日本史

外朝帰化族について語る


414I08GO6AL


1: 日本@名無史さん 04/08/19 15:17
後漢霊帝の末裔、坂上氏
始皇帝の後裔、 秦 氏
曹操の後裔、  高向氏
孫権の後裔、  蜂田氏
公孫淵の末裔、 赤染氏
劉邦の末裔、  栗栖氏

漢などから渡ってきて、日本に土着して帰化した
外朝帰化族について語ろう。

続きを読む

薩摩島津家について

61SHIOp1jPL



1: 日本@名無史さん 05/02/15 16:33:01
語ろうと思ったけど、やめた。

続きを読む

【ルーツ】「大阪」の地名記述、最古の文献か 室町後期、本願寺中興の祖・蓮如自筆和歌に「大さか」

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/04/20(金) 22:24:30.87 ID:CAP_USER9
本願寺中興の祖とされる僧侶、蓮如(れんにょ)(1415~99年)が室町時代後期の明応7(1498)年に記した和歌の草稿が、「大さか」という地名を記す最古の文献とみられることが19日、所蔵する一般財団法人「本願寺文化興隆財団」(大谷暢順(ちょうじゅん)理事長、京都市山科区)の調査で分かった。

「難波」などと呼ばれたそれまでの地名から、現在につながる「大坂(大阪)」の地名が定着していく経緯を探る史料の一つとして、注目を集めそうだ。

草稿は平成23年に財団が古美術商から購入。和歌5首のうち、信心の大切さを詠んだ「みな人の弥陀(みだ)をたのめといふ浪のはやをとたてゝみゆる大さか」など、2首に「大さか」の文字がある。筆者名はないが、専門家の鑑定で、筆跡などから蓮如自筆と判定された。

草稿の日付は、明応7年11月8日。大阪という地名は文献上、蓮如が明応6年11月に信徒らに向けて発した、「御文(おふみ)」「御文章(ごぶんしょう)」などと呼ばれる手紙の文中にある「大坂」が初出とされるが、自筆の原本は未確認で、写本のみが残る。

財団によると、確認されている写本は、息子の実如(じつにょ)の時代に編纂(へんさん)されたとみられる本が最古。大阪という地名を記した文献の成立年代としては、草稿が写本よりも古いと判断した。


(以下略)


全文は
http://www.sankei.com/west/news/180420/wst1804200032-n1.html

続きを読む

【J】戦国時代や幕末に比べて南北朝時代の盛り上がらなさよ

41HC7FsofcL



1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/01(水)12:55:31 ID:AxX
面白いんだゾ

続きを読む

【吉原】娘の身売り【遊女】

61YBy0jCqcL



1: 日本@名無史さん 2005/12/09(金) 12:36:45
世界で一番怖いこの言葉について語り合いましょう。

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