31MJ-4Q2HwL._SL500_ (2)



1: 世界@名無史さん 2018/11/01(木) 02:46:45.96 0
どのように財政難を解決し、革命を防ぐか?
みんなで考察するスレ







344: 世界@名無史さん 2019/06/18(火) 04:29:54.24 0
三部会の冒頭で「議員は身分関係無しに1人1票な」と宣言して平民を味方につける。
もともと貴族や聖職者に課税するのが狙いだったんだし。

348: 世界@名無史さん 2019/06/22(土) 18:31:03.20 0
>>344
一人一票ではあったけれども、身分別だったので多数決にするべきでしたね

345: 世界@名無史さん 2019/06/18(火) 14:17:37.22 0
市民が力を得る前にあまり市民の味方すると貴族と王族に首すげかえられちゃうからなあ
市民にたくさん媚び売っても、かつてのネッケルみたいに結果出せないと追い出されるから意味ない

346: 世界@名無史さん 2019/06/21(金) 22:59:54.50 0
貴族なんか怖くもなんともない。ダンスと無駄話ぐらいしか能がない。
王が上からの改革を志すなら、平民とくに農民との結びつきを強めるのがよい。

351: 世界@名無史さん 2019/07/07(日) 10:34:19.22 O
>>346
文革みたいに?
強烈なカリスマが無いと難しいな。

352: 世界@名無史さん 2019/07/07(日) 11:37:29.26 0
強烈なカリスマは強烈な人殺しに宿ることが多い。政治の世界では。

354: 世界@名無史さん 2019/07/07(日) 14:42:40.84 0
俺は正しい!と言って間違ってても一直線に改革を断行している方が仕事してる風に(有能に)見える感あるよな
現実と折り合い付けながら妥協ライン探る型の政治は日和見の無能に見える

これは昔も今も変わってないと思うわ

359: 世界@名無史さん 2019/07/15(月) 00:29:31.26 0
ナントの勅令を廃止したのがいけない
あのとき既にフランス王国の命運は決していたのだ
ナントの勅令は、1598年4月13日にフランス王アンリ4世がナントで発布した勅令。
ユグノーなどのプロテスタント信徒に対してカトリック信徒とほぼ同じ権利を与え、近世のヨーロッパでは初めて個人の信仰の自由を認めた。

1685年、「太陽王」ルイ14世はフォンテーヌブローの勅令によりこの勅令を廃止し、カトリック中心の権威主義的な国家へと逆戻りさせた。これによって、プロテスタント信徒の大半はネーデルラントなどの国外へ逃れ、商工業の担い手を失ったフランスの衰退を招くことになった。


360: 世界@名無史さん 2019/07/15(月) 10:02:26.14 0
大勢のユグノーと同時にその資産も海外に逃げたからな。
強制といやがらせを総動員して国内の異分子を排除したルイ14世よりも寛容令でユグノーの権利回復に踏み切ったルイ16世の方が結局正しかった。
しかしルイ16世の治世になる前に優秀なユグノーの多くは海外に離散済み。
すでに手遅れ。後の祭り。
ルイ14世とルイ16世を入れ替えれば、フランスの経済は史実に上向きのプラス成長が加わり、あのような破滅的な革命は避けられたのでは。

361: 世界@名無史さん 2019/07/15(月) 10:38:39.98 0
プロイセン/ブランデンブルクが大選帝侯時代にユグノーを大量受け入れしたけど、ベルリンは街の3分の1の人口を占める彼らの技能のおかげでいっぱしの都市になったんだよな
ほかにも痩せ地の開発したりと、後のプロイセン強大化の礎になったといえる

366: 世界@名無史さん 2019/07/16(火) 14:51:00.65 0
逆にルイ14世が妥協的な知性を行っていたらできなかった行為もあるだろ?
それらを統括しても、ルイ14世の治世は失敗なの?

367: 世界@名無史さん 2019/07/16(火) 21:26:08.18 0
>妥協的な知性を行っていたらできなかった行為もあるだろ?

