1: 世界@名無史さん 03/11/23 16:24
もはや世界中にその習性があると言っていい、代表的な愛情表現「キス」
日本でもごく当たり前として行なわれているし、世界中の映画にも、その場面がないものが少ない接吻。
しかし、そもそもキスなるものは、いつ頃、どのような目的で生まれた習性なのだろうか?
紀元前の聖書にもキスの表現は出てくるし、古代の神話にも登場する。
だが、歴史的にはどのような意味があったのだろうか?
追求されたし。








2: 世界@名無史さん 03/11/23 16:27
愛情表現としてのキスは、クレオパトラの時代にはなく、新しい風習だった。
古代ギリシャでは、身分の低いものが身分の高いものに対して行う尊敬の表現だった。
古代ローマ時代から、性的な意味を持つようになった。相手の頬や額にするキス、唇と唇のキス、ディープ・キスとわかれる。
1936年発刊されたユーグ・モーリス著の「キス術」には、いろいろなキスの仕方が載っている。

5: 世界@名無史さん 03/11/23 16:30
チンパンジーとか猿も、よくチュチュってやってるだろ?
もしかしたら猿時代から受け継いでたもんじゃねーのか?

7: 世界@名無史さん 03/11/23 16:34
>>1
http://www.mars.sphere.ne.jp/putimoni/report.htm

ここに日本のキスについて詳しく書かれてるよ

日本のキスの最も古い例のひとつを、平安期の『今昔物語』(1120年)にみつけることができました。
「参河守大江定基出家話(みかはのかみおほえのさだもとしゅっけすること)第二」
という部分には妻が死んだあと、葬ることもできず、死体を抱きしめて臥していた男が、日にちが過ぎた頃にその死体の口を吸ったところ、「女ノ口ヨリ奇異(あさまし)キ臭キ香」が出てきたことから世の中がすべて嫌になって出家した、という話が紹介されています。

18: 山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM 03/11/23 16:48
>>7
あまり適切な例では無いように思われます。
定基出家の話は遺骸の体をねぶるという直接的な行為により出家を確実なものにするという構成がミソでは無いかと。
同話には彼が三河の風祭の際に山鳥を八つ裂きにするという惨い行為をわざとすることによって出家の決意を固めたという話がありますが、彼の強烈な個性を示したものともとれる。
それと『今昔物語集』の成立時期ははっきりしておらず『古本説話集』とどちらが早いのかよく分かりませんが1130年~1150年頃かと。

12: 山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM 03/11/23 16:41
日本でも院政期に書かれた『今昔物語集』と『古本説話集』に登場します。
「かきだきたてまつり、ひきつみたてまつり、くちすうまねなどして」
(『古本説話集』 和泉国々分寺住持艶寄吉祥天 第六十二)
15世紀に成立した『伊呂波字類抄』(黒川本)にも項目が設けられている。
ただ人前で行うような行為では無かったと考えられます。
やはり性交の如き肉体を密着される関係の間でないと無理だったかと。

14: 世界@名無史さん 03/11/23 16:43
平和の接吻
見習い修道士が正修道士になるときに修道院長から送られる接吻のこと。

15: 世界@名無史さん 03/11/23 16:44
無原罪
マリアは、アンナから接吻による受胎したため、原罪を免れたとする。
そのため、聖母被昇天したという。

21: 世界@名無史さん 03/11/23 16:51
マニリウス
古代ローマの元老院議員。
公衆の面前で妻に接吻したかどでカトーによって,元老院から除名された。

26: 世界@名無史さん 03/11/23 17:24
明治以前の意味

くちすい
いまでいう接吻の意味

接吻
口癖の意味

32: トトメスⅢ世 ◆prgqkIQ406 03/11/24 06:21
古代のエジプトにも愛情表現としてのキスは合ったようです。
当時の人々が残した恋の詩の中にも、「愛しいあの人の下に駆け寄ってキスをしたい」と言った表現があります。
また、Royal Kissと呼ばれるアクエンアテンのレリーフにも王女とキスをするアクエンアテンの姿が残っています。

57: 世界@名無史さん 04/01/08 00:38
傾向として:
「男同士のあいさつキス」は近代化が遅れた地域に多く存在している気がするのだが・・・どうだべ?
中東とか、かつてのロシアもか?

