51iKH2QqzXL._SL500_ (2)



1: 世界@名無史さん 2021/01/24(日) 23:36:24.29 0
五胡十六国から南北朝にいたるまでの、中国が混乱を極めた時代の歴史について語りましょう。








3: 世界@名無史さん 2021/01/25(月) 10:42:03.27 0
五胡十六国の君主で一番の暴君は石虎かな?

荒酒淫色とめどがなく、夜になると王家の一族や臣下の家に忍び込み、妻妾を犯すのは序の口で、宮廷の美女の首を斬り、血を洗って盤上に置いて皆と一緒に眺めたり、美しい比丘尼と交わって殺し、牛羊の肉と一緒に煮て食べ、周囲の者にも味見をさせたという

4: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 20:06:17.38 0
人間のマイナス面ばかり見ていては気が滅入る。
賢君良王の話はないのか。

5: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 20:31:40.91 0
>>4
前秦の苻堅だな

6: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 21:54:00.67 0
苻堅がなぜ映画やドラマにならないのか不思議でならない。

7: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 22:15:08.04 0
五胡十六国自体がマイナーな時代だから、苻堅も映画やドラマにならないのかな

8: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 22:26:33.02 0
北魏は、日本はともかく中国では人気のある時代だけどな

9: 世界@名無史さん 2021/01/26(火) 22:49:13.45 0
もともと、中国に五胡を呼び入れたのは八王の乱の諸王なんだよな
剽悍な北方遊牧民の武装集団を競って導入し、自己の戦闘能力を高めようとした
八王の乱で中原は荒廃し、農民たちは流民となり、多くは開発途上の南方に移動した
こうして一時、華北に真空地帯が出現すると、これを埋めるように、北辺の遊牧民族が南下を始めた

14: 世界@名無史さん 2021/01/27(水) 14:47:02.43 0
八王の乱は、後漢に降った南匈奴など、様々な事情で中国本土に移住していた北方民族の生活をも直撃した
彼らは安価な労働力として搾取され、生活はもともと漢族の農民以上に苦しかったから、被害は一層深刻だった
しかも、王侯の軍隊に編入されて活躍したにも関わらず、彼らは傭兵にすぎず、身分や待遇は劣悪だった
彼らは生活苦も手伝って、やがて抵抗と自立の動きを始め、晋の崩壊を決定づけることになる
374: 世界@名無史さん 2021/10/24(日) 12:55:47.85 0
南北朝と言えば、宇宙大将軍侯景のキャラは際立っているな。
爾朱栄や高歓に認められ、北朝の混乱期に暴れまわった猛将であり、侯景の乱で卑劣な和議無視で梁都建康を陥落させる。
一方、梁武帝との会見では脂汗タラタラで完全に貫禄負け。
天子の威光には敵わない。もう帝とは会いたくないと言う始末。
建康を取っても打つ手打つ手が裏目で王僧弁らに連戦連敗。
帝位に付くも効果なく、謀臣の王偉にお前のせいだと悪態言って逃亡。
最後は側近に殺されるという波乱万丈な生涯。

375: 世界@名無史さん 2021/10/25(月) 16:41:45.89 0
侯景に関しては吉川忠夫の「侯景の乱始末記──南朝貴族社会の命運」がいいんじゃないかな
あと時代的には森三樹三郎の「梁の武帝 仏教王朝の悲劇 」

382: 世界@名無史さん 2021/12/30(木) 03:52:49.71 0
>>375
小説だけど田中芳樹の中編「長江落日賦」でだいたいの感じはわかる
後日談も短編「蕭家の兄弟」で読めるし

362: 世界@名無史さん 2021/10/14(木) 05:11:35.77 0
スレと直接関係ないけど、五胡十六国時代には中国で日本列島に関する記録がみられなくなるんだよな
遊牧民は当初、記録を文字にして残そうとしなかったから
だからこの時期の日本史は「謎の四世紀」と呼ばれている

363: 世界@名無史さん 2021/10/14(木) 07:24:15.92 0
南朝には記録があっても北朝にはないんだよな
三国時代には魏に記録があるのに

364: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 04:49:21.57 0
そりゃ北朝は異民族だからな
金も元もそうだ。漢文による記録は激減する

365: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 05:59:57.69 0
この時代の胡族は、独自の文字を持たなかったからな

366: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 15:40:29.63 0
孝文帝あたりは史書編纂事業をやってても良いのに

367: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 16:29:52.38 0
あれやってなかったっけ
鮮卑サゲの史書になったから怒って粛清したとかなんとか

368: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 16:31:26.16 0
それは太武帝のときの崔浩

369: 世界@名無史さん 2021/10/15(金) 18:45:50.73 0
遊牧民側に史書の記録と編纂出来る人材が居なかったじゃないかな
漢民族を使うと漢民族視点の記述になって自分達がサゲられるから最小限の記録しかやってなかったかも

