1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/14(日) 10:35:16 ID:qdxE64UZ0
中国史に全然詳しくなくてもオーケー。
世界史や日本史でちょっと習っただけの知識で書き込むの推奨。
第一印象とかで勝手に持っていた偏見、思い込みや勘違い等、無知や無関心による失敗談的なことなら何でもいいです。

例えば
・李氏朝鮮を建てたのは李自成
・三国史の次は五代十国。
・安氏の乱で玄宗が長安を追い出されて、五胡十六国時代に突入した。








8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/14(日) 19:23:18 ID:N9sFVXoH0
何故か春秋戦国時代は魏晋の後の時代だと思っていた
あと日本の戦国時代と同時代だと思っていた頃もあったな…

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/17(水) 02:54:27 ID:CLTMOIc10
小学校にチャイナドレスを着ていった小学1年生の時の俺を殴ってやりたい。

それはともかく
中国の人は清の時代までずっと同じ文化・風俗をしていると中学生ぐらいの時は思っていた。
今考えると技術も経済も発展していったに決まってるのに、アヘン戦争で負けるまでずっと同じ習慣を続けているのかと思った。
制服王朝の存在も知っていたはずなのに、何故こんな勘違いをしていたのかよくわからん。
多分横山漫画の中国人の格好が大体みんな白い服で同じだったからだろう。

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/17(水) 17:07:20 ID:6WeLSeZI0
>>40
親に着せられたのならともかく、自分の意思で着ていったんだったらスゴイなw

横光で思い出したけど、三国無双を初めてやったとき太史慈を見て「鞭(ムチ)って書いてあるのになんで棍棒みたいな武器持ってんの?」って混乱した覚えがある

55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/18(木) 03:38:12 ID:jGbsIMHiO
厨房の頃はこの手の話題には事欠かなかったよなぁ
特に漫画がきっかけってパターンが多かったから

本宮ひろ志の『赤龍王』読んで友達に
「虞美人って最初始皇帝の後宮に居たんだって、そんで項羽と劉邦で取り合いになったんだよ」
とか言ってしまってね

まぁ、いろいろと恥かいたおかげで、今では学者先生の御高説であろうとも鵜呑みにすることはなくなったよ

春秋戦国時代の概説書を書いてる平勢センセーなんかの説は、素人ながら胡散臭さを感じるね

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/20(土) 23:08:36 ID:lDjQ7jy80
アラジンはアラビア人だと思ってたら実は中国人

98: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/23(火) 00:18:36 ID:EBIRnVsW0
三国志正史が浸透し始めた頃関羽や張飛、諸葛亮のような三国演義のスーパースター達は正史では大したことがないと思ってた恥ずかしいあの頃
十分すぎるほどのビッグネームだったのね

104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/24(水) 20:17:32 ID:l3Bts6A/0
>>98
みんな通る道

103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/24(水) 18:43:33 ID:lH5kgXij0
あくまで歴史のみなのかな
俺は封神演義で色んな間違いしてたな
安納版封神のクオリティがいいもんだからあれがてっきり原典の完訳本かと勘違いしてた
雷公鞭とかないのよね~
ばっちり「ヨウゼン」、「ナタク」とも言ってましたw
114: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/26(金) 18:37:45 ID:312Lcr+G0
西遊記の沙悟浄が河童ではなく、ハゲヒゲのノッポ和尚であることに気がつくのに10年ほどかかった俺。
203: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/25(水) 10:40:32.91 ID:UtkVB9Wo0
沙悟浄は河童じゃないんだってね、すごいショック。

204: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/14(火) 12:48:32.73 ID:iacOhoOD0
西遊記は完全に日本で行なった改悪仕様だからな。
児童書の西遊記とかでも沙悟浄は河童とか酷かったなあ。
大袈裟かもしれんけどこれが洗脳教育かと思った。
なんで三国志は演義、正史の違い程度でもりもり喧嘩するのに西遊記のこの手の致命的な間違いは騒がれないんだろうな?
中国人に三蔵法師は女、沙悟浄は河童。なんていったらそれこそ失笑されるぞ。

118: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/03/27(土) 13:58:33 ID:R6kHwSxo0
中国の人は古来からずっと同じ漢字を使っていると思っていたな
現代語の簡体字を見てえらい驚いた記憶がある

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/05/22(土) 16:50:11 ID:Arnt+mhX0
隣のベトナムの話題で恐縮だが……
最後の統一王朝・阮朝は、てっきりフランスに滅ぼされたと思っていた。
実は、フランスの保護の下、第二次世界大戦の終結まで残っていたんだね。
そして、南の初代大統領に立てられたバオ=ダイは、実は阮朝最後の皇帝であったりなんかする。

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/09/22(水) 22:55:43 ID:s1H+otjcO
光武帝「凌遅三千刀、滅九族!!」

146: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/11/27(土) 07:11:50 ID:8P/Ovil00
光武帝と洪武帝。
どちらもチート級の人物だが、性格は全然違うよな。

149: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/08(水) 18:03:42 ID:B7ijGxF70
随分と昔のことだが、石勒(せきろく)の事を、石靭(せきじん)と思っていた。

150: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/09(木) 23:37:21 ID:V85K5O4x0
随分と昔のことだが、李淵(りえん)の事を、李淵(りぶち)と思っていた。

151: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/10(金) 01:17:35 ID:2jtlgqQ70
白蓮教徒が何回蜂起したのか混乱したこと
明末にもいたような、清末にも蜂起していたような……

