政治

ドイツとかイタリア以外のファシスト党を考えたい

519X1119MBL


1: 世界@名無史さん 2015/08/27(木) 00:28:08.04 0
ルーマニアの大天使ミカエル軍団とか名前だけでかっこよすぎる

続きを読む

【政治】作家・評論家の八幡和郎「日本人は世襲が好き。リーダーに能力求めない文化がある 」

41c+S4PQyGL



1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/12/13(土)21:11:04 ID:qry
連載・世襲政治に未来はあるのか(4)
日本人は世襲が好き リーダーに能力求めない文化がある 作家・評論家の八幡和郎さんに聞く
2014/12/13 11:00

―― そもそも、日本の政界にはなぜこうも世襲が多いのでしょうか。一般には「地盤(後援会)」「看板(知名度)」「カバン(政治資金)」の「3バン」が世襲候補にはそろいやすいからだとされますが、他に何か背景はあるのでしょうか。
八幡:大きく4つあると考えています。まず、日本人は世襲が好きです。「親の仕事を継ぐということはいいことだ」という価値観がある。
例えば現職の国会議員が急死して、これまでまったく政治と無関係だった息子や娘が東京から地元に帰ってきて出馬を決めると、周辺の反応は「えらい!」となる。政治に限らず、日本社会一般に言えることです。
第2は、リーダーに対して「表面的なもっともらしさ」を重んじる一方で能力を求めない文化があるという点です。
源氏物語の光源氏が日本のリーダーの理想像だという笑い話もあるくらいです。光源氏の職は太政大臣、今で言う内閣総理大臣ですが、仕事ができる人物だったとは全く思えません。
いかにも容姿が立派で思いやりがあって、ある意味「かっこいい」。今の世襲リーダーにも通じるものがあります。能力よりも、リーダーには「もっともらしさ」や「みんなが納得する」「何となく好感を持たれる」といった要素が重要視されてきたわけです。
そういった要素を世襲の人は身につけやすい。見よう見まねで、それらしい雰囲気を出せるわけです。
例えば安倍晋三首相や小泉純一郎首相は、首相秘書や官房長官といった仕事を通じて「首相はどういう仕事か」を、大まかに知ることはできましたが、難しい環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉を自分で責任を持ってやるといった「実務」経験はきわめて乏しい。

特別な才能がなくてもスキル身につく職業に世襲多い

―― 政治家以外にも世襲が多い職業はあります。政治家とそれ以外の職業で共通点はありますか。
八幡:歌舞伎役者は世襲できますが、オペラ歌手は基本的にはできない。これは、一般的な能力があれば、特別な才能がなくても歌舞伎役者になれることを示しています。
日本の政治家にも難しいことはさせないので、後を継ぐためには「見よう見まね」でも何とかなる。そもそも要求水準が低い。
江戸時代は学者や芸術者、スポーツまで世襲でした。お茶やお花の家元も同様で、こういった職業に特別な才能が必要ならば、そもそも家元の制度は成立しません。「特別な才能」は求められていません。
3つ目は政党機能の不全です。本来であれば候補者を決めるのは政党の役割ですが、日本では個人後援会と政党がごっちゃになっている。
例えば小渕恵三元首相の後援会が持っていた現金や職員は、本来ならば恵三氏の死去後、いったんは自民党本部のものにならなければならない。
後援会の資金を親族が相続するのはおかしいし、秘書も自民党の職員でないとおかしい。ところが、実際は優子氏の個人後援会の資金や秘書として引き継がれている。

―― どうして党本部主導で恵三氏の後継候補者を決めることができないのでしょうか。
八幡:旧小渕恵三後援会の人からすると、秘書や資金がバラバラにならない形で「一括継承」してもらえるかが一番重要です。そのためには、組織が分裂するリスクを考えると、子どもを後継に立てるのが一番まとまりやすい。
そうなると、「世襲しかない」となるわけです。

自民党には地盤を継ぐ人を競争して決める仕組みがない
(以下、略)

詳細のソース
http://www.j-cast.com/s/2014/12/13223178.html?p=all

続きを読む

帝政を考え直そう

51cGYwDglyL




1: 世界@名無史さん
実質的に帝政を開始したのは、カエサル様です!
もう一度 現代に帝政復活はありえる事だと思われますか?
それまでのローマは、元老院の支配下にありました。
少人数の特権階級が、国政の舵取りをしているわけです。
まあ、制度自体はそれほど悪いものではない。
でも、どんな制度も運用しだいです。
カエサル様が、公的生活を始める頃、
大体、紀元前50年かそこらかな。
元老院は石頭の時代錯誤が、雁首を揃えていたのね。
しかも、ローマの覇権が広がる一方。
烏合の衆がピーチクパーチクしているのでは、国が危うくなる。
そこで、カエサル様は、打倒元老院を掲げたわけです。
でも、ただぶっつぶしただけでは、混迷グチャグチャになります。
そこで、より機能的な国政運営制度として、帝政を構築したわけです。
元老院主導の共和制との違いは、決定権を誰が握るか? でしょうね。
一人にしたわけです。
みんなで仲良く責任回避~、ではなくて。
ああ、語ると長くなる~~。

続きを読む

◆世界一成功した国はどこでしょうか?◆

51LNAWDwTLL



1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2001/11/17 17:59:00 ID:cZqBgdxF
国民の自由や生活水準で世界一成功した国はどこでしょうか?
自由国家、移民国家、多文化国家で国民の生活水準の高い国、オランダだと
僕は思うんだけど。


2001年のスレです。

続きを読む

民主国家は永遠なのか?

31GNbyzoqyL



1: 世界@名無史さん 2006/09/24 11:10:53
歴史は、国家が生まれ、崩壊していく過程である。
この世に永遠の国家などなかった。
しかし、民主体制の成立で、歴史は終わったと、フランシス・フクヤマは説いた。
実際、民主国家は政情が安定し、政情不安なのは独裁体制ばかりである。

もはや、先進民主国家では、戦争も革命も大恐慌も起きない。
40年以上、男女普通選挙レベルの民主体制を維持できた民主国家は、もはや崩壊することはないと言われる。

民主国家は本当に永遠なのだろうか?
人類は、民主体制を超える、政治体制をもはや創出することはできないのだろうか?

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