1: 人間七七四年 2009/08/11(火) 02:01:16 ID:0OVIQC2m
実は父親は誰か知っていたのではないか。
なにかの理由で全てを知って受け入れていたのではないか?








3: 人間七七四年 2009/08/11(火) 21:45:06 ID:RAJjgK1S
秀吉の枷つう小説がそんな設定だったな
けど息子宛の手紙や朝鮮の使節相手に見せた底抜けの子煩悩っぷりからして、実子であると考えていたのは間違いないと思うぞ

6: 人間七七四年 2009/08/14(金) 10:10:57 ID:O4OoO0fL
山田風太郎の「妖説太閤記(下)」にも>>1がいうような秀吉の葛藤が描かれていますね

11: 人間七七四年 2009/08/15(土) 00:01:09 ID:nXpR3eZv
簡単に密通なんて出来ないだろ
実子だろ

20: 人間七七四年 2009/11/14(土) 13:58:41 ID:NRjdTt+f
>>11
江戸城大奥みたいに他の男性と会えないように隔離されてたわけではない。
比較的自由に振る舞ってた。

17: 人間七七四年 2009/09/06(日) 11:58:01 ID:Y07kaNEt
密通するとしたら当時はどんな手順でするんだ
バレないからくり部屋と口の堅い侍女たちの手引き方法とかあるはずだよな

18: 人間七七四年 2009/11/14(土) 12:08:57 ID:/4yi6OCM
秀吉の不在の時を狙うんだろ

7: 人間七七四年 2009/08/14(金) 16:32:02 ID:g4UtFap6
1大野 2三成 3天海(光秀)4その他
皆様の投票をお待ちしています。

12: 人間七七四年 2009/08/15(土) 01:04:41 ID:6LF5yK7L
三成は朝鮮出陣中で無理じゃね?

13: 人間七七四年 2009/08/17(月) 16:17:49 ID:44IFuOJm
光秀だったら最高に面白い。

14: 人間七七四年 2009/08/18(火) 00:57:34 ID:zZbbgFTE
秀吉は陰嚢水腫わずらった可能性あるらしいけどな
側室があんだけ居て女性関係も派手で子どもが淀にしか産まれないというのはやっぱ妙だろう

44: 人間七七四年 2010/03/04(木) 00:25:09 ID:3nhAEzeW
実は淀の他にももう一人子供を産んだ女性が居るらしいね。
やっぱり薄いだけで種なしじゃなかったんだろう。

45: 人間七七四年 2010/06/28(月) 19:47:53 ID:o1zo9WfD
石松丸秀勝?

48: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 2010/07/10(土) 10:50:41 ID:2nao5w0k
秀吉は種無しじゃない。前にも子が出来てるけど、死んだだけ。

49: だぅ 2010/07/10(土) 12:58:24 ID:+KvqbNus
逆に秀吉に種があったらとんでもない事になってたよな
日本全国オール豊臣で治めることも可能なくらい

54: 人間七七四年 2011/09/08(木) 18:57:46.86 ID:Kd2Kk7mj
>>49
織田信秀に男子12人、その嫡男信長にも男子11人と2代続けて子沢山だったのに、残ったのが信雄と有楽の系統くらいしかない織田家みたいな例もありますよ…

55: 名無し@一足軽 2011/12/07(水) 22:17:11.54 ID:OV0a+c83
>>54
信長の子供は記録に残るだけで男女合わせて36人いたって以前どこかで聞いたことがある。

56: 人間七七四年 2011/12/07(水) 22:30:44.29 ID:UNwniY/B
>>55
信長の子供36人って、それには養女もはいってると思う

67: 人間七七四年 2012/01/11(水) 11:32:40.30 ID:g4nb0Ihf
鶴松は秀吉の種、秀頼は大男に成長したことからも他人の種。
秀吉の種である可能性もなくはなかったことと、鶴松の生まれ変わりに思えて情が移ったことから溺愛して秀次を粛清した。

23: 人間七七四年 2009/11/14(土) 15:40:43 ID:JSU6ZA31
下手すると織田の血筋g

おっと誰か来たようd・・・

24: 人間七七四年 2009/11/14(土) 16:33:15 ID:MvGKzgBi
頭脳明晰な頃ならともかく、晩年は明らかな矛盾があってもそこに気づかなかったと思う

25: 人間七七四年 2009/11/14(土) 19:51:21 ID:vzVM01Bk
ひでよりが生まれた日から逆算して、せいこうの日は秀吉は福岡の名護屋城にいたので、実子ではない、という説を見たことがある。

28: 人間七七四年 2009/11/18(水) 01:51:51 ID:ZwF8tIm+
多分あまり考えないようにしていた
人間には考えたくないことを考えずに済ます心理メカニズムがある

30: 人間七七四年 2009/11/18(水) 10:18:41 ID:RrXApFaa
>>28
そういうことか。
内心怪しいのはわかってた?

