1: 日本@名無史さん 2011/01/22(土) 11:13:39
敵性外国語として英語が禁止され、野球は全部日本語でやっていた。
そんなの都市伝説だろうが。








2: 日本@名無史さん 2011/01/22(土) 11:42:44
禁止っツーか自粛せざるを得ない空気みたいなのでお互い縛り合ってた感じかな

15: 日本@名無史さん 2011/01/28(金) 09:54:38
カレーライス>辛味入り汁かけメシ

16: 日本@名無史さん 2011/01/28(金) 11:15:28
>>15
敵性胡椒だったと記憶が…
(ただし海軍では「けしからん、食ってやる」だったらしいw)

18: 日本@名無史さん 2011/01/28(金) 23:14:48
自由インドとか一応日本と友好関係だったんだから、そこから呼び方持って来ても良かったのに>カレー

46: 日本@名無史さん 2011/04/27(水) 11:03:51.21
さてと「辛味汁かけ飯」食うか

19: 日本@名無史さん 2011/01/29(土) 14:48:12
海軍なんか英語どころか、もろ英国製の艦船がゴロゴロいるだろに
今も昔も、スローガンを真に受ける無能な働き者は庶民のなかにいるんだよ

20: 日本@名無史さん 2011/01/30(日) 02:01:11
英語を廃止するならドイツ語・イタリア語に置き換えたらよかったのにな。

ストライク>シュトライク、ボール>バル スリーアウト>ドライアウス

21: 日本@名無史さん 2011/01/30(日) 13:38:57
それは和訳以上に無理があるような・・。しかしロシア語は一応敵性語じゃないんだろうな。
陸軍でもトーチカ(特火点)とかは使ってるみたいだし。

27: 日本@名無史さん 2011/02/06(日) 23:29:43
加藤隼戦闘隊を歌ったら非国民扱いされたのかな?
いきなり敵國語なんだが、、、




32: 日本@名無史さん 2011/02/09(水) 21:23:24
>>27
♪発動機の音~てかw

35: 日本@名無史さん 2011/02/17(木) 18:59:57
海軍は英語だらけだったけどね

38: 日本@名無史さん 2011/03/27(日) 10:18:46.71
井上少将は海軍兵学校での英語廃止を断固として拒否した

41: 日本@名無史さん 2011/03/29(火) 01:07:51.13
うちの祖父が子供の時は見つかると怒られるからって隠れて野球やってたってさ。
それでも一応ストライクやボールとかの言葉使わないで野球やってたらしい

47: 日本@名無史さん 2011/05/17(火) 11:07:40.37
うちのじい様も戦時中はストライクはヨシ、ボール、アウトは駄目って言って野球してたみたいだよ。

43: 日本@名無史さん 2011/04/02(土) 17:21:40.56
自主規制ってやつか

44: 日本@名無史さん 2011/04/21(木) 09:52:00.34
マッチは、摩擦発火式平行四面体って聞いたことがあるがホントかね!

124: 日本@名無史さん 2011/09/04(日) 15:21:32.15
>>44
嘘。マッチは明治期から「燐寸」とも呼ばれてました。

53: 日本@名無史さん 2011/06/06(月) 01:16:14.21
zero戦って英語だろ

55: 日本@名無史さん 2011/06/06(月) 08:06:26.67
当時は零戦 れいせんといったはず 零式艦上戦闘機の略
零は皇紀2600年の下二桁の意

56: 日本@名無史さん 2011/06/06(月) 12:30:03.03
>>55
坂井がゼロ戦いってるからなあ
ゼロ戦て言ってたんだろう

65: 日本@名無史さん 2011/06/16(木) 23:34:00.99
>>55
当時の人に聞いても「ぜろせん」「れいせん」の両方の答えが返ってくるらしいね。
零式観測機のほうは、全員が「ぜろかん」で「れいかん」と呼んでいたという人はいなかったそうだが。

50: 日本@名無史さん 2011/06/03(金) 08:39:59.32
何で最大の敵国支那の漢字使用が禁止されなかったのだろうか?

