207: 世界@名無史さん 2018/05/10(木) 02:38:56.96 0
音楽家の東儀秀樹が宮内庁式部職楽部所属
東儀家の家系は聖徳太子の時代まで遡るんだとか

長良川の鵜飼いの鵜匠は宮内庁所属式部職御料鵜匠だが、日本の鵜飼いの歴史はめっちゃ古い
隋書倭国伝
倭国以小環挂??項 令入水捕魚 日得百余頭 (??-ろじ 鵜のこと).

208: 世界@名無史さん 2018/05/11(金) 06:25:12.73 0
網を作る手間より鵜を捕まえ、維持するほうが楽だったんだな

224: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/07/23(月) 22:10:28.76 0
紀元前1200年頃、ヒッタイト(ハッティ)帝国滅亡。
しかし、その後も紀元前7世紀頃までヒッタイトの歴代の王に因んだ名を名乗り、後裔を名乗る王たちがアナトリア一帯に自立していた。
『旧約聖書』ではバビロン捕囚が終わった頃にいた周辺の諸民族の中にヘテ人の名が見えるが、このヘテ人が後期ヒッタイトの人々を指すともいう。

226: 世界@名無史さん 2018/08/09(木) 00:10:12.83 0
皇室の人たちは特別な儀式のときだけ平安時代のような身なりをするが、相撲の行司と神社の神主は、日常的に、平安時代のようなかっこうをしている。

229: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/09(木) 21:03:36.20 0
>>226
行事が今の格好になったのは明治時代で、それまでは裃ですよ。

228: 世界@名無史さん 2018/08/09(木) 20:25:29.67 0
江戸時代の皇室も平安時代のような恰好だったの?
それとも同時代の服装を普段着にしていたのだろうか。

229: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/09(木) 21:03:36.20 0
>>228
儀礼用はさておき、天皇は普段は直衣だったはずですが、公家は出仕以外は小袖で武家と変わりなかったはず。
水戸黄門の一条三位の格好は時代劇だからです。たしか普段着なのに狩衣。
石坂黄門だとちゃんと考証していました。

231: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/08/18(土) 06:22:47.19 0
コプト語
アラブによる征服後、日常的な口語としての使用は次第に減少し、上エジプトでも14世紀には
ほぼ使用されなくなっていたが、僻地では19世紀まで使用されていたという説がある。

232: 世界@名無史さん 2018/08/18(土) 19:42:50.03 0
美豆良 8( ´∀`)8

あの聖徳太子の肖像や冠位十二階から上流階級における美豆良は聖徳太子時代に廃れたと思われがちだが、天武天皇11年(639年)に「男夫始めて結髪す」と『日本書紀』に書かれていることから、それまでは何だかんだいって 8( ´∀`)8 だった者が多かったと推察される。
だから中臣鎌足と中大兄皇子のコンビや大海人皇子も8( ´∀`)8頭をしていた可能性がある。

233: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/11(火) 20:57:49.04 0
未央宮
劉邦即位後に建設され、その壮麗さに劉邦は怒ったが「威厳を示すため、今後これ以上の物
を作らせないため」であると言われて納得した宮殿。
新滅亡時に焼失したが、その後も歴代王朝により維持され、唐代には長安の城外になっていたにも関わらず修築されていたが、唐末に破壊された。

235: 世界@名無史さん 2018/09/14(金) 13:51:06.09 0
>>233
>唐代には長安の城外になっていた
そのときようやく「未央宮」という実を表した名になったのかw

237: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/09/18(火) 21:07:48.78 0
承露仙人掌

漢の武帝が神仙思想に基づいて築いた施設。
高さ五十丈(150m)の土台の上に、更に三十丈の銅の柱が設置され、頂上には仙人が銅盤と玉杯を奉げる姿が設けられており、天上の露を得られる様になっていた。
これに玉の屑を混ぜて服用したものである。
魏の明帝の景初元年(237)に移築しようとしたところ折れてしまった。

文帝の時代とする史料もあるが、それによると折れた音は周囲数十里に響き渡った。
柱の高さを二十丈とする史料もある。

238: 世界@名無史さん 2018/09/19(水) 06:48:40.25 0
民明書房刊みたいな…

名前も男塾の技っぽいし内容も

240: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2018/10/18(木) 20:22:34.18 0
18世紀に松江藩が宍道湖周辺の住民に認めた水代(水面の利用権)。
将来の埋め立ても見越して認めた権利だったのが、現行の河川法では(水代自体は認められて固定資産税その他はかかるのに)埋め立てが違法で、今年6月に逮捕者が出ていました。

