514-w5iw-pL


1: 人間七七四年 2007/10/11(木) 01:12:41 ID:lWCyeyze
ネタがありそうで意外に無い
一般的には浜松城と掛川城ぐらいしか知られてない遠江
合戦も戦国ヲタにしか知られてない遠江
でもいいじゃないか、それが遠江!
だけど2代将軍秀忠が生まれた浜松がある遠江だから何か語ろうよ・・・








169: 人間七七四年 2008/08/28(木) 14:48:27 ID:qXN60xjQ
現代の遠江は豊かだよね。

170: 人間七七四年 2008/09/11(木) 14:16:44 ID:wfiWtsMD
石高では駿河に勝るんだよね
三河には劣るが。

177: 人間七七四年 2008/11/25(火) 15:34:29 ID:xhkOKvmU
著名なのは井伊かな。

178: 人間七七四年 2008/12/08(月) 15:23:12 ID:q2ZBxYph
直親ってあまり知られてないよね。

179: 人間七七四年 2008/12/20(土) 15:30:10 ID:qiY2mO2p
直満・直親と2代続けて今川に殺られてるのか。

180: 人間七七四年 2009/01/06(火) 17:27:55 ID:NGSrGCk4
直政が家康とめぐり合えてよかった。

181: 人間七七四年 2009/01/06(火) 18:04:15 ID:UZrGhfSz
ウホッ

182: 名無しさん@お腹いっぱい 2009/01/14(水) 22:38:06 ID:hLqlqqOe
静岡県は現存している古文書が少ない気がする。
ずっと続いている旧家が少ないのだろうか。

183: 人間七七四年 2009/01/15(木) 02:56:03 ID:0ViEVL/p
>>182
移封が多いから他所に移動したのが多いんじゃないかな?
移封の都度、地元に残って新領主に仕えてたのはどうしても小禄になるから文書も残りにくいだろうし。
例の影山と浜名も小禄だしね。

198: 人間七七四年 2009/03/17(火) 21:39:05 ID:NJQPX4I9
鎌倉時代の遠州ってどんな感じでした?

205: 人間七七四年 2009/03/17(火) 23:41:15 ID:NcwT+bJF
>>198
鎌倉幕府成立前後の頃は甲州の勢力が強くて、遠駿はその格好の進出地だった。
頼朝も時政も手を焼いてたようで、しばらくは守護も地頭も甲州系が多かったけど、次第に駿河を中心に北条が勢力を伸ばしてかなり駆逐された。
んで遠駿の地頭が西に飛ばされて奥羽の地頭や北条系が遷任されるようになった。

206: 人間七七四年 2009/03/19(木) 00:11:19 ID:MiZ7OjCC
>>205
甲州勢というと甲斐源氏とその庶流かな?
鎌倉時代初期の守護として安田義定という人物がいたそうだけど
頼朝系の源氏とはまた違う勢力で家柄もプライドも高そうだね。

207: 人間七七四年 2009/03/19(木) 00:58:45 ID:AFznGspM
だから頼朝に成敗された

209: 人間七七四年 2009/04/08(水) 23:07:49 ID:374VH26z
そういう時代(鎌倉初期)があったことを考えると、武田信玄が駿河遠州に進出したのも先祖のいきさつをふまえてある意味必然ということだね。

214: 人間七七四年 2009/05/05(火) 02:00:18 ID:royk0ElG
戦国時代じゃないけど頼朝の弟の源範頼って人が浜松出身だね
母親が遊女なのが微妙だけど

215: 人間七七四年 2009/05/21(木) 16:39:45 ID:XD1e1iio
池田宿の遊女なのか。義朝は三河とは縁が深いからね。

217: 人間七七四年 2009/06/05(金) 01:50:45 ID:u1Sy29HF
駿河ですまんが清水には義朝が願掛けして奉納したとかいう神社があるな

220: 人間七七四年 2009/06/08(月) 00:56:44 ID:XRb9VB4P
>>217の補足。
初めは三河吉良氏を頼り、吉良氏を通じ今川氏の庇護を求めて駿河に行ったらしい。
小笠原氏が遠江に進出するのは花倉の乱で高天神城の福島氏が没落して以降。
根拠が怪しいところもあると思うが、参考までに。

