51fDSdX-L4L._SL500_



1: 世界@名無史さん 2007/08/30(木) 21:57:57 0
なぜルネサンスは過大評価され、中世は過小評価されるの?
実際にはルネサンスには占星術や魔術など、非近代的な要素もあるし、ルネサンス人の思想には、現代人から見て受け入れがたい非人道的な面もある。








4: 世界@名無史さん 2007/08/30(木) 22:23:55 0
>>1
ルネサンスは古代ローマギリシアの思想を復興したのが一番重要なことだろ。
キリスト教や封建王権によらない「市民社会」を作るためのバックボーンになった。

43: 世界@名無史さん 2008/03/14(金) 22:30:11 0
ヨーロッパが他の地域や文化を決定的に抜き去るスタートだからだろ

44: 世界@名無史さん 2008/03/15(土) 03:52:44 0
レオナルドやミケが絶対的に凄いからだろ。
理屈は後からついて回る。

5: 世界@名無史さん 2007/08/30(木) 23:17:31 0
キリスト教の影響が薄い日本では、キリスト教を否定したルネサンスの価値がわかりにくいな。

無理矢理わかりやすく例えると、「クリスマスとバレンタインデーは廃止だ! 日本人は日本人らしく過ごせ!」と宣言し、しかも実践しちゃったのがルネッサンス。

6: 世界@名無史さん 2007/08/30(木) 23:28:22 0
>>5
それもまた違うような…

日本で言うと『国学の興隆』が一番ルネサンスに近いと思うよ。絶対的なものだとされた幕府や大名の
武家権力、身分制度を「幕府が権力を持っているのは天皇に委任されているからであり、彼ら自身が尊いからではない。また身分の違いも、幕府が作り上げたもので、もともと日本は天皇の元、臣民は平等であった。」という考え方が広まった。これが直接的に明治維新に繋がっていくわけだ。

15: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 12:25:59 0
>>5
キリスト教の全否定ではなくて、キリスト教と新プラトン主義を融合させようとしたのでは?
当時はローマ教皇の有力なパトロンの一人だった品。
中世では、アリストテレスの著作はよく知られていたが、プラトンはほとんど知られていなかった。

8: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 01:25:26 0
ルネッサンスって普通にキリスト教の宗教絵とか描きまくってるよね。
ミケランジェロの最後の審判のように。
どこがギリシャ回帰なの?

9: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 01:37:10 0
>>8
ダビデ王像が、ギリシャ彫刻に倣って全裸で、しかもチソコが皮かむりというところ。

10: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 01:44:33 0
BS世界のドキュメンタリー「地中海歴史紀行 異文化の交差点 スペイン(二回シリーズ)」が良かった。歴史学者ベタニー・ヒューズの謎解きが面白い。
ルネサンスを齎したのは実はイタリアが最初ではなく、さらに古いスペインがその発祥地だという。しかもイスラム文化が西洋にルネサンスの精神を齎したという話だった。しかしキリスト教徒によってイスラム文化の功績はすべて抹消され、歴史は捏造されてしまった・・・。
もう再放送したけど、また再放送してほしい良質の番組だった。

http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/070709.html

番組はこのスレの趣旨に沿った内容になっているし、ルネサンスに対する違った視点が得られる。この視点では中世に進歩的なイスラム文化からキリスト教徒が文化摂取した事実をキリスト教世界は何としても否定したい。
中世は恥辱に他ならないというのが、キリスト教世界が中世を過小評価する理由の一つだ。

11: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 02:12:12 0
>>10
そのドキュメンタリー面白かったな。最後に当時のイギリスの学者が、スペインのイスラム教徒の学者に当てた手紙が出てきて、それには「イスラム教徒は理性を重んじるのに我々キリスト教徒は狂信的で野蛮なのばかりでどうしようもない。我々は理性を学ばなければならない。」みたいな事がかかれてた。

現代と比較してなんともいえない気分になったよ。

14: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 10:53:37 0
スペインの保守派の学者のインタビューもあったな。「我々にイスラムの影響など何もない」みたいな主張をしてた。

26: 世界@名無史さん 2007/08/31(金) 22:32:46 0
ルネサンスはギリシャ回帰といわれるが、実際は教会哲学なんてのはそれこそ2世紀ぐらいからどっぷりギリシャ哲学につかってるし、科学に関しても教会はアリストテレスの科学観(天動説など)を基本としていてギリシャの伝統はちゃんと残ってる
じゃ何が違うかというと教会じゃなく市民、商人がギリシャを意識して古代のギリシャの世俗的な面を意識したところかな
もっとも今はルネサンスと中世という断絶史観は一般的じゃないけどね

28: 世界@名無史さん 2007/09/01(土) 02:14:51 0
フィレンツェって、メディチ家が実権を握ったころから市民的自由は衰退し始めるのよねえ。
知識人も、君主に用意されたヴィッラ(別荘)で快適な生活を送り、現実に背を向け、市民的人文主義の活力も衰えていった。

