41IqvgsD2rL


1: 人間七七四年 2015/08/03(月) 00:02:17.20 ID:0atYOQEP
一般的には無能、暗愚、愚鈍と言われている広島の大名








2: 人間七七四年 2015/08/03(月) 04:08:13.30 ID:Y0aoGyDU
毛利輝元って関ヶ原の戦いの後何やってたんですか?

3: 人間七七四年 2015/08/03(月) 08:46:05.46 ID:SBZgeYO2
戦国時代に大大名として生きていたけど、
いい意味での存在感が皆無

5: 人間七七四年 2015/08/04(火) 20:22:19.21 ID:onqPRF2r
関ヶ原の総大将がこいつなことは一般人の98%が知らなさそう

9: 人間七七四年 2015/08/05(水) 09:55:03.62 ID:z+PO3f9J
毛利輝元と武田勝頼は被る

12: 人間七七四年 2015/08/05(水) 23:00:35.49 ID:EHicfGYn
先代の勢力維持出来なかったというだけで性格的にはむしろ真逆じゃないのか
勝頼が輝元だったら関ヶ原時迷わず自ら出陣しただろう
それ以前に三成と組む姿が想像出来ないが

13: 人間七七四年 2015/08/07(金) 03:33:13.20 ID:tnKxaV8X
何を言ってんだよ。
一方は家を潰して、一方は末代まで家勢を保った。(五大老、国持大名、公爵)

15: 人間七七四年 2015/08/07(金) 11:08:38.96 ID:2yqiXXav
120万石→38万石の輝元を擁護出来んわ

17: 人間七七四年 2015/08/09(日) 08:27:17.34 ID:OQ3K8DsQ
>>15
本来は改易だもんな
吉川のおじちゃんが頑張ったから、生き残れただけ

19: 人間七七四年 2015/08/09(日) 19:04:05.99 ID:74VWP+Mq
>>17
逆だろ
吉川が変な事しなかったら、関ヶ原で西軍が勝ってた。

22: 人間七七四年 2015/08/09(日) 22:12:01.91 ID:rF7mOSiY
>>19
吉川は元就の遺言を忠実に守っただけ
毛利家にとっては秀吉の遺言より元就の遺言の方が重要なのは当たり前
輝元が安国寺に騙されて遺言を破ろうとしたから止めただけで責められるいわれはない

30: 人間七七四年 2015/08/11(火) 19:13:06.78 ID:dqEtsFlj
>>22
元就の遺言ってさ、よく言われるけど「天下を狙わずに自領に専念せよ」ってのは自国を守る事を優先しろって話で外交に消極的になれって事じゃないよね?
輝元はそこ勘違いして、時代に対して臨機応変に対処出来てない
あんなに広大な国力あったのにね
結局ごっそり領土奪われて、大好きな元就公の努力台無し。毛利からしたら関ヶ原も勝てない戦いじゃなかったのに

31: 人間七七四年 2015/08/11(火) 19:41:26.39 ID:8wQ5baPO
>>30
ムリムリ。畿内もまとめられない内に岐阜落とされてあの時点でもう詰んだ。

20: 人間七七四年 2015/08/09(日) 20:19:09.65 ID:/EzbXcfL
例え西軍が勝っても、雄藩が幾つも生まれ政権が崩壊し毛利が最初に潰れることは目に見えてる。

東軍寄りの傍観策を決めた吉川は最高の軍師だと思う。

25: 人間七七四年 2015/08/10(月) 21:41:31.25 ID:Rpdul7Qy
輝元は決戦後に減封されることを予期してなかったのか?
決戦に参加せず大阪城にも篭らずおめおめと減封されたのが情けないんだが

29: 人間七七四年 2015/08/11(火) 17:30:10.53 ID:8wQ5baPO
>>25
つか近衛前久が息子に当てた書状で、大阪城撤退の時既に「表向きは所領安堵ということになっているが、実際は減封で決着してる」ってはっきり書いてる

42: 人間七七四年 2015/08/12(水) 17:47:44.72 ID:dP6aK6Ho
毛利輝元は大坂城を毛利元康なり小早川秀包なりに任せて、家康と同じように自ら前線指揮をするべきだった。

現代の会社でも勝負所で前線に出られないトップは、最後には会社を潰す。

43: 人間七七四年 2015/08/12(水) 19:08:32.39 ID:8lbm1Qo/
>>42
西軍が家康はもちろん東軍の動向すら全く把握できてない以上、総大将の輝元が大阪城を動くのは悪手以外の何物でもない

56: 人間七七四年 2015/08/15(土) 18:11:52.73 ID:tyfYJAZE
戦略や戦術以前に、西軍は京極が裏切ったり小早川が厭戦したりとボロボロすぎたな。
将が揃わなければ戦闘なんて無理だわ。
織田家も毛利家も敗れるべくして敗れたって事だな。

57: 人間七七四年 2015/08/15(土) 21:20:25.58 ID:iA9VfPRp
輝元に戦略眼もなければ人望もないから、みんなバラバラに動いて空中分解したのが実態
器じゃなかったって事だな

