写真

歴史的に貴重な写真を貼るスレ

51d7weKNsHL._SL500_ (1)



1: 名無しさん@おーぷん 21/08/17(火)12:40:45 ID:8Kbc
時系列はバラバラや、詳細もわからんものが多いから間違ってたらすまんな

no title


世界初の写真。1825年。

続きを読む

歴史上の画像をたらたら貼るスレ

51d7weKNsHL._SL500_



1: 名無しさん@おーぷん 21/05/28(金)11:02:21 ID:JrXj
ほないくで

続きを読む

【展覧会】幕末・明治の古写真展 建物にみる江戸東京

616bn4esllL



1: ニライカナイφ ★ 2018/08/06(月) 19:39:44.95 ID:CAP_USER9
■幕末・明治の古写真展 建物にみる江戸東京

9月2日まで、東京都千代田区一番町のJCIIフォトサロン。
ちょうど150年前に江戸は東京と名を変え、かつての江戸城は天皇のすみかとなり、周囲に明治政府の国家機関が配置された。

近代化という大きな変化の一歩を歩み出した東京の街の姿を、明治政府の庁舎を中心に学校や金融機関、ホテル、病院など、当時の建物の写真を通して見つめる。
浜御殿(浜離宮)の延遼館や、焼失する前の西の丸御殿など100点以上を展示する。

無料。月曜休館(祝日は開館)。

毎日新聞 2018年8月6日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20180806/dde/014/040/013000c

続きを読む

【写真】遊郭あった吉原、街全景の写真発見 全焼前の明治に撮影

1: 自治郎 ★ 2018/07/26(木) 21:29:57.03 ID:CAP_USER9
江戸最大の遊郭があった吉原(東京都台東区)の全景を収めた1枚の写真がみつかった。明治時代半ばごろに撮影されたとみられ、専門家は、1911(明治44)年に全焼する前の吉原の街の全貌(ぜんぼう)をとらえた貴重な写真として注目する。

縦10・2センチ、横14・6センチ。絵はがきの前身としてつくられた鶏卵紙を使った写真だ。今年6月、インターネットのオークションに出品されていたのを、都内在住の収集家、浅田正春さんが入手した。

台紙の裏面には、「東都吉原」「浅草公園地早取写真師」「江崎礼二製」などと記されていた。1883年に乾板写真の撮影に成功し「早撮りの江崎」と言われた著名な写真師の江崎礼二が、浅草寺の近くに1890(明治23)年に開業した12階建ての凌雲閣(りょううんかく)の展望台から撮影したとみられる。

写真の手前には、明治維新まで羽後本荘藩主だった六郷家の下屋敷や蓮田、田畑がみられ、その奥に吉原の街区が広がっている。木造3階建ての大きな妓楼(ぎろう)になると時計台や塔を備えるものもあり、客寄せに設けられたバルコニーなども見える。梅毒の検査をした検黴(けんばい)病院なども写っている。

作家樋口一葉の「たけくらべ」…

(残り:316文字/全文:816文字)

(続きは会員登録で読めます)

2018年7月26日12時53分
https://www.asahi.com/articles/ASL7T64R2L7TPTFC01P.html

凌雲閣から撮影されたとみられる吉原の全景写真
no title

台紙の裏面には「東都吉原」などと記されている
no title

続きを読む

【話題】終戦直後の日本が、フルカラーで甦る 「超貴重」写真を国会図書館が無料公開



1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2017/11/18(土) 09:13:24.19 
第2次世界大戦直後の1946年4月~47年1月、GHQ関係者が日本各地で撮影した304枚ものカラー写真を、国立国会図書館がウェブ上で公開している。

よく見る白黒写真と違い、鮮やかなカラーで写しだされた当時の様子は、生々しい臨場感にあふれる。
ガレキの山、軍用機の残骸、広がる墓地といった戦禍の跡。
一方、そんな中でも復興に向け活気づく人々。リアルな「戦後」の姿に、ネット上で反響が広がっている。


廃墟の街に掲げられた「エノケン」映画

たとえば、愛知県内で撮影されたと見られる一枚の写真。

舗装がはがれたのか、土がむき出しになった路上に、いくつかの露店が並ぶ。
露店、といっても、角材などでとりあえず形だけ作り、ボロボロの机を置いただけの粗末なものだ。そのうちの一軒には、「ライター修理所」の幕がかけられ、カーキ色の服の男性が黙々と作業を行っている。

前後の写真にも、ガレキだらけの路上を占有して、履物や雑貨を売る露店が多数写っている。
季節は冬だろうか、人々はかつての軍服や国民服をありったけに着重ねる。
戦時中には愛知県、特に名古屋市はたびたびの大規模な空襲を受けたが、撮影された1946~47年の時点でも、生活には深い爪痕が残っていたことが、見る者にはっきり伝わってくる。

一方で冒頭の一枚には、榎本健一の「エノケンの法界坊」や林長二郎(長谷川一夫)の「沓掛時次郎」と、映画館の広告看板が映りこむ。
いずれも戦前作品のリバイバル上映だが、人々のエンタメへの渇望がうかがえ、復興への活力がうかがえる。


(以下略)


全文は
https://www.j-cast.com/2017/11/17314122.html 

■関連リンク 
国立国会図書館デジタルコレクション - モージャー氏撮影写真資料 
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10756455

no title




続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

  • ライブドアブログ