511Z2vBkPOL._SX348_BO1,204,203,200_



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/17(水) 12:23:45.99 ID:VtXOP2KJ0
海軍の父で実戦経験、官僚的手腕、政治力文句なし







220px-Gonbee_Yamamoto_later_years


山本 権兵衛(1852年11月26日〈嘉永5年10月15日〉- 1933年〈昭和8年〉12月9日)は、日本の海軍軍人、政治家。軍人としての階級は海軍大将。海軍大臣(第5代)、内閣総理大臣(第16・22代)、外務大臣(第37代)などを歴任した。

薩摩藩士の息子として生まれ、戊辰戦争に従軍した後、昌平黌、開成所を経て海軍兵学寮で学び、1877年に海軍少尉に任官。1891年に海軍大臣官房主事に就任し、海軍参謀機関の独立を実現させた。1893年に海軍省主事に就任し、1895年には海軍少将として軍務局長に就任。
日清戦争では実質上海軍機務を取り仕切って「権兵衛大臣」と呼ばれた。

1898年に海軍中将に昇進し、海軍次官を経て、第2次山縣内閣に海軍大臣として入閣して以降、第4次伊藤内閣、第1次桂内閣でも海軍大臣を務め、日露戦争の難局を突破した。同時期に海軍大将に昇進し、日露戦争後には伯爵位を与えられた。

1913年の大正政変の後、立憲政友会と手を結んで組閣し、第16代内閣総理大臣に就任。軍部大臣現役武官制の廃止などの改革にあたったが、翌1914年にはシーメンス事件が発覚して引責辞任。1923年に再度組閣し、第22代内閣総理大臣に就任したが、同年中に虎の門事件で引責辞任した。



2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/17(水) 12:25:07.17 ID:VtXOP2KJ0
二度総理になったものの本人には関係のないことで辞任したのは気の毒

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/17(水) 12:29:51.39 ID:VtXOP2KJ0
が、伏見宮、老害東郷を野放しにした責任は大きい
権兵衛は虎ノ門事件の責任を取って辞任したあと薩摩閥の牧野のぶあきから軍事参議官のポストを提言されたが断った。
本人は政治の世界に嫌気がさしたのだろう

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/17(水) 15:33:29.69 ID:OSL4ii5D0
第一次は事実上の政友会政権だったし、第二次の方は関東大震災の事後処理内閣という趣きだった

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/20(土) 11:56:43.83 ID:0keIsF2a0
本人の性格上もっと表舞台にいたら東郷以上の老害ぶりを発揮したかもしれない。まぁ西園寺と同じ90近く生きてれば井上や嶋田みたいな実戦素人なポンコツ官僚軍人を一掃しただろうしな

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/20(土) 18:44:54.78 ID:md4rWUDH0
顔に似合わず、酒も女遊びもせず、愛妻家な処も好き。

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/28(日) 11:26:29.47 ID:p/yxxraO0
この人で大河ドラマ作ったら面白いと思う
愛妻家だったし今の時代にマッチするだろう

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/02/28(日) 15:05:14.26 ID:W5akI6qZ0
江藤淳の海は甦えるを原作に使えるね。
TBSのドラマは第2部までだったから、第3部以降を映像で観たい。

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/16(月) 01:12:24.11 ID:7ix1uXys0
山本権兵衛の大河ドラマ見てえな。
言っても今の時代だったら無理な題材かね?

88: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/16(月) 16:16:21.13 ID:+q4hHx650
ドラマにするには見せ場がないんじゃないかな
戊辰戦争はくっついて回ってただけ
西南戦争は外地で日清日露も内地 最後は畳の上で死にましたと伝記で読む分にはいいけど映像には向いてないような

同世代の高橋是清は奴隷に売られるとか英国での戦時国債の丁々発止を経て最後はテロで倒れるとか、軍人の山本より文官の高橋の方がだいぶドラマチック

89: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/16(月) 16:35:04.17 ID:7ix1uXys0
>>88
坂の上のような映像は銭もかかるし、ある意味政治的で明治帝や伊藤との駆け引き、違った意味での明治記でいいんじゃない?

