510RqerJR7L._SL500_ (1)



1: 人間七七四年 2015/08/02(日) 08:09:41.68 ID:etDTc8ZT
よくわからないので、お教えください。








2: 人間七七四年 2015/08/02(日) 09:16:33.46 ID:5MqV97AS
まぁ信玄から学んだっていうのがあるが
総じて棚ボタ。

9: 人間七七四年 2015/08/02(日) 19:25:34.32 ID:Hz9tffIx
家康の強さはやっぱ根回しの巧さだろ
政治力の高さ

17: 人間七七四年 2015/08/11(火) 02:37:21.78 ID:H6QIligg
他の実力者より長生きだったから

33: 人間七七四年 2015/09/17(木) 07:10:13.57 ID:ZvlP8Tm5
この手の議論ではだいたいこの結論でおさまる

運が良かったから

37: 人間七七四年 2015/09/20(日) 18:52:54.29 ID:kqrbD7F3
信長が桶狭間で義元を討ったどさくさで岡崎城GET
当主が討ち死にしてゴタゴタしてる今川家を武田家と挟撃して遠江GET
織田家が武田家を滅ぼしてるおこぼれで駿河GET
本能寺で信長が横死を遂げる→混乱の極みになった甲斐・信濃を治めてGET

ラッキーはラッキーだがチャンスをものにしていくのはやはり才能ではある

45: 人間七七四年 2015/09/21(月) 14:00:30.17 ID:9FZDsbYi
信長と同盟を崩さなかったことが一番大きいんじゃねーの

53: 人間七七四年 2015/09/23(水) 05:45:42.48 ID:Yba2pPLm
徳川長期政権の礎を築けた要因の一つは信長秀吉という反面教師がいたからだよな。

天下とったあとは絶対に信長や秀吉みたいにはなるまいと思っていただろうし。

55: 人間七七四年 2015/11/04(水) 08:45:57.03 ID:hl2DoZ6E
徳川家康って今川家でも一門格になってるんだよな。
桶狭間で今川が勝ったとしても動きようによっては天下とれるな。

75: 人間七七四年 2015/11/21(土) 14:25:18.21 ID:Ui/86iio
統一とは言っても、家康は対立構図がシンプルな中での成功だった
大きく分ければたった二つという派閥対立で、対抗派閥の中枢を潰せば、残りは降伏するしかない流れになる

戦う相手が何十もある時代とは構造が違う

91: 人間七七四年 2016/01/27(水) 16:33:19.54 ID:d41lzHfl
秀吉は天下統一後に自分の死後に天下簒奪される事の無いように万全の仕組みを作った。
しかし秀次事件で秀吉はその仕組みを自ら破壊してしまった。
家康も秀次事件が無ければ天下簒奪を諦めてた。

92: 人間七七四年 2016/01/27(水) 16:47:02.92 ID:+w37PisC
秀長がカギぢゃ
秀長さえ長生きしていてくれていれば秀次事件は起きなかったのぢゃ

93: 人間七七四年 2016/01/27(水) 17:22:58.72 ID:d41lzHfl
>>92
秀頼が生まれた時点で結果は同じ。
秀頼が生まれたことで秀次が邪魔になって秀次事件が発生したわけだからな。
秀次排除に反対した秀長が立腹した秀吉に切腹させられた可能性すらある。

豊臣政権が続く道は、秀吉の実子が秀吉死亡時点で充分に成人してるか、もしくは秀頼が生まれずに秀次が関白位のまま秀吉が死亡してるかの2通りしかなかった。

96: 人間七七四年 2016/01/27(水) 22:38:54.24 ID:uuPBQ//w
家康って野心はないけど、転がりこんできたら何が何でも掴もうとする印象がある
そして掴んだものを絶対に手から離そうとしない
だから秀吉が死んだことで「天下」が転がってきたら掴んだだけなんじゃないの?
長生きしようとしたのも天下とるためではない気がするけどな

98: 人間七七四年 2016/01/28(木) 12:55:40.56 ID:orldLVCS
転がりこんできたから天下をとったというか、家康は基本的に真面目だから(これは信長にも言えるが)天下静謐のために手を尽くした結果、新政権樹立の道しか無くなったんじゃないかなあと思う

99: 人間七七四年 2016/01/28(木) 18:10:48.52 ID:KAYV7M2M
野戦に強く深謀遠慮あり状況判断も適格で時代を読み違えず健康で長生きしたからでは?

