1: 無名武将@お腹せっぷく 2008/05/24(土) 01:25:39
秀吉、家康の年収って今で言うとどれくらい?
1万石大名って年収いくらくらいの金持ちなんだろう








4: 中野区民憲章(トリ変え) ◆1Ixlm5F0XU 2008/05/24(土) 01:39:02
>>1
一石は一人が一年で消費する米の量、あとはわかるな?

8: 無名武将@お腹せっぷく 2008/05/26(月) 09:41:07
戦国時代の米価からいくと10億ってとこじゃね


11: 山野野衾 ◆jBrGNc9rBQ 2008/05/28(水) 11:53:51
どちらかといえば貫高制の時代なので、貫の方で御話すると。
以前戦国時代の史料で米を銭で代納した記録があったので、米を現代の魚沼産コシヒカリに換算してみたところ(米というか食糧が貴重でしたから魚沼産扱いでも安いくらいでしょう)、一貫が三十万円ほどになりました。
ただ、これだと一文が三百円となってしまいます。

物の価値がそれぞれ異なっていますし、同じ土俵に上げるのが難しいかもしれません。需要も物の質も変わっている。

13: 山野野衾 ◆jBrGNc9rBQ 2008/05/28(水) 12:03:09
>一文が三百円
コシヒカリ1kgで500円として、たった1文で600gは買えます。
やはりおかしいですね。すみません。
事例を集めてみないと駄目ですね。

14: 無名武将@お腹せっぷく 2008/05/29(木) 20:54:50
庶民の労働賃金から算定するほうが具合がいいかも
当時の京都のあるお寺で大工さんに支払われていた一日の日当が大体100文
16世紀後半の小田原北条氏の領内での賃金は人夫は20文、大工などの職人は50文
大工さんの労賃は見習いでも日当1万円前後なので、最低でも1文100~200円ほどとなります。

米の値段は季節や年毎の変動があるけど、平均は大体1石、1貫文ほど(卸値)
1㎏7文くらい
16世紀ごろの甲斐では米の小売は1升60文前後。
甲州升(約3升=30合)での量り売りなので、1㎏が13文くらい
10㎏4000円として計算すると、1文30円くらい

一貫文を給金換算すると20万円相当
米の値段で換算すると6万円相当
ほか、衣類とかで換算する必要もあるかも。

15: 無名武将@お腹せっぷく 2008/05/31(土) 08:37:52
労働賃金に換算すると、1石=1貫=20へ30万円ほどなので、知行地1万石の大名だと、五公五民で五千石の収入
現代の日本円換算で大体15億円。
ただし、これは領主個人の収入と見てはいけない。
従業員数百人ほどの企業の年収と見なければならない。

20: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/11(水) 03:23:07
価値が変わらない金で比べてみたらどうだろうか

21: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/11(水) 17:33:38
真田幸村が大阪城に入ったときに貰った黄金200枚銀30貫は現在の9億円相当だそうな

24: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/12(木) 04:34:27
大阪冬の陣の頃の金銀銭の比率は1対10対970くらい
えーと、金1両:銀50匁:銭4貫文

黄金一枚というのは大判1枚のことで、額面は小判10両に値するが実際は金相場によって交換比率が変動する(つまり公定価格ではない)
とりあえず黄金一枚10両とする

銀のほうは元々重量で価値を表すので
1貫:1000匁

黄金200枚は小判にして2000両
銭に換算すると8000貫文
銀30貫は3万匁
銭に換算すると2400貫文
計1万4百貫文

大工さんの日当がこの頃も大体1日100文ほどなので
100文=2万円と考えて計算すると、20億8千万円ほどに

米換算だと1万4百貫文は1万4百石かな?
10㎏4千円として、6億2千4百万円也
件の9億円は米の相場からの試算かなぁ

25: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/12(木) 08:20:39
>>24
ためになりますな。
ちなみに9億というのはその時歴史が動いたの真田幸村の回でいってた

26: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/12(木) 22:21:35
江戸時代なら一両=購買力でみて5万円から10万円って答えられるけど
戦国だと地方によって経済格差ありすぎるから一概に言えないんだよね…

例で言うなら東北と、堺や京都は全然ちがうからなあ

27: 無名武将@お腹せっぷく 2008/06/19(木) 21:58:08
江戸時代の大工さんの日給は銀5~6匁。見習いだと銀2~3匁
ここから換算すると、銀1匁辺り大体4千円くらい。
大体1両=銀60匁なので、1両24万ほど。
米の価格で1両を計算すると、5万円ほど。