51: 日本@名無史さん 2011/06/03(金) 17:31:19.02
>>50
軍隊用語なら漢語といってもほとんど日本製漢語だからだろう。

58: 日本@名無史さん 2011/06/16(木) 00:31:15.44
<国家レベルでは>
英語:敵国であるから日常に使うのは好ましくない
但し実際には外交も戦争(ケンカ)も英語でするのだから勉強だけは怠らないように。

ドイツ語、イタリア語、ハンガリー語、フィンランド語:勿論OK

フランス語:ヴィシー政権があるので問題なし

ロシア語:昭和20年8月上旬までは問題なし

支那語:「一石二鳥」も「臥薪嘗胆」も漢語。大東亜の盟主としては当然必須

マレー語、タガログ語:宗主国になるには当然必須

シャム語:友邦であるので当然OK。

陸軍では「サンチメートル」とか「トロンペット」とか、フランス語風の発音にしてそのまま使っていた。

<一般庶民レベル(ホンネ)>
日本語以外の言葉はみな区別が付かないので、まとめて「敵性語」
ホンネは「わっ、横文字勉強しなくていい。ヨカッタ」
これでは敵も味方も分らず、戦争でなくて単なる「攘夷」
戦後になってあわてて覚えた英語が「パングリッシュ」

61: 日本@名無史さん 2011/06/16(木) 17:50:47.67
英米音楽は自粛されてたが、ドイツ・オーストリア系クラシックは同盟国だからという理由で推奨された・
そんなクラシックの洪水の中で、小澤征爾やすぎやまこういちが育ちましたとさ。

『英語が禁止された』は、マスコミの自主規制。
軍歌からして、例えば加藤隼戦闘隊では堂々と「エンジンの音~」って歌詞があるし、海軍兵学校の入試科目には最後まで英語が残り続けた。

63: 日本@名無史さん 2011/06/16(木) 21:49:33.41
戦地で戦車の整備をしていた戦車兵がドライバー云々という会話を視察に来た人に聞かれて、「敵性語を使うとはなにごとか」と言われて困惑したという話がある。
その時は、上官が「急に変えたら却って混乱する」云々と説明して納得してもらったそうだが。

66: 日本@名無史さん 2011/06/17(金) 17:22:14.83
海軍では二人組の作業を「ペア」、士官室を「ガンルーム」、艦船の集結を「ランデブー」と戦時中も英語由来の外来語を継続使用した。

67: 日本@名無史さん 2011/06/18(土) 22:57:33.25
戦時中でも普通に「臨時ニュースをお知らせします」って言ってるよな

69: 日本@名無史さん 2011/06/19(日) 00:39:25.08
田舎(低学歴社会)では、蓄音機でドイツ語の「ラインの護り」を聴いていたインテリが「敵性音楽だ、国賊だ」と言われて袋叩きにあったような事も頻繁にあったそうな。

72: 日本@名無史さん 2011/06/20(月) 16:28:13.90
京都ポント町、東京のヤエスぐちなどは問題にならなかったようだな。

75: 日本@名無史さん 2011/06/22(水) 15:06:52.77
メリヤスやカルタもセーフだっただろうな。長崎や鹿児島では一部、オランダ語方言もあったな。

77: 日本@名無史さん 2011/06/29(水) 01:35:05.29
昭和17年の某雑誌が家にあった。
「スタイルがいい」「プレイガイド」「ピアノ」「レコード」
などが、そのまま残っていた。
但し、いつも英語で書いてあるはずの部分は「なんちゃってドイツ語」に変っていた。

78: 日本@名無史さん 2011/07/02(土) 01:33:20.30
開戦後の雑誌の広告で、「レオン洗顔クリーム」というのを見たことがある。

79: 日本@名無史さん 2011/07/18(月) 23:25:27.09
エリート・インテリ・レベルは別にして、やはり庶民には「英語=外国語全部」=敵=不要 という誤った方程式が出来てしまった。
孫子の言う「敵を知り己を知る」基本さえも出来ていなかったのだ。

80: 日本@名無史さん 2011/07/19(火) 04:13:12.02
例えば大工や八百屋みたいな人たちが英語なんかできても大して戦争に影響なんかないだろうし、
一般大衆は少しでも厭戦気分にならないようにするほうが重要なんじゃないかね。

89: 日本@名無史さん 2011/07/25(月) 23:42:47.99
支那時文という科目があった。(Wikiにもある)
支那事変の頃から、現代の中国の新聞の見出しくらいは読めないといけないというので、現代語を寛文のように無理に読み下す技術。
戦中は中学校くらいで必修になっていたのでは?