117: 人間七七四年 2016/01/31(日) 19:37:49.96 ID:tbP6b2rJ
>>99
家康の能力というより、人使いの上手さだろう。深謀遠慮があったというが、それも有能な家臣からの情報があっての事。
信長と家康は全くタイプが違うが、人には恵まれていた。これは、兵質が良かったという三河ならでは。だから、信長は尾張を基盤として、三河武士の武を欲した。
家康の活躍は、家康のもの。弱兵というが、尾張も人材が居なかったわけではない。
武士ではなく、その他の民間人や商人に分散していただけだろうね。

101: 人間七七四年 2016/01/29(金) 04:40:34.75 ID:JFegIf2B
長生きも才能の一つというのもあるね。
家康が関ケ原直後あたりで死んだら徳川幕府は無かったと思うし
仮に前田利家があと10年生きていても徳川幕府はなかったろう。

103: 人間七七四年 2016/01/29(金) 08:46:27.99 ID:uzQfm7YF
あと肉親への情に溺れないとこもあるよな
信康を切腹させたり忠輝を追放したり息子だろうが反逆者は許さない

104: 人間七七四年 2016/01/29(金) 08:49:46.34 ID:3jBkS1zs
肉親だからって甘い裁定したら信長みたいに反乱に苦しむことになるからな

105: 人間七七四年 2016/01/29(金) 17:16:23.92 ID:sMbQNOSp
逆境に弱い印象だが、結局のところ生き延びたからな

・今川家に預けられる身のはずが、織田に横取りされる&父・広忠が織田の恫喝を退け、なびかないことを表明
人質としての価値を失った竹千代は、いつ殺されてもおかしくない

今川家が軍事行動を起こしてまでして、救出してくれる

・桶狭間で今川義元討死
取り乱して自害しようとする

自死を止められ、新たな目標を与えられる

・本能寺の変で信長が横死
取り乱して自害しようとする

自死を止められ、自領への脱出にも成功

・秀吉との対立中、背中の出来物が悪化して死を覚悟
死後の方針を整理しようとする

本多作左衛門のハッタリで名医の治療を受け、快癒

106: 人間七七四年 2016/01/29(金) 20:08:13.62 ID:QS1CHm9m
小牧長久手の戦いが大きな鍵
武田勝頼は長篠の合戦で国力の差があったから負けて仕方ないとか擁護する人いるが、それは違うことを家康は見せつけている
最終的には秀吉に屈したけれども、この戦いで諸将の大きな尊敬を勝ち取った

119: 人間七七四年 2016/02/17(水) 14:14:26.74 ID:Mj4A6oeh
戦上手
運動好きで体が強い
得意戦法は謀略戦
2番手で生き残る処世術
新統治に敵の旧臣起用
律儀物で周りの信用もある

家康はずば抜けて無いが、何でも出来るからゲームや専門家の能力分析でやたら高くなる
信長死後からは弱点が無かった

120: 人間七七四年 2016/02/17(水) 14:49:37.18 ID:YtO+QDrN
後は忍耐強さがある
それが最たる能力だろう

135: 人間七七四年 2016/04/21(木) 11:14:04.19 ID:BRN4uflu
関ヶ原の戦いをセッティングしてくれた石田さんのおかげ
あれがなかったら家康存命中に天下なんて握れなかった

