51dMDV01HLL



1: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 18:34:40
やっぱりつまんないからか?








6: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 18:51:31
記述の羅列は正直苦痛だよなあ
わくわく感がゼロだよ・・・

7: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 19:02:12
地味すぎるから

11: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 19:11:50
三国演義、吉川&横光三国志は万人受けだろうなあ。
掴みから面白いもの。


12: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 19:30:08
演義と比較してつまらなさに愕然とする人間が多いからだろ
なにせ、物語じゃないからな正史は

14: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:05:07
光栄は功労賞

16: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:10:25
吉川横光は演義だけど
蒼天は正史だから
蒼天がヒットしたって事は正史がヒットしたって事になるんじゃね?

17: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:14:37
蒼天は正史(笑)
正史がヒット(笑)

18: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:20:39
そんなこといったら北方はどうなるんだよ
あれも正史ベースだろ

25: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:49:19
>>18
北方は正史より演義の方が近い気がしてならない
督郵をボコったのは張飛だし
街亭の戦いも司馬懿が居るし
いろいろと

19: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:28:43
演義での話を語れる人間って多いけど、正史での話を語れる人間って極めて少ないしな

20: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:30:03
正直とっつきにくいんじゃね
専門用語がやたらと多いし、他の時代もフォローしとかないとイミフな箇所があるし
しかも淡々としすぎて盛り上がりも何も無い
一般人がこんなもん読むわけねーよ…

21: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:39:47
一般知識としては三国志正史は知識としてもあんまり役に立たんしな

22: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:40:43
正史を横光が漫画にしてれば…

24: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:46:55
変わらぬ友情をいつまでも=桃園結義

こういう話の方が受けるんだろうな
普通に分かりやすく面白い上、ためになる

26: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 20:53:33
呉書、蜀書は楽しく読めるが、魏書はキツい…
特に文帝記は苦痛なレベル

34: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 22:28:45
文帝紀は確かにきっついわ…
真面目なのはよくわかるがな
呉書の滅亡付近も別の意味できっつい

37: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/15(火) 23:51:46
正史は難しい、とか思ってる人は呉書から読んで欲しい
イメージ変わるはず

43: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/16(水) 14:42:53
正史ってそもそも流行るもんじゃないだろう
メディアじゃないんだから
そういう認識の仕方がカンチのもと

46: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/16(水) 19:32:56
正史の人気じゃなくて蒼天、あるいは曹操、あるいは蜀以外のものの人気じゃないのかな
反演義というか
ゲームの能力値を正史準拠にしろと言ったり、ドラマや映画で正史と違うとクレームつけたり
こういうのを正史人気と言ってるのでは?
でも反演義で正史にしろ正史にしろと言ってる人間がちゃんと正史を知ってるとは限らない
演義で持ち上げられている人物を演義と正反対の評価にすれば正史準拠と思ってる奴が多いよな


48: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/16(水) 19:48:15
日本に三国志を広めたのは光栄、吉川氏だろ
武将を数値化した光栄の功績は影響力ありすぎですね

50: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/16(水) 20:08:06
まあでも光栄、吉川氏の演義も本土とほぼ遜色のないクオリティの高いアレンジだからなあ。
吉川氏の本土特有のブラックジョーク(人肉ネタなど)を抜いて日本人向けにアレンジしたやり方は見事。
中国版では劉備は洛陽船を待ってたりしないけどね

67: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 16:05:41
演義の出来がいいのも元になった史実が優れていて面白かったからだろ
他の時代を演義みたいに脚色しても三国志ほど面白くはならない
演義の正史からの引用の多さもそれを物語ってる

68: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 18:54:55
演義の脚色が良かったから三国演義は大うけで正史は全くうけなかったんだろ?

73: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 19:15:49
だから歴史書が流行らないのは当然だっつーの

74: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 19:19:23
もともと小説みたいに流行り廃りするもんでは無いんだよな
人が楽しめることが目的なわけでもない

75: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 19:20:56
日本の戦国時代の話は様々な創作物より、寧、歴史書の方がウケて流行ってるんじゃないか?
より事実に近い記述の方に興味を持ってる人の方が多そうだし。

76: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 19:24:08
戦国だって興味を持つスタートは小説や講談が主だろ

86: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 20:12:58
「流行ってる」の程度のよるな
今出てる三国志考察本、人物紹介本のほとんどが正史主体か正史&演義基準
演義単体の三国志本なんていまやそっちの方が珍しい
ゲームでは正史の記述により色んな武将が見直されたり正史にしか出ない人物が出たりしてるし
ネットの三国志サイトも演義より正史に沿って話を進めてる方が全然多い
少なくとも日本に限って言えば正史は流行ってるとは言えないまでも以前に比べて浸透しつつあるんじゃないだろうか

87: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 20:15:27
それでも吉川&横光三国志の牙城はビクともしてないように見えちゃうけどな。

89: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/17(木) 20:19:50
だから漫画や小説のように流行ることは無いし流行る必要はないんだって
ただ以前に比べ正史の設定も浸透しつつあるということが言いたいだけ
全くライトファンに見向きもされないものでは無くなってる

160: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/19(土) 07:54:50
歴史書とそれをもとにした小説なんだから演義の方が人気あって当然じゃないか。
で、演義で興味が湧いた人が正史を読んで、ああここは演義とは違うなとか、本当はこうだったのかとか、そんな風に正史は楽しむんじゃないの?

