1: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 19:12:27.33 0
「エジプトはナイルの賜物」というが、アルプス以北の欧州も、ライン川の文明だ
暗黒の中世においても、ライン川の周辺だけは別格の先進地
そんなライン川の歴史を語る








2: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 19:54:56.16 0
ドナウ文明だろ

3: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 20:21:51.04 0
ライン川とドナウ川は、水源は近いのだが、まったく異なる方向に流れて、交わることがない

4: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 20:55:03.28 0
ライン川は、現在のローヌ・ライン運河のルートを通ってソーヌ川~ローヌ川を南流し、地中海に注いでいたことがある。

6: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 22:37:43.43 0
北イタリアの沖積平野から、ライン川流域にかけてのバナナ形の地域は、古来から欧州最良の地とされている

7: 世界@名無史さん 2018/05/12(土) 22:39:00.91 0
ブルーバナナ(フランス語: Banane bleue、ドイツ語: Blaue Banane、英語: Blue Banana、「青いバナナ」)とは、西ヨーロッパにおいて特に経済的、人口的に発展しているバナナ型の地帯のこと。
ホットバナナ、ヨーロッパのメガロポリス、ヨーロッパのバックボーンとも。

no title

8: 世界@名無史さん 2018/05/13(日) 08:12:07.15 0
ドイツの心臓部とも言われるルール地方、欧州の首都を擁するベルギー、中世から先進国だったオランダが、ライン川に沿って並んでいる

スケールは違うが、長江の流域が中国の中心なのと同じ

10: 世界@名無史さん 2018/06/03(日) 19:08:50.81 0
スイスの国際貿易港はバーゼル

ライン川のおかげで船で原料・部品輸入、製品の輸出できる。

15: 世界@名無史さん 2018/11/19(月) 09:48:04.83 0
カール大帝はライン川とドナウ川を運河でつなぐ構想を持っていたという。
実現していたら、ヨーロッパの歴史はすごく変わっていそう。

34: 世界@名無史さん 2019/09/29(日) 16:05:12.85 0
>>15
シャルルマーニュ帝は実際に運河の建設を命じて工事が行われている。
ただし実際に機能するとろまで漕ぎ着けたかは、歴史家の意見が割れているとう。

https://en.wikipedia.org/wiki/Fossa_Carolina

17: 世界@名無史さん 2019/03/17(日) 15:06:22.97 0
ドイツ西部を南から北に向かって流れるライン川は、アルプスに水源を発し、北ドイツの低地を貫流して北海に注いでいる。

ローレライの奇岩と美しい古城が独特の景観をつくっているが、ボン、ケルン、デュッセルドルフなど、ルールの諸工業都市を抱いてラインラントを形成している。

no title

20: 世界@名無史さん 2019/03/18(月) 07:15:51.01 0
>>17
ライン川は、上流のストラスブールあたりでは、ドイツとフランスの国境になっている
途中からドイツの川になり、両岸がドイツの領土
これが、フランスと長いことモメてきた元凶

32: 世界@名無史さん 2019/05/21(火) 23:03:54.08 O
>>20
プロイセンがナポレオン戦争の報奨にラインラントをあてがわれたのは、メッテルニヒの嫌がらせかもしれない?

37: 世界@名無史さん 2020/01/26(日) 21:28:27.42 0
>>20
自然国境説とか言ってライン川を侵略の口実に使ったルイ14世が悪いんだ

19: 世界@名無史さん 2019/03/17(日) 16:49:43.39 0
「ラインの奇蹟」とうたわれた、西ドイツの高度成長
その頃のライン川は、「ヨーロッパのドブ川」と言われるほど汚いので有名だった
魚の大量死だの、沿岸の樹木の大量枯死といった事件が相次いだ

21: 世界@名無史さん 2019/03/18(月) 20:45:26.93 0
エジプトがナイルの賜物なのは、誰もが知っている
中国が黄河と長江の文明なのも周知の事実で、中国の歴史の話に、この2つの大河が出てこないほうが珍しい
しかし、欧州がライン川の文明であるということは、それと同じレベルで認知されてはいないように思う
アメリカ合衆国がミシシッピ川の文明であることも、そうだ

27: 世界@名無史さん 2019/03/18(月) 21:38:44.70 0
>>21
近世初頭まではまだイタリア半島が中心でしょうに。
政治的にもライン川流域が中心になったのは下手をすると冷戦後じゃないか?