144: 人間七七四年 2016/06/03(金) 16:20:46.60 ID:7sPXhHWp
>>135
これだな

146: 人間七七四年 2016/06/18(土) 20:27:26.41 ID:8lRJFAUd
>>144
鎌倉幕府の北条執権家みたいに、「権威」=秀頼を祭り上げて「権力」を握り、実質的な天下人になるだけなら関ケ原なくても余裕だろう。

138: 人間七七四年 2016/04/26(火) 21:46:09.71 ID:2qguANqT
そういや家康って鎌倉幕府の正史吾妻鏡が愛読書だったらしいな。とりあえず鎌倉幕府の歴史を見るとほんと暗殺、毒殺、謀殺、裏切り、寝返り、騙し討ちのオンパレード
家康がそこから何を学んだかなんだよな。
江戸幕府が鎌倉幕府と同じことやってたらさすがに300年は続かなかった。将軍の代かわりごとの恒例の後継者をめぐる血みどろの争いがおきない仕組みを作っただけでも、家康は政治家としてかなり優れていたと思うぞ。
とにかく家康がただ己を欲を満たしたいがために征夷大将軍になるようだったら、幕府は家康の孫あたりの代で滅んで、最悪戦国に逆戻りだったかもしれない。そうすれば今ほど家康の存在がクローズアップされることもない。
結局家康は武将としてよりも政治家として評価すべきだと思う。

159: 人間七七四年 2016/06/25(土) 20:04:08.82 ID:XDSjOrq6
豊臣の築いた基盤、なんてないよな
むしろ穴だらけだったからこそ家康が躍動できたわけで。
反面教師といわれればまさしくそうなのだろうが。
江戸は滅びたが日本人ってたくましいな

162: 人間七七四年 2016/07/06(水) 15:12:47.21 ID:G4HiFw3V
秀吉の政権は、織田信秀→信長と受け継がれた清州織田政権の色が強いが、家康の政権は今川政権の申し子かと思われるほど今川色が強く、はっきり言って別物

単に、全国の諸大名に号令をかけることが可能な立場の強力な大名家の力関係の変化が、豊臣家がトップの時代から徳川家がトップの時代へと移り代わった、それだけのこと

163: 人間七七四年 2016/07/07(木) 09:48:18.31 ID:dFhdf5bF
豊臣政権はモデルケースがほぼ信長しかなかったけど、徳川は今川も武田も北条も旧臣を通じてノウハウを知っていたというのは強みだったかもな

164: 人間七七四年 2016/07/08(金) 22:02:11.08 ID:/KCeSdTG
実力主義の織田政権、豊臣政権を反面教師にして
徹底的な親類と譜代重視の政権にしたからじゃね

165: 人間七七四年 2016/07/08(金) 22:35:08.46 ID:iufuCxtK
織豊政権はそれ程、実力主義では無いと思う

166: 人間七七四年 2016/07/09(土) 02:14:49.46 ID:1u+QnHf0
そうだな
基本的に身内にエサあたえてるだけで他の武将とそんなに差はない

179: 人間七七四年 2016/07/24(日) 22:31:21.96 ID:y8GIP0jI
家康が天下統一できたのは関ケ原で勝てたからじゃなく
その遥か前の小牧長久の戦いで秀吉に負けなかったから
あれで負けていたら大幅に所領を減らされ秀吉の死後好き勝手に振る舞えなかった

229: 人間七七四年 2017/11/18(土) 23:42:21.27 ID:jHHvDTx1
なんか家康って武将としてよりも、むしろ天下を取ったのち300年の支配体制を築いた内政家として
の手腕こそ評価すべきだと思う。もし徳川幕府が家康の死後20年か30年くらいであっさり滅んで、
戦国時代に逆もどりとかだったら、後世の家康の評価って全然違っていたと思う。

232: 人間七七四年 2017/11/19(日) 04:07:44.88 ID:vP5dnVk1
小牧長久手で圧倒的勢力の秀吉と直接戦って撃退した実力に尽きる
加えていつでも家康のためなら命を投げ出す三河家臣団の精強さ

引用元: ・何故、徳川家康は天下統一ができたのか?