59: 世界@名無史さん 04/01/08 00:50
>>57
それじゃあ近代以前はどの地域でも男同士でキスしていたのか。

64: 世界@名無史さん 04/01/19 00:42
>>59
現在より広く分布していた可能性は高いと思われ

61: 世界@名無史さん 04/01/11 09:32
挨拶のあれはキスっていうのか?

63: 世界@名無史さん 04/01/18 16:53
頬と頬を寄せてキスの真似をすることもあるし、実際にキスするところもある。

68: 世界@名無史さん 04/02/11 23:18
ひょっとしてあいさつとしてのキスは地中海~中東あたりが起源のローカルな土着の風習だったのでは?
他の地域ではもともと存在しなかった習慣では。
そういやネグロイドやモンゴロイドで挨拶キスを古くから行なっていた民族ってなかった気もするな・・・

71: ハリネズミ ◆qBLXpo7Q9Y 04/02/12 23:18
挨拶や儀礼などのキスは、中東から地中海へ伝播したみたいですね。

「接吻」は、もともとの意味は、いまでいう「口癖」だから、「口吸い」とかになるんでしょうね。日本における「接吻」について、類語や語源が載っていた新書(?)を読んだ気がするのですが、タイトルも思い出せない。

94: 世界@名無史さん 04/06/09 11:17
挨拶風習としてのチューは将来的には廃れていくのでしょうか。
衛生的にも非接触タイプ(おじぎとか)に負けるしな・・・

97: 世界@名無史さん 04/06/30 21:22
>>71で言われるとおり、挨拶としてのキスはもともと中東のローカルな風習だったのだろうか。

98: 世界@名無史さん 04/06/30 22:39
キスと一口に言っても、挨拶代わりの軽いキスから性行為の最中に行われる唾液が交じり合うような深くねちっこいキスまである。
欧米の文化では挨拶代わりのキスがあるがこれについてはない国も多い。
(日本もない)
挨拶としてのキスのない国の人は欧米人の行為に恐怖を感じたらしい。
食べられてしまうのではないかと思ったそうだ。
日本の文化では昔からキスは専ら性的な意味が強く、軽い付き合いでするものではなく「行為の最中にするもの」だったようだ。
だから今でもいくら夫婦とはいえ「行ってらっしゃいのキス」が健康にいいとか言われてもそんな習慣に簡単に馴染むはずがない。
性的な意味でもキスが全くない国ってあるのだろうか?
エスキモーとかいくつかの人種はなかったとかいうのを読んだ気がするが、ちょっと曖昧なのでだれか知っていません?

99: 世界@名無史さん 04/07/01 03:58
多分>>7のサイトにも載ってると思うが。
朝鮮出兵の際、名護屋城の秀吉が大坂の淀君にあてて「早く帰ってキスしてえ」と書いたラブレターが残っているらしい。

100: 世界@名無史さん 04/07/01 18:02
秀吉はキスフェチだった。孫にまでキスしたがって「誰も口を吸うな」って言ってたらしい。
凄まじいブ男であれほどの権力を手中にしながらモテなかったそうだから、そんな男にキスばっかされる大奥も大変だったろうな。

104: 世界@名無史さん 04/07/15 22:04
>>100
それは孫じゃなくて、息子の秀頼(お拾)に送った手紙の話。

108: 世界@名無史さん 04/07/30 15:13
旧約の雅歌(前3世紀頃成立)に、愛情表現としてのキスがでてくるよ。

111: 世界@名無史さん 04/07/30 22:05
アカメネス朝の壁画にも、王に対して投げキッスしている臣下があったな。
愛情だけではなく、敬意を表すキスもあるね。

112: 世界@名無史さん 04/07/31 00:15
群衆の中から。ユダがイエスを指し示すのに、挨拶のキスをした、と福音書にもある。

117: 世界@名無史さん 04/11/24 16:29:38
キスって本当に存在するの?
テレビでしか見たこと無いけど・・・。

お前らメディアに毒されすぎだと思う。

118: 世界@名無史さん 04/11/24 21:28:56
キスなんてないよ派

引用元: ・【接吻】キスの発祥と分布について【愛情表現?】