1: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:30:30 ID:mvsV
あと1人は








2: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:31:05 ID:q4GR
コンスタンティヌスよりディオクレティアヌスやろ

3: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:32:03 ID:mvsV
>>2
ディオクレティアヌスのクリスチャン迫害は実際は大した事無かったんやぞ
向こうが盛ってるだけや

6: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:35:01 ID:q4GR
>>3
いや軍人皇帝時代のぐずぐずから再びあんだけでかいローマ帝国領を統治し直したんやぞ
コンスタンティヌスより絶対優秀

8: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:35:57 ID:mvsV
>>6
軍才はともかくコンスタンティヌスより為政者としての能力が上回ってるのはワイも同意やが暴君では無いやろ
ただの名君や

15: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:37:38 ID:j957
>>8
逆に言うほどコンスタンティヌスって暴君か?

18: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:38:48 ID:q4GR
>>15
これ思った
君主が宗教変える程度、中世あたりまでなら結構頻繁に起こってたし

23: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:40:02 ID:mvsV
>>18
あいつ敵対者には徹底的に冷酷な処罰を下したんや
加担した連中は勿論基本皆殺しで連座も込み

4: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:33:27 ID:AhNx
わからんことだらけやろうけどなんとなくブラドツェペシュ

5: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:34:46 ID:mvsV
>>4
例の串刺しは国益を思っての事やしな

9: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:36:29 ID:6za2
ヘリオガバルス

41: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:45:24 ID:pRhd
>>9
名君要素ある?

10: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:36:31 ID:Wxvo
イヴァン4世って結局有能だったんやっけ?

14: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:37:23 ID:6za2
>>10
権力維持に関しては有能

16: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:38:07 ID:mvsV
>>10
イヴァン雷帝は間違いなく当てはまるな

24: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:40:26 ID:j957
イヴァン4世の名君要素ない…なくない?
東方進出はしたけどリヴォニアでやらかすわ長男殺害でリューリク朝終わらすわで

28: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:41:35 ID:mvsV
>>24
それでもロシアがローマ皇帝の後継者名乗れる程強勢に乗れたのはイヴァンがきっかけやとワイは思うで

13: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:37:02 ID:04oT
フリードリヒ2世
あの畜生実験ヤーバイでしょ
フリードリヒ2世(1194年12月26日 - 1250年12月13日)は中世西欧のローマ皇帝(在位:1220年 - 1250年12月13日)。シチリア王(在位:1197年 - 1250年)、イタリア王(在位:1212年12月5日 - 1250年)、ローマ王(ドイツ王)(在位:1212年12月9日 - 1220年)、エルサレム王(在位:1225年 - 1228年)でもある。

フリードリヒは人体実験を多く行っており、フリードリヒを敵視する僧侶サリンベーネが著した年代記には、彼が行った実験が記録されている。その一例として、教育を受けていない子供が最初に話す言語を知るため、乳母と看護師に授乳している赤子に向かって何も話さないように命じた実験がある。しかし、育ての親から愛情を与えられなかった赤子たちは全て死に、フリードリヒの苦労は無駄になった。また、食事をしたばかりの人間や狩りをしに行った人間を解剖させ、消化の機能について調べた記録も残る。


25: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:40:30 ID:Wxvo
名君ではないけど後世の影響を考えて若干再評価された暴君とかだとちょいちょいいる
煬帝とか大運河の影響デカいし

35: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:43:02 ID:mvsV
>>25
煬帝は先代の事業継いだだけやからな…
しかもそれすら楊堅やなくて皇后の独鈷伽羅発案やし

29: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:41:36 ID:j957
ティムールはどうやろ

38: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:44:00 ID:mvsV
>>29
ティムールもせやな
でもそれならアレクサンドロス大王の方がスケールも功績もデカいし何なら一番スレタイに合致してる気もするわ

32: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:42:28 ID:pRhd
カラカラ帝やろ
ローマ市民権あげたんやなかったっけ

34: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:42:56 ID:j957
>>32
市民権の拡大は名君要素というよりは無能要素なので…

42: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:45:27 ID:mvsV
>>32
市民権拡大はローマの資本の根幹やった奴隷制度を崩壊させた世界史トップレベルの悪政や

45: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:45:57 ID:pRhd
>>42
そうなんか?
なんかポジティブな感じで書かれてたからいいことかと思ってたンゴ

55: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:49:46 ID:j957
市民権を全員に配布するという平等主義に基づいた偉業に比べれば属州税の消滅や市民権獲得目的の補助兵の減少は些細な問題ですよね?

