61MEobMLG8L._SY466_



1: 人間七七四年 2019/02/10(日) 15:55:20.88 ID:0/woDek9
乱世の華、高橋紹運の子に生まれ、雷神と呼ばれた養父・道雪の跡を継いだ男
忠義剛勇鎮西一、西国無双など様々な異名を持つ
戦国のサラブレット・立花宗茂を語りましょう。







3: 人間七七四年 2019/02/10(日) 16:09:34.73 ID:0/woDek9
■諱の変遷

千熊丸(ちくままる)→高橋統虎(むねとら)→立花統虎(むねとら)
→鎮虎(しげとら)→宗虎(むねとら)→宗乕(むねとら)→正成(まさなり)
→親成(ちかなり)→政高(まさたか)→尚正(なおまさ)→俊正(としまさ)
→宗茂(むねしげ)→立斎宗茂(りっさいそうも)

■出生地・血筋

現在の豊後高田市にあった筧城と言われている。
宗茂の実父・紹運は吉弘鎮理であり、紹運の父は豊後の三老の吉弘鑑理である。
吉弘家の人間である。

4: 人間七七四年 2019/02/10(日) 19:45:38.69 ID:kj0OfUko
戦国時代。

籠城戦(の籠城する側)に強いのは、この人と中村一氏ではないかと思うんだがどうよ?

5: 人間七七四年 2019/02/28(木) 23:45:16.50 ID:j7aOJGoQ
>>4
真田昌幸

15: 人間七七四年 2019/03/08(金) 21:25:16.45 ID:SOxlu1e/
5年くらい前の加来は宗茂が間に合ったら関ヶ原は西軍の勝ち!と言っていたのに、昨日はトーンダウンして関ヶ原は一日で終わらず膠着しただろうみたいなこと言っていた

16: 人間七七四年 2019/03/09(土) 07:41:55.97 ID:1/rqqalo
>>15
>関ヶ原は一日で終わらず膠着しただろうみたいなこと言っていた

実際にそうなったと思う。黒田如水もそんな予想をしていたみたいだが。

17: 人間七七四年 2019/03/09(土) 07:48:08.10 ID:1/rqqalo
とはいえ島左近が戦死していたから西軍の戦上手は立花だけになるのでは?
東軍には本多平八郎忠勝や後藤又兵衛がいるからやっぱり東軍が勝ったような気もするがどうなんだろうね?

18: 人間七七四年 2019/03/09(土) 09:05:56.59 ID:AOdDKcvD
そもそもあの他力本願でグダグダな西軍で立花宗茂にやる気があるのかどうか
史実の宗茂は自分から西軍に付いたの?それとも上杉征伐の途上で無理やり組み込まれたの?
宗茂が自分から西軍に付いたなら宗茂も西軍首脳のアホのように蜂起したら上杉征伐軍が自壊すると夢想してたの?

20: 人間七七四年 2019/03/09(土) 10:12:49.43 ID:2UxH3JpE
宗茂が属した大津攻城軍は末次元康、小早川秀包と言った毛利の中でも強硬派
夢想せず豊臣への忠義で宗茂は行動したと加来は言っている

25: 人間七七四年 2019/03/09(土) 13:30:46.02 ID:+IXMo2WD
最近の流れだと単純に豊臣への忠義ってのは厳しいよなあ
これが最後の大戦と読んでより前線で暴れまわれそうな選択をしたとか…

37: 人間七七四年 2019/05/17(金) 08:32:00.51 ID:MdsjM5xA
どうも俺の家の目と鼻の先に江戸立花藩屋敷があったみたいだから、これから実地検分に行ってくる。

38: 人間七七四年 2019/05/17(金) 14:04:30.14 ID:UtEMY6b4
>>37
期待して待っていいだろうか

39: 37 2019/05/17(金) 15:06:23.24 ID:MdsjM5xA
行ってきた。往時を忍ばせるものはないけど、とんでもない広さだったぞ。
全部回るとしたら自転車でも30分はかかる。
ほとんど屋敷というより一つの町だな。近くに松前の屋敷跡とかもあったけど、問題にも何にもならない。しかも遊郭吉原と場所的に隣あってるな。
さぞやいいお客さんだったに違いない。ちなみに宗茂の遺体って最初、今の台頭区役所があった場所に埋葬されたんだな。知らんで通過していたw

