近い状況が増えていた

30: 世界@名無史さん 2019/05/22(水) 17:32:48.73 0
チェロキーの涙の道

32: 世界@名無史さん 2019/05/26(日) 23:53:27.05 0
未だに奴隷制の南部vs奴隷解放の北部の趣旨で語られやすいのはリンカーンのイメージ戦略が絶大だったんだろうな

44: 世界@名無史さん 2019/08/06(火) 08:13:11.45 0
>>32
むしろ最近の研究でははその手の「南北戦争の真の対立事項は奴隷制度ではない」論のほうが廃れてるんだけどな
「奴隷制の是非をめぐる戦争じゃない論」は南部の連中が後世に自己正当化のために使った論調の感じが強くて(いわゆる「失われた大義」)、当時のアメリカの世論を見てると普通に奴隷制度の是非が戦争の中心的話題だったぞ
そもそも連合国が独立を目指したのだってどう考えたって奴隷制度維持のためだったし

45: 世界@名無史さん 2019/08/06(火) 16:26:43.01 0
実は南軍も戦争末期奴隷解放を考えていたんだよ

46: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 00:09:52.99 0
>>45
それは初耳だな
どの程度具体的な動きだったんだ?
一部の政治家の間で主張されていただけなのか、それとも連合国政府内の正式な方針として練られていたのか?

47: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 00:45:47.23 0
黒人兵士を募集するときの謳い文句じゃなかったっけ

48: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 00:59:17.04 0
>>47
ああ、黒人兵士募集の時のやつか
納得

49: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 03:58:19.28 0
南軍も北軍も黒人は当初は雑用係だったが兵士として実戦に黒人を投入したのは北軍だけだよ

50: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 08:51:39.42 0
南軍も末期には「兵士として働けば奴隷解放してあげるよ」と謳うことで北軍みたいに黒人兵士を実戦に投入することを計画したようだけど、結局そういう方針が出てくるころには南北戦争の趨勢はすでに完全に北軍有利になってて、結局それから程なくして南北戦争は終わってしまう

86: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 14:57:12.93 0
南軍では黒人兵が存在しなかったって説があるけど 南軍のネイサン・ベッドフォード・フォレスト 
は自らの奴隷を兵士として使ったからな

87: 世界@名無史さん 2019/09/07(土) 18:14:17.25 0
黒人兵士は南軍も北軍も使ってた
どちらかというと北軍のほうが有名なイメージはあるが

103: 世界@名無史さん 2020/01/15(水) 16:42:12.83 0
南部連合は様々な議論を尽くしたあげく黒人奴隷を兵士にする議案を採決したんだよね 
ロバートリー自身この計画を支持したみたい。これが南部連合の奴隷制度解体と言われてる出来事。 
黒人部隊を試験的に武装させて訓練を施した。

52: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 20:02:17.14 0
映画「駅馬車」では、「反逆戦争」か「南部連邦戦争」かで言い合う場面が出てくるね。今はさすがに南北戦争で統一かな?サウスノースワー?

53: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 20:12:28.18 0
>>>52
アメリカでの南北戦争の最も一般的な呼称はCivil War(直訳すると内戦)であって、サウスノースワーなんて言い方しないぞ

54: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 20:27:32.20 0
>>53
そうか、南北戦争って向こうでは言ってないんだ

58: 世界@名無史さん 2019/08/08(木) 06:59:29.44 0
>>54
それぞれの陣営を南部(th South)と北部(the North)と呼ぶことは向こうでもやってるが、戦争自体の呼称はCivil Warであって南北を表す単語は出てこないな
アメリカ史では内戦らしい内戦ってこれしか起きたことないからCivil War(内戦)で一意に特定できるから

55: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 21:57:19.08 0
南部の奴隷制綿花貿易が儲かってたのは周知の事実だけど
その上がりで農園主がしてたことは綿花モノカルチャー経済からの脱却のための投資ではなく、ひたすら顕示的消費を行うことで南北戦争時の封鎖突破船が、戦略物資そっちのけで奢侈品の輸入に忙しかったのは有名な話。
こいつら頭の中が近代人じゃねえんだよな。封建時代くらいで止まっちゃってる。

63: 世界@名無史さん 2019/08/08(木) 23:30:35.88 0
>>55
王党派が多かったからね
イギリスの貴族みたいなのが多かったんだと思うよ

72: 世界@名無史さん 2019/08/10(土) 17:29:24.54 0
>>63
プロテスタントと言っても国教会は考え方がカトリックと大差なかったんだな

清教徒やその他新興のプロテスタントはヨーマンとかジェントリに支持されて投資を重視するようになっていく

56: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 23:38:12.40 0
贅沢を追及することがなぜ封建的なの??

