51ahMd5LnnL._SL500_



1: なぐもたもん 2018/12/05(水) 21:21:51.12 ID:DL9YNTYjO
ぶっちゃけ誰が一番悪かったの?
ガチな皆さんもマターリな皆さんも共に反省して議論して参りましょう








2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/05(水) 21:50:21.04 ID:jNy4n1WD0
情報部だな
ミッドウェーは情報がつつぬけだった
待ち伏せ奇襲食らった

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/07(金) 13:41:56.60 ID:VMO+X1Qu0
>>2
情報部は敵情を分析するところ
こちらの暗号がバレたのは通信担当の責任だろう
軍令部では情報は第三部 通信暗号は第四部になる

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/06(木) 00:40:59.21 ID:y4DiXdpK0
これは、日本軍の方が兵力が充実して、質も高いんだよな。
運が悪かったとしか言えないな。

ちょっとの運の違いが、もの凄い結果の違いになって現れるってことだ。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/06(木) 23:56:04.99 ID:fZswEOFgO
索敵機が米空母を発見したのに無線がコショー

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/07(金) 22:27:07.12 ID:HD21gUOkO
山口少将と多数の熟練パイロット喪失が痛い

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/08(土) 11:33:44.24 ID:VJ+GgxJP0
ミッドウェー海戦でベテラン搭乗員が失われたという話はかなり浸透している
しかしながら、これは正確ではないと思われる

諸説あるが海戦に参加した機動部隊の搭乗員はおおむね500名、戦死は110名である
これを多いか少ないかは考え方によるが、少なくとも搭乗員損耗率から言えば、ミッドウェーの前に起きた珊瑚海海戦の損害率のほうがはるかに大きい

しかも110名の内訳は大半が飛龍で72名、残る3空母はたったの38名に過ぎない
赤城などはわずか7名でほとんど生還している

これはある意味当然で、飛龍の搭乗員は米機動部隊に全力攻撃を敢行し大きな損害をだした
一方赤城加賀蒼龍は、出撃前に母艦機能を喪失しており搭乗員は戦っていないのである
なおかつ空母への攻撃は雷撃ではなく急降下爆撃であったため、各空母とも沈没までに相当の時間があり、艦のダメコンに無関係の搭乗員は早々に退艦し駆逐艦に拾われているのである

仮に山口少将の意見具申の通り、米機動部隊発見とともに4空母の艦爆艦攻を護衛なしで即時出撃させていれば、搭乗員の損害は倍どころではすまなかっただろう
むろんそれにより母艦の損害は減り、戦果は増えただろう

実際のところベテラン搭乗員が損耗したのは、その後のソロモンの戦いにおいてであった

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/13(木) 23:36:06.95 ID:2gq0rW6q0
>>9
パイロットはそうでもないけど
ベテラン空母船員は大量に死んでるんだよな

23: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/14(金) 14:04:01.05 ID:w218zQEZ0
>>21
艦によって差が大きいが加賀と蒼龍は半数が 赤城はそれほどでもない
生き残り足し合わせて2隻分に再編出来るくらいは生き残った

ここで我が海軍の凄いところは敗戦がバレるとまずいから生き残った下士官兵は僻地で軟禁 バレるも何も敵である当の米軍は戦果をまるっと知っており 海軍が秘密にしたい対象は日本だというアホらしさ

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/08(土) 17:59:26.02 ID:DUyGVyIPO
結果論だけど敵空母殲滅だけを目標にしていれば魚雷→爆弾→魚雷なんて敵に塩を送る事態にはならなかったんじゃないの?
真珠湾だって戦術的には成功だったかも知れないけど空母より無事生還は世紀の大失敗でしょ
つまり太平洋戦における帝国海軍の戦略的勝利は一度も無かった

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/11(火) 19:38:11.76 ID:7/ykCesJ0
我が海軍機動部隊は少なくとも初期は無敵のような扱いだが実際には機動部隊同士の戦いは初期から苦戦苦戦の連続だった
珊瑚海海戦 ミッドウェー海戦 第二次ソロモン 南太平洋海戦と、米軍がまだ苦しい時期でもどれもこれも苦戦である
機動部隊が活躍したのは機動部隊がいない敵に対してであって同数の機動部隊が相手では楽勝などというものではない