40: 人間七七四年 2019/05/17(金) 15:18:37.45 ID:nH85bSJc
立花藩屋敷って御徒町のところじゃなかったっけ。吉原からちょいと離れてると思うけど

41: 人間七七四年 2019/05/17(金) 20:38:23.01 ID:MdsjM5xA
>>40
立花屋敷には上屋敷、中屋敷、下屋敷とあるんだ。

43: 人間七七四年 2019/05/26(日) 09:36:18.09 ID:SGh8az2V
上野駅の近くに宗茂の母の菩提寺の宋雲院や、立花屋敷にあった太郎稲荷は現存してるね

82: 人間七七四年 2019/08/12(月) 23:49:17.47 ID:ONevHlcW
no title

参加する人いる?

83: 人間七七四年 2019/08/13(火) 09:04:16.80 ID:7gAhr7Vs
そもそも道雪会って何ぞ?

84: 人間七七四年 2019/08/13(火) 10:34:51.12 ID:hGjzVsx+
立花公の遺徳をたたえるのでござろう

86: 人間七七四年 2019/08/13(火) 11:00:50.09 ID:hafnK6KU
>>84
道雪は立花名乗ってないから

85: 人間七七四年 2019/08/13(火) 10:59:40.08 ID:hafnK6KU
>>83
立花山付近の郷土史家集団みたいなものかな
大きなホール借りて立花城の構造を九大の先生に講演して貰ったり柳川市とともに大河招致運動している
先日道雪かが県庁へ行き知事に大河実現の協力要請したニューステレビで見なかったの?
新宮町議会議員は道雪会に半分くらい加入しているから地方名士のサロンみたいな存在でもあるし
もしかしたら薦野米多比安武の傍系が古老としているかもしれない

130: 人間七七四年 2020/03/15(日) 22:21:41.70 ID:HjjQskHc
徳川家にスカウトしたのはホントに本多忠勝なの?

131: 人間七七四年 2020/03/15(日) 23:07:53.10 ID:BYUG6Aqs
実際に動いたのは土井利勝だったような…。
すまん記憶違いかも。

132: 人間七七四年 2020/03/15(日) 23:12:00.93 ID:HjjQskHc
本多忠勝と並べて、武勇鎮西一と賞賛された過去があるから、本多が誘ったとすればお話としては面白いだろうけど、やはり立花宗茂仕官は、忠勝以外だったんですね

133: 人間七七四年 2020/03/15(日) 23:35:49.66 ID:BYUG6Aqs
>>132
いやいや、うろ覚えでしかもソースも覚えてないレベルの話なんで、違うかもしれない程度にしといてくれ。
ただ、関ヶ原以降は本多忠勝と宗茂は交流あんまり無かったような感じのことを何かで読んだような気がするんだよなぁ。
つーか、立花宗茂は徳川の譜代連中とはあんまり付き合い無いような…。
大久保彦左衛門とか、あからさまに宗茂を嫌ってるし、しかもそれを公言してるし。

134: 人間七七四年 2020/03/16(月) 01:19:45.31 ID:tqRvom5F
譜代以外だと黒田長政と頻繁にやり取りしてたっぽいよね
長政に今後の取りなしをお願いしている宗茂書状も残ってるし
関ヶ原以降内府は秀頼衆の申し分には耳を一切貸さずに扱いが悪い
大坂城の台所で使う薪すら太閤様の残した金銀で買っている程だ
今は何事も本多佐渡と井伊兵部が取り仕切っているって話を黒田甲州から聞いたって小野和泉・由布惟次宛の書状にも書いてるし、長政から徳川内部の話を色々聞いてたみたいだな
まあ長政とのやり取りがどれ程の効力を持ってたかは微妙なとこだけど

135: 人間七七四年 2020/03/17(火) 15:46:39.50 ID:QxEsorFj
そもそも秀忠と仲良かったんでしょ
同じ関ヶ原に遅参した身としてかどうかは別として

136: 人間七七四年 2020/03/19(木) 01:31:15.95 ID:K6Eeec1z
秀忠と仲良かったのは丹羽長重だろ
秀忠と宗茂って関ヶ原前に接点あったんか?

