511LCOghq2L._SX345_BO1,204,203,200_



1: 人間七七四年 2015/11/09(月) 01:06:22.08 ID:H9WjYABn
①原作
②NHK大河ドラマ
③テレビ東京
④史実に関する話

①、②、③、④等どれでもOK









3: 人間七七四年 2015/11/09(月) 02:58:33.30 ID:H9WjYABn
国盗り物語(NHK大河)

斎藤道三・・・平幹二朗
織田信長・・・高橋英樹
明智光秀・・・近藤正臣

新春ワイド時代劇・国盗り物語

斎藤道三・・・北大路欣也
織田信長・・・伊藤英明
明智光秀・・・渡部篤郎

58: 人間七七四年 2020/08/05(水) 03:02:29.09 ID:9/K5g5qS
>>3
大河ドラマ
濃姫
栗原小巻→松坂慶子

5: 人間七七四年 2015/11/09(月) 08:30:42.21 ID:cujnPHgX
寝物語の里っていうのは本当に存在するの?

8: 人間七七四年 2015/11/09(月) 18:54:24.71 ID:H9WjYABn
>>5
新近江名所圖会 第142回 「寝物語の里」―国境のムラ―
によると寝物語の里は実在したようです

9: 人間七七四年 2015/11/09(月) 20:06:04.34 ID:9ElGA8fX
>>8
あんな作り事みたいな地名が本当にあったのかw

15: 人間七七四年 2015/11/10(火) 01:23:48.06 ID:jJImPA5X
「六角承禎書写」によると道三の国盗りは親子二代にわたるものだったらしい

7: 人間七七四年 2015/11/09(月) 13:15:48.71 ID:zMlrHKHo
小説は面白かったがさすがに書かれてから年数も経って史料とか出てきて、道三親子二代説が常識になるとちょっと辛いところもあるな
どっちかっていうと前半の庄九郎話が面白い
というかガキの頃ドキドキしながら読んだ

10: 9 2015/11/09(月) 21:20:10.54 ID:wOJG3Phh
斎藤道三の名前は全部でいくつあるの?

11: 人間七七四年 2015/11/09(月) 21:32:47.06 ID:H9WjYABn
松波庄九郎→西村勘九郎→長井新九郎→斎藤道三

13: 人間七七四年 2015/11/10(火) 00:07:40.67 ID:1+Vqt09t
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E8%97%A4%E9%81%93%E4%B8%89

名としては、長井規秀(新九郎)・長井秀龍(新九郎)・斎藤利政(新九郎)・道三などが伝わるが、書状などに現れているのは、藤原(長井)規秀・斎藤利政・道三などのみである。

16: 人間七七四年 2015/11/10(火) 08:16:05.11 ID:ZsdUPDCe
斎藤道三のニックネーム「美濃の蝮」は山岡荘八の創作
すなわち国盗り物語は司馬遼太郎による山岡荘八作品の二次創作

17: 人間七七四年 2015/11/10(火) 10:30:23.27 ID:DnRD5u5c
>>16
司馬遼は山岡じゃなくて大正頃の作家のパクリでしょ
安吾とかそのへん
安吾あたりも江戸の講談とか武辺咄からパクってる

ただパクったとしても司馬遼が面白いのは事実
説教臭い山岡はもう誰も読まないし触れもしない

34: 人間七七四年 2017/02/06(月) 21:11:36.49 ID:bnl+MKWU
>>17
だよな。安吾のパクリだよ。
「梟雄」(斎藤道三)「信長」が昭和20年代後半に出ている。
道三との関係、特に気の強い濃姫の描き方が似ている。
濃姫に光秀のことを語らせる場面もあった。
司馬は安吾についてほとんど語ってないが、あるインタビューで「作品じゃなく生き方がつまらんですね(自分はああいう無頼派のようには生きられない)と言ってた。
なんとなく小説は参考にした気配はあるから真逆な生き方に引け目を感じていたのかと思った。

