1: 世界@名無史さん 2014/11/13(木) 01:14:48.20 0
○○が作者のこういう本を読んでみたい、という要望は、世界史版のあちこちで見ます。
そこで、皆さんが編集者になったと仮定して、書籍の企画をあれこれ立ててみませんか。

単純に「こういう内容の本を出してみたい(読んでみたい)」から、共著の場合の章立て、各章の著者まで詳細に詰めたものまで、いろいろとあげてみましょう。









4: 世界@名無史さん 2014/11/15(土) 16:36:41.94 0
岩波文庫から、サンスクリットの古典でハルシャヴァルダナ王が主人公の『ハルシャチャリタ』

歴史書がないとされる古代インドにあって、珍しくシュンガ朝以降の歴史情報が入っているらしい

5: 世界@名無史さん 2014/11/16(日) 21:20:42.25 0
カシュミールの歴史書『マハーヴァンサ』もほしい

それからタバリーの『預言者と諸王の歴史』、バラーズリーの『諸国征服史』、イブン・アルアスィールの『完史』、誰だったかの『黄金の牧場と宝石の鉱山』も岩波文庫で

6: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 01:03:51.06 0
カシミールの歴史書はラージャタランギニーじゃないの?
意味は大史なの?

9: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 09:18:51.01 0
>>6
セイロンの歴史書だったかも

8: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 08:08:31.54 0
ビザンチン帝国衰亡史

ギボンが軽視したヘラクリウス朝や、エピルス公国・トレビゾンド帝国もちゃんと記述する

10: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 09:20:46.13 0
十六国册記と十国春秋と南明史を訳註して東洋文庫へ投入

11: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 23:03:27.33 0
ビザンツ研究者井上浩一の確か学位請求論文「ビザンツ帝国」(岩波書店)
1982年の出版で古いとはいえ、今もって基本的な文献だと思う
新書ででていた「生き残った帝国ビザンティン」じゃなくて、こっちを講談社学術文庫に入れるべきだった。

ケネス・ポメランツの「大分岐」の翻訳は無理だろうな。新刊のグローバル経済の誕生: 貿易が作り変えたこの世界 (単行本)
2013/8/22が出てしまった後じゃ。。。。

44: 世界@名無史さん 2015/06/03(水) 21:41:36.17 0
>>11
ケネス・ポメランツの「大分岐」、出版されたね

12: 世界@名無史さん 2014/11/17(月) 23:52:48.77 0
アターマリク・ジュワイニー著、北川誠一校訂『世界征服者の歴史』
ラシードゥッディーン著、杉山正明校訂『集史』

13: 世界@名無史さん 2014/11/18(火) 22:43:11.16 0
セム語の歴史(仮題)

第一章 セム語の特徴
第二章 セム語の歴史
第三章 セム語研究史
第四章 現在のセム語研究

企画の意図:インド・ヨーロッパ語に関する特徴や歴史・研究史を扱った書籍は日本語でも多数出版されており、古代アッカド語や古代ヘブライ語などの個別の古代語の書籍は出版されているものの、古代アッカド語や古代ヘブライ語から現在のアラビア語・ヘブライ語に至るセム語の特徴や歴史を一貫して叙述した専門書・概説書は本邦には存在していないのが現状である。その状況を払拭し、日本の読者にセム語の認識を広めることと、今後の研究者育成を目的として、ハードカバーの専著を出版する。同時に、一般読者への普及版として、読物的な内容の新書を出版する。

販売先:専著は主に大学の研究室、大学図書館、公立図書館、新書は全国書店
経費:(略)
売上見込:(略)

14: 世界@名無史さん 2014/11/19(水) 20:44:45.46 0
インド・アーリア諸語の歴史の本も欲しい

15: 世界@名無史さん 2014/11/24(月) 19:44:11.17 0
17世紀のフランス人冒険商人ジャン・シャルダンの著作第四部の翻訳を出して欲しい
第四部は次の内容らしい