57: 世界@名無史さん 2019/08/08(木) 01:03:11.56 0
>>56
少なくとも資本の有効再利用はしてないよね。綿花産業だけに頼り切ってる状況に不安を感じてたら、貯まったお金で別の産業起こすとかしそうなもんだよね。

59: 世界@名無史さん 2019/08/08(木) 11:53:44.27 0
>>56
まず南部に国民意識の低さや経済観念が希薄であることがあって、それが無意味な消費につながってるってこと。

コーナーストーン演説なんか見れば分かるように、南部人は経済的理由で戦争を選んだというよりもわりとマジで奴隷制を「あるべき正義&神の摂理」と思ってて、それプラス「おらが故郷を北部の連中から守る」っていう素朴な愛郷心で戦争してんのね。

しかも一般人だけならともかく、インテリ連中までが同じ信仰と愛郷心で戦争に突き進んじゃう。
おまえらアタマ封建制か?ってのはあるでしょ。

65: 世界@名無史さん 2019/08/09(金) 08:55:08.63 0
南北戦争で南部人が戦争を起こした理由は経済的理由よりも奴隷制擁護のためってのは本当だな
日本の世界史教育では「保護貿易と自由貿易の対立」みたいな奴隷制以外の二次的な戦争原因をやたら重視する傾向があるけど、当時の主要政治家たちの発言や世論を見る限り、奴隷制度が最も大きな戦争原因であったことは疑いようがないんだよな
保護貿易vs自由貿易みたいな経済的対立もあったっちゃあったけど、南北戦争の原因としてはあくまでもサブの要素にすぎない

68: 世界@名無史さん 2019/08/09(金) 18:04:12.72 0
奴隷制が南部経済に組み込まれてたからこそ経済体制の対立と説明されるんじゃない
奴隷制は自由貿易とプランテーションのの象徴だった

70: 世界@名無史さん 2019/08/10(土) 08:10:56.09 0
>>68
まさにその通り。南部人にとってはあくまでも奴隷制ありきだからこその自由貿易支持なんだよな
奴隷制擁護こそが当時の南部の政治家にとってはメインで、その派生的なものとして自由貿易もついでに支持したというのが実情

71: 世界@名無史さん 2019/08/10(土) 13:31:32.66 0
当時の農場主は綿花しか栽培しないから土壌がやせて使えなくなったら次の土地を求めてたみたいだね、これを繰り返すには土地が必要なわけで、その土地の獲得が南北戦争の原因でもあると思うよ
西部の住民の考えからが東部との流通を通じて徐々に北部側になっていって西部の土地獲得はできなくなった。自然に放置してとけば南部のプランテーション制は自然消滅して奴隷制も崩壊していたかもね
それか南米への南軍の侵略が起きていたかもしれない

77: 世界@名無史さん 2019/08/11(日) 14:14:58.71 0
>>71
領土拡大で新たに増えていった西部を南部と北部のどちらの陣営に引き込むかの争いは、まさに南北戦争直前のアメリカ政治の主要な対立要因になってたからな
北部共和党の政治家は西部への奴隷州の拡大には神経質になってたし、南北戦争なしでも奴隷制度はじり貧になって遅かれ早かれ長続きしなかった可能性は十分あるかもな


80: 世界@名無史さん 2019/08/15(木) 10:59:19.38 0
19世紀の大規模戦争といえば南北戦争と普墺・普仏戦争

南北戦争は戦況が終始グダグダで統制が取れず、消耗戦になった挙句に終結の決め手となったのは主力軍同士の決戦ではなく、敵の後背を焦土化するエグい戦法

一方普墺・普仏戦争はプロイセン参謀本部の緻密な作戦計画のもと、鮮やかな機動による敵主力軍の捕捉と殲滅で華麗に決着

当時の軍関係者らにとって、前者はアマチュア、後者こそプロの戦争であるとしてこぞって普墺・普仏戦争の経過を研究し、自国の軍計画に取り入れた
それから20世紀に入って第一次大戦が勃発
蓋を開けてみれば、実は南北戦争こそが時代を先取りしたものであったことに気付いた関係者はどれくらいいたのだろうか