221: 人間七七四年 2009/06/18(木) 15:09:04 ID:6/xDBmCG
最初は尾張織田を頼ったとか。

222: 人間七七四年 2009/06/20(土) 03:39:04 ID:qiWfDWrq
尾張織田を頼るなら当時まだ権力のあった斯波のほうじゃね?
信秀登場前の話だし、斯波と今川は対立してるから尾張→駿河は首を傾げてしまう。

223: 人間七七四年 2009/06/20(土) 19:38:18 ID:io0Ch60p
一応所伝としては、

初代長高は腹違いの弟である長棟を寵愛していた父親と対立し、家を出る
織田家を頼ろうと尾張に行くが、親と対立していることを理由に断られる
ただ、尾張国内に済むことは許されく、その後しばらく尾張に居住していたようだが、父親が死ぬと、家督を得ようと再度信濃へ赴くも長棟が守りを固めていたためあえなく失敗
そこで家督を諦め、三河吉良家を頼り三河へ、そしてその後今川家に仕える

という流れだったはず

224: 人間七七四年 2009/06/21(日) 03:37:13 ID:sj+doQDy
>>223
信長で織田家が有名になったから
>織田家を頼ろうと尾張に行くが
になっているが、実際は斯波家を頼ろうとだろう
1510年頃までは尾張斯波氏は守護としての機能と権力を有していた
斯波義寛が今川氏に対抗して小笠原氏と親交を持ったから1505-1510前後に義寛を頼って尾張に赴いたんだろう
だが次の義達が今川氏に敗れて頼みにならないと踏んで三河吉良氏を通じて斯波氏より強い今川氏を頼ったんじゃないかな?

225: 人間七七四年 2009/06/23(火) 20:09:38 ID:xQ6poKL/
>>224
そもそも所伝のどこが正しくないかとかの客観的に評価可能な判断材料がない以上、その説には『そういう考え方もあるよね』以外コメントのしようがない

まあ、資料が乏しい以上どうしようもないが
群書類従内の高天神小笠原家譜以外に信頼できる資料があればいいんだけどね…

さらに細かいこと言い出せば、長高の子が春茂(儀)だから、遠江に移って直接今川家に仕えたのではなく、最初は福島氏に仕え、花倉の乱のおりに今川家に直接仕えるようになったとも言えちゃうし
(春は福島氏の通字で春茂の子の氏興以降は今川家の通字の氏が入っている)

227: 人間七七四年 2009/07/03(金) 15:16:02 ID:aRyI/uzz
まあ普通は斯波を頼るのが妥当だろう。
つての関係で守護代の織田かもしれないが。

228: 人間七七四年 2009/07/14(火) 17:02:50 ID:ln8gJyyC
当時斯波は在国じゃないかもよ。

229: 人間七七四年 2009/07/15(水) 02:35:51 ID:/2DcVK9c
>>228
16世紀になってからは在国だろ
越前を喪失し京都もダメとなったら尾張在国のほか道がないし
まぁ斯波が在国でなくてもまずは守護代の織田氏を通すだろうけど

240: 人間七七四年 2009/08/21(金) 01:24:39 ID:ObHl9u+t
井伊直平暗殺から始まる、遠州錯乱時の状況は興味深いな。
ものすごいカオスな有様だったらしいが。

241: 人間七七四年 2009/08/21(金) 22:01:53 ID:W4DMyYyD
家康派と今川派に分裂しての、互いの侵食・通謀・謀殺が凄いよな。
戦死や謀殺が多いこと多いことw

250: 人間七七四年 2009/10/26(月) 18:26:11 ID:mpUr/cPi
駿河と三河の間にあって、いまいち存在感が無いのが悲しい。
日本の歴史上の重大な事件はたくさん起こってるのに。

