1: 人間七七四年 2018/06/02(土) 13:53:16.86 ID:clnC8qPm
1609年の薩摩による征服、それまでの琉球王国による離島の征服、交易の実態などを語ってみましょう。








2: 人間七七四年 2018/06/02(土) 13:58:54.08 ID:clnC8qPm
1187年 源為朝の子・舜天が即位(伝説上の最初の王)

1260年 英祖が即位(実在すると思われる最初の王)

1372年 中山王察度が初めて明に朝貢

1390年 宮古島の豪族・与那覇勢頭豊見親が中山に入貢

1392年 華僑集団・久米三十六姓が帰化

1406年 尚思紹が中山王に即位(第一尚氏王統)

1414年 尚巴志が室町幕府に遣使

1429年 尚巴志が三山統一(琉球王国成立)

1447年 尚思達が奄美大島を制圧する

1466年 尚徳が喜界島を制圧する

1469年 クーデターで内間金丸(尚円)が即位(第二尚氏王統)

1500年 尚真が石垣島を制圧する(オヤケアカハチの乱)

1511年 尚真が久米島を制圧する

1522年 尚真が宮古島の豪族・仲宗根豊見親に与那国島を制圧させる

1571年 尚元が奄美大島の反乱を制圧する

1592年 豊臣秀吉が朝鮮出兵のため琉球に賦役を命ずる

1604年 サツマイモ伝来

1609年 薩摩の琉球侵攻で支配下に入る

14: 人間七七四年 2018/06/14(木) 19:49:50.47 ID:W+8xt0//
>>2
戦国時代が応仁の乱(1467)からとすると、第二尚氏の歴史とほぼ同じなのか

3: 人間七七四年 2018/06/02(土) 14:42:52.95 ID:wm0dlVTm
グスク時代が一番興味をそそられる。先史時代から一気に中世的な時代に飛ぶからね
その急激な変化や按司たちの起源がミステリアスで知りたい
琉球文明の礎を築く移民たちは平安から鎌倉時代に南九州からやってきて、伝説の通りなら運天に上陸したみたいだけど、今帰仁が最も古くは「いまきじり」と呼ばれたように「今来知り」だとすれば、ここが元祖の地ってことになるね

沖縄で古くは北を「にし」と読むのは実は大和で西を「にし」と読むのと同義で、「往にし(いにし)」が語源。「古(いにしえ)」もここから派生した語。つまり先祖がどっちから来たのかを指している。
沖縄は九州からだから北が「にし」、大和も九州からだから西が「にし」。

97: 人間七七四年 2018/11/14(水) 09:34:10.64 ID:T8oYkZo+
海外交易も実際は儲かってなかったんだっけ?

98: 人間七七四年 2018/11/16(金) 16:58:00.70 ID:b0jy1RmO
歴代宝案:
計るにいま六十多年、毫も利の入るるなし。日に鑠け月に銷き、貧にして洗うがごとし。況やまた地窄くして人希なり。賦税入るるところほぼ出すところを償うのみ。斯の如きの匱窘なり。

99: 人間七七四年 2018/11/16(金) 16:58:54.79 ID:b0jy1RmO
夏子陽

按琉球貢物,惟馬及硫黄,螺殼,海巴,牛皮,磨刀石乃其土産;
至於蘇木,胡椒等物,皆經歳易自日本,轉販於暹羅者。
所謂「櫂子扇」,即倭扇也。
盍任土作貢,宜其惟正之供;遠取諸物,亦其獻琛之意,不必求備焉可也。
二年一貢,今以爲常;第人役過多,亦不勝糜費。
蹀毎船能省其什之三,則庶幾無濫矣。

夏子陽曰:海島之國,惟琉球最稱貧瘠;蓋地無物産,人鮮精能,

琉球の貢物は馬や硫黄などは原産品だが、その他は全て輸入品だ。
みな、長年日本がタイから転売しているのだ。
扇子は日本のものだ。
こういった遠方の物を求めるのはよくない。
二年一貢は人員・費用面で負担過剰だ。