ペルシア人の政治、軍事、文治制度

第一章 ペルシア人の政治に対する考え
第二章 政府の性格
第三章 政治的経済
第四章 王国の軍隊と軍事訓練
第五章 官僚
第六章 土地制度
第七章 王の収入
第八章 財政
第九章 書記官と玉璽尚書
第十章 宮廷の豪華さについて
第十一章 王の称号
第十二章 王妃たちの館
第十三章 女性の近づくことの禁
第十四章 宦官
第十五章 聖職者組織
第十六章 裁判、公民法
第十七章 刑法
第十八章 警察
第十九章 ペルシアでどの宗教が迫害されているか

17: 世界@名無史さん 2014/11/24(月) 23:47:14.23 0
タバリー、ジュワイニー、集史、マスウーディー・・・・
岩波とかちくまで文庫で出したら、全部で一体何巻になるのか見当もつかない・・・

30: 世界@名無史さん 2014/12/02(火) 23:05:16.76 0
数字でみる西洋史
数字でみる中国史

人口、平均寿命、平均伸長、役人の数、各合戦での兵士の数、その時代の一番高い建物の高さ、労働者の賃金、物価、予算に占める国債の割合、人口密度、主要都市間の交易や通信にかかる日数、都市の大きさ、耕地面積、奴隷の割合、税金の割合、平均的家族の人数、吉・不吉とされていた数、農民の家の大きさ、都市民の家の大きさ、識字率、などなど、史料に登場している数値や、遺跡などの実測地、学問研究で明らかとなった数値など、古代から前近代までの様々な数値を集めて解説する小ネタウンチク本

31: 世界@名無史さん 2014/12/05(金) 21:38:15.24 0
歴史上の衣服の実物生地再現カタログが欲しい

カーテン売り場とか建築屋さんに、カーテン生地や壁の内装の見本カタログってあるよね。
あれの歴史版が欲しい。古代ローマのトガの生地とか、普段着の麻布や、17世紀イギリスにインドから流入したキャラコとか、中世ササン朝の錦、ダマスク織とか、ルネサンスフィレンツェの毛織物とか。特に貿易の武器となった近世イングランドの毛織物や、フィレンツェ毛織物、イギリスの綿産業の打撃を与えたインドのキャラコと、打撃を受けたイギリスの綿など、同じ綿でもどこが同違うのか、古代中国人の普段麻布と古代エジプト人の普段着麻布とどう違うのか、など、再現生地をつくって、同じ綿でもどうちがうのか、同じ麻布でもどう違うのか質感などを感じてみたい。

32: 世界@名無史さん 2014/12/05(金) 21:48:36.69 0
リシュリューの織物見本集のパワーアップ版か、コストが掛かるね。

35: 世界@名無史さん 2014/12/07(日) 17:57:05.65 0
中公新書 物語パンジャーブの歴史
明石書店 パキスタンの歴史

37: 世界@名無史さん 2014/12/31(水) 23:35:53.66 0
物語グルジアの歴史

39: 世界@名無史さん 2015/01/10(土) 22:46:46.55 0
中国北方民族の図説歴史本

匈奴から満州族まで、中国北方で活躍した民族の生活、衣装、軍装などを遺物やイラストで解説した本が読みたい

40: 世界@名無史さん 2015/05/02(土) 17:26:31.94 0
>>39
萌えな制服図鑑のノリなら需要は見込める

41: 世界@名無史さん 2015/05/02(土) 19:09:40.22 0
そもそも絵がたいして残っていないんじゃないの?
だから絵のリメイクのしようがない。

45: 世界@名無史さん 2015/06/30(火) 06:43:33.21 0
中国農業技術史をあつかった『中国農業史』(フランチェスカ ブレイ)という本があるが、こんな感じの内容の『世界農業史』が欲しい

36: 世界@名無史さん 2014/12/10(水) 17:05:12.25 0
売れないので出版しちゃいけない本を企画するスレだな

引用元: ・書籍を企画するスレ