日本史

5世紀頃までの国境とそれを守備する軍事的長のヒナモリについて語る

1: 日本@名無史さん 2016/12/08(木) 21:50:02.32
ヒナモリがいた場所は魏志倭人伝によると、対馬国と一支国と奴国と不弥国、そして他には各地の地名として残るヒナモリがいたと思われる場所は、宮崎県小林市や新潟県の妙高市上越市や岐阜県岐阜市茜部本郷

続きを読む

【見果てぬ夢】足利義満【日本国王源道義】

31lsAN3SsuL



1: 日本@名無史さん 2013/09/05(木) 17:40:19.73
室町幕府第三代征夷大将軍足利義満は淳和・奨学両院別当を兼帯し源氏長者を手中にしたが、それをも飽き足らず准三后宣下を受け摂関家をも凌駕した。
さらには大明皇帝に「日本国王源道義」と国書を奉ずるにいたったのだ。
私論ではあるが義満の行動には征西大将軍であり、同じく大明皇帝から「日本国王良懐」として冊封を受けた
懐良親王の影がつきまとっていたのではないかと思う。
皇位簒奪まではどうだか?
足利義満に関わる話題はすべてOKです。

続きを読む

華族について語ろう

71ArpbdSTFS._SY466_



1: 日本@名無史さん 2020/12/26(土) 12:51:31.54
明治2年の版籍奉還と同日に堂上家136家、諸侯248家、堂上格28家、藩主格15家の合計427家が華族と称される。
明治17年には華族令が宮内省より通達されて、公、侯、伯、子、男の五爵の格付けが行われる。
以降の授爵者を大別すれば、旧華族として公家華族(堂上、堂上格)と武家華族(藩主、藩主格)、新華族として賜姓降下華族、奈良還俗華族、神官華族、分家華族、勲功華族となる。
年を経る毎に華族は増え続けて、新憲法により華族制度が廃止された昭和22年5月には913家に達した。
続きを読む

○出雲神話 出雲大社○

1: 天之御名無主 2013/12/18(水) 08:15:17.52
古代日本の最大の謎
出雲を語れ

続きを読む

梶原景時と高師直は似すぎている

1: 日本@名無史さん 2017/02/17(金) 18:06:06.82
両者とも独裁者の腰巾着で大粛清を実行して悲惨な最期を迎えた

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
  スポンサードリンク
    アーカイブ
  • ライブドアブログ