137: 人間七七四年 2020/03/19(木) 08:57:56.07 ID:TfHUNvg3
関ヶ原前は無いに等しいんじゃないの?
徳川に仕官した後は大のお気に入りになったみたいだけど。

138: 人間七七四年 2020/03/21(土) 16:23:46.81 ID:fmSV+L6b
重用された近習の一人、ではあるだろうが別格な存在とは感じられんな
長重と扱い一緒だし

140: 人間七七四年 2020/03/21(土) 19:08:55.92 ID:ANWuVC0R
御書院組頭取ってのは将軍秀忠の警護局長みたいなもんで、信頼がないとなれません。

141: 人間七七四年 2020/03/21(土) 23:24:14.86 ID:fmSV+L6b
書院番頭たって何人も同役がいるわけだし

いきなり気に入られたとか信頼されたとかじゃなくて、与えられた仕事をコツコツこなして、秀忠にも徐々に信用されるようになったというだけの話じゃないのかな

142: 人間七七四年 2020/03/22(日) 07:15:20.20 ID:UF/y5rz8
そりゃ勿論そうでしょ。
しかし秀忠・家光とウマが合ったってのもあるだろう。

143: 人間七七四年 2020/03/22(日) 13:11:29.29 ID:v7cg/RRY
合戦譚好きな家光からは話をせがまれてたんじゃない?

145: 人間七七四年 2020/03/23(月) 07:06:52.32 ID:oMrDol6h
宗茂ってコミュ力高そうだし、合戦譚語るの上手そう。

149: 人間七七四年 2020/03/29(日) 11:24:30.06 ID:SNLIb81c
黒田から戻ってこなかった小物増時とは関ケ原の意見対立で喧嘩別れしたのか気になる
薦野 増時(こもの ますとき)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。立花氏の家老を務めて後に「立花三河守」の名乗りを許された。のち黒田氏の家臣となり黒田姓を与えられた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際に、増時は徳川家康率いる東軍の勝利と判断して、親徳川派の加藤清正や黒田如水との同盟を進言した。しかし宗茂や他の重臣は、「太閤殿下の御恩」を主張して西軍への参加を決定してしまい、増時は柳河城の留守を命じられた。

立花氏の改易が決まると、同家の家臣は他家に仕える者、宗茂に従う者など離散する事となった。増時は黒田如水から仕官を勧められる。新たに黒田氏が拝領した自分の故郷・筑前への帰国を希望していた増時は、旧主・道雪が眠る梅岳寺の墓守をすることを希望した。
そこで如水は増時の息子に父の旧知行と同じ4千石を授け、これとは別に、増時自身にも隠居料200人扶持が与えられる事となった。

以後、増時の系統は福岡藩家臣・立花黒田氏として黒田氏に仕え続けて、かつての主君の立花宗茂が再び柳川藩に封じられた後も、立花氏に復帰することはなかった。(黒田(立花薦野丹治)家文書に記載。)


151: 人間七七四年 2020/05/26(火) 09:11:52.42 ID:mJ3U4eLj
道雪会が軍師薦野増時と銘打った講演会を以前したけど、増時は宗茂の軍師的役割を担っていたの?

152: 人間七七四年 2020/05/27(水) 04:23:07.64 ID:uh8lU5bt
軍師のイメージは無いなぁ

153: 人間七七四年 2020/05/27(水) 05:41:44.38 ID:qBAFLcN5
軍師というより政治顧問みたいな感じかな?
軍事より政治に長じていたと思う。

155: 人間七七四年 2020/05/27(水) 22:53:11.74 ID:nzS8i2Rm
「慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いの際に増時は徳川家康率いる東軍の勝利と判断して、親徳川派の加藤清正・黒田如水との同盟を進言した[11]。」