90: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/16(月) 20:13:48.29 ID:+q4hHx650
ドキュメンタリーに挿入される寸劇みたいになりそうだ

91: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/16(月) 23:28:57.29 ID:lhNprmaE0
海は甦えるはTBSで日露戦争の第2部までドラマ化されているけど、第3部以降が見たい。

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/01(月) 00:18:16.06 ID:F7b20wqgO
第一次政権で陸海軍大臣現役武官制を改正できたのは、山本の胆力によるところが大。山本内閣の白眉。

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/01(月) 00:33:16.23 ID:XteX+m2B0
山本以外には成し得なかっただろうけど、その事で山縣有朋の怒りを買ってしまった。

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/01(月) 20:55:59.90 ID:zH6uj22p0
榎本武揚にクビにされそうになった一件を詳しく知りたいが、オススメの伝記を教えて。

17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/01(月) 22:37:38.48 ID:XteX+m2B0
伯爵山本権兵衛伝
読んだ事ないけど、この手の物としては出色の出来らしい。

19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/02(火) 08:47:58.45 ID:/QE9KaGE0
小説で良いのなら、江藤淳の海は甦えるの第1部に、非職になった経緯とかあった気がする。

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/06(土) 10:50:49.08 ID:TqBXbrKx0
権兵衛がもっと長生きしてたら226で暗殺対象だっただろうか

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/07(日) 14:32:15.67 ID:k5cW52qr0
予備役にならなきゃ権兵衛は確実に元帥になれたのに

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/07(日) 15:59:16.50 ID:a+BYhLPh0
現役で残っていれば、艦隊派をある程度抑えられただろうし、伏見宮が要職に付く事も無かった。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/07(日) 16:04:26.57 ID:a+BYhLPh0
八代海軍大臣となってから、山縣有朋が海軍省を訪れたというのは、やはり山本の処遇に関してか。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/08(月) 12:03:37.74 ID:/45G8eVD0
山縣からすれば年下でズバズバ言ってくる権兵衛は面白くないだろうしなぁ

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/08(月) 12:12:31.88 ID:A6w9dXDp0
弁が立つせいか、無用な敵を作るところもあったと思う。

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/14(日) 13:56:05.55 ID:hx2032uO0
渋沢栄一と接点あったっけ?

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/14(日) 21:35:51.67 ID:iBGCGlOR0
ググってみたら、山本が書翰送ってたり、第二次の時には渋沢が帝都復興審議会の委員になってた。

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/03/14(日) 21:42:07.67 ID:iBGCGlOR0
軍備増強、軍艦の国産化などで財界とも色々接点があったのかな。

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/01(木) 19:35:45.11 ID:ctZwP09v0
3人の天皇から信頼された男

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/09(金) 13:34:09.86 ID:MxAXOGo40
東郷とは晩年も仲が良かったのだろうか?

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/12(月) 14:18:27.17 ID:dNHhxujR0
息子と仲悪かったみたいだな

41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/12(月) 14:52:10.66 ID:pIlMfVP00
長男の清は評判悪かったみたいだね。

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/12(月) 16:24:20.80 ID:dNHhxujR0
虎ノ門以降表舞台から去ったが何か日記とか書き残してないのかな
ロンドン海軍軍縮会議の見送りの映像の際、権兵衛さんの姿があるが

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/14(水) 14:19:54.58 ID:k39qXd/g0
>>1
実戦経験というが戊辰戦争ぐらいじゃん
政治力?原敬の犬だったのに?
伏見宮を野放しにした罪も大きいな。
井上良馨を再評価したほうがいい

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/15(木) 12:51:26.55 ID:W8z7ggYb0
1914年に予備役だから、伏見宮の事は責任無いだろ。

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/14(水) 14:23:57.16 ID:k39qXd/g0
>>43
こいつも官僚軍人さ。
井上や川村の方が海軍軍人としては上

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/14(水) 14:26:40.19 ID:k39qXd/g0
あともうひとつ。陸主海従が良いバランスだったのにぶっ壊したのが山本な。
大東亜戦争の敗因の原因の一つ

