51P199XTEKL._SL500_



1: 世界@名無史さん 2012/02/08(水) 23:03:44.01 0
個人レベルで活躍した女性について語りましょう。



関連記事
【1】歴史に名を残した女性達







2: 世界@名無史さん 2012/02/08(水) 23:19:14.04 0
お約束でジャンヌダルク

72: 世界@名無史さん 2012/04/27(金) 22:41:24.52 0
カノッサの屈辱で有名なハインリヒ4世の娘、アグネス・フォン・ヴァイプリンゲン
何が凄いかというと、とにかく子供をたくさん産んだ

前夫シュヴァーベン大公フリードリヒ1世との間に11人
後夫オーストリア辺境伯レオポルト3世との間に11人
その他に夭折した子供がまだ何人かいたらしい

子供にドイツ王コンラート3世や初代オーストリア大公ハインリヒ・ヤゾミルゴットなどがいて、孫に皇帝フリードリヒ・バルバロッサや獅子心王をタイーホしたレオポルト5世、十字軍軍団長からテッサロニキ王になったモンフェラート侯ボニファッチョらがいる

78: 世界@名無史さん 2013/01/05(土) 17:40:57.82 0
>>72
その「カノッサの屈辱」の舞台となった
カノッサ城主のトスカナ女伯マティルデ・ディ・カノッサ
才色兼備の女性だったそうだ

ミケランジェロは、この人の子孫を自称していたとか

73: 世界@名無史さん 2012/07/01(日) 15:00:03.32 0
アリエノール・ダキテーヌかっこいいよ
バイタリティに溢れてて、悪女と呼ばれることはあっても暗い感じはしない
200px-SaintRadegondeMural_cropped


アリエノール・ダキテーヌ(1122年 - 1204年4月1日)は、中世フランス王国の女性貴族でアキテーヌ女公(在位:1137年 - 1204年)。フランス王妃、イングランド王妃でもあった。アキテーヌ公ギヨーム10世とアエノール・ド・シャテルローの娘でギヨーム9世の孫。はじめフランス王ルイ7世の王妃、後にイングランド王ヘンリー2世の王妃。

ベルナール・ド・ヴァンタドゥールら吟遊詩人を庇護して多くの文芸作品を誕生させ、洗練された宮廷文化をフランス、イングランドに広めた存在として知られる。子孫が各地の君主及び妃となったことから「ヨーロッパの祖母」と呼ばれる。中世盛期の西欧において、最も裕福で地位の高い女性の一人であった。



82: 世界@名無史さん 2013/09/15(日) 22:26:05.38 0
マイナーなところでキタイ帝国の創始者耶律阿保機の妻ユリド

夫の留守中に攻め込んで来た敵を自ら軍を率いて打ち破ったりしてる女傑。
夫が死んだ時には殉死しようとして周りに止められ、自分の右腕を切って共に棺におさめたとのこと。

後はその知性を絶賛されて、モンケ・クビライ・フレグといった帝王達を育てたソルコクタニ・ベキとか。

遊牧社会は(農耕社会に比べて)女性が政治に参画することも多いので調べてみるとかなり個性が強い人が多かったりするんだけど、あまり知られていないのが残念。

83: 世界@名無史さん 2013/09/18(水) 13:14:47.61 0
どちかというと「歴史に名を残せなかった女性たち」の方が圧倒的に多いだろうなー
原初期の母系社会を抜け出してしまえば、男性上位の歴史が現代まで続くのがほとんどだから、特殊な場合でもなければ、そもそも活躍の舞台に上がれないし。

英雄ってわけじゃないけどリリウオカラニ女王をあげておこう

87: 世界@名無史さん 2013/10/24(木) 20:01:48.12 0
>>82>>83
遊牧社会は父性的社会だから女性も父性が育つ人が多い。
「歴史に名を残した女性」の方は女性的というよりも男性的な女性がほとんどなのだろう。

85: 世界@名無史さん 2013/10/06(日) 17:26:00.60 0
北魏の文成文明皇后(馮太后)は、近年中国でテレビドラマ化されて注目を集めたね。
則天武后に先んじて、中国で初の実質的な女帝だったという話。
唐の則天武后や清の西太后はその失政で知られているが、馮太后の場合は国内改革にかなり成功してプラスに治績が評価されている。


89: 世界@名無史さん 2014/06/03(火) 13:57:40.03 0
歴史に名を遺した女性は多いが、それを知らない人間がこのスレには多い。

そもそも署名つき文書を残した歴史人物のトップバッターは女性だしな。
アッカド帝国の王女エンヘドゥアンナ(B.C.2285–2250)
エンヘドゥアンナは、紀元前2285年頃から2250年頃の人物。初代アッカド王サルゴンの王女であり、かつウル市の月神ナンナ(アッカド語ではシンと呼ばれる)に仕えた女神官で、さまざまな詩や文章を残したことで知られている。