ただし、ソースは軍記

156: 人間七七四年 2020/06/02(火) 03:24:25.27 ID:gOH3oYUR
その辺りの拡大解釈なのか道雪以前の立花が舞台になってる赤神さんの立花三将伝では軍師というか知将みたいな扱いだったよ
謀略政策じゃなく戦術寄りの軍師

157: 人間七七四年 2020/06/03(水) 08:58:16.77 ID:NiwVZ1t/
一度改易されたから重臣クラスから下っ端まで他家へ仕官することは珍しくない

158: 人間七七四年 2020/06/04(木) 13:31:07.74 ID:ou0EOn7s
宗茂は家臣とは隠し事なくよく話したというから家臣たちもいろいろな意見や戦略を披露することはよくあったんじゃないかな
宗茂が採用したかどうかは別として
一人の軍師の存在の有無よりそうやって家臣が意見を披露する場があったことが重要

159: 人間七七四年 2020/06/04(木) 18:21:59.73 ID:a38zRr9A
家臣の育成にも繋がるな

170: 人間七七四年 2020/12/19(土) 23:29:23.83 ID:DRAOi3fE
江戸時代最後の老中もここの庶家出身なんだよな、外様ながら何かと徳川と縁が深い一族

208: 人間七七四年 2021/11/06(土) 21:11:26.70 ID:DO3Yd3Ih
>>170

実質譜代だろ、台徳院殿様お取り立ての。

209: 人間七七四年 2021/11/14(日) 22:03:52.67 ID:BSOseMtm
いや譜代は言い過ぎじゃね?

177: 人間七七四年 2021/01/05(火) 18:54:30.14 ID:3unIeubL
九州の小藩なのに、一揆やお家騒動もほとんど無しで凌いだんだから大したもんだよ

181: 人間七七四年 2021/02/10(水) 23:08:20.21 ID:BnNWcIu0
福岡藩家老に立花弾正と名乗っている家系があるけどここと関係してたりするのかな

182: 人間七七四年 2021/02/13(土) 19:40:15.64 ID:h1KHQYme
立花家改易の時に福岡藩家臣になった立花家の元家臣で立花姓を許された薦野増時の子孫かな

183: 人間七七四年 2021/02/13(土) 19:45:43.70 ID:EU1z4w3O
>>182
外戚衆か、ご近所に仕官は珍しいな

184: 人間七七四年 2021/02/20(土) 01:46:03.72 ID:sunVru2l
薦野・米多比は元々筑前の土豪だし地元に里帰りした感じだろう

210: 人間七七四年 2022/02/01(火) 17:18:36.29 ID:G6XEZiNn
改易まで大友家に仕えた武将の仕官先にはあんまりなってないのかな

211: 人間七七四年 2022/02/26(土) 19:47:09.08 ID:hyv/ltP9
元は同僚だしそれを良しとしない人間もいただろうし
立花家も改易期間はあるのでその間に他家に仕えて恩恵を受けてたらさあ戻りますとはならんのもいるだろう

212: 人間七七四年 2022/02/26(土) 20:07:20.17 ID:ads9SRVr
ただ、早い段階で無嗣による田中氏除封改易は、宗茂にとっては思わぬ吉報に繋がりましたな

213: 人間七七四年 2022/02/26(土) 21:33:08.67 ID:hyv/ltP9
たしかに大きかったね

214: 人間七七四年 2022/02/28(月) 12:33:20.74 ID:uvVQWpXS
田中家を移動させてまで旧領復帰ってわけにはいかんからなぁ

216: 人間七七四年 2022/10/26(水) 06:28:59.18 ID:79l2ZMKo
最近の研究だと宗茂はそれまで一貫して親家康なのに関ヶ原で急に西軍について敗戦後は別に徹底抗戦なんて主張せずに釈明の使者送ってそれが帰ってきたら降伏し、改易後は何食わぬ顔で親徳川に戻って旗本からやり直すという経歴になるけどかなり太い性格してそうなのが伺えてすき

217: 人間七七四年 2023/01/15(日) 11:26:30.55 ID:3D8jt3bT
中々の傾奇者だよな

引用元: ・【紹運】戦国のサラブレッド立花宗茂総合スレ7【道雪】


61MEobMLG8L._SY466_