41Yle7WHawL



1: 酷使 投稿日:2009/12/26(土) 23:30:20
ヨーロッパの全人口の1/3が死んで歴史を動かした病気








2: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/26(土) 23:38:00
これって何でヨーロッパであんなに猛威奮ったの?
不潔だったのはわかるが、どっからきたん?

25: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 16:14:59
>>2
1.13世紀にモンゴルが入ってきてアジアのステップ原産ペスト菌を媒介する蚤が入ってきた
2.中世西欧では猫が忌み嫌われて駆除されていたためネズミが多かった
3.1の蚤が2のネズミについて広がった
4.あぼ~ん

スラブの文化の人たちはカトリック圏や正教圏にかかわらず猫を大事にしたのでセーフ

3: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/27(日) 01:10:45
人が減って効率のいい農地のみ耕す事になり一人当たりの農業生産が増加
余剰作物が生まれ大量の知的産業従事者の雇用余地が生まれる。
そしてルネサンスが始まった

5: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/27(日) 16:50:04
最初はどっから来たんだ?

6: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/27(日) 16:57:16
>>5
モンゴル、イシク湖周辺より、黒海・エーゲ海を経由してヨーロッパに伝わったそうな。

41: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/11(月) 14:08:43
>>6
雲南地方からきたんじゃなかったっけ?

7: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/27(日) 16:58:56
1347年の最初の被害から1450年までの一世紀の間、ヨーロッパの人口は少なく見積もって30から40パーセント、多くて60から75パーセントを失った

らしい。

10: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/28(月) 00:02:29
マジこの時代地獄みたいだったんだろうな
映像があれば・・・

11: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/28(月) 00:10:05
コナン・ドイルの「白衣の騎士団」だかその続編だかに、黒死病を肯定的に書いてある文章があったような。
むろん悲惨な歴史だが、それがあったから新しい階層が英国を活性化させたという筆致で書いている。

12: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/28(月) 20:06:07
ウィーンのペスト柱


youtubeに差し替えました

知らんかったけど、他にもあるみたいだね。 

14: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/29(火) 16:11:40
ペストといえばヨーロッパ。
タタールの襲来も原因とはいえ、中世同時期の中国で発生記録が無いのが不思議。

15: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/29(火) 17:32:53
いや、中国でもかなりの被害を出してるし、記録も残ってる。 
『疫病と世界史』の巻末に一覧表が載ってる。

46: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/04(日) 02:24:01
>>14
金や西夏滅亡時の戦乱や、モンゴルによる殺戮と相まって、ペスト流行後、華北では人口の8割9割が死んでたとかそんなレベルだったとナショジオに書いてあったような記憶がある。

47: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/04(日) 19:39:08
中国の場合は王朝が変わるたびに半分くらいは死んでいたから 
共産党の天下になるときでさえ、何千万も死んでいたから、ペストとは限らないのではないかねぇ

49: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/05(月) 01:18:23
>>47 
元朝で疫病(正体不明)が流行したのは紅巾の乱が始まる以前だろう。

50: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/05(月) 09:17:24
中国は疫病大国だよな 
王朝変わるたびに人口減りすぎ 
人口増加、飢饉、栄養失調、疫病の連続だよな 
ペストも全く同じ経緯だったけど 
中国はそれを数百年おき繰り返している

52: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/07(水) 23:47:47
明末 -> 四川で戦乱のために人口激減 
清末 -> 太平天国の乱で数千万人が死ぬ

54: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/13(火) 21:35:33
戦乱と疫病はワンセット

57: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/16(金) 05:25:50
>>54 
だね。現代でも難民キャンプでは頻繁に疫病が発生しているわけで。 
ペストやインフルエンザのように平時の時に発生するパンデミックとは意味合いが違うけど、戦乱時の人口激減は乳幼児死亡率の激増が原因で、その死亡率激増の原因が衛生・栄養状態の悪化による疫病。

58: 世界@名無史さん 投稿日:2010/08/03(火) 23:00:38
免疫力は精神の不安定やストレスによって下がるとも言われているね。 
戦乱や難民になったことで精神的に不安定になって余計にかかりやすくなるのかも。

17: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/29(火) 22:28:49
この時代まさに世紀末のようだったんだろうな

18: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/29(火) 22:33:57
世界史図表とかみると、ポーランドあたりだけあんまり被害がなかったらしいが
ユダヤ人を保護してたことと関係があったりするのかね

19: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/30(水) 19:20:33
ポーランドに限らず、スラブ系地域は猫様が多いので被害は少にゃいのよ。
日本だって病原菌をまき散らすネズミの発生抑制に地域猫は大事なんだよ。

20: 世界@名無史さん 投稿日:2009/12/31(木) 03:53:56
そういや朝鮮半島や日本でペストが起こったことって聞かないな

21: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/02(土) 17:32:23
代わりに江戸後期はコレラが大流行したがな

22: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 14:33:12
ヨーロッパの人口の三分の一が死んだとよく言われるが本当にそんなに死んだのだろうか?
誇張ではなく?