エンヘドゥアンナは作者が分かっている文章を書いた、世界最古の人物の一人である。一握りの書記たちしか読み書きができなかった時代に、エンヘドゥアンナは母語(アッカド語)でないシュメール語も書くことができた。彼女の詩は、神々の威容と、神々に仕える自分を描き、神と自分との個人的な関係や個人的な心情をつづっている。また彼女は、「わたくし」を語り手とする一人称の視点で文を書いた最古の人物であり、エンヘドゥアンナ以前にこのような文書は発見されていない。

90: 世界@名無史さん 2014/06/03(火) 14:28:43.50 0

6 自分:世界@名無史さん[sage] 投稿日:2014/03/22(土) 01:26:43.96 0

限られた中で最も名高いのはサラミスの海戦におけるハリカルナッソス女王アルテミシアだろう
まず海戦に実利のないことをクセルクセス帝に忠言した、その戦略眼と豪胆さ
そして結局戦端が開かれたのち敗北が明らかになったあとの、戦場からの鮮やかな引き口
観戦していたクセルクセス帝は「わが軍の男は女となり、女が男になったのだな」と呟いた

91: 世界@名無史さん 2014/06/14(土) 15:53:06.88 0
マンティネイアの巫女ディオティマも後世に与えた影響はごっつデカイだろ。
若きソクラテスに哲学を手ほどきしたオンナ。

137: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2016/05/01(日) 16:04:38.39 0
>>91
手ほどきといえば、王羲之に前代の書法を伝えたという衛夫人の功績も大きいでしょう。
孝子伝によると、この時代にはすでに女性が嗜みで絵を描いたりもしたらしい。

96: 世界@名無史さん 2014/09/06(土) 23:54:15.76 0
キエフのオリガ
夫のキエフ大公イーゴリ1世が税の取立て中に暗殺されたため、その仇であるドレヴリャーネ族に対してぶちころがす的な復讐戦を行ったことで知られる。

猫をかぶった状態(聖女オリガ)
aba88094


戦闘モード全開

no title

102: 世界@名無史さん 2015/02/11(水) 16:49:40.44 0
ルクレティアという女性がいなければ、ローマは王制から共和制に移行したであろうか。
ルクレティア

古代ローマの伝説上の人物。タルクィニウス・コラティヌスの貞淑な妻であったが、ローマ王タルクィニウス・スペルブスの息子に陵辱され、自殺した。この事件は、王の暴君ぶりと相まって市民の武装蜂起(ほうき)を招き、王は追放されて共和政が樹立される契機となった、と伝えられている。彼女の悲劇的な死は、ヨーロッパの美術・文学作品の格好の題材となった。

107: 世界@名無史さん 2015/03/06(金) 10:53:36.29 0
ラクシュミー・バーイー

86: 世界@名無史さん 2013/10/06(日) 18:46:38.99 O
シャルロットコルデー

109: 世界@名無史さん 2015/03/06(金) 17:18:30.94 0
コルデーは最高の異名もらったもんだ。
暗殺の天使は異名界でも獅子心王、オルレアンの聖女あたりと戦える。
何故かマラーを殺すとか訳の分からん行動しただけなのに

110: 世界@名無史さん 2015/03/25(水) 01:21:21.00 0
ミツコ・カレルギーって欧州でどう評価されているのかな??
EUの父の母ちゃんなんだが

137: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2016/05/01(日) 16:04:38.39 0
>>110
で思い出しましたが、同時代人の川上貞奴は知名度が低いですね。
日本最初の「女優」ですが、彼女の表情に引き付けられたロダンのモデルもしています。

111: 世界@名無史さん 2015/04/01(水) 00:09:16.11 0
案外、教科書にも載ってるサッフォーって出ないのな
伝説的だからかね?
200px-Bust_Sappho_Musei_Capitolini_MC1164


サッフォー(紀元前7世紀末 – 紀元前6世紀初)は、古代ギリシアの女性詩人である。
サッフォーは生前から詩人として著名であり、シケリア島のシュラクサイに亡命の時期に彫像が立てられたという。またプラトーンはサッポーの詩を高く評価し、彼女を「十番目のムーサ」とも呼んでいる。

サッポーは、彼女によって選ばれた若い娘しか入れないある種の学校をレスボス島に作った。また、様々な女性に対する愛の詩を多く残した。そのため、サッポーと同性愛を結びつける指摘は紀元前7世紀ごろから存在した。サッポーの学校では、文芸・音楽・舞踊を始めとする教育が行われたといわれるが、具体的な内容についてはよくわかっていない。サッポーの詩のうちの一部は、それら生徒のために書かれたものである。

112: 世界@名無史さん 2015/04/01(水) 00:56:06.89 0
>>111
教科書に載っているか?
レズって何ですか先生、って生徒に聞かれたら、若い女の先生なんか困っちゃうだろ。

113: 世界@名無史さん 2015/04/01(水) 10:39:43.85 0
世界史の教科書で一番記載量が多い女性は誰だろうか?

