51yAhYZsurL._SL500_


1: 世界@名無史さん 2012/07/22(日) 19:23:55.94 0
イスラーム研究者の中田考らが提唱する「ウェストファリア条約以降に確立された国民領域国家が廃止され、またカリフ制が再興される未来」は果たしてあり得るのだろうか






カリフあるいはハリーファは、預言者ムハンマド亡き後のイスラーム共同体、イスラーム国家の指導者、最高権威者の称号である。原義は「後継者」であり、預言者ムハンマドを代理する者という意味である。

イスラーム共同体の行政を統括し、信徒にイスラームの義務を遵守させる役割を持つ。あくまで預言者の代理人に過ぎない存在であるため、イスラームの教義を左右する宗教的権限やクルアーン(コーラン)を独断的に解釈して立法する権限を持たない。これらは、ウラマーたちの合意によって補われる。

西暦632年にムハンマドが死去した後、イスラーム共同体の指導者としてアブー・バクルが選出され「神の使徒の代理人」(ハリーファ・ラスール・アッラーフ)を称したことに始まる。
2代目のカリフとなったウマルは「信徒たちの長」(アミール・アル=ムウミニーン)という称号を採用し、カリフの称号とともに用いられるようになった。その後、ウスマーン、アリーに受け継がれ、ウマイヤ朝、アッバース朝に世襲されてゆく過程でハワーリジュ派、シーア派などがカリフの権威を否定して分派し、従うのはスンナ派のみになった。


スンナ派イスラーム法学者によれば、一般にカリフの資格として求められるのは次のような条件である。

男性であること
自由人であること
成年者であること
心身両面で健全であること
公正であること
法的知識を持つこと
賢明であること
イスラームの領土の防衛に勇敢かつ精力的であること
クライシュ族の男系の子孫であること

ただし現実には、これらの条件のいくつか(成年者であることなど)はしばしば無視された。
例えばオスマン帝国はテュルク系の部族によって設立された王朝であるためムハンマドの部族であるクライシュ族の男系であることはありえない。またハワーリジュ派やムータジラ派は「たとえ奴隷や黒人であっても」全てのイスラーム教徒がカリフたりうると主張した。






3: 世界@名無史さん 2012/07/22(日) 21:57:02.77 0
オスマン家の人をカリフに推戴するしかないだろ。
オスマン帝国の下でこそシリアとかの人々は幸福になれるでしょ。
まじで。

10: オツガイ ◆EAbyJft1LY 2012/07/24(火) 09:23:32.65 0
>>3
少なくともトルコ共和国はそれをあまり望んでない気がする。
多民族国家であったがゆえに滅んでしまったという考えが未だに残ってるだろうからね。
それにオスマン家がカリフを名乗るということに抵抗を感じる人も少なからずいると思う。
ハーシム家とかもあるし、シーア派なんかはそもそもカリフを抱くことに大して疑問を持つかも知れない。
可能性の一つとして考えられなくないとは思うけど、色々問題はあるだろうね。

9: 世界@名無史さん 2012/07/24(火) 08:14:57.81 0
内藤正典も中東の国民国家消滅は避けられない道になりそうだみたいな事を言ってるね

12: 世界@名無史さん 2012/07/24(火) 16:26:38.07 0
軍事体系もフランス革命以前の傭兵スタイルに逆戻りになるし、それによって装備も大型艦船や高度な軍用機なんてロクに運用できない台所事情に陥るだろうからかなりレベル低くなりそうだなw

13: 世界@名無史さん 2012/07/24(火) 17:27:07.44 0
はぁ?カリフの軍隊なんだから国民軍より広汎だし結束も上だし強いに決まってるだろ?
第一その傭兵って発想はどこから出てきたんだ?