江戸史観で石田三成に担がれたとか、石高も地位も圧倒的に低い三成に使われたってそれはそれで擁護にもならない情けない話

252: 人間七七四年 2017/03/26(日) 08:47:20.74 ID:z2FtQkKL
家臣の奥さんを横取りしてその家臣は死を命じるとか鬼畜すぎるだろ
毛利輝元

側室の二の丸殿が幼少の頃に広島の児玉家門前で遊んでいたのを通りがかりに目に入れたのをきっかけに大変気に入り、その後しばしば児玉家を訪問する始末であった。二の丸殿の父である児玉元良はこの輝元の態度を快く思わずに二の丸殿が12歳になると周防国の杉元宣の嫁に出したが、天正17年(1589年)に元宣を殺害して二の丸殿を奪ったという逸話が『古老物語』に収録されている。


253: 人間七七四年 2017/03/28(火) 12:58:42.89 ID:cmU+MzVK
三代目はあかんと言うけど…元就爺ちゃん、草葉の陰で泣いとるな
隆景にまた折檻されたら良かったのに

254: 人間七七四年 2017/03/28(火) 22:26:31.60 ID:JYXzD0m1
隆景の怨霊の折檻が死因だったり

256: 人間七七四年 2017/03/31(金) 13:03:30.61 ID:eSXCEB5T
横取り話を聞いた時の品行方正な隆景の心中を察するわ
怨念有ってもおかしくないw
児玉某の名刀をパワハラで奪った話もあったよな~
本当クズじゃわ

257: 人間七七四年 2017/03/31(金) 15:29:00.10 ID:I8/01WBV
児玉家は大変だったんだな。

まあ、後世で児玉源太郎という偉人を出したから、報われたかな。

262: 人間七七四年 2017/11/02(木) 19:52:29.73 ID:FKeqj0U+
まあ輝元もたいへんだよな。
こんなヤクザみたいな爺さんや叔父さんたちに囲まれて…

268: 人間七七四年 2018/08/24(金) 18:54:08.76 ID:+nMLV60g
諦めが悪かったのか二股かけたのかしらんが、大坂の陣の佐野道可入城問題は酷すぎる
上杉なんか徳川のために奮戦したのに
内藤 元盛(ないとう もともり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。毛利氏の家臣。別名は佐野道可。毛利輝元の密命を受け、大坂の陣で豊臣方として参戦した。

慶長19年(1614年)、大坂冬の陣が勃発すると毛利氏は徳川方に従って参陣するが、毛利輝元と執政の毛利秀元の密命を受け、名前を佐野道可と変え、軍資金と兵糧を持参し大坂城に入城する。しかし、慶長20年(1615年)、大坂夏の陣において豊臣方は敗北し滅亡。道可こと元盛も毛利氏一門であることが露見してしまう。

江戸幕府の厳命を受けた毛利氏の厳しい捜索により逃亡中に京都で捕縛される。元盛は、取調べの担当である大目付の柳生宗矩に対し、あくまで豊臣氏に恩義を感じての個人的な行動で、主家とは関係ないと主張する。元盛の2人の息子元珍・粟屋元豊も父が勝手に取った行動と主張したので、幕府も毛利氏の陰謀を追及することができなかった。同年、元盛は山城国桂里大藪村鷲巣寺にて自刃し、事件は一応収束する。

ところが、事情を知る息子の元珍・元豊は、幕府の追及を恐れる輝元らにより密かに自刃させられる。これに激怒した綾木の大方(隆春の娘で元盛の妻)は輝元の振る舞いを非難するが、輝元は元珍の子・元宣を幽閉して、家名存続の約束を反故とした。このため、内藤氏はいったん断絶する。


270: 人間七七四年 2018/08/25(土) 13:00:21.67 ID:0iTwmZsJ
輝元は家康以上に野心に溢れているけど、そのために自分の命を賭けることができない人間だと言える
だから色々と謀略を仕掛けるけど、少しでも身の危険を感じると諦めてしまう
何のリスクも負わずに野心が成就することはありえないから無能と言えばそうなるな

272: 人間七七四年 2018/08/25(土) 21:50:44.02 ID:ngOOtXFz
子ができないから秀元を養子にした後家臣の嫁を強奪し子を産ませる
関ヶ原がなかったらどれくらいのお家騒動になってたんだろうか

273: 人間七七四年 2018/08/26(日) 21:09:44.99 ID:ZZ1Nih+s
騒動というほどではないが、関ヶ原前、家督を外れた秀元に毛利領のうちどこを分与するかで輝元の家中調停が不調に終わり、家康の介入を招くことになった

