51wDSgNd0pL._SL500_ (1)


1: 人間七七四年 2010/01/02(土) 23:12:20 ID:trS4qawe
さぁどうぞ








3: 人間七七四年 2010/01/02(土) 23:50:44 ID:VzlCbc7C
内藤信成はマイナーですか?

18: 人間七七四年 2010/01/14(木) 14:24:21 ID:s4o36Axu
>>3
内藤信成って家康の異母弟って触れ込みの割に知名度ないよな。

5: 人間七七四年 2010/01/03(日) 06:36:43 ID:BqiMoKR3
日本史用語辞典に出てくる(日本史を語る上で必須人物といえる)徳川家臣・・・本多正信、本多正純、大久保長安、金地院崇伝、林羅山
出てこない徳川家臣(歴史上どうでもいいマイナー達)=本多忠勝、榊原康政、三河三奉行など

6: 人間七七四年 2010/01/03(日) 11:56:51 ID:uxN3JSn5
成瀬正一・正成親子、松平(藤井)信一あたりは大活躍したわりにあまり知られてない。
いぶし銀の名将......

264: 人間七七四年 2021/01/19(火) 13:28:20.48 ID:ZYZcrdBT
>>6
成瀬隼人正は陪臣で終わっちゃったのがね...
あと配属されたのが豊臣遺臣だらけの尾張藩ってのもイメージ悪い

7: 人間七七四年 2010/01/03(日) 14:33:52 ID:58T+ASq1
松平信一ってどんな人だったの?

18: 人間七七四年 2010/01/14(木) 14:24:21 ID:s4o36Axu
>>7
徳川から織田の援軍によく行ってる。当時の織田方での評価は高いみたい。

13: 人間七七四年 2010/01/06(水) 23:33:43 ID:iSt2O6Eo
安祥松平以外の松平一族は世間的にはマイナーと評して差し支えない。

15: 平山貴士 ◆e1fQiVDD2/Mv 2010/01/11(月) 15:06:35 ID:hEzkwhlm
松平家忠ってどうなの?

16: 人間七七四年 2010/01/11(月) 18:19:04 ID:h5wYKk7Q
まず、松平家忠は3人いたかと。
日記で有名なのは深溝松平の家忠だね。この人の絵はなんか好きだ。

23: 人間七七四年 2010/02/09(火) 22:41:05 ID:RquXBe50
マイナー武将大杉だからなあ
それなりに大物で逸話もあまりないようなのというと石川家成とか柴田康忠かなあ
あと本多広孝とか…

25: 人間七七四年 2010/02/10(水) 03:50:42 ID:oRNIFfuH
俺の独断だと石川家成は掛川城を最前線であるにも関わらず特にこれといった逸話も無く守り抜いた地味ながらも良将なんだが…。

26: 人間七七四年 2010/02/10(水) 18:50:50 ID:GX8H7gK9
家康と同世代は逸話も多くて得
あとは秀忠世代とか

これにずれてると家康が苦労してた頃は若造で、関ヶ原や大阪で訓戒垂れるころにはおっさんで地味な扱い、みたいな人が多い気がする

27: 人間七七四年 2010/02/11(木) 09:24:55 ID:vii96Vr4
そんなにマイナーでもないが渡辺の方の半蔵さん
もう一人の半蔵が有名すぎるからなあ

16将にも数えられているのに

28: 人間七七四年 2010/02/11(木) 14:42:03 ID:ffImc34u
半蔵さんは附家老になっちゃったからな
この人可児才蔵タイプというか政治はあまり得意じゃなかったんだろうな

29: 人間七七四年 2010/02/14(日) 17:26:33 ID:wtv4tjoB
植村新六郎もあまり知られてないよな
清康、広忠と二代続けて主君の敵を討ってるわけだぜ?
逆にこの人怪しいんじゃないのって気もするが


自分が若死、息子が早死して、孫が信康事件に巻き込まれて出奔しちゃったからぱっとしなかったんだよな>植村家

35: 人間七七四年 2010/11/16(火) 00:02:48 ID:pw78/EnI
奥平はマイナー?

50: 人間七七四年 2011/04/05(火) 01:51:42.61 ID:rGw87NqZ
>>35
山家三方衆は皆マイナー扱いなんでしょうね……
奥平さんも菅沼さんも

36: 人間七七四年 2010/11/17(水) 17:37:57 ID:dYceaNm8
秀吉に臣従せんがために家康上洛した際、官位を受けた連中は有名と見てよか。
奥平美作守信昌
榊原式部大輔康政
井伊兵部少輔直政
本多中務大輔忠勝
成瀬隼人正正孝
平岩主計頭親吉
渡辺大隅守守綱
本多佐渡守正信
北詰大藏少輔忠光

37: 人間七七四年 2010/11/17(水) 18:01:01 ID:FFoV+e2P
最後の北詰って奴だけ聞いた事ない
目立った戦功とかある?