371: 世界@名無史さん 2021/10/16(土) 09:56:24.83 0
漢民族の家来は居たが、記録係に使うより政治の方にだけ使ったんだろうな

377: 世界@名無史さん 2021/12/17(金) 07:41:19.46 0
現存最古の農書で中華料理レシピ本である「斉民要術」は、北魏で書かれた 

410: 世界@名無史さん 2022/01/12(水) 13:27:39.85 0
鎌倉殿の13人を見ていて、北条氏の戦装束は鮮卑慕容部と完全に同じだよなぁという思いを強くした。
源氏の名の由来は鮮卑禿髪部の禿髪破羌とあるけど、これが本当に日本の支配者階級のルーツという説もある。
清盛の相国位は、中国でもそれほど数多くない高い地位で曹操や司馬昭もこの地位に就いたほど。
日宋貿易で活躍した清盛にこれ程の地位があるというのは、宗像を祭る氏族に特有の、宗=宋の代字からも匂うように宋の南人王朝で高い地位を誇ったためかもしれない。

北方民族と南人の代理戦争、もしくは主戦場だったのが日本かも知れない。

420: 世界@名無史さん 2022/01/13(木) 21:50:50.26 0
>>410
確かに日本語読みでさえも、「拓跋」「禿髪」は「タクバツ」「トクハツ」で、発音がよく似ている。
禿髪破羌が北魏に帰順した際、太武帝は「貴公は朕と同族で、拓跋氏と源は同じである」と喜び、新たに「源」姓を与え、この佳話が後世の日本にも伝わり、日本でも源氏が生まれた。

「禿髪」とはいかにも漢人が胡族を見下したような名前だけど、おそらく当時の鮮卑人は頭部を剃り辮髪を垂らしていただろうから、見た目そのままの姓でそこまで蔑視の意味はなかったのかもしれない。

458: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 21:38:51.94 0
>>420
宗書索虜伝に北魏のことが書かれており、索虜とは縄のような髪をしたやばい輩程度の意味らしい

禿髪破羌=源賀の話題は、ルーツ探しの旅が始まってしまうような神話的な求心力を孕んでいるな。

412: 世界@名無史さん 2022/01/12(水) 14:36:48.15 0
鎌倉~室町って乳母の地位が妙に高いのが北魏っぽい。
流石に北魏みたく乳母を皇太后と同じ扱いにはしないけど

413: 世界@名無史さん 2022/01/12(水) 14:41:58.37 0
北魏には子貴母死制があったから北条政子みたいな振る舞いは一般的に中国の北朝ではあり得ないのだが

419: 世界@名無史さん 2022/01/12(水) 20:10:44.03 0
何だか源義経=チンギス・カーン説でも磐余彦=徐福説でも肯定されそうな流れだな…。

424: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 09:36:26.42 0
まだ遣隋使さえない時代、北魏や南宋と交流あったのか?

425: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 11:33:33.56 0
>>424
あるわけがない
ちょうどその頃の日本って空白の4世紀(150年)真っ只中だから
交流があれば何らかの史料が実在するだろう

426: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 12:13:28.87 0
かの有名な宋書「倭の五王」を知らずに、このスレをやってるんかい?

427: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 12:14:05.45 0
wikipedia 「倭の五王」

中国六朝(南朝六代:呉、晋、宋、斉、梁、陳)の第三王朝である宋帝国の正史『宋書』(513年ごろ完成)には、宋代(420-479)を通じて倭の五王の遣宋使が貢物を持って参上し、宋の冊封体制下に入って官爵を求めたことが記されている。

宋に続く斉の正史『南斉書』(537年)、梁の正史『梁書』(619年)、南朝四代:宋、斉、梁、陳の正史『南史』(659年)においても、宋代の倭王の遣使について触れられている。

一方、日本側の史料である『古事記』と『日本書紀』は宋への遣使の事実を記していないが、倭の五王に比定される歴代大王(天皇)の時代に「呉」との間で遣使の往来があったとする。

「呉」は六朝(南朝)最初の王朝であり、中華帝国そのものを意味したと考えられる[1]。

435: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 17:56:01.33 0
倭という呼称は当時としては破格に好意的な当て字だよ

437: 世界@名無史さん 2022/01/14(金) 21:02:55.58 0
>>435
他の悪意向きだしの当て字(蠕蠕 芮芮 )と比較するとかなり好意的な当て字だわな。
陳舜臣センセイも書いておられたけど漢字一文字って当時では少数派(もしかしたら倭だけ?)じゃね

459: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 21:47:05.74 0
>>437
> 漢字一文字って当時では少数派(もしかしたら倭だけ?)