23: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 14:50:59
治療法も予防法もわからない兇悪な疫病が流行ったらそれくらい死んでも不思議はない。
しかも、当時の人々は恐ろしく不潔な生活してたんだし、栄養状態も悪かったから抵抗力も弱いし。

24: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 16:11:40
ポーランド人は猫を大事にしたから14世紀のあのペスト大流行を免れたんだな
ペスト禍の犯人とされた西欧ユダヤ人の避難所にもなった

ポーランドで酷いペスト禍があったのはロシアやコサックやスウェーデンに攻め込まれた戦乱期の17世紀半ば

29: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 22:23:13
>>24
17世紀にはトルコ軍の侵入があったのを忘れてはいけない。

ペストはもともと野生の齧歯類の間に見られる伝染病であり、それが蚤を介して人間に伝染されることでペスト禍が起こる。
オスマン・トルコには「自然の病巣」、野生の齧歯類の間で慢性的に流行している地域がいくつかあった。恒常的なものはクルド地方に、一時的な病巣がアルバニア、モルダヴィア、イスタンブール、アナトリア地方にあったと考えられる。
トルコの外ではカスピ海周辺の南ロシアにもあったらしい。したがってペストの流行はオスマン・トルコでは慢性的で、一八世紀初頭から一九世紀中葉までの一五〇年の間に九四回の発生を見ている。

平賀英一郎『吸血鬼伝承』より

30: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/03(日) 23:33:42
>>29
トルコはポーランドに侵入したっけ?ハンガリーまでだった気がするが
カルパチア山地まで来てヤン3世ソビエスキに撃退されたんじゃなかったっけ?

ただしペスト菌の宿主の蚤とそのまた宿主のげっ歯類が何らかの形でポーランドに侵入した可能性はあるね

31: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/05(火) 11:19:29
この当時の人間の暮らしはすさんでたんだろうな

33: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/05(火) 17:49:47
>>31
最近の歴史映画はリアリティを出す為に、感染症にかかり膨れた傷口跡等の描写が多い
気がする。
不衛生かつ予防接種など医学が未発達だからね。
成人しても綺麗な顔立ちや多かれ少なかれ身体部位欠損の無い人間の方が少ないと思う。
衛生衛生、殺菌抗菌の現代は現代でまた逆に問題あると思うが。

34: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/09(土) 04:16:26
ペストって今でもあんのかね

36: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/10(日) 06:22:32
>>34
人間しか保菌できない天然痘などの菌なら、全ての人間から保菌者が居なくなった時点で根絶といえるが、元々げっ歯類に付く蚤が保菌しているペスト菌は、存在の確認のしようが無い。
アメリカから日本に輸入されるプレーリードックにペストが発生したのが1998年、
日本でプレーリードックの輸入禁止処置が行われたのは2003年、
げっ歯類の輸入届出制度が施行されたのが2005年9月。
反応が遅いのはお役所仕事だが、日本だって現在でもペスト対策を行っているよ。
人間の死者が出たケースとしては1994年のインドでの流行では患者2500名、死者50名。
つい最近でもそんな状況。

35: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/09(土) 11:06:47
そもそもペストがどんな病気か判ってない

恐らくは今「ペスト」と呼んでる病気がペストだろう、とされてるがそうではないという説を唱える人もいるわけで

37: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/10(日) 13:46:29
うわさでは黒い斑点ができるらしいが?

38: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/10(日) 15:00:36
黒い斑点のできる病気なんて幾らでもある
ペスト自体本来黒斑ができる病気ではなく、ペストから敗血症を起して黒斑ができる
更に細菌やウィルスは進化・変異するものであり、現在の症状と同じであるとはいえない

従って当時の症状の記載だけでどの病気かはなかなか判らない

39: 世界@名無史さん 投稿日:2010/01/11(月) 13:30:03
腺ペストと肺ペストとかもあるよな

48: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/04(日) 21:23:42
ペストで大量に人が死んだせいで食料不足は却って緩和されたみたいな話があるな


55: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/15(木) 04:39:12
あの鳥みたいな仮面の意味と言うか由来は何なんだろう。宗教?

59: 世界@名無史さん 投稿日:2010/08/10(火) 01:03:50
>>55
中世の版画とかの、鳥の顔した悪魔?固有名詞が知りたいです。 - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1236982932

Plague doctor
(プレイグ・ドクター:ペスト医師)
index



16世紀のフランス人医師シャルル・ド・ロルム(Charles de Lorme)が考案したペスト患者往診用の防毒衣。
眼部:ガラスはめ込み。
嘴部:内部にハーブなどの薬草を詰め、防臭・空気清浄および長尺による患者への過度の接近回避。
衣装生地:麻・蝋を塗った布地を使用し気密性を向上。
ステッキ:布団・衣服をめくるために使用。(脈を測ったとも)

Wikipedia 関連ページ
http://en.wikipedia.org/wiki/Plague_(disease)
http://en.wikipedia.org/wiki/Consequences_of_the_Black_Death

61: 世界@名無史さん 投稿日:2010/08/12(木) 16:23:29
>>59
へぇ~効果あるのかねぇ?
最初見た時は悪魔の顔でも模しているのかと思った。

56: 世界@名無史さん 投稿日:2010/07/15(木) 10:11:34
機能が先。後から嘴みたいだねと言われてそう描かれた。
あれは防疫服。嘴の部分はマスク。
ただし当時は細菌を防ぐのではなく、悪い瘴気を防ぐ為に香辛料、ハーブなどが入っていた。


引用元: ・中世ヨーロッパに於ける黒死病(ペスト)を語れ




ペスト大流行―ヨーロッパ中世の崩壊 (岩波新書 黄版 225)
村上 陽一郎
岩波書店
売り上げランキング: 88,185