31: 人間七七四年 2009/11/18(水) 19:23:07 ID:ZwF8tIm+
潜在的な疑念があるからこそ上記メカニズムがはたらく
さらに推測すれば、秀頼を溺愛することによって疑念がわき上がってくるのを抑えようとしたのだろう

34: 人間七七四年 2009/11/19(木) 03:04:24 ID:EHVT/IW+
江戸期に印象下げるための創作だと思うが関係があると言われる説がある人物は・・・
大野治長 石田三成 名古屋山三郎 片桐且元 徳川家康 あたりだよな

家康とかのトンデモ説は置いておいたとして淀の方と特に関係の深い二人をあげてみると、大野との関係は乳母の大蔵卿局を通して乳兄妹で治長の母には秀頼の乳母まで任せてる
名古屋との関係は織田の親戚で名古屋の母は淀の方の従兄の娘で名古屋の父もお市の従兄だし、淀の方がずっと世話になってた姫路殿の姪の子でもある
この二人は贔屓にはされてたかも知れないが密通までしてたかと言われると関係が深すぎてむしろ微妙な気がする・・・と思う。

もし秀吉が内心疑ってたとしても逆にこの二人とは無いと思ってたんじゃないかな?
大野を疑ってたなら呼び出して死刑にするだろうし、淀の方が完全に織田の血を残そうとしてたなら、それこそ名古屋は暗殺されてるだろうし・・・って事で信じたんでないかな?

36: 人間七七四年 2009/11/19(木) 17:14:01 ID:pevCNNRD
大野を死刑になんてできない
秀頼の出生を疑っていますと公表するようなものだから、後継者としての資格に傷つけることになるし、臣下の忠誠心にも影響する

秀吉は自分を騙し続けて親馬鹿を演じ通すしかない

42: 人間七七四年 2010/03/01(月) 08:11:24 ID:JhQyHAEd
自分の子と信じてなかったら、秀次事件は起こさないだろう。

68: 人間七七四年 2012/01/20(金) 23:46:10.60 ID:oK+28zvb
実際のところ秀次って伝えられているほど暗君な人だったのか?
なんか盲目の障害者を辻斬りしたとかクズッぷりが酷いんだが

72: 人間七七四年 2012/02/28(火) 23:18:15.98 ID:cUmHTnEU
>>68
領地の近江八幡では善政をしいていて、領民から慕われていたという説があるけどね。

76: 人間七七四年 2012/04/19(木) 00:17:58.92 ID:vosHbob4
>>68
基本的に「秀次が○●した」の悪の部分の8割方は秀吉が秀次を処刑する為にでっち上げた可能性が大。
政治に関しては三中老含めた羽柴時代からの臣をよく使い、100万石以上の領地をつつがなく統治していた手腕はかなりの物と思われる。

でも秀吉からしたら「全国を統治する『豊臣家の長』としての点数的に疑問」と映ったのかもしれない。

77: 人間七七四年 2012/04/22(日) 20:09:15.05 ID:slDRyOxN
まぁ政治力については、秀吉がバックにいるのだから誰も素直にいうこと聞いていたはず。
秀吉亡き後もつつがなく統治できたかは完全に未知数。少なくとも、秀吉からの評価では落第。

「秀頼までの繋ぎで、秀頼の後見役」としても落第点だったようだ。

74: 人間七七四年 2012/03/17(土) 19:28:59.51 ID:9yQlzXDq
秀頼は武田信玄の息子だったような説が最近では有力視されている。

75: 人間七七四年 2012/03/17(土) 21:19:02.68 ID:JO9pSCYl
さすがに大ウソだろw
年齢が全く合わん

引用元: ・秀吉は秀頼が実子であると信じていたのか?