48: 世界@名無史さん 2008/04/30(水) 21:18:38 0
>>28
でも、科学の発展は、それ以降も進展したから、別に無問題

35: 世界@名無史さん 2007/11/16(金) 21:28:16 0
欧州がルネサンス期に得た技術・知識ってアラブや中国からしたら「何を今更」てかんじだろ。
十字軍の遠征とそれに伴うルネサンス時代でやっと欧州はアラブや中国に追いついた。
それまでは日本とどっこいどっこいか、それ以下。

36: 世界@名無史さん 2007/12/17(月) 01:54:57 0
しかし、実用性の低い風車などの技術を、実用レベルに押し上げてやがて産業革命へとつなげて他地域を圧倒してしまう。その底辺には、それらを取り込むだけの下地があった。
明治維新で、日本が西欧技術を取り込んだとの同じように

38: 世界@名無史さん 2007/12/20(木) 12:32:04 0
もともとローマ時代からギリシャ・ローマ以外の欧州は土田舎だったからね
ローマの崩壊による欧州の衰退って感じだけど、実際は先進地域がイスラム、ビザンツに切り離されて低迷したって感じ
で1000年近くかかって逆転すると

45: 世界@名無史さん 2008/03/15(土) 09:03:10 0
中世も農業改革とかあって、まったく発展しなかったわけじゃないけど、文芸に金掛けるほどの余裕はなかったんだろうな

で、東方貿易で富を蓄積したイタリアの都市国家には、その余裕ができて、それまで低迷していた文芸の復興がなされた、とか?

46: 世界@名無史さん 2008/03/15(土) 12:46:50 0
イタリアだけ語られる傾向があるがフランドル地方も中世からイタリアに負けない発展した地域だった
ルネサンスの時代まで音楽の中心はイタリアでなくフランドルだし
その地域を抑えたブルゴーニュ公はヨーロッパで最も豊かな君主だった

49: 世界@名無史さん 2008/06/02(月) 22:20:54 0
>>46
北方ルネサンス絵画で人々の外見が細長い絵が多いのは、フランドル人は実際ああいう外見だから

47: 世界@名無史さん 2008/03/15(土) 20:42:49 0
イタリアは先進地域であるイスラムの影響が届きやすかったので、「文芸復興」という動きも起こった。

50: 世界@名無史さん 2008/06/02(月) 22:46:34 0
この時期のヨーロッパでも、学問といえばイスラムのものだった。

51: 世界@名無史さん 2008/06/02(月) 23:13:19 0
ヨーロッパは、イスラム圏から絵画を学べたのか?

52: 世界@名無史さん 2008/06/03(火) 00:00:36 0
イスラムの学問は14世紀以降停滞してるんだが

56: 世界@名無史さん 2008/08/03(日) 17:41:59 0
ルネサンスはイスラムはビザンツの影響が大きいと思うんだが。
イスラムが停滞したのはモンゴルと十字軍によって国土がめちゃくちゃになったこと。
特にバグダードが破壊されてしまったことが痛手だったと思う

中世ヨーロッパの修道院に古代からの蔵書が残っていたの?
実際のところはイスラムやビザンツの書物を輸入していただけだと思うんだが。

57: 世界@名無史さん 2008/08/03(日) 19:51:45 0
影響を受けたら価値がないのか?

60: 世界@名無史さん 2008/08/03(日) 21:36:32 0
価値が無いわけじゃなくて修道院に所蔵してあった書物からヨーロッパ人が独自に古典を研究し、ルネサンスに至ったということは考え難いのではないかと思っただけ。
イスラムは知恵の館で組織的に古典を翻訳していたし、ローマの後継であるビザンツにはかつての書物が残っていたと思う。
ローマを滅ぼした蛮族が自力でというのはかんがえにくい

63: 世界@名無史さん 2008/08/04(月) 23:40:55 0
イスラムからの翻訳は主に12世紀ルネサンスの時代だよ
いわゆる14,5世紀のルネサンスはギリシャ語原典からの翻訳によるアラブ語からの古い翻訳版の訂正や、カロリングルネサンス時代に修道院埋もれた古いラテン語の資料の発見などだよ
この時代は翻訳よりも技術発展の方がもっと評価されるべきだと思うけどね
大翻訳の時代は12.3世紀の方が主体

>>60

ローマ崩壊の際、戦乱と無縁だったアイルランドの修道院には、大陸から僧侶が逃げてきて古典をいくつか保存していた
それをカロリング・ルネサンスの時に大陸にもってきて増刷保存した
たから全く残ってないわけじゃない
ただ当時は学問レベルがまだ低いし知識人も少ないのでせっかくの蔵書も忘れ去られたのが結構あって、ペトラルカなどは修道院の蔵書を積極的に調べてる


62: 世界@名無史さん 2008/08/04(月) 23:00:25 0
モンテ・カシノ修道院等にはアリストテレスら哲学者の著書、カエサルのガリア戦記、愛の詩など残っていたの?
そもそも中世ヨーロッパの修道院に残っていた書物を再発見した、ということはあったの?
そもそも、中世ヨーロッパの修道院なんて何も無かったと思うんだよ。
ビザンツやイスラムの本を輸入し翻訳しただけなんだと思う
再発見というのはあり得ないくないか?