琉球は貧しく痩せている。人間に優秀な者は少ない。

100: 人間七七四年 2018/11/16(金) 17:03:58.76 ID:b0jy1RmO
歴代宝案:
すなわち聖祖、国初賜うに三十六姓あり。また該国入貢航海するに、風涛測り*きがため、彼の三十六姓はよく操舟を習知しもって導引をなすのみ。あに興販のために設けんや。それ貴国はもとより貧瘠を称す。すでに物産の貿易を通ずべきなく、また資財の積知に備うべきなし。
それ患うるところの者は貧にありといえども、その恃みてもって安きとなすところもまた貧にあり。富国を浮慕するがごときは、議するに通商を欲し名を往来に託す。貴国陰に実に倭夷と市を為し、ただに禁を*り奸を長ずるのみにあらず、将来中国の憂を遺さん。

三十六姓は朝貢のために下賜したのであって商売のためではない
お前らが商売する品物がないのは知ってるぞ。
裏で日本と繋がってるのも知ってる
日本の代わりに商売したいと言ってるだけだろう。
バレバレなんだよ。
(この前に日明交易の仲介を幕府から依頼されている。そのために交易の許可を求めた返事がコレ)

101: 人間七七四年 2018/11/16(金) 17:11:16.58 ID:b0jy1RmO
そもそも交易は儲けるためにやるものってのが現代資本主義に毒された考え方。

第一に、
沖縄にとっての交易は鉄などの生活必需品を入手するための物。
借金してでも交易しないと明日の生活が成り立たない。
利益をあげるとかそういうレベルにない。

第二に、
朝貢することで中国との外交関係を持つと言うこと自体が非常に重要。
ピラミッド建設みたいなもの。
前近代においては富の蓄積ではなく、消費活動こそが重要。
そちらこそがステイタスになる

富の蓄積はトラブルの原因になる
だからこそ下からは根こそぎ収奪するし、上も収奪した富を派手に消費して溜め込まないようにする。

102: 人間七七四年 2018/11/16(金) 17:18:23.99 ID:b0jy1RmO
沖縄は貧しい国で交易は赤字だというのは当の本人たち含めて関係者全員が一致して述べている事実。
沖縄自体は物産が乏しいため日本人から商品を売ってもらわないと中国や東南アジアとの交易ができない。
そもそも上記の通り東南アジアの物産は日本人が転売しているとの記述もあるくらい

交易で利益を上げているというのは事実に反するただの妄想だし当時の琉球人の価値観を無視した暴論。先人を侮辱しているとすらいえる。
利益を上げるのが良い事という価値観がないんだよね。
借金して中国に朝貢するのが良い事だというのが沖縄の常識。

中国も利益追求は許さないと言っているしな。
(彼の三十六姓はよく操舟を習知しもって導引をなすのみ。あに興販のために設けんや。)

130: 人間七七四年 2022/08/14(日) 23:03:03.55 ID:owL8iXL8
サトウキビ以外に何か特産物ないのか

131: 人間七七四年 2022/08/16(火) 17:29:59.95 ID:NUEkk4oj
ここが戦国時代板である建前からすると、中国からのサトウキビ伝来は奄美1610年、沖縄1623年なんで関係ないっすよ。
中国への地元沖縄産の進貢品は、沖縄本島の馬と硫黄鳥島産の硫黄。
日本や朝鮮への交易品は仕入れてきた東南アジア産品中心。


wikipedia琉球貿易
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%89%E7%90%83%E8%B2%BF%E6%98%93

108: 人間七七四年 2021/12/31(金) 23:58:19.84 ID:k+Nzpf+b
琉球の最盛期が日本の戦国か

109: 人間七七四年 2022/02/25(金) 16:37:17.01 ID:uzCweY/9
その前は三山時代だし本島の江戸時代は薩摩の附庸国だしまあそうか

112: 人間七七四年 2022/05/15(日) 15:48:42.30 ID:1dySVPAc
定住は戦国時代のかなり前だな

> 10世紀から12世紀頃に農耕をする人々が九州から沖縄に移住したと指摘[6]するように、 近年の考古学などの研究も含めて南西諸島の住民の先祖は、九州南部から比較的新しい時期(10世紀前後)に南下して定住したものが主体であると推測されている。

