51ZW2GcEVTL._SL500_ (2)



1: 世界@名無史さん 2016/10/15(土) 23:30:52.93 0
転換点としては
①オスマン帝国がウィーンを陥落させて、プロテスタントとオスマンでオーストリアを含むカトリック諸侯をはさみ打ち。(フランスやルター派諸国はそのまま存続しそう)
②トゥール・ポワティエ間の戦いでフランクを破る(教皇が戴冠する名目上の「西ローマ皇帝」さえ誕生しないため、西欧世界そのものが樹立しない)

なんかほかにある?








2: 世界@名無史さん 2016/10/16(日) 03:53:14.24 0
ローマにアズハルに勝るとも劣らない研究機関が作られる。
中東出身の優れたイマームがすべてヨーロッパに留学してしまい、中東の人材が空洞化する。

3: 世界@名無史さん 2016/10/16(日) 04:59:02.65 0
大航海時代は動機がなく起こらず中世が長引いた

5: 世界@名無史さん 2016/10/17(月) 21:54:46.24 0
>>1
③ワールシュタットの戦いの後もモンゴル軍の進撃は止まず、バトゥの遠征軍はウィーンを踏み潰し西欧を席巻。ついに大西洋を目にするに至る。
その後モンゴル帝国は分裂。キプチャク・ハン国は史実通りにイスラム化するが、その版図は史実より大幅に西に移動し、今日の欧州全体を支配下に置くこととなる。

11: 世界@名無史さん 2016/10/24(月) 21:56:12.51 0
>>5
キプチャク・ハン国はイスラム化したけどロシアはイスラム化しなかったから、西欧もキリスト教のままだったはず
西欧諸国はロシアやスペインのようになっただろうから大航海時代はあった、かもしれないけど産業革命や市民革命とか民主主義は存在しないはず

6: 世界@名無史さん 2016/10/17(月) 23:19:42.64 0
欧州は地形的に分裂するだろうから、権威がカトリックからイスラムに変わるだけでローマ的な文化は継承して各国の王の叙任もイスラム教会を通してなされたと思われる。
イタリアルネサンス的な文芸復興も欧州はで起きただろうし、動機はなかったとしてもスペインからアメリカへの航海も史実と同じように実現していただろう。
史実よりもネイティブアメリカの破壊は進まず史実の東南アジア等と同様に比較的緩やかな貿易関係をイスラムはアメリカと結んだだろう。

とは言えアメリカの金銀はイスラムにとっても魅力だろうから、もしアメリカでゴールドラッシュや銀山発掘が起きれば欧州中東で史実通りに価格革命が起きていずれどこかで産業革命が起きただろう。

19: 世界@名無史さん 2016/11/30(水) 00:43:01.34 0
>>6
それはないだろうな。
確かに、ヨーロッパはバグダッドから遠く、早々にカリフの支配から離脱して分裂状態になるだろう。
でも、この場合、宗教的権威と知的集積は中東に一極集中していて、西の中心を作るのがなかなか難しいことになる。南欧でも、史実のコルドバ相当が精いっぱい。
特に致命的なのが、神学と哲学の求心性が東方に持っていかれること。
この状況で、ローマ古典の再読み込みが起きるとは到底思えない。
特に法律と政治が決定的。
ローマにもフィレンツェにもウラマーがいる状態で、法学提要の出番があるとは全く考えられない。
ローマ市民たちも含め世界のムスリムが、ウンマー共同体を築いているのに、ポリスを復活しようなどという都市が出現するとも思えない。
(この2点は、西方学問受容の最盛期のアッバース朝でも、全く関心を払わなかった分野)

ここが違うと、その後の世界、とりわけ近代世界の何もかもが違うことになる。

9: 世界@名無史さん 2016/10/24(月) 21:04:51.42 0
イスラム教とキリスト教が入れ替わるだけだろ。
イスラムは全ての戒律が廃れ、イスラム法学者は科学の前に力を失う。
一方で少数派となったキリスト教は原理主義一色に染まり、各地で自爆テロを繰り返す。

16: 世界@名無史さん 2016/11/28(月) 09:47:44.81 0
オトラル事件がなくてモンゴルがホラズムを滅ぼさなければホラズムは西に領土拡大しただろうからアッバース朝だけでなくニカイア帝国もホラズムに征服されたはず
パレオロゴス朝がまるごと存在しなくなったはず
当時コンスタンティノープルはラテン帝国に奪われていたけど、ニカイア帝国がホラズムに滅ぼされてしまうとブルガリアがコンスタンティノープルを手に入れる事になっただろう

20: 世界@名無史さん 2016/11/30(水) 03:16:38.47 0
ヨーロッパ全域がイスラム化するという事はアラブ軍がヨーロッパに集中した場合だから、バグダッドとか東方イスラム世界が存在しない世界
バグダッドではなくクテシフォンのままの世界だな
この場合カリフはフスタートから帝国を支配したであろう

21: 世界@名無史さん 2016/11/30(水) 13:55:19.19 0
スレチだけどイスラム勢力がイベリア半島を制圧しなかったら,フランク王国が西ゴート王国を滅ぼして同地を勢力下に置いたんかな。