64: 世界@名無史さん 2008/08/05(火) 00:00:39 0
>>62
もしヨーロッパに完全に古典が残ってなかったら十字軍以前は古代のことが全くわからなくなる
十字軍時代以前の西欧の知識人でもさすがにそこまで資料がないわけじゃない
いちおう修道士が少ないながら歴史について書いてるからね
ただ質、量共にイスラムの方が優れていたからたくさん輸入した
その後はギリシャ語原典から直接訳すようになった
全くないとかあるとか極端な二元論はダメだよ
十字軍以前はプラトンは結構残ってて、アリストレスは一部しか残ってなかった
その他にもアウグスティヌスはもちろんボエティウスも
ガリア戦記は超メジャーだからさすがに残ってたんじゃないかな
ラテン語著作よりギリシャ語原典の著作が残りにくかったと思う
当たり前だけどね

66: 世界@名無史さん 2008/12/10(水) 22:06:04 0
中世の修道士は異端に染まりやすかったわけだ

67: 世界@名無史さん 2008/12/11(木) 11:32:55 0
>>66
異端と言うか、それぞれのセクト主義に染まりやすくて、それを中央統制を望む教皇庁の側が片っ端から異端認定した。

68: 世界@名無史さん 2008/12/11(木) 21:58:58 0
まずこのスレには根本から勘違いしてる人間がどうもいるような気がするが、ラテン人はラテン人としてローマ滅亡後も大部分はそのまま残ってる
フランクの蛮人がローマ人とそっくり入れ替わったわけじゃない
ローマ滅亡後の西欧=蛮族王国
なんていい加減なことを前提にするのはやめてくれ

古代からルネサンス期へと引き継がれた書物文献の流れは大きく分けて3通りある
ひとつはカトリック教会の通常業務として書き写され続けたもの
書物というものは、禁書であろうとなんであろうと真っ当な文明人なら処分などしない
組織としてのカトリック教会は文明的、知的であることにかけては当代一だった
バカじゃあ人は騙せないと言えば、アンチキリストな奴にも納得できると思うが

ひとつは、東ローマ内のもの
これはビザンツとして脈々と続いた帝国の各書庫に、きちんと保存されていた
コンスタンティノープルの大図書館にも、ローマ時代までの書物が相当数残っていたらしいが、これは第四次十字軍のとき、フランス軍が大半を燃やしてしまった

最後は、東ローマからサラセン帝国へ移されたもの
ギリシャ正教下の、ろくに研究できない環境に嫌気がさした学者が相当数、サラセン帝国へ書物とともに流出した
古代学問を邪教として扱い一切無関心な東ローマより、異教のものであろうと技術的有用性を解し積極的に取り入れようとしたサラセンのほうが、研究環境としては断然優れていた
むろんフランクは論外

この3系統により生き延びた書物を、古代文明に猛烈な興味を沸かしたルネサンス人が執拗に引っかき集めたわけだ

69: 世界@名無史さん 2008/12/12(金) 04:58:59 0
>>68
つーか、ローマ帝国の長い治世の中で、帝国の中心は徐々に東方に移って行った訳で、「西ローマ滅亡後もラテン人がそのまま残った」なんてのは、誤解を産む言い方だと思うぞ。
正確に言えば、西ローマの時点でラテン人の殆どはもう、東方に移っていた。

70: 世界@名無史さん 2008/12/12(金) 05:16:51 0
東方ってどこのことだか知らないが、東ローマはギリシャ人の国だぞ?
ラテン人の大半はイタリア半島に住みっぱなしだ

71: 世界@名無史さん 2008/12/12(金) 19:25:46 0
民族がごっそり入れ替わり移動したと信じこんでる奴がほんと後を絶たないな

72: 世界@名無史さん 2008/12/30(火) 16:21:21 0
カロリング朝ルネサンス
マケドニア朝ルネサンス
パレオロゴス朝ルネサンス
12世紀ルネサンス
北方ルネサンス
……

何でも「ルネサンス」と付けりゃいいってもんじゃねーぞ
と思うのは俺だけですかね

73: 世界@名無史さん 2008/12/30(火) 16:55:30 0
>(仏: Renaissance 直訳すると「再生」)
らしいからねぇ。普通の言葉なので普通に使われてしまう。

引用元: ・ルネサンスはなぜ過大評価されるのか?