51xLc-JVJIL._SY445_SX342_









2: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:07:14 ID:cgaX
ヅケにしてたんやで

5: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:07:49 ID:zVD2
なんならシャリも赤かったやで

7: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:08:41 ID:cgaX
>>5
しかも一貫がデカいしな
おにぎり一個ぐらいあった

9: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:09:09 ID:OSri
生の寿司は当時ほぼなかったんよな

13: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:09:49 ID:u1nP
>>9
じゃあ今の東京寿司文化嘘やん

18: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:11:22 ID:OSri
>>13
徐々に変わっていったとしか
なんなら醤油つけるのも後発や
当時は調味した魚が基本だったから味がついてたため醤油につける必要なかったんや

12: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:09:44 ID:Dhi8
なぜ?
目の前は海やんけ

15: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:10:57 ID:g0E1
白身は酢で締める。
マグロは日持ちする赤身のみ、トロは捨てるか激安だから庶民の食べ物

17: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:11:07 ID:2xSc
マグロって猫マタギだったんじゃ…

25: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:12:17 ID:g0E1
>>17
それはトロの部分な
ねぎま鍋の鮪は当時安かったトロの部分を使ったとか

26: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:12:33 ID:4hCG
へい大将!サーモンひとつ

33: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:13:37 ID:OSri
>>26
時代によって変わっていったんだからそこを意固地になる必要もない気がするんだがな
江戸前のサーモンくってみてぇよ

31: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:13:00 ID:cgaX
イタリア料理といえばトマトやがヨーロッパでトマトを食べるようになったのは18世紀以降と言われとるしな
そんなもんや

34: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:13:55 ID:bMdX
>>31
スペインの統治時代に食いもんなさすぎて観賞用のトマトを食べ始めたとかビックリ情報や
トマト

ヨーロッパへは、クリストファー・コロンブスによる南米大陸発見によりもたらされ[17]、1519年にメキシコへ上陸したスペイン人エルナン・コルテスがその種を持ち帰ったのが始まりであるとされている[要出典]。

当時トマトは「poison apple」(毒リンゴ)ともよばれていた。なぜなら裕福な貴族達が使用していたピューター(錫合金)食器には鉛が多く含まれ、トマトの酸味で漏出して鉛中毒になっていたためである。鉛中毒の誤解が解けた後も、有毒植物であるベラドンナに似ていたため、毒であると信じる人も多く、最初は観賞用とされた。

しかし、イタリアの貧困層で食用にしようと考える人が現れ、200年にも及ぶ開発を経て現在の形となった。これがヨーロッパへと広まり、一般的に食用となったのは19世紀以降のことである。南ヨーロッパでは加熱調理用、北ヨーロッパでは生食用の品種が発達していった。


36: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:14:22 ID:g0E1
利根川にも鮭が遡上してたとかいうし、江戸前鮭もあったのかもな

37: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:14:44 ID:u6ej
>>36
は?!
うせやろ?!
釣り人やが信じられん??????

111: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:53:26 ID:Q1ue
>>36
戦前まで日本の鮭は寄生虫だらけやったから生では食べなかったやで

42: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:16:29 ID:3wMd
伝統的な日本食やないんよな

48: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:18:32 ID:Dhi8
>>42
まったく何百年何千年も変化がない食べ物って外国にもあるんか?

50: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:19:27 ID:ceYG
>>48
食材側が変わるからないやろな

55: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:21:44 ID:PGHm
>>50
ローマで重宝されとったあるハーブとかもう絶滅したしなあ

52: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:21:10 ID:cgaX
>>48
ビールやワインは古代からあるが当時のそれは今のものとは別物やしな

43: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:17:13 ID:g0E1
江戸時代からあるなら伝統的で良いような
なれ寿司はもっと昔からあっただろうし

45: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:17:48 ID:7mGC
基本的には現代の方が味は上やろ
ほぼ全ての料理に当てはまるはずや

56: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:22:04 ID:OSri
>>45
「昔ながら」を主張する店あるけど結局そうなんよな
ラーメンハゲも言ってる

51: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:19:43 ID:bMdX
保存方法・輸送手段・新品種…
まぁ変わらんほうが恐ろしい

53: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:21:13 ID:7mGC
一応鱧やウナギみたいな生命力高くて当時でも生きたまま輸送できた魚は当時でも品質はよかったはず

調味料とかがあれやが

58: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:24:39 ID:g0E1
>>53
鰻は江戸近郊でめちゃくちゃ採れたみたいやね
基本的には下魚で武士は食べなかったとか(こっそり食ってたやつはいたかも)

60: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:25:13 ID:PGHm
中世に出汁の概念が出来て江戸時代の安定成長の中で様々な調理法が編み出されたことでようやく世界でも戦える水準になった印象

62: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:25:58 ID:g0E1
豆腐百珍とか蒟蒻百珍とか食ってみたいよなあ
あと節約料理番付みたいなやつも

68: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:28:01 ID:g0E1
そういや武士はうなぎ食わねえはずなのに、切腹を忌避して関東では背開きとかいう話は嘘くせえな

70: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:28:32 ID:Qajv
>>68
土用の丑の日って平賀源内やったっけ

71: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:29:31 ID:CyDg
>>70
本来の鰻の旬は冬なんやけどどうにかして夏場にも食ってもらいたいとかそんな思惑で誕生したらしいわね

73: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:29:52 ID:g0E1
>>70
と、言われてるけど信憑性はないみたい
“う”しの日に“う”のつく物を食べると寿命が伸びますよ、っていう駄洒落らしいが

76: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:30:22 ID:iJQ3
絶対半分くらい悪くなってそうやけど、当時は胃腸も強そうだから平気なんかな

87: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:32:44 ID:cgaX
>>76
当時は寄生虫の感染率はほぼ100%やったろうな

88: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:33:18 ID:CyDg
>>87
まず農作物の肥料がアレやからな…

89: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:33:29 ID:ceYG
>>87
その辺にケツからサナダムシ垂れ流してる人とかいそう

109: 名無しさん@おーぷん 24/06/25(火) 18:51:56 ID:R415
関係ないけど、江戸のすしっておにぎりサイズだったから手で食ってたらしいな

引用元: ・江戸の寿司←これオーパーツじゃね?


51xLc-JVJIL._SY445_SX342_