20: 世界@名無史さん 2012/07/25(水) 06:57:43.72 0
>>13
でも「イスラーム教徒は階級制みたいなのを嫌う」と言われてるのでカリフ制軍制になったら毛時代の人民解放軍みたいに無階級制度で戦術もヘッタクレもない軍隊になりそうな・・・

14: 世界@名無史さん 2012/07/24(火) 17:39:10.19 0
カリフ制を再興するとして誰がそのカリフになるのかという問題は、唱えている当の本人の中田先生もあまり深く考えていないようだ。
アフガン周辺の中央アジアでカリフ捜しの旅に出るとか冗談めかして言っているが、どこまで本気なのか。

75: 世界@名無史さん 2012/09/01(土) 11:18:05.41 0
>>14
考えてないというよりインシャアッラーしてるのではなかろうか。

15: 世界@名無史さん 2012/07/24(火) 18:56:53.52 0
ハーシム家でいいだろ
ムハンマドの一族だぞ
ハーシム家は、イスラムの王家、または王朝の名前である。家系としてのハーシム家イスラム教の預言者ムハンマドの曽祖父ハーシム(西暦500年頃没)の一門。クライシュ族に属する。アッバース朝もこの一門から出た。
1921年から現在に至るまで、ヨルダン・ハーシム王国の国王はハーシム家である。


17: 名無し募集中。。。 2012/07/25(水) 06:43:30.82 0
ハーシム家の末裔がカリフなのったけど相手にされなかっただろがw
しかも今のヨルダンハーシム家は親米国家だしな


25: 世界@名無史さん 2012/07/25(水) 16:11:02.72 0
でもにアラブ系国家が集結したらイランにとっては脅威だな
イラン人意識を高めるためゾロアスター教再興をするかも

26: 世界@名無史さん 2012/07/25(水) 18:19:59.57 0
それはそれで面白いけど、今でもシーア派の盟主としてアラブ世界で少数派のシーア派勢力を支援してるし(例えば今話題のアサド政権)、シーア派としての意識は捨てないんじゃないかな。
スンニ派のカリフがシーア派をどう扱うのかは気になる

27: 世界@名無史さん 2012/07/25(水) 18:37:06.23 0
今思えばパフラヴィー朝がイラン建国二千五百周年祝典を執り行ったのはゾロアスター教からのの歴史的なつながりを重視し、イランの民族意識を高めるためだったんだな
それがホメイニどもの癪に障ったと

31: 世界@名無史さん 2012/07/27(金) 08:52:44.07 0
イランっていうのはカルバラの悲劇で他のイスラム諸国とは距離置いているからな
またササン朝の栄光に今もあこがれを抱いている

なんか独特のイスラム国家だよ

33: 世界@名無史さん 2012/07/28(土) 10:06:36.90 0
no title


一見紛争地帯とシーア派が重なるのかと思いつつ
タリバーンもラディン(サウジ出身)もスンニ派出身だったか

http://ja.wikipedia.org/wiki/ワッハーブ派
http://ja.wikipedia.org/wiki/デオバンド派
高校生からわかるイスラム世界
http://blog.livedoor.jp/yuji5327/archives/51721678.html

あの辺の国の内情はややこしいのぅ…

35: 世界@名無史さん 2012/07/29(日) 09:02:16.40 0
マレーシアのイスラム法とかはスンニ派の国際的解釈基準にもなるらしいが多民族国家だけあって他の宗教・信者に対しても寛容だ
政教分離がおわってるトルコやボスニアなんて、飲酒している男やミニスカートはいている女もいる

スンニ・シーア派という縦割りではなく、イスラム原理主義を極とするイスラム度の強弱で判断すべきだろ

36: 名無し募集中。。。 2012/07/29(日) 09:08:56.70 0
そもそもイスラム法を憲法としてる国ってサウジアラビアとタリバンの国くらいだろ

37: 名無し募集中。。。 2012/07/29(日) 09:11:16.21 0
テュルク系は遊牧民の習慣のこっているから飲酒にも寛容だろ

66: 名無し募集中。。。 2012/08/30(木) 21:26:59.53 0
結局のところカリフっていうけどイスラム全盛期のイケイケどんどんのカリフを欲しているわけでしょ
カリフを擁立したとことで国力がなくて欧米にペコペコしちゃうのはカリフじゃないんでしょ

67: 世界@名無史さん 2012/08/30(木) 22:31:26.39 0
カリフを擁立しても石油利権を親族で独占→国家に回らないので国民生活が圧迫→革命
というオチになりそうな

68: 世界@名無史さん 2012/08/31(金) 08:13:03.97 0
行政とかだいぶ様変わりするから移行期の混乱ぶりが凄まじそう

69: 名無し募集中。。。 2012/08/31(金) 13:24:26.30 0
カリフってイスラム共同体の代表者でしょ
間接民主主義だから大統領とどう違うわけ?