114: 世界@名無史さん 2015/04/01(水) 10:54:46.18 0
マリア・テレジアじゃねーかな

120: 世界@名無史さん 2015/05/02(土) 08:37:11.81 0
>>114
マリア・テレジアは教科書によっては載っていないぞ

武則天、エカチェリナ二世、エリザベス一世は載っているけど

115: 世界@名無史さん 2015/04/30(木) 01:49:48.31 0
グルジア女王タマルって戦争が強い
グルジア人が君主として思い浮かべるのはまずこの人
教科書には出ないが
200px-Tamar,_fresco_of_Vardzia


タマル・バグラティオニ(1160年? - 1213年、在位:1184年 - 1213年)は、バグラティオニ朝グルジア王国の女王。名はタマラ、タマーラとも記される。グルジア王国の最盛期を現出した。セルジューク朝を駆逐して領土を拡大し、グルジア王国の版図を南カフカース全域にまで広げた。また、トレビゾンド帝国の建国(1204年)を助けた。

116: 世界@名無史さん 2015/04/30(木) 05:17:42.89 0
フィリッパ・オブ・エノー

イングランド王エドワード3世后
産業を振興し夫とともに戦場に出て兵を激励するなどし現在でもイギリスでは賢婦人として有名だが、2012年に発見されたリチャード三世の遺骨の調査が進み不貞行為を犯したのではないかという説が出てきた


126: 世界@名無史さん 2015/10/16(金) 22:28:18.48 0
クレオパトラは正直な話、教科書に載るほどのことはしていない。

134: 世界@名無史さん 2015/10/28(水) 23:42:15.09 O
>>126
王や女王は王や女王というだけで名前が残ってるだけ。クレオパトラはカエサルと関係してるだけセレブ的価値があるだろ。一般的に有名になるには実質的な行動よりセレブっぽさが必要。

127: 世界@名無史さん 2015/10/16(金) 23:32:33.89 0
クフ王だってピラミッドで有名なだけで、何をやったのか知っている人はほとんど居ない。

135: 世界@名無史さん 2015/11/09(月) 00:53:52.67 0
ペルシャ軍を全滅させて皇帝を討ち取ったなんてマケドニアのアレクサンドロスにも匹敵する偉業なんだが、マッサゲタイのトミュリスはマイナー。
ギリシャ・ローマ史観には合わないからか・・・
Tomiris


トミュリス(Tomyris)は、紀元前530年頃の人物で、中央アジアのカスピ海東岸に勢力を有していたマッサゲタイ族の女王である。ヘロドトスは自著歴史でトミュリスに関して、「マッサゲタエ族の国を侵略したアケメネス朝ペルシアの王キュロス2世率いるペルシア軍を破り、キュロスを殺害した」と記している。

ヘロドトスによると、ペルシアはマッサゲタイ族との初めの戦いに敗れたため、キュロス自らが滅ぼしたリュディア王国の最後の王であり、臣下としたクロイソスの献策を受け入れて、貧しかったマッサゲタイ族を誘惑するために豪華な食事と酔い気を起こすハシシ(Hashish)と雌馬のミルクを戦場に置いて、これを飲ませるように仕組んだ。それに見事に嵌ったマッサゲタイ軍が酔っ払ったところを、ペルシア軍は一方的に虐殺、スパルガビセスを捕虜とした。後にスパルガビセスはそれを恥じて自殺して果てた。

ペルシアの騙し討ちとスパルガビセスの死を知ったトミュリスはキュロスに対して、戦闘を仕掛け、激しい戦いの後にマッサゲタイ軍はペルシア軍を打ち負かして、この戦いでキュロスは戦死した。キュロスの遺体を見つけたトミュリスはキュロスの首を落として、次のように語った。

「私は生き永らえ戦いにはそなたに勝ったが、所詮はわが子を謀略にかけて捕らえたそなたの勝ちであった。さあ約束通りそなたを血に飽かせてやろう。」(ヘロドトス『歴史』1-214)


141: 世界@名無史さん 2016/10/02(日) 00:29:43.17 0
>>135
たしかになあ・・・小国がその時代の覇権国と正面から戦ってその長を戦死させるなんて大活躍、歴史の中で数えるほどしかないのにね

142: 世界@名無史さん 2016/10/04(火) 16:35:00.53 0
ガリバルディの妻アニータとかどうだろう?
妊娠中の身でも戦争に参加した
あと、別に女傑ではないが冒頓単于に矢で射られた奥さんが気になるw

144: 世界@名無史さん 2016/11/08(火) 23:22:46.36 0
キルギス建国の国民的英雄クルマンジャン・ダトカ
同国ではもちろん映画化もされている

『山嶺の女王 クルマンジャン』

引用元: ・歴史に名を残した女性達