81: 世界@名無史さん 2019/08/15(木) 18:19:07.19 0
WW1の泥沼化は日本軍が銃剣突撃で要塞を陥落させたという戦訓も大きい
これ以上はここで語る話でもないが

82: 世界@名無史さん 2019/08/23(金) 17:58:59.93 0
南北戦争後期から本格的な塹壕戦ははじまった
初期の頃は臨時的に銃床で地面に穴を掘ってた

83: 世界@名無史さん 2019/08/26(月) 12:51:04.86 0
アメリカ史上唯一の内戦だからこそ、その後のアメリカの社会や文化にも大きな影響を与えたよな
南北戦争を題材にしたアメリカの小説や映画の多いこと多いこと
アメリカ人にとってはそれだけ定番の話題なんだろう
日本史で幕末や戦国時代がやたら人気なのと似たようなものか

84: 佐久本和広 2019/08/28(水) 23:27:03.51 0
南北戦争は「黒人奴隷解放はどうでもよかった」とリンカーン本人が言っている
彼にも黒人奴隷がいたらしいし、奴隷解放後も黒人差別は変わらなかった事からも彼の発言を裏付けすることができる

では、ほかに何があったか?「それはアメリカ横断鉄道建設」が同時期建設してます
ソレも鉄道線路両端から同時且つ、アイルランド移民、中国苦力を使い急速に進めた、あまりにも急速な鉄道敷設(山などを切り開く為,ダイナマイトを使って)で両方とも死者多数出る始末
アイルランド労働者はあまりの苦痛の労働に「線路は続くよどこまでも」をつくった、日本に入ったが歌詞に「ララララ~ン♬」などが入っていることから歌詞を替えて伝えられたと見える

なぜ「アメリカ横断鉄道」建設にこだわったか?北部は小麦など作物が育たず、南部に食料を依存していた
その南部が独立したから北部は食糧不足になる、だから西部のロスアンジェルスを繋ぐ横断鉄道を結ぶ必要があった

おそらく「アメリカ南北戦争はアメリカ横断鉄道建設の為の囮」「リンカーンも英雄にあらず」「裏にイギリスの影があり」と結論する

85: 世界@名無史さん 2019/08/29(木) 12:46:13.92 0
>>84
もう、その手の「南北戦争の原因は奴隷制とは別にあった」的な陰謀論は古臭くて学界では否定されてるんだけどな
いまだにネットだとこういう陰謀論っぽい南北戦争原因論をさも真実かのように吹聴するやつが多くて困る

>南北戦争は「黒人奴隷解放はどうでもよかった」とリンカーン本人が言っている

そりゃ、リンカーンは穏健派だったから戦争勃発直後は南部をこれ以上刺激しないためにそういうことを言ってただけ
結局、そういう穏健派のリンカーンの言葉も信じず「奴隷制が危ない」と心配しすぎた南部が勝手に独立しようとしたのが直接的な原因
その背景は、神経質なまでに「奴隷制維持」を第一に考えた南部の政治家たちの過激な行動による面が強い

>彼にも黒人奴隷がいたらしいし

完全にダウト。リンカーンの奥さんの実家が奴隷所有者だったことと混同してるのか?
リンカーン自身は奴隷所有者じゃないぞ

>奴隷解放後も黒人差別は変わらなかった事

共和党急進派はれレコンストラクション期に憲法修正を重ねて黒人差別解消に努めてたぞ
それにも関わらず、KKKの台頭などで南部政治家が徐々に勢力を回復したことで、レコンストラクション終了末期から徐々にまた黒人差別的な法制度(ジム・クロウ)に戻っちゃっただけ
だから南北戦争の原因が奴隷制とは関係ない事の証にはならない。単に、南部政治家の揺り戻しのせい。

大陸横断鉄道の建設が同時期に始まってたのは事実だけど、それを南北戦争の原因に結び付けるのはこじつけすぎる
囮ってなんだよ?同時期に建設進行してたし南部と争点になってたわけでもない囮もくそもないだろ
しかも、「裏にイギリスの影があり」の根拠はない。聞く価値のない陰謀論ですね