22: 世界@名無史さん 2019/03/18(月) 21:01:15.66 0
中国の江南地域は、通常、「長江の下流デルタ」として登場する
しかし、オランダやベルギーは、「ラインの下流デルタ」というより、いつも「海に面した港の国」として登場するように思う

これは気のせいか?

24: 世界@名無史さん 2019/03/18(月) 21:06:10.46 0
日本では、河川は水田に水を引くための水源というのが、最も重要な役割だ
欧州では、河川は主に輸送・物流に使われる
「これは川ではない。滝だ」と言われるほど、日本の河川は急流だ

33: 世界@名無史さん 2019/05/21(火) 23:05:50.38 O
>>24
鴨川『…』
大阪商人『……』
京都市民『………』

29: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 12:37:06.36 0
中世には、ドイツ・フランスは後進国だったが、ライン川沿岸だけは別格
フランドル地方は、北イタリアと並ぶルネサンスの一大拠点

31: 世界@名無史さん 2019/03/19(火) 13:38:17.10 0
ナイル川や長江の下流は、肥沃な三角洲での巨大か農業生産力に強みがある
ライン川は、そうではない
ヨーロッパの内陸と北海・バルト海をつなぐ物流の中心であることが、その強み

35: 世界@名無史さん 2019/09/29(日) 17:31:34.13 0
ワーグナーの曲で「ラインの黄金」ってあるけど、実際にライン上流は金鉱脈があるらしい。歴史上で採掘されたことはあるのかな?

36: 世界@名無史さん 2019/09/30(月) 14:18:40.57 0
20世紀にスイスでゴールドラッシュが起きたことはあったみたいだが

38: 世界@名無史さん 2020/08/05(水) 04:04:19.85 0
ナイル川やインダス川は農耕文明を生み出した

ライン川は農耕というより、水運が重要

40: 世界@名無史さん 2020/08/05(水) 11:20:42.07 0
鉄道が整備されるまでの長い間、ヨーロッパでは河川が主要な輸送機関だった

41: 世界@名無史さん 2020/08/05(水) 13:25:19.50 0
中部フランク王国(ロタールの国)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%83%A8%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%8E%8B%E5%9B%BD
Middle_Francia_843.svg


中学生の時、ずいぶん細長い変な形だと思っていたけど
ライン地溝帯ね

43: 世界@名無史さん 2020/08/06(木) 00:26:01.03 0
>>41
形よりもアルプスの南北にかかる領土って無茶過ぎ

44: 世界@名無史さん 2020/08/06(木) 07:13:33.62 0
南北に細長くて奇妙な地形なのは確かだが、ライン川の水運で移動しやすいからな
当時の人の感覚では、森林に覆われた内陸へと東西に広がってるほうが、よほど無理があったのではないか

46: 世界@名無史さん 2020/08/07(金) 19:04:59.58 0
「ロタールの国」(ロタリンギア)は870年のメルセン条約により東フランクと西フランクの間で分割された
しかしその後も両王国の確執が続き、895年東フランクのアルヌルフはロレーヌ王国を建て、庶子ツヴェンティボルトに統治させたが、貴族層の抵抗に遭遇し、その主導者で、エノー、ブラバント、ルクセンブルクに広大な所領を持つレニエ家が事実上の支配権を掌握した
925年ザクセン朝の創始者ハインリヒ1世がロタリンギアに出兵してこれを服属させ、その子オットー大帝は弟ケルン大司教ブルノーに公の称号とともにこの地を与えた

47: 世界@名無史さん 2020/08/07(金) 19:07:26.30 0
このロタリンギアの西境界線は中世における独仏の国境線となっていく
この公領はさらに上ロタリンギア(のちのロレーヌとルクセンブルク)と下ロタリンギア(ロティエ)に分けられ、スヘルデ川以東はヴェルダン家に与えられた下ロタリンギアに属したが、皇帝権力の弱体化にともなって独立した小封建諸侯領が形成されていった

48: 世界@名無史さん 2020/08/12(水) 19:49:44.61 0
特産の魚って鯉と鱒以外には無いのかな?
後は回遊してるとしてウナギぐらいか

引用元: ・ライン川文明の歴史