五航戦が珊瑚海海戦で米機動部隊に大苦戦したのにその戦訓もそこそこに無敵艦隊のつもりでミッドウェーに出撃するそれは慢心に他ならない

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/17(月) 22:31:56.50 ID:FtBDMH0C0
>>14
日米機動部隊はいい感じにほぼ互角。
練度や運用は全体的に日本軍が優勢だが、ドーントレスの威力と米空母の耐久力が相殺。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/17(月) 16:27:55.59 ID:jKDLf8/V0
ミッドウェー作戦前の図上演習で宇垣がインチキ査定したことはよく知られたことで連合艦隊の慢心の表れと捉えられている
とはいえインチキ査定は真珠湾の図上演習も同じで真珠湾攻撃では日本の空母も3隻沈む結果を宇垣は取り消ししている
そして結果として実戦で空母は無傷だった

不利な結果が出ればやり直し これが常態化していたものと思われるし図上演習でどんな結果が出ようと作戦は決行される
ポートモレスビーやインパールもそうだし 何より対米戦争のシミュレーションで日本は敗北するとの結果が出ている

それでも戦争も作戦も強行されるのである

30: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/24(月) 13:26:43.47 ID:T3Z2KtJN0
ここで空母失ったけど、依然アメリカ海軍より戦力あって有利だったという事実

31: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/12/24(月) 22:42:21.59 ID:6oo/ThOO0
アメリカなら多少の損害はいくらでも挽回できるが、小国は戦前から蓄積してきた戦力を一度失うと回復出来ないからな~

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/10/03(木) 20:35:22.13 ID:ObZapj0E0
ミッドウェーでは日本海軍は最初から練度はともかく兵力は劣勢だった
向かい合った兵力は日本海軍約260機に対して米海軍は空母機動部隊約230機+基地航空約120機=約350機である
戦いの経緯を見ても終始米海軍が主導権を握っている
要するに劣勢なのに優勢と勘違いし無謀に突っ込んで当然のように負けた愚かな戦いであった

33: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/10/03(木) 20:40:37.86 ID:ObZapj0E0
珊瑚海で傷ついたヨークタウンが出てくるとは思わなかったというのも極めて見苦しい言い訳である
ヨークタウンが出て来なくても基地航空もあるので少し米海軍機の方が多い

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/10/03(木) 20:45:30.83 ID:ObZapj0E0
機動部隊にミッドウェー基地制圧と敵機動部隊撃滅の2つの任務を与えたのが失敗だとよく言われるが、それは要するに兵力不足でそうせざるを得なかったということである
元々無理な作戦だったのだ

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/02(土) 00:13:15.17 ID:WJRA8PhL0
敗戦の責任は、山本五十六にあり。
二兎を追う作戦に根本的に誤りがあり、南雲艦隊の指揮官に作戦の意図を十分説明しなかったのもいただけない。「言って聞かせてやって見せ、ほめてやらねば・・・」を実践していない。
事前の図上演習で失敗しており、あの時点で中止すべきだった。
真珠湾の成功は山本の功績で、ミッドウェイの失敗は南雲の責任というのはおかしいだろう。
また、山口名将説は私も反対。
飛龍一隻になった時点で、残存飛行機と搭乗員を回収してひとまず撤退すべきだった。無用に戦ってベテラン搭乗員と大事な機材を失った責任は大きい。もっともこれは作戦を中止しなかった山本の責任でもあるが。
とにかく、山本は過大評価され過ぎ。現場よりも海軍大臣が適任だったのではないか。

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/09/17(木) 12:28:56.89 ID:BK5XMaTW0
>>42
アメリカに唯一勝つ作戦は、早期決戦だとずっと訴えてたからそういった無理難題の決断になったんじゃないの?
戦争長引けばそれこそ本土決戦で国自体が滅んでたでしょ

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/05(火) 21:45:55.78 ID:Lo/+SEfw0
一応戦藻録には失敗の原因として、程度に関わらず作戦漏れの可能性、敵情偵察不十分、意外の大兵力をもって空母の弱点をつかれた、空母集団使用の欠点に乗ぜれた、進行正面が広すぎたとなってるけどね
まぁぶっちゃけ利根4号機の情報を精細してない利根幹部が一番まずいでしょ
おかげで米空母の位置に対する認識を誤ってるし

