その他

【幕末】寺田屋事件は龍馬の思惑通り? 学会で「悪巧み」説を披露

1: シャチ ★ 2019/05/25(土) 21:51:34.00 ID:g+LUJdRd9
坂本龍馬の思想と行動について研究発表する「現代龍馬学会」が25日、高知市で開かれた。

(略)

宮川氏は京都の宿「寺田屋」のおかみ、お登勢が事件後、龍馬に宛てた手紙に、薩長同盟の書状が幕府に奪われたことが記されていると説明。書状は偶発的ではなく、実は龍馬がわざと奪わせ、口約束の同盟にとどまっていた薩摩藩に後戻りできなくさせたのではないかと語った。

全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00000135-kyodonews-cul
画像
「現代龍馬学会」で特別講演する京都国立博物館の宮川禎一上席研究員=25日、高知市
https://amd.c.yimg.jp/im_siggMfkZ8d3zWWmRZiR35z.6dg---x642-y900-q90-exp3h-pril/amd/20190525-00000135-kyodonews-000-2-view.jpg

続きを読む

【京都】向日市、古墳買い上げへ 邪馬台国時代の築造、観光資源に 「卑弥呼の時代の古墳とみられ全容を解明した上、観光資源」

1: 樽悶 ★ 2019/05/23(木) 19:29:58.08 ID:8/tDVsX49

向日市は20日、国史跡の乙訓古墳群に属する「五塚原(いつかはら)古墳」と「寺戸大塚(てらどおおつか)古墳」(共に同市寺戸町芝山)を調査・活用するため、市有地として買い上げると発表した。五塚原古墳は「魏志倭人伝」に記された邪馬台国の女王・卑弥呼と同時代に当たる3世紀中後期の築造とみられており、安田守市長は取材に対し、「卑弥呼の時代の古墳とみられ、全容を解明した上で、将来的には観光資源となるよう整備していきたい」と述べた。

(略)

向日市では、大半が民有地となっている両古墳の敷地計約3万4000平方メートルを買い上げるため、約3億5000万円を今年度一般会計補正予算案に計上。今後、必要な調査を実施した上で、築造時の姿を復元した歴史公園としての整備を検討する。【澤木政輝】

全文は
https://mainichi.jp/articles/20190521/ddl/k26/010/463000c?inb=ra
歴史公園としての整備が計画されている五塚原古墳。現状では墳丘が木々に覆われている=京都府向日市寺戸町芝山で、同市提供 
no title

五塚原古墳の整備完成イメージ図(写真とは別角度)=京都府向日市提供 
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/05/21/20190521oog00m010082000p/9.jpg
続きを読む

【京都】不気味かわいい? 室町時代の「大黒天立像」 因幡堂平等寺の宝物 

1: 靄々 ★ 2019/05/23(木) 19:34:13.34 ID:PNHKf3XU9

京都市下京区の龍谷大学龍谷ミュージアムで開催中の企画展「因幡堂 平等寺」(毎日新聞社など主催)で、室町時代の「大黒天立像」が人気を集めている。おなじみの柔和なイメージとは異なり、ほぼ2頭身の異様なスタイルに笑っていない目、知り合いにいそうな表情など、一度見たら忘れがたいインパクトがあるためだ。

(以下略)

全文は
https://mainichi.jp/articles/20190523/k00/00m/040/111000c

画像
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/05/23/20190523k0000m040108000p/0c8.jpg



続きを読む

【埼玉】「和同開珎」2枚が出土 さいたま市「与野西遺跡」

1: シャチ ★ 2019/05/21(火) 01:20:53.67 ID:juS6BtdZ9

さいたま市教育委員会は20日、古代の集落遺跡「与野西遺跡」(さいたま市中央区桜丘1)から、流通貨幣「和同開珎(わどうかいちん)」2枚が出土したと発表した。埼玉県内ではこれまで、秩父市や川越市など8遺跡から8枚が発見されており、今回が9、10例目。

和同開珎は708~759年に鋳造され、日本で本格的に流通した。「続日本紀」によると708年、武蔵国秩父郡から純度の高い和銅(日本の銅)が発見され、朝廷に献上されたことを記念して「和銅」と改元し、和同開珎が発行されたとされる。銅銭1枚がナス5本と交換できたという。

(略) 


市立博物館で6月4~16日、発見された2枚を公開する。入場無料。【鷲頭彰子】
全文は
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000000-mai-soci 続きを読む

【徳島】「阿波藍」、日本遺産に認定 

1: すらいむ ★ 2019/05/20(月) 12:32:59.26 ID:lq/R2GAB9
歴史的建造物や風習といった有形無形の文化財をテーマや地域ごとに一括認定する文化庁の「日本遺産」に、徳島県内の吉野川流域9市町が申請した「藍のふるさと 阿波~日本中を染め上げた至高の青を訪ねて」が認定された。
阿波藍の歴史を後世に伝える建造物や芸能などを盛り込んだ。文化庁が20日発表した。
県関係ではこれまでに四国4県の「四国遍路」が選ばれている。
県単独での認定は初めて。

申請したのは徳島、吉野川、阿波、美馬、石井、北島、藍住、板野、上板の9市町。
2017年度以降、藍住町が中心となって毎年申請し、3回目で認定された。

徳島新聞 12:15
https://www.topics.or.jp/articles/-/204101

続きを読む
 当ブログについて
当ブログについて にほんブログ村 ニュースブログ 2chまとめニュースへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログは勝つーる.dat様の編集ツールでまとめております





     Twitter
こっそりTwitter始めました。
   最新コメント
記事検索
  スポンサードリンク
    無料アプリ
NEWSch

大手ニュースサイトから、 2chまとめブログまで、 情報収集に最適 antenna 無料アプリ
10個のカスタムチャンネルがすごく便利。
テレビのチャンネルを変えるかのようにニュースの各ジャンルを変更する快適機能 リーダー

逆アクセスランキング
  • ライブドアブログ