51U27BF-ufL




1: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 09:05:27 0
すさまじい努力で、成功をつかんだ偉人たちをあげていくスレ。
日本史(日本人)でもOK。

ラクして大金を稼ごうというプチホリエモンが増殖し、「努力」や「根性」という言葉が
死語となりつつある中、こういうスレも、意義があるのではないかと。

具体的に、どんな努力を続けたのか。
その結果、どんな成果を残したのか。

この2点を書いて頂ければ、ありがたいです。










5: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 09:44:53 0
マンネリやな~、と思われるのを覚悟して・・・

トーマス・エジソン。
アメリカの発明王。

エジソンは、竹を使ったフィラメントの白熱電球を発明したが、その発明までにあらゆる種類の素材で実験しては、失敗した。その失敗の数、約1万回。
失敗が1万回を超えたとき、友人がエジソンに尋ねた。
「1万回も失敗したのに、まだ続けるのか?」
エジソンは言った。
「俺は失敗なんかしてないよ。1万回も、うまく行かない方法を見つけたんだ。」

6: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 09:45:23 0
(続き)

彼は、不自由な耳という障害をかかえながら、約1,300もの発明をした。

エジソンの名言

「天才は1%のひらめきと99%の汗である。」

「みんな食べたり、寝たりが多すぎる。これでは、健康に悪い。自分は普通の人の半分の食事と睡眠の量で十分だ」。

エジソンの睡眠時間は4、5時間であった。

8: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 09:56:41 0
>>6
彼が言いたかったことは「ひらめきが無いと幾ら努力しても無駄」
ということだったのが定説だよ。
24: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:39:57 0
日本で有名なエジソンの名言は、
「天才は1%のひらめきと99%の汗である。」

しかし、アメリカの教育書で最も取り上げられるエジソンの名言は

「私は一度も労働(=汗、努力)をした事はない。みんな遊びだった。」

つまり、好きこそものの上手なれって事。

10: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 11:53:36 0
天才とは強烈な忍耐者である。
(トルストイ)
代表作『アンナ・カレーニナ』『戦争と平和』

11: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 12:04:53 0
「私は特別な人間ではない。しいて言えば、普通の人より、ちょっと努力しただけだ。」
(鉄鋼王アンドリュー・カーネギー)

12: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 12:08:18 0
「まず汗を出せ、汗の中から知恵を出せ、それが出来ないものは去れ。」
(松下幸之助)(説明不要)

19: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 16:36:32 0
今年で30歳ニートになるんだが
30歳まで目が全くでなかったが成功した偉人っている?

28: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:45:57 0
漢の高祖
30半ばまで、完全ニート。

31: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:52:45 0
でも高祖は今で言うチーマーのボスみたいなことやってて労働しなくても子分の上納金で食っていける環境つくってたんだろ?
30: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:51:57 0
秀吉も22歳の頃に、自分より身分の高いねね(14歳)と結婚
30歳の頃には明智と一緒に京都の行政やっている

角栄も30代には事業起こして成功し結構大きい会社の若社長
二年後には最年少で衆議院入り

出世している奴は30までに一廉の事は終えている
30までニートなど成功する訳がないだろう

32: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:56:53 0
こじきから皇帝の朱元璋も30代には一勢力の群雄で乞食はとっくに卒業だしな
乞食よりニートの方が成功する見込みないのは確かだろう

33: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:58:11 0
源頼朝

30代まで引き篭もりニート

34: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 18:58:54 0
水木しげる

40まで食うや食わずでした。と述懐している

37: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/01(火) 19:03:10 0
蛍雪の故事で有名なのが車胤・孫康。
我が国でも10代から60代までの埋れた文人たちが手本にした人物ですが、本来は別々に知られていたようで、最初から並び称されていた訳ではないようですね。

50: 世界@名無史さん 2008/04/02(水) 02:42:20 0
「蛍雪の功」の孫康と車胤

孫氏世録曰、康家貧無油。常映雪讀書。少小清介、交遊不雜。後至御史大夫。

孫氏世録に曰く、康、家貧にして油無し。常に雪に映して書を読む。
少小より清介にして、交遊雑ならず。後に御史大夫に至る。

晉車胤字武子、南平人。恭勤不倦、博覽多通。家貧不常得油。夏月則練囊盛數十螢火、以照書、以夜繼日焉。

晋の車胤字は武子、南平の人なり。恭勤にして倦まず、博覧多通なり。
家貧にして常には油を得ず。夏月には則ち練囊に数十の蛍火を盛り、以て書を照らし、夜を以て日に継ぐ。

―『蒙求』孫康映雪・車胤聚螢

41: 世界@名無史さん 2008/04/01(火) 22:29:36 0
>>37
調べたら車胤って最後自殺してんだよな……。

>一般にはこのような勉学に熱心な姿ばかりがイメージされるが、反面遊興にも長けており、上官が来るときには率先して宴席を設け、宴会の場に彼がいない時には、「車公がいないと楽しくない」と周りに言わしめたとされている。
吏部尚書まで務めたが、最後は司馬元顕と対立して自殺させられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8A%E8%83%A4

努力して出世した結果が宴会の幹事で、あげく詰め腹切らされて自殺なんて、ちょっと切ないなぁ。この時代「馬鹿馬鹿しいから出仕なんかせずに清談にふけってる」という奴が大勢いた理由がわかる気が。

42: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/01(火) 23:25:41 0
郭璞といい、名を挙げた人物が武人でなくてもずいぶん死んでいますね。
やりきれない思いになります。

44: 山野野衾 ◆CXSSL1llHI 2008/04/01(火) 23:48:10 0
そういえば、やはり東晋の文人の潘岳も石崇、欧陽建らと共に一族皆殺しの憂き目にあっていましたね。 崇の父の石苞は、成り上がりと言われながらも地位を築いた人物で、その息子の石崇は「自分で財産を築ける」と言った父の遺産分けに預かることができなかったものの、実際に大金持ちになったというので有名。

なお、潘岳は処刑される前に自分の父の昔の部下で自分が嫌って何度か鞭打っていた孫秀と会い、大臣になっていた彼が恨みを忘れていないことを述べたので覚悟を決めたということですが、孫秀も努力家ではあったのでしょう。
執念深い話ですが、執念がないと成り上がることは難しいでしょうし。家康が幼少時に侮辱された今川家の家臣を駿河占領時に切腹させた話や、秀吉が小田原征伐の時に昔自分を打ち据えた徳川の家臣を罰しようとしたという話もあります。

53: 世界@名無史さん 2008/04/02(水) 09:27:25 0
アウラングゼーブ、ルイ14世、フランツ・ヨーゼフなど必死で働いても国が傾いた。
努力が報われるとは限らない。

56: 世界@名無史さん 2008/06/02(月) 15:03:43 0
皇帝ナポレオンがまだ出てないな。
刻苦精励して16歳で卒業試験合格し少尉任官。(コレは本人も後々まで誇りにしていたそうだ)
食費を切り詰めてまでした莫大な量の読書がその後の彼の活躍の基礎となった。
イタリア方面軍司令官として八面六臂の大活躍
馬上で3時間しか寝てないという伝説も彼のもの(ホントは昼寝をチョコチョコしていたようだが)

57: 世界@名無史さん 2008/06/03(火) 00:17:39 0
清聖祖康煕帝ことエルヘタイフィンハンこと愛新覚羅玄曄(←日ではなく火)
彼も働き過ぎで血を吐いたとか
過労死した息子よりはましだろうけど

引用元: ■睡眠3時間■「努力家」列伝■血・汗・涙■

マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力
山梨 広一
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,735