43: 人間七七四年 2011/03/28(月) 15:34:54.54 ID:+gVqz/RQ
高力清長や天野康景とか有名だから名が出てないのか、実はかなりマイナーで名が出てないのか悩む。

45: 人間七七四年 2011/03/28(月) 22:26:09.92 ID:UiBQbyjz
高力家は真田家と親戚関係にあった
のち、肥前島原に國替えになり、一揆が発生し、高力左近大夫は断絶

46: 人間七七四年 2011/03/29(火) 02:40:25.82 ID:xutXo2pX
>>45
功臣である天野も高力も大名として改易とか悲しいのう。
作佐の家系も改易されて旗本に落ちてるし……。

47: 人間七七四年 2011/03/29(火) 09:33:09.79 ID:MAwo9Ha+
高力清長なんて独立初期の三河の内政発展、織田との折衷になくてはならない武将のはずなのに時代劇なんかにはさっぱり出てこんなw
この人がいなきゃ米も食えんし戦も出来んかったくらいなのに
鬼作左なんて高力の足引っ張ってただけなのにこっちのほうが、これぞ三河武士の鏡とか取り上げられてるしw

51: 人間七七四年 2011/04/05(火) 02:00:58.82 ID:MqrXb1SU
小栗忠蔵とか大岡忠政とか植村家利(子孫は老中)とか使番グループの活躍も今後の研究の蓄積が待たれる

54: 人間七七四年 2011/04/05(火) 19:21:46.81 ID:ofyZTc36
まあ信長の野望とかに出ている武将や徳川十六/二十/二十八神将、三奉行に名を連ねる武将はまだマシな方なんじゃねーかな。
上記に該当しなくて小大名だったり、旗本止まりだったり、子孫が断絶したりして埋もれてしまっている武将ももっと掘り起こしていこうぜ。

55: 人間七七四年 2011/04/05(火) 20:31:27.98 ID:MqrXb1SU
二俣城代だった中根家だが、開城後が、不明

60: 人間七七四年 2011/04/06(水) 00:22:16.46 ID:XpPGCE3u
>>55
二俣城将だった中根正照は三方ヶ原で戦死、その跡を織田信長の弟信照が継いだとされるが、
この人物は本多忠勝の与力→家臣になったという説と織田信雄に仕えて小牧に出陣していたという説があって、
家康→信雄→本多と仕えたのか、そもそも別人なのかよくわかっていない

56: 人間七七四年 2011/04/05(火) 21:27:16.15 ID:TjGSzC5J
奥平さんは好きだな
少数で武田に徹底抗戦して見事しのいだしな
でもその後はあまりパッとしないね

57: 人間七七四年 2011/04/05(火) 21:56:27.21 ID:rGw87NqZ
>>56
奥平貞昌は殿いつにも出たしねw
徳川配下で登場してるのW本多とこいつだけでしょ?

58: 人間七七四年 2011/04/05(火) 22:20:16.50 ID:rGw87NqZ
あと、俺の持ってる長篠設楽原史跡案内図(昭和50年刊行)の両軍将士姓名表の中に面白いの見つけたw

松平甚太郎家忠(幡豆郡東条城主)
松平又八郎家忠(額田郡深溝城主・伊忠の子)
松平又七郎家忠(宝飯郡形原城主)

家忠揃いすぎww

59: 人間七七四年 2011/04/05(火) 23:02:46.09 ID:c6VIxpcf
>>58
「家」も「忠」も松平徳川家の通字みたいなもんですな。

61: 人間七七四年 2011/04/06(水) 00:58:53.10 ID:TD5RMyAa
菅沼や奥平って、徳川と武田の間を行き来してた印象しか無いな。

62: 人間七七四年 2011/04/06(水) 01:18:09.74 ID:aYvAIRAt
菅沼一族も奥平一族もそれぞれで親徳川(松平)傾向の人物と親武田傾向の人物とが居て一枚岩じゃなかったからね。

それで血生臭い事態にも発展した。

63: 人間七七四年 2011/04/06(水) 02:49:36.98 ID:8gz6zqT8
奥平は豊前中津15万石。大膳大夫。
老中や大老には恵まれなかった

64: 人間七七四年 2011/04/06(水) 19:14:38.83 ID:u1V53yQZ
そりゃ奥平家は老中やるには格が高いわな

65: 人間七七四年 2011/04/06(水) 20:31:13.27 ID:8Uo1/+sn
菅沼といえば変わりどころが菅沼藤蔵だろう
もともと明智氏の出

66: 人間七七四年 2011/04/06(水) 21:22:12.11 ID:tRWhGo/2
牧野氏も一杯、氏族がいて混乱する

67: 人間七七四年 2011/04/07(木) 00:53:57.16 ID:vDrhWPpG
牧野、大久保、酒井、本多、久松、奥平、大給、松井、滝脇、長沢、大河内、櫻井、形原、榊原、藤井、東條、

68: 人間七七四年 2011/04/07(木) 03:14:04.67 ID:Vk7qP+RT
小笠原氏も多いよな、系図も混乱するし。

70: 人間七七四年 2011/04/09(土) 07:53:39.95 ID:8bU+lRo2
本多広孝が徳川十八神将に入ってない理由が良く分からない。
武功は鳥居元忠や大久保忠世にひけを取らないと思うんだが。

71: 人間七七四年 2011/04/10(日) 02:34:05.77 ID:k9aLYAP8
その本多廣孝は何藩の藩祖?

