1: 世界@名無史さん 2014/01/24(金) 11:32:40.41 0
世界史でこれは勿体なかった惜しい何でやねんと思うことあれこれについて

あるいはどうすればそれを未然に防げたか

我らが同じ過ちを繰り返さないために








516: 世界@名無史さん 2018/04/26(木) 10:25:12.10 0
ニコライ2世一家が海外に脱出できなかったこと。

脱出に成功しても結局ボリシェヴィキに暗殺されてたんだろうか・・・

517: 世界@名無史さん 2018/04/26(木) 22:09:29.19 0
イギリス王室にかくまってもらえれば平和に余生を送れたろうに。
イギリス王とはいとこ同士なのに。というかそっくりさんだから時々は代役をつとめてもらってイギリス王も楽ができたろうに。

George_V_and_Nicholas_II_in_Berlin,_1913

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:George_V_and_Nicholas_II_in_Berlin,_1913.jpg

519: 世界@名無史さん 2018/04/27(金) 02:00:12.62 0
モンゴル軍の侵攻でイスラム圏の文化財がだいぶ破壊された
第二次世界大戦でも古代中世の遺産がだいぶ焼失した
共産主義者や原理主義者の他文化排斥でもかなり損失が出てる
他にもいろいろあったが古代の文献や芸術は写本/引用や模倣しか残っていない例が多い 
それでも複製が残っていればましなほうだ
どれだけの資料や遺産が失われたんだろうか

528: 世界@名無史さん 2018/05/17(木) 11:27:13.78 0
ルイ16世一家がオーストリアに逃げ切れなかったこと。

逃げおおせたとしても今度フランス・オーストリア間で戦争が勃発してた?

531: 世界@名無史さん 2018/05/19(土) 19:00:54.87 0
パラグアイのフランシスコ・ソラーノ=ロペスがウルグアイでの内戦に介入してしまったこと

ここから三国同盟戦争へと突入するんだよなぁ

535: 世界@名無史さん 2018/05/23(水) 18:13:48.90 0
鄭和の無駄な大航海

大海鳴動してキリンを捕獲

536: 世界@名無史さん 2018/05/24(木) 01:22:57.78 0
アイルランド人・アイルランド系には大変失礼だがあえて
イングランドがアイルランド全土をプロテスタント化できなかったこと。
できたとしても少数派となったカトリックがIRA作ってテロ活動に走ってたか。

イベリア半島がイスラム教徒のアラブ人、ベルベル人に長い間支配され,人種面や文化・生活様式といった面でその影響におかれたこと。
"ピレネーの先はアフリカ"と揶揄されることもなかった?

547: 世界@名無史さん 2018/07/21(土) 18:41:45.16 0
>>536
全域がプロテスタントになったらそれはそれでいずれ別軸で反乱起きたのでは?
スコットランドやウェールズのようになっていた可能性もなくはないが

537: 世界@名無史さん 2018/05/24(木) 02:35:45.64 0
アメリカ・イギリスがナチス=ドイツとの対立上、スターリンのソ連と手を組まねばならなかったこと。
その時のアメリカ大統領がソ連に寛容なフランクリン・ルーズヴェルトでその下で官僚を務めた人物の中にもソ連シンパがいたこと。

ルーズヴェルトが第二次大戦勃発前に亡くなり共和党の人物が大統領になってたら・・・

538: 世界@名無史さん 2018/05/24(木) 10:06:37.77 0
自由を求めた東欧の人達には大変申し訳ないがあえて

ソ連でゴルバチョフがグラスノスチ・ペレストロイカをおこしたこと。
ベルリンの壁など東欧の自由化は果たしたけど,国内的には混乱を引き起こしただけのような。

549: 世界@名無史さん 2018/08/06(月) 17:31:55.74 0
>>538
ゴルビーだから曲がりなりにもソフトランディングに成功した。
これがちょっとでもハードランディングだったら、日本列島が核攻撃で焦土と化した未来も普通にあり得た。

540: 世界@名無史さん 2018/05/31(木) 01:21:31.03 0
ローマ帝国がキリスト教に屈したこと

550: 世界@名無史さん 2018/08/20(月) 00:31:11.77 0
ドイツ皇帝フリードリヒ3世の後継者がビスマルクの信奉者ではなかったこと。

552: 世界@名無史さん 2018/09/06(木) 01:32:41.89 0
ジョージ・カスターが成績不良でウエストポイントを退学にならなかったこと。
(最下位の成績で無事卒業だったっけか)

別の人物がカスターにとってかわってたというのはここではナシなw

558: 世界@名無史さん 2018/11/27(火) 23:15:07.23 0
ルイ14世がユグノーに強制改宗を迫ったこと。

スペインが国内のイスラム教徒・ユダヤ教徒に強制改宗を迫ったのみならず、改宗者に対しても容赦ない迫害をおこなったこと

560: 世界@名無史さん 2018/11/28(水) 00:52:24.49 0
サラディンがアズハル大学のシーア派系書物を焼いたこと
アレキサンドリア然りバクダット然り焚書は勿体無い

567: 粉砕、玉砕、大爆死 2019/01/05(土) 14:57:17.64 0
サヴェラローナ(?)の改革
ボティッチェリさんの絵をほとんど燃やされたからとてもいい迷惑である