161: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/19(土) 11:18:54
演義を読んで大満足
これで大概終わってるけどな
一般的には

186: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/21(月) 00:13:43
流行ったら気持ち悪いだろ
電車の中でみんなが三国志読んでるのか

206: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/23(水) 23:53:31
年配者には吉川、中年には横光、若者には蒼天航路とゲーム(光栄、大戦)といったところか。
若い三国志オタはネット見ればゴロゴロしてるが
中年以上の三国志オタって見た事ないな、どれだけいるもんなのだろう

220: 無名武将@お腹せっぷく 2009/12/24(木) 14:24:45
>>206
まず十八史略を読んで、そこから平凡社の演義やら選集正史やら読んで、吉川本、横山漫画と来た。
当時も演義をまず読んだ同級生たちも正史は別物だって知ってたし、それぞれの本のあとがきには劉備や曹操のキャラクターの都合とか当時の描写の必然とかあったし、物語の外に出てまで極端な二元論を刷り込まれてるような能天気な人って見た事無いよ。
ここで言われてる演義しかしらずに演義視点でしか正史も読めないって人の方が少ないと思うけどな。
世代によって違うのかな。
もっとふるーい父親以上の世代でもそんな感じだったけど。

258: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/07(木) 23:48:42
正史をアレンジして、一般知識の根本にまで上り詰めた
演義の面白さは本当に偉大だな

260: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 17:25:48
正史は読者のために書かれたんじゃない。書きにくいことはごまかしながら書くしかなかった。読者のために書かれた演義が読みやすいのは当たり前。

261: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 17:48:51
つか学術文献とか資料にかんして面白さを求めるほうがどうかしてる

263: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 17:59:10
正史三国志は読み物としておもしろいと思うけどな。
ただ小説と史書は違うわけで。
漫画と小説と映画なんかもそれぞれ違うわけで
ひとつの基準で比べるとおかしくなる。

265: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 18:58:11
三国時代の正史には演義以上の影響力がなかったため七実三虚の三国演義が三国時代のスタンダードとして一般知識としても広く流通したんだよな
この場合、演義の流行り具合が半端なく読書人までもが隠れオタになるほどな
異常人気の三国演義が凄すぎたというべきかもしれんが

268: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 19:35:50
>>265
正史が流行らなかったのは確かに影響力が希薄だったからかも
演義は上手い事肉付けしたよね
おかげで中国でも知名度が最も高い時代にまでなった

269: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 19:47:22
>>268
だから正史が「流行る」って言い方がそもそもおかしいんだって
娯楽小説みたいに流行り廃りするもんじゃないということは何度も言われてるだろう

270: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/27(水) 19:50:23
ならば「浸透しなかったのは」とでも言えばいいのかな。
演義の浸透率ってやっぱり半端なないもの。
それこそ歴史として一般人に語っても通用してしまうくらいに。

337: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:39:04
逆に考えるんだ
流行ってないなら流行らせるんだ

正史を流行らせるにはどうすればいいだろう

341: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:55:53
>>337
難しいな。
味気ない簡素な記述がウリなだけに。
日本の戦国時代は面白いので大うけだけども
三国志は演義あってナンボの面白さだからなあ。

338: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:42:01
正史の前にまず演義を流行らせたらどうだ?
今の日本じゃ厳しいだろうけど

339: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:50:17
演義は十分過ぎるほどに流行ってる。
まあ、吉川&横光アレンジだけども

差異は微々たるものだし、あんまり気にするほどでもないかもな。
中国文学小説特有のブラックジョークがなくなってるくらいか。

340: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:54:48
吉川も横光も今は「流行ってる」とは違うような(特に吉川)
はだしのゲンとか今でも学校で読んだ人多いだろうけど
だからはだしのゲンは今流行ってるとは言わんだろう

342: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:57:08
別に歴史書を流行らせる必要が無いと思うんだが

344: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 19:58:38
>>342
日本は歴史(特に戦国時代)が大流行だぜィ!

346: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 20:02:27
>>344
そりゃ自国の歴史だし大河やら何やらずっとやってるからな
異国の歴史が小説や映画抜きで流行った例なんかあるのか?

349: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 20:06:22
>>346
面白くて興味を引ければ歴史も流行るんだな

347: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 20:04:46
戦国も小説、ゲーム止まりの奴が大半だろう
信長公記やらルイスフロイスの日本史齧る段階までは行く奴はそう多くない

361: 無名武将@お腹せっぷく 2010/01/29(金) 21:10:35
正史は考察するのが楽しいんだよな
でも考察なんてしたがる奴が一般層に多いとは思えない
みんな考察したいんじゃなくて物語のように話を楽しみたいんだろう

393: 無名武将@お腹せっぷく 2010/02/01(月) 00:36:10
スレタイよく見たら「日本で」となってるけど
本国の中国だと正史流行ってるのか?

396: 無名武将@お腹せっぷく 2010/02/01(月) 00:49:15
>>393
流行ってるどころか絶滅寸前っていったところかも
歴史好きでも三国志オンリーの史実だけを学んでるなんて奇特なヤツもいないし、皆幅広い時代を学ぶ。
それに三国志自体が日本における日本の戦国時代ブームのような熱気など皆無。
基本三国演義で、それを当たり前のように歴史の如く話すのも一般的。
向こうでは水滸伝や西遊記のが人気だからね。
いちいち三国志を演義、正史で細分化してしまうようなめんどくさい事はやらないみたい。

中国人の友達と酒呑んで三国志談義でもしようと思ったら徐庶や程イクくらいでも「マニアック」と言われてしまいましたw

引用元: ・何故、日本でも三国志正史は流行らなかったのか?





正史 三国志〈1〉魏書 1 (ちくま学芸文庫)
陳 寿 裴 松之
筑摩書房
売り上げランキング: 208,228