23: 世界@名無史さん 2016/11/30(水) 18:46:42.49 0
西ゴート王国が健在ならばむしろ逆に元首都だったトゥールズを奪回しようと西ゴート王国の方がフランク王国に攻め込む事が多かっただろうな
そもそもラングドックのオック語はフランス語の方言ではなくイタリア語やカタロニア語の方に近い言語なので、ラングドックとラングドイル(フランス)は実質的には異民族であり、アルビジョワ戦争やユグノー戦争で激しく殺しあった

27: 世界@名無史さん 2016/12/18(日) 20:23:14.19 0
西欧がシーア派の一大中心地になってたかも

32: 世界@名無史さん 2017/01/05(木) 00:35:03.57 0
もしカール・マルテルがトゥール・ポワティエ間の戦いで負けてたらその後のヨーロッパがどうなったか分かる人いる?

33: 世界@名無史さん 2017/01/05(木) 00:36:15.94 0
アラブ人は寒さが苦手だからカール大帝のようにゲルマニアを征服しないはず
ゲルマン人やスラブ人は蛮族のままでドイツやポーランドは建国しないだろう
蛮族のままのゲルマン人とスラブ人はやがてモンゴル軍とかが攻めて来たら再び民族大移動になってイスラム諸国は西ローマのように滅亡したかも

34: 世界@名無史さん 2017/02/27(月) 09:50:41.77 0
モスレム人(スラブ民族のイスラム教徒)みたいなのが西にも生まれ
ゲルマンモスレム、ラテンモスレムなる用語が作られる

ラテンモスレムは戒律適当

38: 世界@名無史さん 2017/03/20(月) 18:02:20.11 0
その場合、ウィーン包囲の際はイベリアとバルカン、二つの半島から同時進撃とかありえたかも知れんね。

39: 世界@名無史さん 2017/03/22(水) 23:45:11.10 0
>>38
イベリア方面から進撃する場合,フランスが領土内の通行を黙認したり影ながらトルコへの便宜をはかったりするんかなぁ

42: 世界@名無史さん 2017/08/02(水) 01:54:30.71 0
バスク絶滅(文化的に)

46: 世界@名無史さん 2018/02/24(土) 22:32:26.14 0
>>42
カトリックを捨ててイスラムに乗り換えればいいだけ
イエズス会のような狂信的(と当時言われた)なセクトはバスク人が過剰にヨーロッパ的であろうとした試みの結果でしかない。
欧州がイスラム社会になれば、バスクには刺客を派遣する教団が生まれていたかもしれない

47: 世界@名無史さん 2018/03/02(金) 15:53:36.12 0
産業革命も民主国家も生まれなかっただろうな

48: 世界@名無史さん 2018/03/02(金) 20:39:33.03 0
>>47
産業革命や民主主義はスファルディユダヤが作った 欧州がキリスト教だったからではない
オランダが独立すれば、イスラムでも民主主義は波及するだろう 多くの勢力がせめぎ合う欧州は中東と全く動きが異なり、勢力均衡が民主主義につながる

51: 世界@名無史さん 2018/03/03(土) 20:13:40.05 0
>>49
キリスト教や仏教は個々人の魂の救済が目的だがイスラム教の本質はウンマ(イスラム共同体)を機能・拡大させることにある。だからこそシャリーアが存在し社会の隅々まで縛っているのだ。
個々人が自由に宗教実践によって救済されることを保証しない。棄教・改宗はウンマを破壊する行為であるからだ。
イスラム社会に個人主義(信仰の自由)など存在できるはずがない。
イスラム哲学者達はしばしば信仰より理性に従うと公言し一般大衆から疑いの目で見られていたのだ。その先には無神論が待っているからだ。
社会の強い反発の中でイスラム哲学者達は消えていった。西欧より進んでいたのに。
イスラム社会に個人の自由などない。本質的に全体主義宗教なのだから。
イスラム教が内発的に民主国家を創造できる可能性は全く存在しない。

54: 世界@名無史さん 2018/03/04(日) 03:43:36.08 0
>>51
「個人主義が成立していたら進歩的」というのが偏見
ヒーラの洞窟で個人の救済は完結しているのだ
信仰と理性が対立物であるという考えもただの偏見
イスラムにおいて信仰は社会的活動と同義だから
もし理性のために信仰を犠牲にしなければならないという状況が生まれたのなら、部屋に閉じこもって密儀に耽ればいいだけのことだが、そんな対立自体が無意味だからそれすら不要

52: 世界@名無史さん 2018/03/03(土) 21:23:06.85 0
イスラム教の強さの秘密が「共同体」にあるのなら、共同体の破壊を得意技とする近代化はイスラム教の勢力をけっきょくは壊滅させていくだろう。
科学技術の進歩と科学的機器、とくにゲームやケータイなど通信機器を使用したコミュニケーションは、ウンマを消滅させていくに違いない。

引用元: ・イスラムがヨーロッパを征服していたら。