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/15(木) 10:14:18.91 ID:UorBuOgt0
良馨もそんなに変わらん。あとは同意するが
この人親独派なんだよな。
ドイツに留学したとき残って戦ってくれと言われたぐらいだから実戦のプロだったこともわかるだろ

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/15(木) 16:36:12.05 ID:UorBuOgt0
というかあの年で戊辰戦争に参加するぐらいで十分だろw
薩英戦争の時は子供だから砲弾運びが仕事だったが

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/27(火) 02:57:02.61 ID:qfVhJqhgO
第2次原内閣のもとで、山本が現役復帰し海相に、陸軍は田中義一陸相のもと、国務、統帥、軍政、軍令問題に決着をつけてくれていたら...。原のあとには山本・田中両名に大命降下
原、山本、田中が一人元老の西園寺をささえることができる最高人材たったと惜しむ。

59: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/27(火) 10:05:32.11 ID:3piMhyVb0
>>58
西園寺が妨害工作したからな。
山縣以上に害悪だよこいつは

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/28(水) 01:28:11.54 ID:KucLuvTb0
娘の教育に失敗

実は超親独派

第一次大戦時に総理だったなら日本はドイツ側で参戦確実と言われていた

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/28(水) 05:19:52.57 ID:FhhDRnZ/0
>>62
アメリカとの関係にかなり気を遣っていたし、この人、基本的に国際協調路線でしょ。
親独かどうかは知らないけど、ドイツ側に付くような愚かな選択は無いよ。
参戦確実と言われてたって、何か資料有るの?

長女は我侭だったらしいけど、次女は良妻賢母の立派な人だったと思う。

64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/28(水) 10:14:55.51 ID:FhhDRnZ/0
そもそも日英同盟があるのに、イギリスと敵対する訳無い。

65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/28(水) 10:46:48.56 ID:tdSXozUS0
弟子の友三郎、斉藤実も国際協調路線。
権兵衛がもう少し表舞台にいたら条約派だったろうに。
そうなると東郷と衝突してたかもな

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/04/29(木) 15:26:04.71 ID:bGz7Hu470
準元老だからな
もっと長生きしていれば色々調整が聞いたろうに

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/05/08(土) 03:54:00.70 ID:Rd1iRyqsO
山本は元帥になれるだけの功績があったはずなのに。陸主海従の伝統をぶちこわし、陸海対等を実現した薩摩の山本は、陸軍の大御所長州の山県、薩摩の大山によほど嫌われてたんだろうな。

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/05/12(水) 22:49:56.26 ID:f/VH9Lig0
昭和の選択で犬養毅やってたが犬養の葬式に権兵衛さん映ってたな。
東郷さんもいた

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/07/25(日) 08:58:04.31 ID:MDf7su120
東郷は晩年まで海軍内で影響力があったが権兵衛も隠居してからもあったんだろうか?

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/07/26(月) 06:26:38.22 ID:XJ15DkoM0
現役を退いたらただの人。

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/08/05(木) 18:38:24.27 ID:oUaNCvgn0
秋山好古のようにスッパリ身を引ける進退引き際が見事な人間はなかなかいない
大抵なんのかんの関わっている

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/05/13(木) 01:28:00.14 ID:o0U7zpSl0
東北の一庶民から山本宛の五・一五事件の減刑嘆願書が残っているそうだけど、彼は海軍将校が起こしたこの事件をどう思っていたんだろうか。

95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/03(金) 21:47:18.09 ID:FrwFne130
この人年齢的なものもあるけど実戦経験そんなにないじゃん
東郷や同い年の児玉と比べて。
寺内にすら劣るだろ

96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/04(土) 04:47:31.06 ID:/+6hSndw0
近代の軍は野戦海戦の指揮官だけではなく軍官僚機構が巨大化しているから戦争してる国でも実戦経験の少ない将軍が出てくる

本人がどうというよりそういう位置にハマるケースはある
ドイツのカイテルは第二次世界大戦での実戦経験が皆無のまま元帥になりこれが本人にはだいぶコンプレックスで前線に出してくれと願ったがヒトラーに却下された