もっとも、「首里勢力」に制圧された他の様々な民族も、周辺に存在したけれど

110: 人間七七四年 2022/03/08(火) 17:28:08.11 ID:5bTTo9MU
戦国時代が応仁の乱の1467年からとすると

>>2の年表で、1469年にクーデターが起こって第一尚氏が滅んでるが、これも中国(明朝)が琉球の朝貢利権を縮小カットしたから、内部で内輪もめが起こったんじゃないのかって説も最近立てられてる
この前後から離島への征服事業が進んでいるのも、その失われた利益の埋め合わせのためってのがあるそうで、中国への朝貢交易第一で考えると、既に戦国時代前に繁栄のピークを過ぎてたんじゃないかって話

115: 人間七七四年 2022/06/12(日) 20:37:54.37 ID:1oDbq1i1
>>110
朝貢利権は史料上も論理的に考えても特に関係ない。
そもそも朝貢は琉球にとって借金を生むだけで、実利はもともとマイナスで借金はかさむ一方だったが、第二尚氏でも内輪もめすることなく続けている。
明らかに関係ない。

116: 人間七七四年 2022/06/12(日) 20:52:03.26 ID:1oDbq1i1
>>110
クーデターの要因はもともと尚泰久に原因がある
金丸はボスの尚泰久と同じことをしただけ。
尚泰久は王弟時代から大きな権力をもって喜界島遠征を指揮するなどしていた
そんで後年、玉璽を引き継げない状況で王位についた
明にシロシブシの乱で玉璽が無くなったので新しいのくださいと手紙を書いているが、シロシブシなんて名前は不自然だし王府側に記録がなく、中山せふの該当部分は歴代宝案のコピペ。つまりウソ。
要するにコイツもクーデターを起こしたと考えられる
そんで尚泰久が王弟時代に王府ではなくコイツの宮廷に就職して即位後に王府にスライドしたのが金丸。
恐らく尚徳も父親と同様に早くから自分の側近団を形成していたので、金丸とかの親父の旧部下はウザくていらんかったのだろう。
それが史書に賢人の言うことを聞かないと書かれることになったのだろう。
だから金丸は自分のボスの真似をしてクーデターを起こした。

琉球は片田舎の貧乏国家で繁栄したことは一瞬もないから繁栄が陰ることもない。
だからそれはクーデターの要因にはならない。
むしろ尚徳は先人が何年にもわたり失敗しつづけていた喜界島遠征を成功させている
これは金丸的にも認めざるを得なかったようでら史書でも一切非難されていない。
尚円王(しょう えんおう、尚圓王、永楽13年〈1415年〉- 成化12年7月28日〈1476年8月17日〉)は、琉球王国の国王。クーデターで第一尚氏王統を倒し、第二尚氏王統の初代国王(在位1469年 - 1476年)に即位した。即位以前の名は金丸(かなまる)、童名は思徳金(うみとくがね)と言った。

成化5年(1469年)4月、尚徳王が薨去し、法司(三司官)はその世子を即位させようと、重臣たちを招集して会議を開いたが、国王としての資質を問われ、その席で金丸を次期王に推すことが決定され、金丸は隠遁先から首里に迎えられ即位し、尚円と名乗る。

この王朝交代劇は、第二尚氏公式の史書である『中山世譜』『球陽』にそれぞれ、「(尚徳の)世子将に立つ。群臣之を殺す。国人金丸を推戴す。君と為す。(中山世譜巻1 歴代総紀)」、「貴族近臣、其の変有るを見、先を争ひて逃去す。王妃・乳母、世子を擁着して真玉城に隠る。兵、追ひて之れを殺す。(球陽巻3附紀 尚円王伝)」とあり、クーデターが行われたことは間違いない。

ただし、この企てに金丸自身が積極的・主体的に関与していたか否かは定かではなく、あくまでも事後に群臣の推挙を受け、一度は隠遁した身ながらやむを得ず王位を受けた、という体裁である。