25: 人間七七四年 2015/12/15(火) 03:04:55.79 ID:CLRJiVXJ
昭和天皇お気に入りの作品

26: 人間七七四年 2015/12/15(火) 03:08:15.14 ID:CLRJiVXJ
昭和天皇は本作の大ファンでスタジオ収録の訪問を希望し、桶狭間出陣前夜のシーンを直接観覧した。
高橋英樹、松坂慶子、林隆三などに「見てるよ、見てるよ」と親しく声をかけて歓談している。
また、スタジオセットの木々を見て「よく育つね」「ここで馬も走らすの」と楽しく過ごしたという。
後日原作者の司馬遼太郎と会った天皇は「あれはテレビと原作では違うの?」などと質問をして興味が尽きない様子だった。

30: 人間七七四年 2016/04/15(金) 21:50:10.60 ID:+1tLVT9w
国盗り、大河じゃなくてもB/S時代劇かなんかでリメイクやんないかなぁ…

今、花粉症や健康にいいと言われるエゴマ油で蝮ちゃんは出世したのね

31: 人間七七四年 2016/11/13(日) 19:37:21.22 ID:5XPsDa3L
道三と信長の会見シーンは国盗りのがずば抜けて素晴らしい

35: 人間七七四年 2017/02/23(木) 22:22:20.34 ID:sxPe99V/
>>31
坂口安吾のが先だよな。

39: 人間七七四年 2018/03/04(日) 15:33:12.03 ID:m2upe249
先とかいい出すと安吾も江戸・明治時代の戦記・講談物のパクリ
だからオリジナリティなんかどうでもいいんだよ
結局大事なのはその文章が多くの人に響くかどうかだけ

32: 人間七七四年 2017/01/06(金) 23:50:02.59 ID:Am0kRmrX
松永久秀って初めの方に出てきたあと出番あったっけ?

33: 人間七七四年 2017/02/06(月) 17:26:04.32 ID:BEm+gtnc
>>32
ほとんど絡み無し、だから薄い作品になっている。
道三が一代で国盗りしたとか、濃姫が本能寺で討ち死にとか、今見返すとトンデモ歴史になってて萎える。

36: 人間七七四年 2017/02/24(金) 23:48:56.16 ID:PtCTh57Q
>>33
そら当時は史料がないんだから
それこそあの時代に「1人では無理があるから親子国盗りにしてみましたw」
なんて書いたら批判浴びまくったよ

45: 人間七七四年 2019/09/23(月) 13:34:03.43 ID:TP0TCP40
しかし、なんでこのスレが伸びないのかね
今の大河やらゲームやら漫画の戦国モノの人気はこの小説から始まっているのに
この小説が今の戦国時代の設定を作っているんだよ
太閤記もあるけどね
司馬のラノベのおかげで戦国時代が見やすくなって人気なったんだよ

50: 人間七七四年 2020/01/28(火) 10:05:56.52 ID:lQKVL6K7
司馬遼太郎とかもう流行らんよ。
フィクションすぎるもん。

51: 人間七七四年 2020/01/28(火) 12:30:13.06 ID:jmPThec/
司馬遼太郎はもう古いかもしれないけど、フィクションの歴史小説はこれからもたくさん創造されて読まれてゆくだろう

53: 人間七七四年 2020/01/28(火) 18:23:46.96 ID:3JL6XW15
マジか。約何割くらいフィクションなんだ?
ノンフィクション小説って言うのも難しいと思うけど、できればそうして欲しい。

54: 人間七七四年 2020/01/28(火) 19:16:22.87 ID:jmPThec/
>>53
創作物は基本フィクションだと思った方がいいよ

多少の史実が紛れ込んでもいても、
作者のフィルターがかかってるだろうし

引用元: ・【 司馬遼太郎 】 「国盗り物語」を語ろう