72: 人間七七四年 2011/04/10(日) 03:33:10.60 ID:W250NWMM
確か岡崎藩だな

75: 人間七七四年 2011/04/14(木) 02:58:38.80 ID:BT1fjhwx
大和高取20500石の植村。 家康から偏諱を受け、将軍家同様代々の通字にしてるたのにマイナー

76: 人間七七四年 2011/04/14(木) 20:11:41.97 ID:Hc1Veylu
>>75
藩祖の家政は、江戸時代に家光の側近として出世した人だもの。有名になるわけない。
植村氏は譜代中最高の名門だけど、同格の他家と違って、武功多く高名な勇将や、政務を取り仕切るような実力者を出さなかったし。

80: 人間七七四年 2011/04/14(木) 23:34:56.14 ID:Hc1Veylu
依田氏も短い間だったけど大名。
関東入部時に鳥居や奥平に匹敵する3万石の知行と、松平の姓と家康を賜るほど優遇されてた。
信濃平定における信蕃の功績が破格だったんだろうな。

92: 人間七七四年 2011/04/16(土) 15:23:34.98 ID:PRWsMt7o
>>80
囲碁に夢中になったばっかりに…

82: 人間七七四年 2011/04/15(金) 06:21:03.02 ID:GCcQ5qTj
依田玄蕃の娘って植村家次に嫁いでたな。
榊原に世話になってたときの植村の記録に、「嫁の一族多くて生活カツカツです」とか読んだ記憶がある。

ところで依田って、蘆田とおなじ人?

83: 人間七七四年 2011/04/15(金) 14:56:44.23 ID:ICodm5+J
依田は高級旗本、岡部は岸和田6万石の大名。本多百助忠俊の末裔は、不明

85: 人間七七四年 2011/04/15(金) 21:27:40.41 ID:SGA9LXth
信濃武士だと屋代氏も短期間大名だな

86: 人間七七四年 2011/04/15(金) 21:47:43.94 ID:ICodm5+J
駿河大納言忠長の家老になった信濃武将いなかった?

107: 人間七七四年 2011/04/23(土) 06:58:04.73 ID:0OD5WQ68
>>86
屋代秀正
子孫は安房北条藩主になるが、後に万石騒動で改易。

あと、越前朝倉氏の一族も附家老にいたな。

108: 人間七七四年 2011/04/24(日) 16:56:52.32 ID:HbN/Apr/
>>107
>あと、越前朝倉氏の一族も附家老にいたな。

朝倉景鏡の弟、在重か。
朝倉家が滅亡する以前から駿河に流れて来てたみたいだな。

88: 人間七七四年 2011/04/16(土) 03:41:17.09 ID:hZRX5Who
初代半蔵って偶々上洛してた清康と出会って仕えたことになってるけど
そもそも清康って上洛してたの?

90: 人間七七四年 2011/04/16(土) 11:55:47.20 ID:8PvcUtGW
>>88
義晴の代に三河に来てるとも聞くな。

89: 人間七七四年 2011/04/16(土) 06:17:06.03 ID:BkG+TLl/
松平三代信光の頃には、京とのパイプ持ってたらしい。
茶屋四郎次郎も、屋号は将軍義輝が鷹狩の帰りにお茶飲む家って事で茶屋だし、大久保家は三条西家から嫁さん来てるし、岡崎には伊賀八幡もあるし、ルートは結構あるんじゃないか?

そういや大久保家って法華宗なんだね。
意外というか、驚いた。

90: 人間七七四年 2011/04/16(土) 11:55:47.20 ID:8PvcUtGW
>>89
法華宗なら、一向宗との戦いも心置きなく(ry

91: 人間七七四年 2011/04/16(土) 12:45:20.03 ID:rqKyf6uD
>>89
大久保忠世とかの母親は三条西家の人なんだよな>大久保氏
本来はこっちが分家なのに…

結局本家ってどうなったんだ

93: 人間七七四年 2011/04/16(土) 17:29:44.44 ID:BkG+TLl/
>>91
家康の采配みてると、譜代は分家、傍流を優遇してんのかと思う事はあるな。
前線の移動にともなって、父祖の地を出て行ける身軽さがあるのが、傍流というのもあるんだろうが。

94: 人間七七四年 2011/04/17(日) 02:32:11.48 ID:GDnjzGSt
>>93
どの家でも嫡流は先祖代々の所領を守って、傍流は小禄で馬廻になるってパターンが多いから、急成長した家では主君の目にとまった傍流が取り立てられて、嫡流より出世する事が多い。

引用元: ・徳川家のマイナー武将を語るスレ