尚 泰久王(しょう たいきゅうおう、1415年(永楽13年) - 1460年6月23日(天順4年6月5日))は、琉球王国の第一尚氏王統・第6代国王(在位1454年 - 1460年)。尚巴志の五男で、越来間切を与えられて越来王子と称する。この時に金丸(後の尚円王)を見出して取り立て、尚思達王に王府官僚として推薦している。尚金福王が死去した後の後継争いである志魯・布里の乱で、双方が共倒れになったことから、金丸や阿麻和利らの推戴により琉球国王として即位した。


尚 徳王(しょう とくおう、1441年(正統6年) - 1469年6月1日(成化5年4月22日))は、琉球王国の第一尚氏王統の第7代国王(在位1461年 - 1469年)。

1466年に国王自ら2千の兵を率いて喜界島へ親征し、琉球王国の版図に加えた。国王自ら軍を率いて討伐に向かうのは、祖父の尚巴志王以来のことであった。この遠征の強行などの政策によって重臣の信頼を次第に失ったのが、死後の政変に繋がっていったと考えられている。

1469年、29歳で薨去した。死後、金丸(後の尚円王)らのクーデターにより世子は殺害され、正室と側室の一族の多くが追放、ないしは殺害されたと言う。


120: 人間七七四年 2022/07/25(月) 18:03:33.29 ID:F79zqba5

アプロ
@rUyaCVtIiRxgC9M
#歴史知らない人が嘘だと思うけど本当の事言え

1508年、島津忠治(島津奥州家)が琉球の尚真王に宛てた書状では、琉球王を太陽に、自らを向日葵に例え明確に臣下としての礼をとっていた。
先王より琉球を統一事業を受け継ぎ先島諸島を征服し、法制度を整え琉球王国の最盛期を成し遂げた尚真王の時代、琉球王国は島津氏だけではなく相良氏、種子島氏、大内氏など西日本の諸大名と独自に交易し、それら大名の多くは貿易上のライバルに優位に立つために琉球王に臣下の礼をとることを厭わなかった。(大内氏はよくわからん。交流はかなり盛んだけど。)

後に、琉球王国は島津氏の侵攻により臣従を強いられたが、これは後期倭寇や南蛮人の活発化による琉球王国の衰退と、戦国時代の終結により島津氏が琉球に軍事侵攻する余力ができたためと考えられる。
尚真王(しょうしんおう、尚眞王、1465年(成化元年) - 1527年1月13日(嘉靖5年12月11日))は、琉球王国第二尚氏王統の第3代国王(在位1477年(成化13年) - 1527年(嘉靖5年))。

50年にわたった尚真王の最大の事跡は、中央集権体制を確立し、第二尚氏王統の権力基盤を安定させたことである。

1500年(弘治13年)には八重山諸島で起きたオヤケアカハチの乱を平定し、さらに1522年(嘉靖元年)には与那国島を征服し、版図を拡大した。宮古・八重山から奄美に至るまで琉球王国に服属するに至った。


121: 人間七七四年 2022/07/25(月) 20:58:32.99 ID:uAsCHsyo
>>120
https://khirin-ld.rekihaku.ac.jp/rdf/nmjh_kaken_medInterNationalExcange/E6582
薩隅日三州太守藤原忠治/奉書/琉球国王殿下/茲継先業於下国、職未遑達京師、早呈片書於/中山王、専在修鄰好局、
非比誠於傾陽之葵?、若敢得斉/齢於閲歳之松柏乎、四海所帰一国以富盡善盡美、惟徳馨故、今差安国住持雪庭西堂、
謹致賀忱献方物、伏望寛容、恐惶頓首、不宣、/永正伍年三月十二日 藤原忠治/拝呈/琉球国王(尚真)殿下


その書状の原文はこちらですが、当時の政治状況に合わせた解釈はともかく、1508年にヒマワリってのはちょっと以上になんとかならんかったのかツイート主
そもそも元々の葵(学名フユアオイ)の語源が「日を仰ぐ」だそうで、そういう伝承が当時からあった上での表現なんですな