日本海軍だと保科善四郎とか高木惣吉、陸軍では東條英機なんかがそうだろう

軍人であるからには前線で戦った方がエライという意識は根強いが軍政も重要である むしろ軍人には前線指揮官に向いた人材はいくらでもいるが官僚に向いたのはそれほど多くないのでそういうタイプは重宝されて赤煉瓦中心に配置されるとも考えられる

児玉は珍しく両方器用にこなせたが東郷なんか軍官僚に全く向いてない あれを軍令部長にしたのは日本海軍の痛恨時だろう

97: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/04(土) 11:30:04.51 ID:Tl7ssG480
東郷も日清戦争の後は中央勤務希望だったらしいが
ならなくて正解だったな

98: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/04(土) 11:33:42.11 ID:Tl7ssG480
あと、昨今東郷の老害ぶりがわかったせいか山本の評価が上がってるが、こいつも海軍のことしか考えてなかっただけだ。昭和期の東條とかわらん。
結局山縣に負けたしな。シーメンス事件だって自業自得だわ

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/04(土) 17:35:47.93 ID:McpI+aDM0
伊藤正徳の著書や海軍反省会などを見ても、昔から山本の評価は非常に高かったと思うが。
加藤友三郎に比べると海軍偏重なのは否めないけど、立ち位置的に仕様がない部分もある。

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/04(土) 17:45:09.32 ID:McpI+aDM0
>>100
伊藤や海軍反省会では、海軍内だけでの評価か。
政治家でも若槻礼次郎なんかは「あれだけの勇気を持って政治をやる人はそうたくさんはない」と書いている。

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/05(日) 20:23:45.50 ID:ku/0yaWM0
日本の海軍を勝てる組織にしたのは、やはり権兵衛

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/09/06(月) 08:19:39.30 ID:8SruqC9P0
陸主海従をぶっ壊したのも権兵衛
おかげで海軍のことしか考えなくて何もかも陸軍が悪いという
実戦経験皆無口だけ達者な井上や高木みたいな軍人が出来上がりましたとさ

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/11/03(水) 16:36:02.11 ID:Dc1YqCy50
若い頃に戊辰戦争で各地を回りドイツに留学したときに現地に残って戦ってくれといわれたというのが凄い。
その経験が海軍大臣の頃の姿勢に現れたんだろうな

108: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/10/02(土) 19:56:22.41 ID:3Zq/6Arc0
別にシーメンスの時も虎ノ門の時も辞める必要なかったんじゃね?

109: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/10/03(日) 14:20:20.69 ID:YxbuVw8l0
第一次の時は、貴族院で予算否決、原敬政友会にも見放され、どうにもならない状態。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/11/07(日) 10:53:52.64 ID:b4G+FxMy0
2度目の首相の時に昭和天皇から辞めないでくれと言われたけど辞めたってことは政治の世界に嫌気がさしたんだろ。
西園寺が色々画策してたからな

117: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/11/07(日) 13:44:35.92 ID:c3It0qTy0
軍令部を作って陸海軍の統帥権を分裂させた

その結果が山本五十六の暴走を生み出し日本の大敗へとつながった

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/11/07(日) 14:21:00.51 ID:c3It0qTy0
山本権兵衛が軍令部を作ったのは大失敗
統帥部が二つになったら、まともな統帥なんかできるわけがない
こんなこと、推測できたはずだな。
その結果が日中戦争、対米戦争の泥沼化で、収拾すら出来ない。

こうなった責任は山本権兵衛にある。

119: 名無しさん@お腹いっぱい。 2021/11/07(日) 19:35:27.03 ID:k5XK57/40
陸海軍は、政府の意志に基いて、局部の必要に応ずるものであるに過ぎぬので、平和克服後に於ては、其行動が戦時と異るもののあるは論ずる迄も無い。
要するに陸海軍の活動すべき必要範囲は、国家を代表する政府が之を定めねばならぬ。
(山本権兵衛海軍大将1906年)※平塚篤編『伊藤博文秘録』原書房

ツイッターで拾ったけど、ググったら、日露戦争後の満州での日本陸軍の行動が色々問題になっていた中、明治39年5月22日、満州問題に関する協議会での発言らしい。

引用元: ・山本権兵衛について語ろう