157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/23(土) 08:21:16.23 ID:8MOFx/RMO
>>151
それはしゃあない。実際に元末明初や清中末期には頻発してるから。
でも元末明初と清中末期の白蓮教は中身が少し異なり、元末明初のは未来の弥勒菩薩による救世信仰だが、清中末期は名称も白蓮教ばかりでないし、主神も羅教に由来する無生老母・明明上帝などと称する世界創造の女神で弥勒はその使いになってしまう。
ただ清朝は名前が異なっても大体白蓮教匪と一把一絡げ呼ばわりだけど。

153: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/12(日) 01:46:31 ID:4cxpK0rb0
初めて三国志読んだ時…小学生の時に読んだ、ジュニア文庫みたいなやつだった。
それのラストが「司馬懿の孫の司馬炎が晋を立て、天下を統一した」みたいな一文で。
その後、世の中は平和になったんだと思い込んでいた。なぜか、ね。
玄徳が死んで孔明が死んで、戦いと殺し合いの果てに平和があると思っていたんだよ。

なので、七王の乱とか五胡十六国時代とかショック以外の何ものでもなかった

221: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/22(土) 23:42:33.21 ID:y0vXuAvY0
>>153
三国志の時代が終わって「さあ戦いは終わった…平和な時代だ」と思ったら、その先に待ってたのはさらなるカオスの到来とかもうね…
それも三国志までの時代って牧歌的だったなぁと思えるマジキチぶりだし
大陸から日本に移住してきた俺らの先祖って、この時代に逃げてきた人が多かったんじゃないかな。マジで

243: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/06/22(日) 16:34:17.27 ID:l8YSua+/0
>>153
いや七王じゃなくて八王だってw

154: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/12/12(日) 01:50:03 ID:4cxpK0rb0
ごめんごめんごめん

ほら勘違い…
「八王の乱」と「呉楚七国の乱」がごっちゃになってる…w

もう寝るわ

155: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/27(日) 23:20:38.34 ID:zymWeKfb0
うろ覚えなんですが、悪政をしていた皇帝を皇族の誰かが諫めて、頭にきたので殺してしまったのだけど後から悪いなって思ってご飯に誘ったけど当然来なくて「なんでこないの?」って言っていた人をなぜか張献忠だと思っていたこと。
たぶんインパクトが強かったから、とんでもないことする人=張献忠というイメージがついたんだと思う。
確か別の人ですよね?

158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/23(土) 13:08:20.49 ID:/vo+rfZG0
文天祥のこと「もんてんしょう」って読んでた
朱棣のこと「しゅれい」って読んでた

160: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/30(土) 23:58:13.76 ID:AiwA9Kin0
読み方は結構勘違いしてるの多いな
つか今でもある気がする。水滸伝の渾名とか絶対何個か間違ってるわ。
この前まで李応のはくてんちょうをぼくてんちょうって読んでたし

159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/29(金) 11:42:40.09 ID:GTQSl1Jt0
宇宙大将軍、まさか歴史上の人物とは思わなかった。

164: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/30(火) 18:02:20.16 ID:1+M+Mvlw0
>>159
初見だとギャグにしか思えんよな。

162: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/05(金) 09:07:07.97 ID:7GSU/+dx0
西太后が残酷なことばかりやっていたとおもっていたこと
けっこう周囲のデンジャラス行為故誤解されてる場合もあるとわかった
あと映画はちょっと非道い奴非道い奴させて脚色もすごいかもしれないとおもった

201: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/07(土) 19:17:48.46 ID:nJrKaK44P
昔、歴史に興味ない友達が、三国志の三国のことを、劉備関羽張飛だと思っていたって言ってたな。まぁ興味なかったら、そんなもんだろうけど。

209: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/24(金) 11:11:44.49 ID:bvt6T+ao0
アニメの「雲のように風のように」を見て史実だと思い歴史の先生に聞いて話が通じず図書館で必死に探した小6の夏
あぁ今思い出してもなんて恥ずかしい・・・

218: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/29(水) 03:44:45.76 ID:eOLedHVC0
元と清は北方異民族の征服王朝
それ以外の統一王朝(漢・隋・唐・宋・明など)は漢民族王朝

と思ってたら、隋や唐の皇族家は鮮卑系なのね


247: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/04/05(日) 09:17:12.13 ID:qHo3G35w0
三蔵法師がたくさんいたこと。
日本にも三蔵法師がいたw

インドに行った人は「玄奘」と呼ぶべき。

249: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/09/28(月) 22:50:32.08 ID:mUPAvxES0
三国志は三国の内の一国(きっと主役である劉備の国)が勝つのだと思っていた
晋が統一したと知った時は詐欺にあったような気持ちがした

多少三国志の知識を付けた後も長坂のことを「ながさか」、合肥のことを「ごうひ」と長らく読んでいた

250: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/10/08(木) 21:22:57.23 ID:Jy9YFrgd0
百家姓

実は大半が地場の豪族の復権で再度封じられただけ

251: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/04(月) 16:41:36.71 ID:lY8OT6320
年表作ってて気が付いた。

戦国四君は、四人同時代に活躍したと思ってた。

孟嘗君は他の三君と時代がかなりずれてて、長平の戦いの20年近く前に亡くなってる。
河外の戦いの前に平原君もなくなってるし、平原君と春申君の時代も15年ぐらいずれている。
三君が同時に活躍したと考えられるのも、前258年~前251年の短い間だけ

256: 名無しさん@お腹いっぱい。 2022/05/29(日) 17:01:15.64 ID:A9Ox88Rp0
カクワイとかくしょうは親戚もしくは兄弟と思てた字に伯つくし

引用元: ・中国史の恥ずかしい勘違い・誤解等について語るスレ