108: 世界@名無史さん 2020/02/22(土) 20:07:59.66 0
>>85
実際には南北戦争とイギリスには関係がなかったとしても、陰謀論が建国直後から大好きな
アメリカ人にとってイギリスやユダヤとのつながりは南北戦争中から敵陣営非難に使われて
いたようですね
尚、この南北戦争の辺りからアングロサクソンと言う言葉が米英で多様され、米仏の共和主義とメイソンのつながりより米英の血のつながりが強調されるようになったようです
直接関係はなくても南北戦争中に英仏がどう対米関係で動いたか見るのは興味深い所です
アメリカ人は現在でも共和主義強調派(=陰謀史観が強い人達)とアングロ同盟強調派の対立が続いているように思います

88: 世界@名無史さん 2019/09/11(水) 21:51:50.98 0
南部が勝って奴隷制度が存続してたら本土からハワイへ黒人奴隷が送られて同地で彼らによるプランテーション農業がおこなわれてたりして

89: 世界@名無史さん 2019/09/12(木) 08:44:24.59 0
>>88
南北戦争で南部が勝ったとしても南部連合が独立するだけだし、独立した南部連合が奴隷を輸出できるほどハワイと繋がりを持てるとは思えないけどな
地理的にも離れすぎてるし厳しいだろう

99: 世界@名無史さん 2019/12/05(木) 09:47:36.54 0
人類史上初の総力戦って認識でいいのかな?

100: 世界@名無史さん 2019/12/12(木) 08:43:33.86 0
総力戦の定義はともかく19世紀にアメリカが経験した戦争の中では一番規模の大きかったものなのは間違いない
2つのway of lifeの衝突であり、だからこそ今でもアメリカ史において何度も語られる

124: 世界@名無史さん 2020/06/17(水) 07:09:17.25 0
>>100
アメリカの戦死者の多かった戦争

米西戦争1898年~1901年 2446人
アフガニスタン戦争2001年~ 2500人
アメリカ独立戦争1775年~83年 4435人
イラク戦争2003年~11年 4486人
米墨戦争1846年~48年 1万3283人
朝鮮戦争 1950年~53年 3万6574人
ベトナム戦争 1964年~73年 5万8220人
第一次世界大戦1917年~18年 11万6516人
第二次世界大戦1941年~45年 40万5399人
南北戦争1861年~65年 49万8332人


日本の主な戦争の戦死者数

戊辰戦争1868年~69年 8200人
西南戦争1877年 2万人
台湾出兵1874年 567人
日清戦争1894年~95年 1万3488人
日露戦争1904年~05年 11万8000人
第一次大戦1914年 415人
シベリア出兵1918年~22年 4000人
日中戦争1931年~45年 20万人
第二次世界大戦1941年~45年 310万人

125: 世界@名無史さん 2020/06/17(水) 07:23:47.41 0
>>124
載ってなかったので検索してみた
米英戦争1812年~1815年 2260人

大規模な戦闘が少なかったからその割に多いと見るか期間から考えると少ないと見るか・・・

104: 世界@名無史さん 2020/01/17(金) 21:00:00.37 0
米国で野球が普及したきっかけが南北戦争。
戦争の合間に白人も黒人も野球に夢中になった。
元は東部の上流白人の娯楽だったが、故郷に戻った兵士たちが全米に広めた。

105: 2020/01/18(土) 03:19:21.34 0
ケピ帽ももともとは野球のユニフォームだったよね。 

106: 世界@名無史さん 2020/01/20(月) 13:15:26.84 0
なんか 休戦時は敵味方関係なくお互いコーヒ飲んだり雑談したり日記読みあったりしてたみたいなんだけど
 
やっぱり 本当は戦争なんかしたくなかったんだね 庶民は 

112: 世界@名無史さん 2020/06/12(金) 11:29:33.34 0
映画「風と共に去りぬ」を配信停止 人種差別表現めぐり
https://www.asahi.com/articles/ASN6C2W6QN6CUHBI00J.html?ref=yahoo

113: 世界@名無史さん 2020/06/12(金) 11:32:07.00 0
今後はTVでも放送されなくなるのかな

引用元: ・アメリカ南北戦争を語ろう