70: 世界@名無史さん 2012/08/31(金) 13:25:46.13 0
正統カリフだとクライシュ族出身者限定になる

72: 名無し募集中。。。 2012/08/31(金) 13:47:30.97 0
オスマン帝国のスルタンが末期はカリフなのってたし、クライシュ族限定ってのはないことになってんじゃないの
シーア派はしらないけどスンニ派って世襲とか嫌うでしょ

74: 世界@名無史さん 2012/09/01(土) 11:16:17.95 0
>>72
スンニ派はクライシュ族(オスマンは例外)。シーア派はアリーの子孫のみをトップに選ぶ。世襲をしないのはハワーリジュ派。
ハワーリジュ派は他の宗派にとても不寛容だったので、自分達が排除されてしまった。
残っているのはオマーンあたりのイバード派のみ。

スンニ派が嫌っているのは、過去の偉人を神聖視する事じゃないかな。

78: オツガイ ◆EAbyJft1LY 2012/09/02(日) 08:49:38.38 0
>>74
確かに、スンニ派は基本的にクライシュ族からカリフを選ぶべきだとしたけどね。
それでもオスマン帝国の例に表れてるように、時が経つとともにはその理念は割りと形骸化したよ。
オスマン帝国以外にも、ムワッヒド朝やティムール帝国などでもカリフを名乗る君主が現れたし。

79: 世界@名無史さん 2012/09/02(日) 20:30:44.91 0
どういう条件が成り立ったらカリフ制成立といえる?
単に俺は王っていって君主制の国立てたらいいというわけではないよね。
それプラス難が必要だろう

85: 世界@名無史さん 2012/09/18(火) 23:07:18.18 0
>>79
むかしwikipediaを読んでいたときには、バイアの儀式をする。
金曜の礼拝でカリフの名前を呼び上げる。カリフの名前を入れたお金を使う。
それをやめた人たちは事実上独立って感じだったようだが。
バイア

イスラム社会において,一団の人々がある人の権威を認めて,その人に服従の意志を示す契約行為。通常〈忠誠の誓い〉と訳され,おおむねそれは,イスラム国家の最高権威者であるカリフに対する〈忠誠の誓い〉を指す。


80: 名無し募集中。。。 2012/09/02(日) 22:49:01.95 0
結局のところイスラーム法を憲法にできるかどうか
現代風に再解釈する必要がある
イスラーム法を憲法にできればカリフといえる

イスラーム圏がソ連やアメリカみたいな巨大国家に統合されないとカリフといわれてもピンとこないけど

86: 世界@名無史さん 2012/09/18(火) 23:13:07.63 0
>>80
> 結局のところイスラーム法を憲法にできるかどうか
> 現代風に再解釈する必要がある

これがむずかしいよねー。イスラーム哲学はどこへ行ってしまったの(ムータジラ派とか)?
イスラーム科学はどうしちゃったの(アルケミスト、アルカリ、アルゴリズムとか)?
ちょっと時代は変わるけど、日本より50年早く近代化を始めたエジプトはどうしちゃったの?
アズハル学院だって改革したんじゃないの?みたいな。

なんか築き上げた物をその都度捨てて元に戻っているんじゃないかって気がしてしまう。

87: 世界@名無史さん 2012/09/25(火) 19:32:10.14 0
イスラム国家の政教分離って難しいよな、イスラム法が生活の大部分を律している時点で不可能
トルコはヨーロッパに近いこととケマルのカリスマ性で辛うじて出来たんだろうか

88: 世界@名無史さん 2012/09/26(水) 17:03:00.61 0
時代的なものが大きいんじゃね?
昔はイスラーム世界でも反体制勢力は社会主義とかの方に行ってたりしたわけで
社会主義の退潮とか、社会主義を抑えるためにイスラーム勢力を支援したりした政府の働きとか
アタチュルクがカリスマになったこと自体、ナショナリズムの興隆と関係あるだろう。
いろいろな歴史があって、イスラーム勢力の興隆があるのだし。

そもそもちゃんと政教分離できてる国も皆無だが、じゃあ政教一致してる国も殆ど無いわけで
>イスラム法が生活の大部分を律している時点で不可能
これは少しピント外れだろう

92: 世界@名無史さん 2013/02/07(木) 21:16:54.48 O
政教分離は無理、国民国家も無理、つか無意味。今も昔もガチガチの部族社会だろ。
カリフ制で部族社会統制できるならやれば?シーア派とスンニ派から交代でカリフ出すとかして。

93: 世界@名無史さん 2013/02/08(金) 16:50:37.86 0
シーア派からカリフを出すとか
発想が無知すぎる

いや、イスマイール派なら現役でいるからいいのか?