五胡のうちだけでも羌、氐、羯。
他にも閩とか。

443: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 00:20:33.79 0
倭は濊(ツングース系民族)の南下に伴って濊→矮→倭に変化したと想像

444: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 02:32:33.76 0
石上は石氏? 五胡十六国後趙の、石勒、石虎のような。

伊勢志摩は、石+司馬?
なんで中国人の名前が日本語って思うわ。

446: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 11:23:17.06 0
>>444
んなわけねえだろ(笑)

448: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 19:09:33.65 0
後趙の石氏は羯族だがどうもテュルク系のようだ
のちの五代十国時代に後晋を建てた石敬瑭も突厥(テュルク系)
石氏はタシュケント出身のソグド人の姓

451: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 20:58:49.04 0
後漢や西晋時代にも石姓の漢人がいたから、必ずしも胡の姓というわけではない。
ただし頻出するようになったのは五胡十六国時代以降だから、胡人に好まれた姓かもね。

似たようなのには長孫氏もある。
北魏拓跋氏の親族である抜抜氏が漢風に改姓して名乗り、南北朝時代から唐にかけて著名人を輩出したが昔からある漢姓らしい。三国志にも出てくる「公孫氏」に似ていてかっこいい。

あと知ったかの中国オタクが勘違いして言うことが多いのが、「馬」氏は「マホメット」からとった姓で、中国に進出したイスラム教徒が作った姓とかいうもの。
確かに現代の回族には馬姓が多いかもしれんが、馬援や馬騰や馬超はイスラム教徒なのか?
孔明が泣いて馬謖を斬った時代にイスラム教が存在したのか?
こんな簡単に突っ込めるようなデタラメをドヤ顔で披露する人が何人かいた。

452: 世界@名無史さん 2022/01/15(土) 21:02:03.80 0
春秋時代は胡人が名乗ってもおかしくない妙な姓があったしそっからとったのもあるかも

470: 世界@名無史さん 2022/01/16(日) 11:21:26.41 0
ソグド姓
石=タシケント
安=ブハラ
康=サマルカンド
曹=カブーダン
史=キシュ
米=マーイムルグ
畢=パイカンド
何=クシャーニャ

471: 世界@名無史さん 2022/01/16(日) 11:23:21.06 0
「石安康史」なんて、日本人にいそうだな

505: 世界@名無史さん 2022/01/18(火) 10:01:12.46 0
ソグド人はホータンのオアシス都市の出身地にちなんだ漢人風名字を名乗ってたとかだったっけ
石氏とか

511: 世界@名無史さん 2022/01/19(水) 12:28:07.85 0
タシュケント出身者が石氏を名乗ったようだ
沙陀突厥もテュルク系民族であるがソグド人の血も混じってたのだろうか

石 敬瑭(せき けいとう)は、五代後晋の初代皇帝。廟号は高祖。祖先は沙陀より太原に移住したと言われている。
石氏はタシュケントを出自とするいわゆるソグド姓で、ソグド系突厥と呼ばれる唐朝後半期から東突厥のもとで突厥から文化的及び血縁的に大きな影響を受けたソグド人の家系に属するとされる[1]。
父の石紹雍(臬捩鶏)は沙陀族長李克用の率いる軍閥に従って転戦した功により、洺州刺史に任命されている。

512: 世界@名無史さん 2022/01/19(水) 18:08:21.70 0
例えば五胡十六国 後趙の王族である石氏は、石勒の後見人だった汲桑が漢人風の名前を付けるために命名したとある。

当時からタシュケントに石という人は住んでいたのかな。
そもそも漢人風の名前だったのだろうか。

513: 世界@名無史さん 2022/01/19(水) 18:34:00.11 0
「『ソグド』系」ってことを示す当て字じゃないかな?
「石」は日本漢音読みだと せき だよね
現代韓国語読みの発音だと 석【 sɔk̚ 】だし

唐代の「石」の漢語読みはどんな発音だったのかな

515: 世界@名無史さん 2022/01/19(水) 20:26:42.04 0
>>513
タシュケントがテュルク語で石の町って意味だからであってそんな理由ではない

520: 世界@名無史さん 2022/01/19(水) 22:44:15.47 0
ソグド姓は魏晋の時代こそ目立つけど、八王の乱までに消えてそう。後趙くらいじゃない?

522: 世界@名無史さん 2022/01/20(木) 18:46:52.34 0
魏晋南北朝時代にかけて、ソグド系の人物や五胡が黎明期の中国仏教を推進してるような動きをしている。
安世高、康僧鎧、月氏の支婁迦讖、後趙仏図澄と石勒石虎、後秦鳩摩羅什と姚興、東晋孝武帝と釈道安。

ソグド系といえば?大月氏クシャーナのカニシカ王が代表的な庇護者だけど、大月氏とサカ族は険悪なはず。歴史ミステリー。

524: 世界@名無史さん 2022/01/20(木) 19:48:03.08 0
>>522
> 魏晋南北朝時代にかけて、ソグド系の人物や五胡が黎明期の中国仏教を推進してるような動きをしている

「中国人に仏教が広まった」というより、「仏教を信仰する民族が中国に移住してきた」というのが実態に近い

525: 世界@名無史さん 2022/01/20(木) 20:10:43.00 0
日本の仏教も黎明期はそんな感じだな
7世紀の僧を見ると曇徴、法定、慧灌、恵慈、道登は高句麗系、 恵雲 観勒、恵隠、道昭、行基は百済系
智鳳、智雄、智鸞、隆観、行心は新羅系で倭人僧となると良弁しかいない
古代寺院とオンドル以降の分布もほぼ一致しているし飛鳥期の寺院は朝鮮系移民のコロニーみたいなものだったのだろう

引用元: ・五胡十六国から南北朝