251: 人間七七四年 2009/10/26(月) 18:59:21 ID:LY/a0yRU
・家康の本拠
・三方が原の戦い
・信康自害
・戦国今川氏事実上滅亡
・2代将軍秀忠生誕
それに次ぐものとしては
・高天神の戦い
・二俣の戦い
・築山殿殺害
・井伊直政エピソード
ついでに
・木下籐吉郎出仕の地
これだけでも話題としては十分だと思うが
他の土地だってそうそう話題は無いよ
でっかいイベント1つでいかにもすごい土地に見えてるだけだろう

252: 人間七七四年 2009/11/07(土) 15:16:59 ID:aZmrrAsD
浜松は豊かなんだから 家康関連もっとPRすればいいよ。

253: 人間七七四年 2009/11/08(日) 12:51:10 ID:01dUalmp
家康が名実共に戦国大名となったのは、遠江を領有してからだな。

254: 人間七七四年 2009/11/08(日) 13:03:40 ID:NjPNp4eM
浜松に居た頃はその浜松周辺での戦いが負け戦の三方ヶ原以外地味なんだよな
長篠・姉川は出張しちゃってる
比較して高天神・掛川は本来重要な戦いだけど戦国ネタ的に地味

260: 人間七七四年 2009/11/17(火) 18:52:16 ID:oD4rHrmZ
>>254
営業で掛川から大須賀方面に下ってくると、あのあたりに手頃な小山が結構あるじゃん。
高天神とかの有名どころではないにしろ、山の斜面が削平地、つまり曲輪になってたりして。
名もなき古城がたくさんありそうだよね?

261: 人間七七四年 2009/11/17(火) 18:59:10 ID:p4yrSO7O
高天神近辺は包囲のために家康が砦をいくつか作ってる
その戦略の要点が横須賀城だと思った
間違ってたら直して

272: 人間七七四年 2010/01/28(木) 01:10:15 ID:/UKjligM
>>261
確か、横須賀城を中心に6個くらい砦があって、子供の頃に遠足とかで行った事があるよ。

で、「あやうし高天神」って本(静岡新聞刊?)にその辺の話も含めて書かれてた・・・気がする。
市の図書館に行けば置いてあるかも。

262: 人間七七四年 2009/11/17(火) 20:09:54 ID:vI+MQCr9
茶畑で隠れてるけど、案外曲輪で段々になってるかも知れませんね。
出城(攻撃の性格が強い城)は特に本丸から攻め下り易いように段々が小刻み(要するに階段状)に作られてる場合が多いですよね。

285: 人間七七四年 2011/04/09(土) 00:18:49.56 ID:6IaOITON
遠江が地味なのはここを本拠地とした戦国大名がいないからでは?

286: 人間七七四年 2011/04/09(土) 23:55:41.74 ID:rpeKEOyx
家康じゃダメなん?

287: 人間七七四年 2011/04/10(日) 00:40:03.94 ID:2+6GT/3B
出身地として伸びていったという意味じゃないからなのかね
そういう意味では浜松は徳川秀忠と井伊直政はもっと前に出していいはず
なんで井伊を彦根にもってかれて黙ってるのか意味が分からん
秀忠も知る人は家康以上の政治家だって知ってるし

288: 人間七七四年 2011/04/10(日) 02:44:48.28 ID:sulcld9s
やっぱ静岡県=今川家のイメージが強過ぎる

295: 人間七七四年 2011/04/11(月) 21:47:38.57 ID:zB/uv/b0
浜松へ観光に行った時、地元民には「歴史の通り道だから何も無い」って言われたけど、浜松とその周辺の徳川、家臣団の関係の土地巡り好きなんだよなー。
長い時間ここにいたから、いろんな人の逸話がひょっこり出てくるし
知れば知るほど面白いし好きになるよ、遠州。

297: 人間七七四年 2011/04/11(月) 22:04:51.12 ID:zlhFTVe3
「歴史の通り道」というフレーズは逆に良いかも。
色んな人が個々を通り過ぎていってこんな話があるよみたいなのをまとめた本とかだせばいいと思う。


引用元: ・【遠州】戦国時代の遠江についてのスレッド【だに】




国衆の戦国史 (歴史新書y)
鈴木 将典
洋泉社
売り上げランキング: 165,042