94: 名無し募集中。。。 2013/02/09(土) 13:31:29.87 0
ムハンマド直系子孫でカリフを世襲するのがいちばんだけどなあ

95: 世界@名無史さん 2013/02/10(日) 03:02:50.82 0
やっぱハーシム家になるの?

97: 名無し募集中。。。 2013/02/11(月) 00:21:49.03 0
アラブはいとこ同士で結婚するから
同族の結び付きが強いよ

ヨルダンハーシム家じゃダメだろ
アメリカの犬だし

98: 名無し募集中。。。 2013/02/11(月) 00:24:00.60 0
シーア派のイランはムハンマド直系子孫のイマームが最高指導者でいいけど、スンニ派は普通に選挙か合議制で選べばいいと思うけどねえ

100: 世界@名無史さん 2013/02/11(月) 17:47:02.37 0
繰り返しの議論だけど、やはり90年前までカリフだったオスマン家の長じゃないか?
「ほかの奴ならいやだが、オスマン家なら受け容れる」ってイスラム教徒もいると思う。

101: 世界@名無史さん 2013/02/11(月) 20:31:57.48 0
オスマン家にはカリフよりも世俗的なスルタンとしてトルコに戻って欲しい

102: 世界@名無史さん 2013/02/12(火) 00:20:07.08 0
一応続いているのか。

歴代オスマン家家長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%AE%B6#.E6.AD.B4.E4.BB.A3.E3.82.AA.E3.82.B9.E3.83.9E.E3.83.B3.E5.AE.B6.E5.AE.B6.E9.95.B7

しかしアメリカはリムランドでの国同士の連帯なんて認めないだろうな。
しかもイスラムが全員集合となればなおさらだ。

110: 世界@名無史さん 2013/02/20(水) 10:20:46.75 0
カリフが再興しても何の実権もなく現行の政治体制は変わらんでしょ

122: 世界@名無史さん 2013/03/12(火) 21:19:29.76 0
no title


最後のスルタン=カリフ メフメト6世

昭和天皇になんとなく似てる 

123: 世界@名無史さん 2013/03/12(火) 22:00:24.34 0
>>122
スルタンとカリフはイコールじゃないのでは?

124: 世界@名無史さん 2013/03/12(火) 22:03:12.35 0
最後のカリフはアブデュル=メジト2世、メフメト6世は最後の「スルタン」
ケマルが段階的に廃止していったからね

125: 世界@名無史さん 2013/03/13(水) 09:01:32.24 0
メフメト6世は欧米と妥協したから廃位させられた
もうすこし利口なら兄弟か子供をアンカラ政府の立憲君主として送り込んで、オスマン朝を温存できたのではないか

126: 世界@名無史さん 2013/03/13(水) 18:13:54.95 0
トゥルグット・オザクマンの「トルコ狂乱」によると皇子の誰かがアンカラ軍に志願しようとしたものの送り返されたらしい

134: 名無し募集中。。。 2013/03/24(日) 22:27:09.39 0
カリフ制度のこしといたらイスラムの盟主的ポジションは残ってただろうな

135: 世界@名無史さん 2013/03/26(火) 01:53:55.07 O
>>134
ケマル・アタチュルクはそれを残したくなかったんじゃない?
ヨーロッパ化をひたすら志向したようだし。

136: 世界@名無史さん 2013/03/26(火) 16:52:41.71 0
オスマンのスルタン=カリフみたいに、実はわが家系がカリフ引き継いでましたって出てこないのかな。

148: 世界@名無史さん 2013/06/19(水) 01:05:32.96 0
イスラム教徒って今カリフが居ないことをどう思ってるの?
残念に思ってるのか?
それともカリフなんて居なくなってせいせいしたと思ってるのか?

引用元: ・国民国家廃止&カリフ制再興はありうるか