264: 世界@名無史さん 2019/05/30(木) 00:53:25.05 O
>>240
爺さんの代のとっくの昔に舟を処分したが、未だに入漁権持ってるな…毎年集金に来て払ってるみたいな…
松江市民です。

247: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2019/02/03(日) 00:08:00.92 0
昇元閣

東晋に出来た瓦官寺は、南唐に至って年号を取って昇元寺と改称され、閣も昇元閣とされた。
昇元閣は、梁代に建てられたものがそのまま残っていたという。
これが何時まで残ったものかは定かでないが、寺自体は太平天国の乱で荒廃するまで続いていたという。

261: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2019/04/15(月) 16:10:26.47 0
サーク島

エリザベス1世時代から自治が続き、領主と地主による議会で運営される封建制が続いていた。
だが2000年に欧州人権裁判所に封建制の廃止を要求され、反発したものの2008年には議会選挙が行われ、民主化した。

262: 世界@名無史さん 2019/04/28(日) 14:02:51.43 0
アッシリア帝国滅亡後のアッシリア人とアッシュール神

アッシリア滅亡時に徹底的に都市を破壊されて住民も四散したわけではなく、アッシュールの地で生き延びて3世紀くらいまで細々と命脈を保っていたようだ。
神殿跡からアッシュール神に奉納された3世紀の碑文が集中して出土している
逆に言えばこれが最後の世代だったようだ。

281: 世界@名無史さん 2019/06/09(日) 19:30:43.62 0
オスマン帝国の皇族の生き残りは数年前まで生きていた。
今もオスマン王家は続いていて、公式サイトもある

282: 世界@名無史さん 2019/06/12(水) 02:41:21.39 0
>>281
相変わらず手に職はつけてるんだろうか

301: 世界@名無史さん 2019/09/17(火) 23:26:08.74 0
16~18Cドイツ語圏の通貨として用いられてたターラー,
時は流れ現在ではイギリス以外の英語圏が通貨として用いてるな
350px-Thaler


ターラーは、16世紀以来数百年にわたりヨーロッパ中で使われていた大型銀貨。その名残は、現在もアメリカ合衆国ドルをはじめとするドル(dollar)や、2007年までスロベニアで使われていたトラール(tolar)などの通貨名に残る。ターラー(ターレル)の語源は「ヨアヒムスターラー」(Joachimsthaler)という銀貨の名が短縮されたものである。


305: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2019/12/31(火) 19:04:11.63 0
百済王氏
百済王の後裔とされ、桓武天皇の外戚にもなった一族。
戦国時代までは朝廷の儀式に出席しているが、予算不足で儀式が行われなくなり、消息を絶つ。

蘇我氏
蝦夷・入鹿親子が死亡した後も、近江朝で左大臣を務めた蘇我赤兄(馬子の孫)などを輩出した。
室町時代までは官人として確認出来る。また、江戸時代の下級官人にも後裔を称した家があった。
朝鮮半島系の氏族とする説が一時期あったが、現在では朝鮮半島と交流していただけとされる。

324: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2020/12/14(月) 21:53:07.93 0
1782年、ゲーテが神聖ローマ帝国の貴族に叙せられた際に認められた権利(の一部)
・同じ貴族と馬上槍試合をする権利
・試合や遠征、旗指物や天幕を張る際に紋章を掲げられる権利
中世から続いていたようです。

325: 世界@名無史さん 2020/12/15(火) 14:03:41.22 0
宮殿でも帯剣する権利みたいなのと同じく、貴族の象徴的な特権だったのかねえ

326: 世界@名無史さん 2020/12/22(火) 06:40:04.61 0
中国ではまだ現役の騎兵部隊
抜刀突撃がかっこいい
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/53789412.html

330: 世界@名無史さん 2020/12/22(火) 20:21:41.46 0
法律になるけど、明治の初めの廃刀令って1954年(昭和29年)まで残っていたんだな。

引用元: ・え?この時代にまだ残ってたの?というもの Part.2