一方、「米英時文」というのがあったら笑う!

112: 日本@名無史さん 2011/08/08(月) 02:03:02.93
戦前のエリート教育機関たる旧制高校では、第一外国語によって、理系・文系あわせて 下記の6コースがあった!
このシステムは戦後に旧制高校が廃止されるまで続いた。
フランス語を第一外国語とする丙コースは、地方の旧制高校では無い所も多き。

理甲:第一外国語=英語→→→旧制大学の主に工学部・理学部へ進学!
理乙:第一外国語=独逸語→→旧制大学の主に医学部・農学部に進学!
理丙:第一外国語=仏蘭西語→? 戦前から精神科医を志望する者が良く選択したとか?

文甲:第一外国語=英語→→→?
文乙:第一外国語=独逸語→→?
文丙:第一外国語=仏蘭西語→?

このように、英語を甲として、ドイツ語を乙とする価値観は、太平洋戦争が開始されても、まったく不変であった!
まあ、実利を考えれば当然だけどね!

118: 日本@名無史さん 2011/09/01(木) 12:06:26.26
>>112
> 理丙:第一外国語=仏蘭西語→? 戦前から精神科医を志望する者が良く選択したとか?

それは「戦前から」というよりもそうとう昔、19世紀後半では?
若きフロイトも、ヒステリーの催眠研究を行ったフランスのシャルコーのところに留学していた。
20世紀になってからはフロイト先生擁するドイツが主流。

123: 日本@名無史さん 2011/09/04(日) 00:09:01.24
庶民レベルでは「米英」と戦い、「独伊」が味方だなどという発想は皆無。
要するに「西洋」と戦っているくらいの認識では?
一方、「出来る」人達の間では、東京ローズの宣伝作戦なども当たり前に考えられていた。

125: 日本@名無史さん 2011/09/04(日) 20:43:48.55
ウソだよ。旧制高校で英語が入試から外されたのが1944年だけ。
1945年は無試験。ちゃんと昭和18年までは入試でやってた。

126: 日本@名無史さん 2011/09/05(月) 06:43:04.92
飛行機乗りだった爺様が「んなわけねー」と笑ってた。
婆様曰く、「愛国婦人の会とかの威張ってる人たちが、さんざんそういうこと言ったよ。威張ってる人の何人かは、戦後に議員さんになったりしたね」としみじみ言ってた。

二人とも、もう20年も昔に死んじゃったけどな……(´・ω・`)

113: 日本@名無史さん 2011/08/10(水) 18:00:12.49
当時の写真を見ると、中等野球は昭和16年の時点でユニフォームの文字はアルファベットが多数で、漢字ユニは縦書き。
昭和17年大会は、右から左への漢字ユニ。
大学野球は昭和17年秋までリーグ戦して、今とほとんど同じ。

153: 日本@名無史さん 2013/03/19(火) 17:49:15.18
軍用車両の係だった伯父が残したノートでは、昭和19年の時点でハンドル・クラッチなどカタカナで書いてあるよ。

それと初年兵訓練中の部隊からのハガキには面会時に「ランニング持ってきて」と書いてあって、別に検閲で塗りつぶされてもいない。

155: 日本@名無史さん 2013/03/20(水) 01:49:05.96
「菅野デストロイヤー」
航空隊でこんなあだ名が付いた人がいるんだからそこまで厳しくなかったんじゃないの>敵性外国語

162: 日本@名無史さん 2014/08/11(月) 07:05:21.60
昭和4年生まれの祖父には高等科=英語のイメージらしくそこは俺たちの時代と変わっていないんだと感心した記憶がある

引用元: ・戦時中は英語が禁止されていたって嘘だよ