いや別に。ルイ14世には戦略眼がなく無駄な戦争が多すぎる。
ルイ14世時代に「功」の部分があったとしても大体がマザランとコルベールの働きだし。

363: 世界@名無史さん 2019/07/15(月) 23:12:01.80 0
穀物の蓄積
飢饉の際の穀物の互助条約締結
ルイジアナへの貧民輸出
徴税請負の廃止

369: 世界@名無史さん 2019/07/17(水) 13:46:19.59 0
植民地の売却で赤字を埋める

377: 世界@名無史さん 2019/07/24(水) 11:50:27.97 0
山岳の奴等を抑えないとどうにもならんのかな

378: 世界@名無史さん 2019/07/24(水) 12:09:31.13 O
ジロンド派を取り込む。
王妃がジャマだな。

382: 世界@名無史さん 2019/07/25(木) 21:50:59.70 0
統率者がいなければ嫉妬心をたぎらせる暴力的貧民も烏合の衆にすぎんからな
山岳派の権力喪失後にその支持者が、金ピカ青年隊ことミュスカダンからボコられ放題だったのを思い浮かべるとよい

386: 世界@名無史さん 2019/07/27(土) 12:36:33.45 0
革命初期の初期は貴族への課税反対を三部会で押し切ろう、そのためには第一と第二身分に結託されては勝ち目が無いから第三応援するか程度に革命を主導してた

387: 世界@名無史さん 2019/07/27(土) 16:43:09.13 0
錠前さえバレなければ立憲にできたかも(?)

388: 世界@名無史さん 2019/07/28(日) 17:16:51.09 0
錠前(お抱え職人の裏切り)に限らず、王家の支配が虚構のものであることにさっさと気づいていればな
王=なんかスゴイっていううっすい地盤の上に乗った楼閣であることを知るべきだった
早い話、求心力が薄っぺらい

391: 世界@名無史さん 2019/07/29(月) 22:08:36.58 0
ネッケルの最初の就任前くらいに破産宣言だしてたらどうなってたのかな?
1~2世紀前くらいには、ハプスブルクとか普通に破産宣言してたと思うんだけど、時代が違うからずっと深刻なダメージになるのかな?
それでも革命でギロチンというバッドエンドよりは、あらゆる結果がまだマシと想像しちゃうんだけど

393: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 07:04:31.27 0
>>391
そんな遠い事でなく、先代のルイ15世も5回デフォルトしている。
問題はデフォルトすればするほど自分の首が絞まること。
革命を防ぐ上ではマイナスでしかない。

394: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 07:13:33.14 O
徳政令

396: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 12:18:28.33 0
徳政令は新たな借金ができなくなって経済が停滞する

397: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 12:31:21.90 O
一時凌ぎにはなる。

398: 世界@名無史さん 2019/07/30(火) 21:00:09.89 0
>>397
A.1000の借金があっても10の資金を調達できる
B.借金を踏み倒して0にしたが新規の借入は絶望的
当座を凌げるのはどっちだと思う?

401: 世界@名無史さん 2019/07/31(水) 11:56:39.12 0
金貸してくれなきゃ難癖つけて逮捕して財産取り上げるだけだしな
商人への借金は体の良い特別税

402: 世界@名無史さん 2019/07/31(水) 12:27:11.17 O
それじゃ史実と同じ結果になりそうだよ。

405: 世界@名無史さん 2019/08/01(木) 08:20:52.02 0
結局14世が国庫を破綻させた挙げ句植民地戦争に負けてたまたま飢饉がそこに重なったツケが回ってきたんやろ
もし無くてもいつかは起きてただろうけど

406: 世界@名無史さん 2019/08/07(水) 21:52:57.24 0
ルイ14世、ルイ15世と無能な君主が続いたからな。
ルイ16世がいくら頑張っても退勢を挽回するのは困難。

424: 世界@名無史さん 2019/08/12(月) 02:59:40.25 0
>>406
中央集権化と官僚制の整備をあれだけやり遂げて無能扱いされたら、ルイ14世に化けて出られても文句言えんぞ。

419: 世界@名無史さん 2019/08/11(日) 01:12:32.19 0
フランス王国を助けてくれる友好国はなかったのだろうか
諸外国はやはり革命の危険性に気がつかなかったのかねぇ