『戦藻録』(せんそうろく)は、宇垣纏が記した陣中日誌。副題は「大東亜戦争秘記」。 日本海軍作戦の第一級史的資料、戦争文学とも見られる。


46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/05(火) 22:48:07.19 ID:MSTPp2x+0
利根もあれだけ飛行機積んでて何しとんねんですかというところですよね。

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/06(水) 00:26:52.74 ID:P4Y5Diw40
>>46
というより利根4号機は敵艦発見時敵針を角度で表してることから相当近く担任索敵線付近で敵を発見してるはずなのに報告された敵艦位は利根4号機の担任索敵線から大きく外れてる
しかもその後筑摩5号機が利根4号機が見つけた敵の位置を正確に通報してるのになお利根4号機の報告に疑問を持ってないあたり利根幹部の不手際が目立つ
ミッドウェー海戦

午前4時28分(7:28)、利根の4号機(機長は偵察員の甘利洋司 一等飛行兵曹、操縦員は鴨池源 一等飛行兵、電信員は内山博 一等飛行兵)は赤城の南雲機動部隊司令部に対して「敵らしきもの10隻見ゆ、ミッドウェーより方位10度、240浬 (南雲機動部隊から200浬)」と発信した。草鹿参謀長によれば、利根4号機の報告を南雲司令部のある赤城が受信したのは午前5時(08:00)ちょうどと述べている。

一方、戦闘詳報(功績調査用に書き直されたもの)では、午前4時45分(7:45)に魚雷から陸用爆弾への兵装転換を一時中断したとあり、南雲司令部は発信から約10分後に受信したという意見もある。この位置報告はずれており、実際の米艦隊の位置は160kmも南であった。
新規に搭載した機体であったため、コンパスの自差修正ができず、コンパスに10度のずれがあった為という意見もある。この位置情報の錯誤は南雲の判断に極めて重大な影響を及ぼした。


60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/09/19(土) 16:35:52.44 ID:PMJmkbz70
>>47
利根としては自分とこのが間違いで筑摩が正しいなんて報告出せるかって事。
デタラメでも辻褄は合わせておかないと。

貴方の会社でも似たような事やってるでしょうが!

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/10/04(日) 07:39:30.31 ID:LvP/Wjj90
>>60
なるほど。

48: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/07(木) 22:45:49.73 ID:EVcDnUcG0
索敵の計画の総指揮はどの艦がやってたのでしょうか。

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/05/08(金) 01:28:03.03 ID:yEbg/YyU0
>>48
索敵線の決定をしたのは南雲司令部
利根4号機の報告は南雲司令部や第八戦隊の利根で受信されてる
そしてその報告場所は利根4号機の索敵線付近ではなく筑摩5号機の予定索敵線付近
この時点で少しおかしいのに両司令部とも精細してない
南雲司令部はその後の天候報告で利根4号機の報告は正しいと信じてる
そして索敵機帰還後は索敵機が機上で作成した図版の報告がなされ精細される決まり
このことは利根4号機帰還後第八戦隊司令部が利根4号機報告位置であるミッドウェーから距離260浬の地点を修正して240浬として南雲司令部に報告してることからも明らか
これらから帰還後の図版チェックで利根幹部は利根4号機の報告がおかしいことが分かったはずなのに精細せずミッドウェーから距離240浬とか言うよく分からない修正してるから利根幹部の怠慢がひどいという話

133: 名無しさん@お腹いっぱい。 2023/02/11(土) 14:20:15.01 ID:vVXeWrbK0
どちらかというと勝ちでは


no title

no title

134: 名無しさん@お腹いっぱい。 2023/02/22(水) 15:46:25.70 ID:0FdxxJak0
>>133
戦果がエンタープライズとホーネットで実際に沈めたヨークタウンじゃないのはヨークタウンは珊瑚海海戦で沈めた事になってるからだろうな 一応整合は取っていたんだ

この後はじゃんじゃんバリバリ沈めてたからゾンビ艦続出で同じ艦を何度も沈めても気にしなくなったようだが

引用元: ・ミッドウェイ海戦・反省会