122: 人間七七四年 2022/07/31(日) 09:26:25.56 ID:62N1RmhJ
尚真が最盛期ってのもいい加減見直した方がいいと思うけどね。
史書にはそんな事一言も書かれてないし。それどころか記録が抹消されてる。
弱体化して北進できないからドロナワで南下しただけでしょ。
石垣島とキカイ島じゃ重要性が全然違うよ。

軍事的には尚徳がmaxで確定。
硫黄利権を奪取した点で経済的にも貢献してる。
硫黄倉庫はキカイ島制圧後に作られてるからな。
後は落ちるだけ。

123: 人間七七四年 2022/07/31(日) 14:43:35.44 ID:mDujIlmR
尚真が首里城下に豪族を集住させたのは、中央集権的で体制が盤石だったから、とか言われてなかったっけ?
交易の利益の実態とかは知らんです

125: 人間七七四年 2022/07/31(日) 15:31:25.00 ID:62N1RmhJ
史書には内乱がやまなかったから地方の軍閥を解体するために集住させたと書いてある。
つまり盤石じゃないからこそ行われた処置。
結果が良かったか悪かったかは知らない。
血の雨は減ったかもしれないが国力に資したかどうかは怪しいもんだね。
あと中央集権がいいことだみたいな価値観は捨てた方がいいよ。
それぞれメリットデメリットあるし状況に合わせてバランスとっていくのが大事。

132: 人間七七四年 2022/10/15(土) 13:23:37.34 ID:gKR2O8p+
14色のペン
教科書は間違いなの? 貿易国家・琉球王国の素顔に迫る
比嘉洋 毎日新聞 2022/10/14
https://mainichi.jp/articles/20221011/k00/00m/040/231000c
沖縄は150年近く前まで独立国でした。明治政府が武力で日本に組み入れ、沖縄県とした「琉球処分」(1879年)まで450年以上続いたとされる琉球王国が、その独立国です。大海原にこぎ出し海洋貿易で栄えた王国――。沖縄出身の私はそんな歴史観に誇りを抱いていましたが、「実際は自給自足の遅れた社会だった」と異議を唱える研究者がいます。
活発な貿易国家だったことは教科書にも出てくるのに? アイデンティティーが揺らぐ不安を抱えながら、琉球史研究の「今」をのぞきました。【那覇支局・比嘉洋】

「琉球国は南の海の良いところにあり(中略)船で万国の津梁(しんりょう)、いわば架け橋となって貿易を行い、国に宝物が満ちている」。首里城公園(那覇市)のホームページによると、かつて首里城正殿にあり、現在は複製が城郭内の広場に架けられる

(略)

ところが、「貿易で栄えた時代があったとすれば、せいぜい鐘が造られた頃までの50年間ほどではないか」と沖縄国際大名誉教授の来間(くりま)泰男さん(81)はくぎを刺す。繁栄は事実だとしても時期が限定されるのではないか、というわけだ。史料によると、琉球王国の貿易船(進貢(しんこう)船)が中国と往来した頻度は、15世紀半ば以降明らかに減少しているという。


以下、要会員登録
残り987文字(全文1778文字)

133: 人間七七四年 2022/10/15(土) 15:53:17.01 ID:Piewo64m
そりゃあ、明が海禁政策取ったらその分寂れただろうな
密貿易盛んだったけど海外進出盛んだった鄭和の時代のころのようにはいかんだろ

135: 人間七七四年 2022/11/01(火) 00:07:18.34 ID:RabEQ66p
今の感覚だと僻地だけど日本の歴史のほとんどの期間で先進地域だよな

136: 人間七七四年 2022/11/01(火) 09:26:13.97 ID:cnzT+OX2
沖縄は貝塚時代と呼ばれる狩猟採集生活が平安時代末期まで続いてたし、農耕そのものもそのころの喜界島から本土系移住者が伝播したというのが確実だしね
交易が盛んな時代も実務は華僑集団が担ってたし、その時期もその後も庶民層はほぼ実質的な農奴状態だし

独自にいいとこはあったけど、残念ながら辺境らしい地域だったよ

引用元: ・戦国時代の琉球国・沖縄県