568: 世界@名無史さん 2019/01/09(水) 21:32:22.77 0
宗教・思想に固執し過ぎることで失われていった物多数

577: 世界@名無史さん 2019/10/10(木) 02:25:25.43 0
第二次大戦後のスターリンをのさばらせるきっかけとなったヤルタ会談において,スターリンのイエスマンとなった容共FDRが第二次大戦終了を待たずに亡くなった事。
ミュンヘン会談でヒトラーに宥和政策をとったネヴィル・チェンバレンは自分が招いた結果を知って亡くなったというに…
(まあFDRが長生きしてもスターリンのさらなる勢力拡大をに喜ぶだけか)

578: 世界@名無史さん 2019/10/16(水) 10:24:25.35 0
イギリスは戦争始められる状態じゃなかったから意図的に時間稼ぎしたという説もあるけどね

581: 世界@名無史さん 2020/02/19(水) 10:24:46.95 0
アヘン戦争の発端となった林則徐によるアヘン没収廃棄

没収したアヘンを闇市に流せば大儲けできたのに
587: 世界@名無史さん 2020/03/28(土) 17:49:21.60 0
>>581
それ結果は変わらん様な気がするw

587: 世界@名無史さん 2020/03/28(土) 17:49:21.60 0
マンジケルトの会戦時のロマノス4世
トルコ軍はビザンツ帝国に和平交渉に臨んでいたのに、わざわざ戦った挙句、味方の裏切りもあって惨敗。
アナトリアの大半を失うことになる。

582: 世界@名無史さん 2020/02/19(水) 10:29:31.11 0
毛沢東死去後に後継者になり四人組逮捕したのに、鄧小平に追い出された華国鋒

584: 世界@名無史さん 2020/03/05(木) 23:42:38.92 0
ローマ帝国がキリスト教を認めたのみならず国教にまで押し上げた事 

585: 世界@名無史さん 2020/03/18(水) 23:44:28.17 0
真珠湾攻撃で戦艦沈めただけで撤退してしまったこと
石油タンクとか軍需工場とかも破壊しとけば、アメリカは半年くらい行動不能になったはず

586: 世界@名無史さん 2020/03/19(木) 00:05:28.45 0
それは俗説だらう

589: 世界@名無史さん 2020/03/29(日) 15:54:16.14 0
>>586
俗説かな?
後方撹乱や補給途絶、輜重破壊は軍事ドクトリンにもあるし、あながち間違いでもないっしょ。
半年不能になるかってのは意見が分かれるだろうが。

590: 世界@名無史さん 2020/03/31(火) 01:23:57.27 0
マンサ・ムーサがメッカ巡礼の途上でばらまいた黄金

でもこれはばらまくことに意味があるのか。前澤社長のツイッターでの現金プレゼントみたいに

612: 世界@名無史さん 2021/05/30(日) 09:32:29.06 0
>>590
最盛期のマリ帝国は、蓄積した金で貨幣を発行し、経済的統合性を高め国の経済的基盤を整備すべきだった。
しかし、王のひとりがその金を海外に持ち出し気前よくばらまいてしまった。

613: 世界@名無史さん 2021/06/07(月) 11:10:45.73 0
マリ帝国については
「当時の人口はきわめて多く、マリ帝国全体で4000〜5000万人」
とウィキペディアにあるがマジか・・・
その時代では宋に次いで地球上で2番目の人口大国?

この巨大な人口と膨大な金に裏付けされた経済力があれば、ヨーロッパの侵略に対抗する超強国に成長する可能性があったのでは。

614: 世界@名無史さん 2021/06/09(水) 03:11:04.52 0
でもそのためには、まずはアラブ・ベルベル勢力に対抗できなければいけなかった
マリ帝国は直接的にはアラブ・ベルベル勢力に滅ぼされなかったけど、マリ帝国を大きく弱体化させたソンガイ帝国は結局アラブ・ベルベル勢力に滅ぼされた
王族の内通者とサアド朝の優れた火器がとどめを刺したと。

593: 世界@名無史さん 2020/07/12(日) 09:20:55.95 0
『書物の破壊の世界史』フェルナンド・バエス著 という本によると、古代ギリシャの書物は、75パーセント以上が失われているという。

594: 世界@名無史さん 2020/07/12(日) 17:04:56.17 0
75%程度では済まなそうだけどな

606: 世界@名無史さん 2020/07/30(木) 00:57:58.44 0
ニコライ2世の弟が帝位を引き継がなかった事

引き継いでもどっちみち帝政は打倒されてた?

607: 世界@名無史さん 2020/08/05(水) 22:44:30.83 0
ペイシストラトス家政権の崩壊
アリストテレスはその治世を評価している
まあ父の後を継いだ息子が父同様有能だったかはわからないけど

609: 世界@名無史さん 2021/01/23(土) 22:25:50.32 0
堀川安市
学者として日本統治下の台湾で活躍したが戦後も1年半台湾に抑留されようやく日本に帰還
引き上げの混乱で全てを失い、恩給が少ない貧乏暮らしで貝類研究を続け行幸した昭和天皇に研究成果披露を許される
国や長崎県が援助していればとも思うがそういう余裕もない時代だったのかな

610: 世界@名無史さん 2021/02/11(木) 14:21:26.69 0
極東共和国 (1920~1922年)

シベリア方面に進出する日本を脅威と感じたソ連が作った緩衝国家。
ソ連の党中央は自分たちの言いなりになる傀儡政権を作ったつもりだったが、その首班クラスノシチョーコフはアメリカ帰りの逸材で、民主的な憲法を発布し言論や経済活動の自由を認めた独自の国づくりを展開。
ボリシェヴィキたちはこのような成り行きに激怒し、極東共和国は2年でお取り潰しと相成ったのであった。

引用元: ・世界史のもったいない出来事