57: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:51:34 ID:mvsV
>>55
なお法的な同身分上での更なる生活格差、今で言うなら労働者と資本家の隔たりがなおさら悪化した模様

63: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:55:11 ID:mvsV
アントニヌス勅令は兵力税収社会の活力等の国家に求められるあらゆる資質を減退させたマジもんの無能やで
あれで2世紀の混乱に始まるその後のローマの零落の命運が決定づけられたと言っても定かやない

59: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:53:39 ID:j957
中世以降の西欧って名君兼暴君っておらんよな?てか暴君自体あんまおらんよな
暴君出来るほど権力持ってないっていうか
ルイ14世は暴君といえなくもないけど名君じゃないし

62: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:55:05 ID:6za2
>>59
ヴィルヘルム2世

64: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:55:53 ID:j957
>>62
暴君っていうかただの無能

65: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:56:00 ID:mvsV
>>59
ジョンさんは紛れもなく暴君やろ
なお

69: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:58:07 ID:j957
>>65
暴政してたっけ
ただただフィリップ2世にいいようにされて無能晒してて

73: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:59:50 ID:mvsV
>>69
ローマ教皇にあだなしたのは間違いなく暴政やろ

75: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:00:58 ID:j957
>>73
なるほど

67: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:57:00 ID:AtZr
レオポルド2世(コンゴ)

68: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:57:28 ID:0vFS
>>67
コンゴ自由国(意味深)

71: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:58:24 ID:mvsV
>>67
有能だったのは父親では?

74: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:00:17 ID:AtZr
>>71
自国民(コンゴ)に圧政を敷いて大量の利益を手に入れた名君や(?)

72: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)01:59:41 ID:lvaY
記録抹消刑に処されてないローマ皇帝は暴君を名乗る資格はない()

76: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:01:05 ID:mvsV
>>72
なお弟
まあゲタくんも相当なろくでなしやったらしいが

79: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:02:10 ID:lvaY
>>76
かのネロやカリグラですらその刑に処されていないというのにもはや勲章だよ

83: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:03:17 ID:mvsV
>>79
まあネロとカリグラはまだ見るべきところあったからな…ポピュリストなんで民衆からは大人気やし

80: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:02:59 ID:Wxvo
ネロは一回処されたんやないっけ?
なんか名誉回復かなんかで復活した感じで

84: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:04:35 ID:mvsV
>>80
カリグラもやで

85: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:05:44 ID:lvaY
どうもその二人は記録があまり残ってないようで悪評が誇張されてる可能性は高いな

94: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:09:21 ID:j957
ネロってキリスト教的色眼鏡のせいで暴君にされてるだけってネットで言われ始めてるけどキリスト教除いても

・無実の元老院議員や将軍処刑
・財政悪化

は確実にやらかしてるようやから最悪の暴君ではないけど暴君には含まれるよな
金バラマキで民からは人気だったようやけど

99: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:10:51 ID:0vFS
実際ネロよりもディオ様の弾圧のほうがやばかったんやろ?

103: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:14:54 ID:mvsV
>>99
近年の実証研究で大した事なかったとされてる
何なら信心伴わない儀礼でも良いから皇帝を崇めるパフォーマンスしておけば許されたらしいし刑罰も軽かったと

111: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:18:00 ID:j957
一代限りの英雄って大体暴君で名君そう
そしてカリスマ性で成り立ってるから次の代で終わってそう

112: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:18:40 ID:bERR
>>111
ナポレオンは名君ちゃうわ

114: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:19:45 ID:j957
>>112
ナポレオン法典やフランス銀行は作ってるから…

122: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:25:56 ID:mvsV
ナポは評価難しいけど国際レベルでの徹底的な牽制のせいで功績が残りづらかったのもあるしまあ名君で暴君でええんちゃう
暴君要素が強すぎる気もするが

125: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:27:54 ID:bERR
そもそも作った帝国を自分の代で崩壊させてる時点で名君ちゃうやろと思う

129: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:32:58 ID:mvsV
>>125
そうか?
国家は滅んでもなんらかの形で遺産が継がれれば、それこそ始皇帝なら度量衡や文字の統一や土木事業、郡県制が後の王朝でも途絶える事なく継承されてる事を考えると名君と呼べるんちゃうか?

128: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:31:58 ID:a9iD
斉の桓公とかいう管仲のおかげで名君になり管仲がいなくなったらしっかり暗君になる男

130: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:33:00 ID:bERR
>>128
側近が有能なだけのパターンは結構あるな

135: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:37:17 ID:mvsV
>>130
玄宗とかまさにそうやな

132: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:35:00 ID:j957
側近の能力を生かせる点で有能ともいえるから…

133: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:36:24 ID:AtZr
有能かどうかってどこに基準を置くかで変わるし
どの時期から見た民、民族、国家、王朝、王etcのどれ目線なのかとか

152: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:56:34 ID:R1H2
獅子王リチャードはどうや?
強いけど財政悪化させた

157: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)02:59:31 ID:mvsV
>>152
リチャードは次代のジョンが圧倒的過ぎて見過ごされるきらいがあるが実際かなり無茶してるよな
まあ間違いなく人気はあったけど

167: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)03:16:54 ID:SuKX
ピョートルとかはどうやろ
やった功績は間違いなく偉大やけど重税やら教会の掌握やらで少なくない反発は買ってる

169: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)03:26:07 ID:mvsV
教会の掌握は批判されがちやがローマ皇帝の後継者を気取りたければむしろ正しい振る舞いなんよな

174: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)04:00:46 ID:dGXy
チンギス・ハーン

175: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)04:01:45 ID:mvsV
>>174
暴偏重もええとこやがせやな

176: 名無しさん@おーぷん 22/01/11(火)04:12:02 ID:wCCX
キリスト教の神がまさにそんな感じだよね

引用元: ・四大暴君にして名君「始皇帝」「コンスタンティヌス大帝」「朱元璋」