ちなみに江戸時代でも地方や時期によって物価が変動するので一概にいえないとも言える。
物の価値も現在とは違うからね。
そういうわけで、ここで出ている数字は大体の値、と考えるのが吉

30: 無名武将@お腹せっぷく 2008/09/24(水) 20:49:31
結局一万石だと今の価値でだいたいどれぐらい?
年収一億コースだと思ってもいい?もしくはそれ以上?
物価もあるけど暮らしぶりとかから考えてね
けど一億よりもっといってそう
いろいろ剣客みたいなのを仕事で使うんじゃなくて個人の部下として雇えるぐらいだしなぁ

31: 無名武将@お腹せっぷく 2008/10/20(月) 07:35:31
>>30
何となく興味が沸いたので計算してみた。
変なところがあったら言って。

まず、単位
10合=1升、10升=1斗 10斗=1石 
(1合は約150gなのでここは150で計算します)

と言うことは、1石は150000g=150㎏
今の米の相場が分からんのだが10㌔3,000円とすると×3,000で
一石は45万、で一万石だから×10000

34: 無名武将@お腹せっぷく 2008/11/05(水) 11:46:08
>>31
10kg3千円だとすると、1石(150kg)は4万5千円
1万石で4億5千万円
1万石で扶持取りとは考えられないので、知行取りとして4公6民で、1億8千万円

32: たられば君 2008/10/20(月) 08:38:28
一万石を個人資産だと考えるとおかしくなるんじゃないかな
そこには老臣が代々所有する土地や小身で扶持で雇われる者も含まれるから、大きな合資会社か共同組合だと考えたほうが自然であって、石高は会社の総売上、大名個人の収入はまた別ものだろうね

34: 無名武将@お腹せっぷく 2008/11/05(水) 11:46:08
>>27の大工の賃金換算だと、1石、30万円相当。
1万石で30億円
4公6民で、12億円也

1万石の大名の軍役は大体二百人強なので従業員250人ほどの企業の年売り上げが12億円と見るのが吉

41: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/13(金) 23:42:28
昔、加賀百万石の前田家で、藩主の分は10万石ぐらいだと読んだ事がある。
単純計算で、1万石なら1000石くらい…そりゃあ足袋は繕って繕って縫い跡ばかりになるよなぁ…

42: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/13(金) 23:44:48
しかも、金銭の出し入れは用人などの側近あたりが管理して、筆一本使うにもお伺いたててた…て話もある。真偽はさておき、そう信じられそうな生活をしていたのでしょうね…

43: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/13(金) 23:49:26
でも上である12億を基準に考えたら10分の一で1200万

まあかなりリッチではあるけど一国一城の主であること考えたらパッとしないかもなあ
けど最低クラスの大名ならそんなもんなんじゃ?

48: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/17(火) 05:29:34
>>43
志村ー1億2千万~

武家というのは幕末期でも、ただ暮らしていくって分なら余裕の生活ができる。蓄えだって出来る。
いかんせん、武家というのは身分に関る行事や付き合いなんかの出費がバカにならず、そのせいで首が回らなくなる。

たとえば、参勤交代なんかの場合、移動中の食費や宿泊費だけならそれほど負担にならないけど、他国を通過するときにそこの領主に挨拶として贈り物の交換をせねばならず(自分と相手の地位や石高に見合ったものを送らないといけない)、それにお金がかかる
江戸に着いたら、老中達に贈り物せねばならない。
経費がバカにならないので国許に戻るのを延ばしてください、ってお願いすることもあり。

52: 無名武将@お腹せっぷく 2009/08/04(火) 13:07:55
あと表高と実高との乖離が著しい藩も少ない
有名どころだと、たしか津軽か盛岡あたりはそれでエラい苦労をしている

44: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/13(金) 23:52:32
江戸初期の頃、毛利秀元が江戸城に出仕した際、弁当に魚の切り身(焼き)が入っていたのが珍しいと、大名たちで少しづつ分けて食べた…という話もあるし
大御所家康は、冬場でも足袋を履かないのであかぎれだらけで血が滲んでいた…なんて話もあるし

45: 無名武将@お腹せっぷく 2009/02/13(金) 23:59:42
太平に慣れた元禄以降の場合、商人からの借金で首が回らないなんて話もあるから、やはり贅沢には程遠い存在だったんだろうな…
幕末の頃、佐賀36万石の鍋島家では、借金の取り立てに来た商人が、参勤交代で帰国する藩主の列を止めてしまい、藩主が駕籠の中で密かに泣いた…という話を書いたのは司馬遼太郎だが、もしもこの話が事実とすれば、1万石の小大名もまた大変だったんでしょうね…