304: 人間七七四年 2022/10/21(金) 21:55:04.16 ID:6oFtIMDZ
関ヶ原は家康より輝元の選択のほうが歴史を動かしてる感がある

305: 人間七七四年 2022/10/22(土) 20:46:28.93 ID:mcbvlGbA
そりゃあ西軍の挙兵によって豊臣政権が完全に崩壊したわけだしな

308: 人間七七四年 2022/10/23(日) 07:52:26.10 ID:tHIMHZ14
潰されるのが嫌なら自分で戦えという話でしょ
毛利や上杉のように家康と戦う気がないのに口先だけは勇ましい大老は豊臣にとっても諸大名にとっても有害だよ

309: 人間七七四年 2022/10/23(日) 09:47:16.90 ID:hhlc3cZz
豊臣家は家康に天下を簒奪された挙句滅ぼされたというよりは、輝元の野心と敗北の巻き添えで無力になった挙句実質秀忠に滅ぼされたと言ったほうが正確そう
家中の運営に当たっていた家臣が関ヶ原の結果片桐以外全滅したから摂津河内和泉の経営すら幕府の代官の手伝いなしじゃできない有様になったしな

311: 人間七七四年 2022/10/23(日) 21:31:29.60 ID:hhlc3cZz
双方同意の上での減封でしかもそれでもかなり甘い処分なのに、戦後に「本領安堵のはずが家康に騙されて減封された。おのれ狸親父」みたいなことをこの期に及んで言えるのはさすがに面の皮が厚すぎる
関ヶ原は輝元が敗者なのに勝った家康のほうがよっぽど振り回されてるような

313: 人間七七四年 2022/10/24(月) 19:17:39.36 ID:mDnuWsuf
殿下末期の誓詞を家康は内心なんとも思ってないけどいかにも誠実そうに受けたとか昔言われてたけど、実は家康は誓詞を後生大事にしててその陰でいかにも誠実そうに誓詞を交わしたけど内心では尻拭く紙とも思ってなさそうなのは関ヶ原やその後での動向見るかぎり輝元や景勝だろう

314: 人間七七四年 2022/10/25(火) 06:48:43.52 ID:u7rhidI4
殿下は最悪家康さえ掣肘して味方につけておけば体制維持できると考えてそう
なお体制崩壊させたのは家康ではなく輝元だった模様

316: 人間七七四年 2022/10/28(金) 10:31:58.09 ID:e+E23rfz
輝元はあの世で秀吉に会ったら「瀬戸内海沿岸地域全部くれたら家康にも対抗できたし、そしたら豊臣も滅ばなかったかもしれないのになー」とか平然と言いそう

321: 人間七七四年 2022/11/02(水) 06:54:28.33 ID:NsMC1u3a
>>316
それ位の事をいけしゃあしゃあといえる人間こそ、戦国時代を生きた大名らしいけどな

317: 人間七七四年 2022/10/28(金) 23:52:28.00 ID:hphrG5hR
いや西軍勝ってたら毛利も豊臣の家臣で大人しくしてる可能性低いだろ
史実の関ヶ原でも四国に軍勢派遣し大友残党支援して野心ありまくり
西軍勝ってたら伊予、讃岐ゲット
大軍を九州に派遣、黒田加藤では勝負にならず降伏
全国一の勢力が今度は第二の徳川になるだけ

318: 人間七七四年 2022/10/28(金) 23:57:36.74 ID:hphrG5hR
関ヶ原で西軍勝ってたら論功行賞で毛利は破格の領土得るだろ四国、九州の東軍領土取って豊臣凌ぐの確実
徳川がやったように全国の東軍領土没収して譜代配置
言う事聞くわけ無いじゃん

320: 人間七七四年 2022/10/29(土) 19:50:18.88 ID:Oa5vHySQ
秀次殺した時点でどっちにしろ滅ぶ運命だったんだな

322: 人間七七四年 2022/11/05(土) 22:14:30.17 ID:lWdJcXKE
長宗我部に出した安堵状で「本来の領土」を安堵する云々みたいな内容なんだがこれ長宗我部は四国=本来の領土と思ったかも知れんけどホントは土佐一国を安堵しますよ、みたいな騙し文的性質があるとか云々。輝元はなぁ…悪名高い。

324: 人間七七四年 2023/01/26(木) 15:11:28.85 ID:mlGK1AH1
>>322
伊予取る気満々で河野、村上差し向け、讃岐阿波も占領
長宗我部に譲るとは思えないね
伊予あげたら毛利に協力した河野、村上残党納得しない

325: 人間七七四年 2023/01/27(金) 14:40:13.33 ID:9Jjd9n58
仮に挙兵が上手く行っても絶対火種になるぞ四国…

327: 人間七七四年 2023/03/09(木) 22:57:22.13 ID:BFiwOnom
父と叔父の両川が祖父(1497~1571年)くらい長生きしてりゃ
隆元1563→1597年没、元春1586→1604年没、隆景1597→1607年没
これなら元就存命中に、尼子残党と大友両方纏めて片付け、更に勢力拡大や、織田などを打倒して天下統一も狙えたかもだが、隆景が死ぬ前に、安定政権作っとかないと不安

引用元: ・毛利輝元



毛利輝元:西国の儀任せ置かるの由候 (ミネルヴァ日本評伝選)
光成準治
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 482,696