421: 世界@名無史さん 2019/08/11(日) 13:41:50.52 0
オーストリア皇帝がこの時期に代替わりしてるんだけどさ、前者は慎重、後者は介入も辞さないって態度だったみたい
いわゆるヴァレンヌ逃亡事件もとりあえず地方都市に逃げてオーストリア皇帝に助けてもらうってプランだったし

革命中期まではそんなことより諸外国に介入する隙を与えなくないって考えてた

422: 世界@名無史さん 2019/08/12(月) 00:33:41.86 0
逃亡成功してたらどういう世界線になったかは気になる

423: 世界@名無史さん 2019/08/12(月) 01:16:02.81 O
機密情報を流しまくった王妃が居なくなるからフランス軍がより有利になるな。

464: 世界@名無史さん 2019/10/07(月) 08:59:09.93 0
>>423
>機密情報を流しまくった王妃

反王制側がそう主張して盛んにパンフをばらまいたのは事実だが、実際問題として王妃がフランス軍に関する何の機密を知って流したというのだろう。

441: 世界@名無史さん 2019/08/20(火) 19:33:46.54 0
テニスコートの誓いのあたりで叛徒を全員逮捕して、ルイジアナ開拓に送り出すべきだったよ

442: 世界@名無史さん 2019/08/20(火) 20:45:50.33 0
ルイ16世は足湯みたいな中途半端じやなく
肩までどっぷり革命に浸かればよかったんだよ

450: 世界@名無史さん 2019/09/22(日) 09:23:52.00 0
やっぱ独自の、直轄の軍事力を持たなかったことが敗因かな…
上からのクーデターを起こして貴族を抑圧しておけばなんとかなったかも

451: 世界@名無史さん 2019/09/22(日) 09:35:00.39 O
金がないよ

452: 世界@名無史さん 2019/09/22(日) 09:50:27.91 0
嫁の実家から借りるとか

466: 世界@名無史さん 2019/10/14(月) 05:37:37.25 0
松平定信が寛政の改革で行った旧里帰農令に倣いこれをもっと強力に推進。
パリに集中しすぎた人口を地方へ分散させる。
そして荒れ地を開墾してジャガイモを育ててもらう。

467: 世界@名無史さん 2019/10/14(月) 07:13:36.46 0
>>466
そう言うのは農村振興を先にしないと
失敗する事が多いよな

469: 世界@名無史さん 2019/10/15(火) 08:21:05.56 0
今まで気が付かなかったですが、寛政の改革って、西暦でいうと1787~1793年でフランス革命の時期にほぼ重なるんですね。

どうせなら人足寄場も参考にして、無職のサン・キュロットを収容して働き口を与えてあげましょう。

470: 世界@名無史さん 2019/10/15(火) 14:08:13.93 0
パルマンティエが拓いたサブロンのジャガイモ試験農場を拡張。
Uターン、Iターン組の農業研修センターに。
育成した次世代農業人材には地方の国有地を払い下げる。

471: 世界@名無史さん 2019/10/16(水) 00:32:38.47 O
だから金がねぇんだよ。

お金さえあれば

473: 世界@名無史さん 2019/10/16(水) 19:36:15.52 0
宮廷貴族と違って、地方の貧乏貴族はわずかな所領も荒れ放題になって、それをどうすることも出来なくて、途方に暮れてる状態だったからな。
じゃが芋栽培の技術者とか来てくれたら大歓迎だろうな。
平民の技術者に対する感謝の心が生まれ、階級間の融和にも役立つ。

477: 世界@名無史さん 2019/10/18(金) 23:33:10.40 0
何らかの形で分権は必須だろうなぁ
できるかどうかは別として、やるしかない

495: 世界@名無史さん 2019/12/22(日) 22:06:29.95 0
結局は私がなろうのようにルイになったら聖職者や貴族への課税は求めないな
これをやろうとしたことで革命になったからな

485: 世界@名無史さん 2019/11/17(日) 16:49:16.97 0
国民の好意を集める人徳はあったのだが、それを貶める悪意ある敵が現れたときにその謀略を排して再逆転する術を、徐々にでも身につけられなかったのは痛い。
後世アンシャンレジーム世界に転生することがあれば、こんどは前世の教訓を生かしてイメージ戦略で攻める王になっていただきたい。陛下・・・

引用元: ・自分がルイ16世だったらどのように革命を防ぐ?★2