生まれ変わっても、大名にはあまりなりたくないなぁ…

49: 無名武将@お腹せっぷく 2009/04/25(土) 20:59:03
島津や松前などの辺境の大名なら船で江戸直行したくなるなw

53: 無名武将@お腹せっぷく 2009/08/04(火) 13:35:13
税率も重要

石高は土地の生産力にすぎない
五公五民か四公六民かでも随分違う

58: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/01(月) 03:42:53
軍役から推量した1万石の大名の収入

御家老 1人、1000石 戦時には士大将か騎馬隊組頭 武家奉公人22人
御用人・御番頭 13人 200石 戦時には各組組頭 武家奉公人4人
御給人 8人 100石 戦時には子頭(10人前後を指揮する) 武家奉公人3人
足軽 94人 40石相当

計8160石

大名の取り分、1840石
ただし、大名の武家奉公人が40名あまり。それぞれに20石相当を与えると大名の純粋な取り分1000石あまり。五公5民で500石
足軽は30石相当にしてもいいかも。ちょっと多めに禄を設定した。

60: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/06(土) 16:21:25
兵力は250人なんだっけ?

62: 無名武将@お腹せっぷく 2010/11/09(火) 21:38:34
一万石あたり約250人の動員能力がある。てのは旧参謀本部が弾きだした数字

便利が良いんで兵力算定の基準にはなっているが武田みたいに明らかに動員力が上回っている場合もあるのであくまで目安程度に考えていたほうがいい

63: 58 2010/11/10(水) 04:06:12
>>62
一応こちらの動員数の算出のソース。
「徳川禁令考 前集第一」

一万石 
235人
鉄炮20挺
弓10張
鑓50本持鑓共
馬上14騎
旗3本

これれを元に各組の指揮官や兵を組み合わせた架空の編成。
//
備(1万石)
鉄砲20
弓10
槍50
馬14
旗3本

・旗組 19人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、100 小子頭(徒)[武家奉公人3]、 40 足軽*10

・鉄砲組 31人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、100 小子頭(徒)*2[武家奉公人3*2]、 40 鉄砲*18

・弓組 15人、200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、 40 弓*10

・長柄組壱 33人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、100 小子頭(徒)*2[武家奉公人3*2]、 40 長柄*20

・長柄組弐 33人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、100 小子頭(徒)*2[武家奉公人3*2]、 40 長柄*20

・騎馬隊 53人
1000 組頭(騎馬)[武家奉公人22]、200 騎馬*6 [武家奉公人4*6]

・小荷駄 21人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、40  足軽・中間*16人

・目付 9人
200 組頭(騎馬)[武家奉公人4]、100 小子頭(徒)[武家奉公人3]

・士大将 38人
大名、武家奉公人*37人

計252人

1000石*1人 1000、200石*13人 2600、100石*8人   800、40石*94人  3760

計8160石

64: 58 2010/11/10(水) 04:12:33
>一万石あたり約250人の動員能力がある。てのは旧参謀本部が弾きだした数字

これは知らないんだが、結果として上と似たような数値となった。
動員数は徳川家が御家人、旗本、諸大名に課したもので、江戸期の動員数と見たほうが良い。(1616年と1649年)
戦国期の備は300~800人程度。
数十万石の大名の本陣備は1500人程度

65: 58 2010/11/10(水) 04:45:55
上の編成に50人プラスすると
足軽10人ごとに御徒(100石相当)を1人
足軽20~30人ごとに組頭(騎馬、200石相当)を1人増やす事になる
100石*3
200石*1
40石*27
武家奉公人*14
計45人

予算は1580石追加になります。
足軽の録を減らさないと予算が足りませんね。
常雇いではなく、臨時雇いにすれば予算が浮きます。

69: 琥珀 ◆Y3QOlaygLcAw 2010/12/04(土) 22:59:47
大卒
零細企業勤務
年収520万円
こんなもん。
石高になおしてくれ~

70: 無名武将@お腹せっぷく 2010/12/05(日) 11:00:42
>>69
1石=1貫文=20万円として換算すると26石
四公六民なら、知行取りで65石か、蔵前取りで50俵3人扶持か
身分的には下の中クラス

ちなみにこのクラスだと、最低でも下男と下女1人づつ雇わなければならないので、その点を考慮する事。
武士階級は身分に伴う出費があるので。

71: 琥珀 ◆Y3QOlaygLcAw 2010/12/06(月) 00:07:26
おおありがとう。
下の中かwww
いまとおなじかよw

引用元: ・戦国時代と現在の年収を比較すると?